紛らわしいフォニックスの問題

5歳2ヶ月。

昨日、実に一ヶ月ぶりくらいにワークブックをしていて、フォニックスのセクションで「おや」と思うことがありました(過去の記事『ドリルは暇つぶし』)。

Smileにとってみれば、決して難しすぎる問題ではないのに つまづいているのです。「短母音のi(short i)」と「長母音のi(long i)」とあり、それぞれの音に合う絵と 線でつなげるという問題。

img_8404

どうやら「長母音(long vowel)」と「短母音(short vawel)」というネーミングに惑わされているようでした。

アルファベットの音(A=ア・B=ブ・C=ク・D=ド)を入れ始めたのは、Smileが3歳になる前くらい。

3文字を読めるようになってから、サイレントEのルール(cake、kiteなど)や二重母音のルール(goat, rainなど)を教え始めました。

サイレントEには大きく2通り教え方があるようです。例えば “c a k e“という単語。

言葉の後ろにEがあるときは、

  1. 「最初の短母音(short vowel: ア)」は「長母音(long vowel: エイ)」になる
  2.  最初の母音は「アルファベットの音(ア)」ではなく、「アルファベットの名前(エイ)」になる

わたしがSmileに使っていたのは、2番目の教え方。アルファベットには「名前」と「音」があり、場合によっては「音読み」は「名前読み」に変わる、という教え方です。

英語では下のように説明していました。

[cake

When there’s E at the end, the E sound becomes silent.

And the E makes the A say its “name”. So this A says “ei” not “a”.

こういった教え方をしてきたので、Smileには 一度も「長母音」「短母音」の名前を出したことがほとんどありませんでした。

Jolly Phonicsの母音の歌の中くらいでしょうか。

そして今日初めて目にした この問題。

Smileからしたら、”Long i”と言われれば それは単純に音を伸ばすこと。だから「アイ」ではなく、「イー」と読んでしまう。

“milk”も ”m i: lk(みーぉく)”

“six”も “s i: x(すぃーっくす)”

いつもなら、普通に言えているものが不自然な発音になってしまう。Smileにとってみれば、紛らわしいこと この上ない。

「しまったなぁ」と思い、「この問題はやらなくていいよ」と言っても、やらないと気が済まないらしく、結局 最後までやっていました。

「長母音」「短母音」という考え方で フォニックスを教わる子もいますが、

個人的には、少し分かりづらいネーミングだと思います。長母音は、短母音を単純に長くしたものではなく、違う音になるからです。

やはりフォニックスは、アルファベットの「名前」と「音」、2つの違った音がある、と覚えた方がすんなり覚えられるのではないかなぁと、昨日の出来事を見ていても思いました。

短い本ならば自分で読めるようになったSmileですが、フォニックス・ルールは やはり忘れているようです。

でも無理にフォニックス・ルールに戻る必要もないので、こういったSmileにとって混乱を招くようなフォニックスの問題は、意識的に外していくことも必要かもしれません。

ワークブック好きのSmile。いったん始めると「やめよう」というまで やり続けるので、普段は 本棚にしまったまま。

ともすると思考の流れを止めてしまう問題もあるので、ワークも慎重に選ばないとなぁと感じます。

リーディングの進捗

5歳2ヶ月。

以前の記事で、フォニックス・ルールのことについて書きましたが、

Smileの自力読み、今はなだらかな成長線を辿っています(過去の記事『フォニックス・ルールは忘れる?』)。

Step Into Readingシリーズ、I Can Readシリーズともにレベル4あたり。

全部のページに絵がある本は好んで読みますが、”Junie B. Jones“シリーズのような文字がメインのチャプターブックは「難しい」とのこと。

実際に読んでもらうと、読めるは読める。

でも文字の多さに圧倒されるようで、難しく感じるようです。

そのため、時間のあるときに、Smileとわたしとで、交代で読んでみたりしてみました。

でもやっぱり「読まされている感」は否めない。どうするかなぁと思案していたところに、多読の記録が素晴らしい わかこさんのブログで目にした”Princess Pinkシリーズ“。

「これならSmileも読む気になるかもしれない」と試しに買ってみたところ、どんぴしゃり。

Smileにも馴染み深い”The Three Little Pigs(3匹のコブタ)”のパロディということもあり、Smileには面白くて仕方なかった様子。

70ページほどの量ですが、プリスクールに向かうバスの中で一気に読んでしまったほど気に入ったようです。

今のSmileには、文や語彙の難度ももちろんですが、

それ以上に「挿絵が多いか否か」で「読める」「読めない」が決まってくるようです。

挿絵の少ないチャプターブックに移るまでは、しばらくは絵のない本を読み聞かせたり、こういった遊びの要素もいれたりしながら、リーディングを楽しみたいと思います。

気持ちを切り替える

5歳2ヶ月。

ちょうど1年ほど前の記事で、プリスクールではコップやお皿など共有の物は、色は選べないことになっていると書きました(過去の記事『中身が大事』)。

4歳になる頃にはだいぶ それも慣れていましたが、それでも時折 ぐずる時がありました。

そして先日、みんなでオヤツを食べたときのこと。

いつものようにランダムにお皿を配り、黄色のお皿に当たったSmileが感嘆の声を上げました。

  • Smile: Mommy, I got a yellow plate! I like yellow, too! (お母さん!黄色のお皿が来たよ。黄色も好きだよ)
  • わたし: Yeah? Lucky you! (本当?ラッキーだったね)

