バイリンガル育児:一番大きな影響

6歳9ヶ月。

小学校の生活が始まって2ヶ月。

日本語時間が圧倒的に増えて、英語時間がめっきり減ってしまったので、わたしと一緒の時はなるべく英語時間にしています。

それでも英語の取組みは1日 1時間あるかないか。仕事で不在の時の方が多いので、母にお願いして、Raz-KidsとBrain Quest (G2)は定期的に見てもらっています。

日本語の影響力は強く、英語がなかなか出てこない時も増えましたが、それでもこちらが促せばSmileも英語に切り替わるので、言語スイッチを意識してきてよかったと感じます(関連記事『言語スイッチの重要性』)。

そんな中、ハワイより姉親子が一時帰国。

Smileと同い年の甥っ子 Sくんとの生活が始まったのですが、今までの日本語の波が嘘のようにSmileの英語に滑らかさが戻ってきました。

わたしがいくら頑張っても、日本語の波に押され気味だったのに、やはり同年代の友達や家族の影響はかなり大きい。たかが数日、されど数日。

これから1ヶ月、SくんはSmileと同じ小学校で、しかも同じクラスで学習します。普段は英語が多いSくんですが、これから2人の会話も英語メインから、動的に変わってくることと思います(過去の記事『言語の切り替え』)。

明日から2人の小学校生活、どんな感じになるのかな。楽しみです。

昨日参加した、サイエンスのワークショップにて。甥っ子も楽しんでいたようです。

 

インターという選択肢

6歳7ヶ月。

昨日はSmileの学校で授業参観がありました。Smileの通っている小学校は、人数もそこまで多くない、比較的のんびりした雰囲気の公立の小学校です。

Smileと同年代の子どもを持つ親と会うと、バイリンガル育児をしているからか、「インターじゃないんだね」と驚かれることが多いです。

でも、Smileにインターナショナルスクールに通わせる選択肢は初めからありませんでした。

Smileの仲の良いお友達でもインターに通っている子はいるし、英語圏の教育が受けられる環境は正直 とても魅力的です。日本の集団教育は、支持できない面もあります。

でも、将来的に「絶対に海外に行かせたい」ということでもなく、日本の大学に通う可能性もあるし、日本で過ごす可能性もあるので、日本に住むのであれば、小学校教育は日本語で受けさせたいと考えています。

アイデンティティ形成の面でも、日本でもしインターナショナルスクールに通うとなると 日本語での教育環境に戻ったときに大変なこともあるかもしれません。

本人が大きくなって「海外に出たい」と希望するのであれば、その時にまたサポートしますが、それまでは英語を維持・上達させられるように環境を整えたり、多角的な思考ができるように日頃からの会話を意識したいと考えています。

そして昨日。Smileの小学校での授業の様子を見て、きめ細かい授業に感心。

皆んな一年生になりたてなので、子どもによって知識の差はかなり大きいです。その中で、全ての子どもが分かるように、言葉を選びながら丁寧に授業している先生を見て、素晴らしいなぁと感じました。英語講師としても勉強になる点がたくさん詰まった授業でした。

Smileは、「もっと難しいことやりたい」と以前 ポツリと言っていましたが、一つ一つ基礎から積み上げていく教育も悪くないなぁと思った日でした。

一方で、英語のワークショップに参加したり、イベントに参加したり、ホームスクーリングしたりして、学校の外でも色々な経験をしてもらいたいなと思っています。

Smileの地区は、10人の集団で毎朝 登校。学校生活も少しずつですが慣れてきたようです。

 

 

習い事:向き不向き

6歳7ヶ月。

長い連休ももうすぐ終わり。明日からまた日常に戻ります。Smileは学校に行きたくて仕方がないようです。

さて、Smileの習い事ですが、今は3つ。以前は、ピアノ、新体操、フランス語でした。4月から新体操がなくなり、代わりにスイミングが加わりました。

新体操は、体幹を鍛えて欲しかったので習わせてみたのですが、一年ほど前から「水泳を習いたい」としつこいくらいにSmileからお願いされていたので、新生活を機にスイミングを開始。

新体操は4歳8ヶ月の時に始めたので、やっていたのは2年弱(過去の記事『新しい習い事』)。「すごく向いている!」という感じでもなかったですが、本人は楽しんで続けていたので、良い経験が出来たと思っています。

フランス語は、英語以外の言語に触れさせたいというので、Smileが3歳の時からプリスクールで半分お遊びのようにして続けてきたのですが、

卒園した後も「みんなに会いたい」というSmileの希望で続けることにしました(過去の記事『日替わりクラス』)。

半分、お遊びのようにやっているのですが、早いもので気がついたらもう3年。「フランス語を話せる」レベルではないですが、自己紹介ができるようになったのと、「フランス語、分かる!」という根拠のない自信があるようなので、まぁ いいとします。