ピンクが今だに大好きなSmile。黄色が好きとは初耳です。

3歳のときは 「ピンクがいい!」と泣いていたのに、随分と大人になったなぁ と感心。

4歳半を過ぎてから 色やデザインなど 見た目で ぐずることが ほぼなくなったSmile。

見ていると、欲しいけど我慢しているというより、さほど気にしなくなったという感じ。

気持ちの切替えが格段に上手になり、わたしより大人だなぁと感じることも。

集団生活では、「不公平にならないように」、あるいは「衝突が起きないように」皆んな同じ色にする、というのも一つの考え方だとは思いますが、

“You can’t always get what you want (欲しいものが いつも手に入るわけじゃない)”と小さい頃から何となく分かってもらうことも大事だと感じます。

与えられたものが気に入らないから癇癪を起こしたり 不満を漏らすのではなく、

与えられたものをどう生かすか、前向きに気持ちの切替えをできるのは 強みだと思うからです。

Smileは一人っ子なので こうした環境はありがたい限りです。

「自主保育」という形のプリスクール。お当番は大変ですが、今だに学ぶことばかりです(過去の記事『インターではないプリスクール』)。

クレイジーな髪型

5歳1ヶ月。

昨日は、プリスクールでCrazy Hair Dayの日でした。

希望する子どもは、クレイジーな髪型で登校することができます。実はSmileからも前々から「やりたい やりたい」と言われていて、

「インターナショナルスクールでもないし、いつやるかなぁ」と思っていたところに、ママの1人から提案が上がりました。

Crazy Hair Dayを検索すると下のような画像が出てきますが、海外の子たちの髪型は本当に奇抜!

さすがに日本では びっくりされそうなので、まずは無難にスプレーで色をつけることにしました。

Smileは朝から乗り気で、ルンルン気分で学校へ。その髪で、いつものように皆んなで公園に向かったのですが、通り過ぎる人からは、驚きの声 声 声。

クレイジーな髪型で一日を過ごした子ども達も 大満足だったようで、「またやりたい!」との声が。

こんな自由なことができるのも、プリスクールの気に入っているところです。

Smileは先頭の右側。

写真だとあまり目立ちませんが、結構 派手に色が付いています。

いろいろな家族のカタチ

5歳1ヶ月。

Facebookで、古本を売るグループに入っているのですが、そこで買った本が一昨日届きました。

Tell Me Again About the Night I Was Bornねぇねぇ、もういちどききたいなわたしがうまれたよるのこと)”という本です。

Smileは自分が生まれた時のことを聞くのが大好き。何度も何度も聞きたがります。

Smileも好きだろうなぁと思い、買ってみました。そして一昨日の夜、読み聞かせていたら、想像していたお話と少し違う。わたしも、ところどころ説明を入れながら読み進めました。

この絵本は、自分が生まれた夜のことを聞くのが大好きな、養子として引き取られた女の子のお話だったのです。

生みの親は、育てるにはまだ若すぎて、子どもを生んですぐ養子に出したこと、女の子の育ての親が 病院から連絡を受けて飛び起きて飛行機に乗ったこと、

そんな夜のことが描写されています。

Smileは、”birth mom(生みのお母さん)”と”birth dad(生みのお父さん)”を理解するのにも少し時間がかかったようです。それもそのはず、Smileの中では、「生みの親=育ての親」だから。