それとは打って変わって、水泳。「やりたい!」という本人の気持ちが強い分、スイミングへの意気込みもすごい。

「水を得た魚」とはこのことでしょうか。たっぷり1時間 水の中にいても、上がってくると「もっと泳ぎたかった」と。何時間でも水の中にいたいようです。

まだ一人で泳げるようになるには時間はかかりそうですが、この「好き」という気持ちは強みだなと思っています。

習い事はあまり増やしたくないと思っているので、当分はこの3つでしょうか。

今夏は、ハワイ島に行く予定なので、それまでに上達して目一杯、水遊びを楽しんでくれるといいなぁ。

 

天候の急変でも 学びの機会

6歳7ヶ月。

昨日は、夫と両親がゴルフに出掛けて1日いなかったので、Smileと一緒に「ちょきん箱づくり」のワークショップへ。

午前中は家でのんびりワークブックと作文、ちょこっと一輪車の練習をして、いざ みなとみらいへ。

申込んだのは、大塚家具の「ちょきん箱をつくろう!」というワークショップ。気軽に参加できて、しかも楽しそうだったので申し込んでみました。

いざ現地に行くと、参加者はSmileを入れて3名。「良かったらお母様も手伝ってください」と仰ってくれたので、わたしは横でSmileの様子を見ながら、できない箇所は手を貸すことに。

組み立て自体は簡単に出来、あとはタイルをボンドで貯金箱に貼り付けていくという比較的 簡単な作業だったので、小一時間で終了。Smileも大満足。

そうして大塚家具を出ようとしたら、突然の雷雨に土砂降り。傘を持っていなかったので、ビルの屋根の下で雨宿りするも、Smileは雷の音に不安気な様子。

  • Smile: Why does lightning happen?(どうして雷が起きるの?)
  • わたし: That’s a good question. Let’s find out.(いい質問だね。調べてみよう)

そう言って、動画で調べて雨宿りをしながらこちらを観せました。

「へぇ」という表情で動画に見入る、Smile。そうしていると今度は、”Mommy, it’s snowing!(雪が降ってる!)”と言うではないですか。

見ると、ヒョウがボタボタと物凄い勢いで降っています。”That’s hail(ヒョウだね)”と言うと、”What’s hail?(ヒョウって何?)”と言うので、今度はヒョウの動画を。

結局その後、近くのカフェに避難すること1時間。Smileは買ったばかりの『おしり探偵』の本を読み、わたしも作業することに。

想定外の天気の急変でびっくりしましたが、実際に体験することでより動画を理解できたようなので、良かったです。

バイリンガル育児、わたしも色々な学びになっています。

傘を持っていなかったので、 わたしのカーディガンを頭から被って雨の中を駅まで二人で走りました。

長期の休みはチャンス

6歳7ヶ月。

小学校に入学して数週間。わたしの仕事も忙しくなり、Smileも忙しくなり、なかなか思うように英語の取組みを進められていませんでした。

休みに入って、語りかけの時間も少し増え、ゴールデンウィークに入って2、3日で英語がまた戻ってきたという印象です。

わたしの語りかけの影響ももちろんありますが、やはりお友達の影響は大きい。

ゴールデンウィークに入ってすぐに、Smileが赤ちゃんからのお友達とのピクニックがあり、そして今日はおうち英語仲間とのプレイデートでした。

ピクニックで会ったお友達は、母語が英語だったり、両言語だったり、日本語だったり、文化背景は様々。知り合って6年ほどになるので、気の置けない友人たちです。

おうち英語仲間とのプレイデートは、異年齢の集まりで下が1歳で上は14歳。

Smileも大好きなお兄ちゃんやお姉ちゃんもいて、ちびっこもいるので毎回 楽しみにしている集まりです。

集まると話はやはり英語の取組みや育児について。尽きない話で盛り上がる横で、子どもたちは どったんばったん大騒ぎ。Smileもこのお友達と遊ぶときは自然に英語になります。

もちろん普段の取組みは細々 続けていきますが、小学校に入った今後は、本人が英語との繋がりを感じていられるように、

こうした長期の休みを利用して、足掛かりを作っていく必要があると思っています。

英語の取組みに時間を割いたり、英語のイベントに参加したり幼少期とは違った環境作りをしていきたいと改めて感じます。

 

 

新しい環境で バイリンガル育児

6歳6ヶ月

小学校での生活が始まり、5日経ちました。たったの5日ですが、本人は小学校生活を存分に楽しんでいるようです。

Smileの通う小学校では、親の就労に関係なく、17時までは無料で利用することができます。

わたしの両親が近くにいるので、Smileは学童に行く必要はないのですが、体験で行った学童の時間がよほど楽しかったようで、「毎日行く!」と言い張っています。

わたしと一緒にいる時間もかなり減ったので、英語時間は激減。一緒にいるときはなるべく英語で話しかけるようにしていますが、学童も16時までにして、わたしが仕事で日中いないときは母にお願いして取組みをしてもらっています。

日本語環境にいたら、日本語が強くなるのは自然なこと。英語が緩やかでもいいので伸びるためには、本人のモチベーションの維持と、

語彙のワークブック、会話や読書を通して語彙を増やしていくのは必須。

そのためにも、隙間時間を見つけて英語の取組みは続けていきたいと思っています。

今、限られた時間でやっているのは、語彙のワークブック、チャプターブックを読むこと、世界の偉人について読み聞かせ、Raz-Kidsくらい。動画の時間はほとんどなくなりました。

まとまった時間ができれば、ホームスクーリングも取り入れて、アカデミックな力も付けていきたいと考えています。

毎日が楽しくて仕方ないSmile。英語も大事ですが、何よりも自然たっぷりの環境で伸び伸び育って欲しいと思っています。

 

小学校とバイリンガル育児

6歳6ヶ月。

今日は、Smileの小学校の入学式でした。

のんびりとした、自然の多い環境でSmileを育てたいということもあり、色々と悩んだ結果、実家近くの小学校に通わせることにしました。

都心からは離れた片田舎にあるので、バイリンガル育児とは縁のないような場所だと思っていましたが、意外にも、多様性に富んだ環境だったので、少しびっくりしています。

入学式前の写真撮影の際に、偶然 話しかけた親子がパキスタンから数年前 移住してきたようで、Smileと同じクラスになった男の子は日本語がまだあまり分からないとのこと。

Smileが英語を話すことを分かると、途端に目を輝かせて自己紹介をしていました。

お母さんの方も、普通に日本語は話していましたが、「日本語はあまり分からないから英語を話せる人がいると心強い」と。

Smileには、「先生がいるから大丈夫だろうけど、もしその子が分からなくて困っていたら、お手伝いしてもいいかもね」と伝えておきました。

どんな環境にいっても、バイリンガル育児をしていることが裏目に出ないように、言語のスイッチは特に意識してきましたが、

新生活は、もしかしたらバイリンガル育児もやりやすいのではないかなと少しホッとしています。

日本語が圧倒的に伸びて、英語は緩やかになる時期もあると思いますが、コツコツと続けていきたいと思っています。

今日という日をずっと心待ちにしていたSmile。月曜日からは、わたしとSmileの新生活が始まります。夫や両親の助けを借りて、一つ一つ丁寧に乗り越えていこうと思います。

 

プリスクール卒園

6歳6ヶ月。

この一ヶ月、プレイスクールの立ち上げと、Smileの小学校入学の準備で、怒濤の日々でブログを書く時間が全くありませんでした。

今日、プレイスクール2日目を終え、少しホッとしています。入学式は明々後日なので、昨日、今日、明日の3日間は、Smileも一緒に参加。

こうやって、親子でスクールに行くのも今後はほとんどなくなるかと思うと、寂しい気持ちで一杯です。

プリスクールとの出会いは、Smileが1歳7ヶ月のとき(過去の記事『インターではないプリスクール』)。

急に始まったSmileの癇癪と、毎日の寝不足で精神的にも肉体的にも育児に疲れてしまっていた時期でした。プリスクールのメインティーチャーとは、その人が英語サークルをしていた頃から知合いだったので、迷わず、ここのプリスクールを見学。

「自主保育」というスタイルに、慣れるまでは大変な時期もありました。幼稚園や保育園という選択肢も考えた時期もありました。「毎日 決まった時間に預けたい」、そう思った時期もありました。

でも、気が付いたら5年間。Smile以外の、たくさんの子ども達の面倒を見る機会があったからこそ、Smileに対する育児だったり、Smileの成長を客観視できた気がします。

「楽しい」だけではない育児。それを他のお母さん達と共有しながら、一緒に子育てしてきたことで、親としてもたくさんのことを学びました。

その、みんなで子育てをしてきた「村」としてのプリスクールを先月末、Smileは卒業しました。最後にふさわしく、カオスな感じの卒園パーティでしたが、この日のために集まってくれた他の家族、保育士さんや栄養士さんを見ていたら、こんなに温かい人たちに育てられたSmilsは幸せだったなぁと しみじみ。

5年間、プリスクールを経営し、子ども達を温かく見守ってくれたメインティーチャーもその日が最終日。

最後はみんなで、「こんなときもあったね」と泣いたり笑ったりで終えました。真夏の炎天下、子ども達の癇癪に付き合って、汗だくになって歩いたり、トイレトレーニングに奔走したりと、メインティーチャーや他のお母さん達との、戦いとも言える日々を思い出すだけで涙が溢れそうになります。

メインティーチャーからの理念を引き継ぎ、今月からそのプリスクールは、バイリンガル教育を土台にしたプレイスクールとして新しい章に進みます。

バイリンガル育児や英語育児も、普通の育児と同じ。楽しいことだけじゃありません。

少しでも細く長く続けられるように、そして子どもが健やかに育つような環境を、今度はわたしがメインティーチャーとして作っていきたいと強く思います。

Smileは右から8人目。両手を上げている女の子です。この日、卒園したのはSmileを入れて3人。

 

************************************************

バイリンガル育児スクールについてはコチラ