でも そうじゃない家族の形もある。それを少しだけ理解したようです。

バイリンガル育児をする上で大切にしてきた、多様性を受け入れる柔軟性。

人種、国籍、言語や文化だけでなく、小さな社会である家庭もそれぞれ。色んなカタチがあります。

日本ではこういった多様性を描写した絵本はまだ多くない印象を受けますが、これからもっと増えるといいなぁと思います。

絵本の絵も とっても可愛いい。Smileのお気に入りの絵本の一つになりました。

異文化を考える

5歳1ヶ月。

昨日は、以前書いた『シューボックスを贈ろう』プロジェクトの日でした(過去の記事『クリスマスにできること』)。

靴箱にプレゼントを詰めて、クリスマス・プレゼントを貰う環境にいない子ども達に送ろう、というプロジェクトです。

プリスクールの子ども達が6人。プリスクール以外のお友達が7人。

お母さん達も入れて プリスクールは大賑わい。

靴箱にプレゼントを詰める前に、メインティーチャーが子ども達に大切な話をしました。

わたしたちは恵まれていて、毎年 クリスマスプレゼントを貰うけれど、

住む家もままならなかったり、教育も受けられなかったり、内戦などで危険な場所に住んでいる子もいる。

そうやって、自分たちが詰めた靴箱が どんな国に運ばれるかを地図で確認し、箱詰めが始まりました。

Smileも 「箱に一緒に入れたい」と事前に折り紙を折って入れたり、箱にシールを貼ってデコレーションをしたり、いつになく真剣でした。

Smileは 恵まれた環境にいます。住む家もあり、毎日の着る服にも食べるものにも困っていない。教育も受けられる。

そのため、貰うばかりでなく、こうやって与えることを学ぶ機会があるのは、とても貴重だと感じます。

日本で言う「異文化理解」「異文化交流」は、英語に囲まれた環境でイベントに参加したり、留学したり、というように、「英語」や「欧米文化」と絡めて考えられることが多い気がしますが、

行ったことのない国に住んでいる、会ったことのない子どもたち。そんな子どもたちのことを考える。これも子どもにとって 大切な異文化理解ではないでしょうか。

メインティーチャーの話を聞く子ども達。

上はSmileが詰めた靴箱。自分の写真も同封しました。

この日に詰められた靴箱。宗教に関係なく毎年続けたいクリスマス・イベントです。

【『シューボックスを送ろう』の日本語動画】

栄養について学ぶ

5歳1ヶ月。

昨日はプリスクールのお当番。いつもは、わたしとSmileの分と、二人分のお弁当を作るのですが、昨日はナシ。

というのも、昨日はSmileがプリスクールでお弁当を作る日だったから。

2ヶ月ほど前から栄養について学んできたSmile。

野菜、炭水化物、タンパク質、果物、脂肪、糖分。その役割と どのくらい摂取すればいいかを学びました。

前回は栄養の本が完成。

「スペルは気にせずに、思ったように書いていい」と言われているので、ところどころ自由なスペルです。

大きい子3人で、それぞれお弁当に何を入れるかを考え、作ったレシピがこちら。

“rise, tomato, cheese, meatball, strawberry(ご飯、トマト、チーズ、ミートボール、いちご)”と書いたそうです。意外としっかりバランスが取れています。

朝、スクールに到着したら、3人はメインティーチャーと一緒に材料を買いにお買い物へ。戻ってきたら、炊飯器のスイッチを入れて、いつものように公園へ。

サークルタイムの後は、普段ならワークタイムですが、この3人は他のママが監督しながら、お弁当作り。わたしと もう一人のママは、他の小さい子たちのワークを見ます。

自分のお弁当と、わたしのお弁当に詰めるのも子どもたちで。

出来上がったのが こちら。なかなか色のバランスも取れています。

何より嬉しかったのが、子どもたちの満足気な表情!

“I made it for you!(お母さんのために作ったよ!)”とSmileも目をキラキラさせていました。

ミートボールは本当に美味しくて、わたしもお代わりをしたほど。

元々は、野菜を食べない子がプリスクールにいたことから始まった今回の企画。こんな体験もできるプリスクールに感謝です。

なんてことだ

5歳1ヶ月。

昨日、夕方 帰宅し、お風呂も入り、「さぁ 寝ようか」となった時に

わたしとSmileで異変に気付きました。

Smileが肌身離さず持っている犬のぬいぐるみがない。

“Do you know where your doggy is?(わんちゃん、どこにいるか知ってる?)”と聞くと、

不安な顔をしてベッドルームを見に行くSmile。

手ぶらで帰ってきて、”I thought it was in my backpack. (リュックに入ってると思ったけど…)”とSmile。リュックを探すも わんちゃんはいません。

そこで、プリスクールの棚にSmileがワンちゃんを置いたのを思い出し、

“I think your doggy is at preshool. I saw it on the cubby.(プリスクールじゃないかな。棚の上にあったのを見たよ)”と言うと、途端に表情が曇り、大粒の涙が。

犬のぬいぐるみは、Smileが0歳の時に 安眠用に買ったもので、1歳の時に失くしてしまったので、今のは2代目。

最近は 家で留守番をさせることも増えましたが、寝るときはいつも一緒です。

たかが ぬいぐるみ。されど ぬいぐるみ。

Smileにとっては「なんてことだ!」くらいの悲劇です。

昨日は 何とか なだめて他のぬいぐるみ達に囲まれて寝ましたが、問題は今日。

今日はわたしは仕事のあと 友人と食事なので 帰るのは夜遅く。また寝る前に泣くだろうなぁと 思い、英語で手紙を残すことに。

「ドギーはプリスクールにいて、おもちゃや他の ぬいぐるみのお友達と一緒にいるから 大丈夫。月曜日に迎えに行こうね」

というようなことを書きました。

自分の身の回りのことは 大体 自分でするし、わたしから見ても しっかり者のSmileですが

まだまだ子どもだなぁと 思う瞬間。


写真でも ドギーを大事に 抱えているSmile。Let It Be Coffeeのお二人と。