わざと負ける

4歳4ヶ月。

昨日は、3歳の子たちに英語の出張レッスンでした。

3歳児が4人。みんな Smileと一年しか違いませんが、この時間だけはSmileは うんとお姉さんにならないといけません。

以前、生徒さんのお母さんに、Smileは物分かりがいいと言われたことがありましたが、確かにSmileにとったら我慢が多い時間かもしれません(過去の記事『物分かり』)。

ここ最近は、カード取りゲームをする時に、「わざと負ける」ようにお願いしています。

たとえば昨日。色の復習で、色のカードを取るゲームをしたときのこと。

  • わたし:《子供たちに向かって》Where where where is blue?(青のカードはどこかな?)
  • Iくん:《青のカードをタッチして》I found it!(見つけた!)
  • わたし:Wow, good job! Okay, are you ready? Where where where is red?(わぁ。良く出来たね!じゃあ、準備はいいかな?赤はどこ?)
  • Smile: 《素早く赤をタッチして》I found it!(見つけた)
  • わたし:Good job! 《Smileに対して小声で》I know you know all the answers, but can you give chances to other kids after this?(良く出来たね!全部の答えを知ってるって分かってるけど、この後は、他の子に譲れる?)
  • Smile: 《たちまち表情が曇り》…Okay.(…わかった)

Smileにとってみたら簡単な色カード取りゲーム。Smileも他の子と同じように生徒の立場であったら、わざと負ける必要もありません。

でも2歳の頃から「アシスタント」という立場で接しているため、ここは我慢どころ。

答えは分かっているのに、自分は取ってはいけない。他の子ども達が興奮してカードを取る様子をSmileは憮然として眺めています。

でも、他の子が2、3枚と取れたところで、Smileにも本気で取っていいよ、と伝えたら機嫌は直りました。

ゲームが終わったあと、”Thank you for helping me a lot(たくさんお手伝いしてくれてありがとう)”と耳打ちすると、誇らしげな表情を浮かべていました。

2歳11ヶ月の頃は、気に入らないことがあるだけでレッスンを中断させるほど大泣きしていたSmile(過去の記事『If』)。

随分とお姉さんになったなぁ、と感心。

レッスン後、生徒さんのお母さんにバレンタインのクッキーをもらってご機嫌。

物分かり

3歳9ヶ月。

数日前、Smileと一緒に、親子英語の出張レッスンに行ったときのこと。午後にもレッスンが入っていたので、レッスン後すぐに帰らないといけないということをSmileに伝えました。

出張先に着いて、1歳年下のお友達と遊び始めていたSmileでしたが、

  • わたし:We’re gonna have to leave right after the class, okay?(レッスンの後すぐ帰らないと行けないよ)
  • Smile: 《オモチャで遊びながら》But I want to play with the toys.(でもオモチャで遊びたい)
  • わたし:Sorry. We don’t have enough time today. Mommy has to work in the afternoon.(ごめんね。今日はあまり時間がないの。お母さん、午後に仕事があるから
  • Smile: Okay!(わかった!)

このやり取りを聞いていた、生徒さんのお母さんが「今なんて言ったの?」と聞いてきたので、経緯を説明すると、「どんな風にしつけたら、そんなに物分かりが良くなるのか」と不思議でならない様子。

もうすぐ3歳になるSちゃんは、お友達と遊んでいる最中に帰ろうものなら駄々をこねて 手に負えないというのです。

確かに、Sちゃんと1歳差という年齢の違いはあるかもしれません。

でもSちゃんのお母さんに言われ、確かにそうだ、と今までのことを思い返してみました。アシスタントの立場として、Smileにも英語レッスンに同席させるようになってから もうすぐ二年経とうとしています。

2歳11ヶ月の頃の記事を読み返すと、機嫌が悪くなり、レッスンを中断するほど駄々をこねたことも。

ちょっとでも駄々をこねたり、クラスの雰囲気を壊すようなことをしたら、いつも

  • わたし:Smile, you don’t have to stay here if you’re going to interrupt like that.(Smile、そんな風に邪魔をするなら、ここにいなくてもいいんだよ)

と言います。最初は泣きながら”I want to!(居たいの!)”と叫んでいましたが、

どれほどレッスンが大切なもので、Smileは他の子とは違う立場にいることをレッスン後に言い聞かせているうちに、徐々にですが理解してくれるようになりました。

他の子どもたちのように、レッスン中にふざけたり、同伴のお母さんに甘えたりできないことは気の毒ですが、最近ではSmileも自分の役割を理解しているようで、すっかり小さなアシスタントとして活躍しています。

(Familyについてレッスンした日。家系図を完成させているSmile)

If

2歳11ヶ月。

最近、ちょこちょこしたケンカは多いのですが、今日は本気でSmileとケンカしました。”If“(もし)の概念を理解できてなかったためか、かなり激しいケンカに…。

おウチでの英語レッスンで、生徒さんとママが来るため、Smileには「先生役」に徹するように言って聞かせていた…にも関わらず、レッスンが始まって早々に、オモチャの籠が壊れてることで怒り出したSmile.

  • It’s broken!! (こわれてる!)

と言いながら大泣き。後で直すと言っても聞かず、レッスンに戻るように言っても大泣き。

何とか諭しつつレッスンを続けるも、同じように理不尽な癇癪がその後もあり、どっと疲れたレッスンになってしまいました。

レッスン後、Smileと話し合うことに。

  • わたし: I asked you to be a teacher, but you were very cranky today. And mommy is very disappointed. (先生役をお願いしたのに今日は本当に愚図ったから、お母さん、がっかり)
  • Smile: 《泣きながら》Yes
  • わたし: If you act like a baby again like you did today, and if you can’t help mommy next time, I will be very upset.(もしまた今日みたいに赤ちゃんみたいに騒いでお手伝いできないなら、本気で怒るからね)
  • Smile: Nooooooo! Don’t be angry! (いや!怒らないで!)
  • わたし: I’m talking about “if“, if you can’t listen to mommy next time…(『もし』お母さんの言うこと聞けなかったら…)
  • Smile: Noooooo!
  • わたし: Then can you help mommy?(それならお母さんのお手伝いできる?)
  • Smile: 《泣き叫びながら》I wanna help mommy!!(お母さんの手伝いするの!)

「もしも」の話をしているわたしに対して、Smileは今現在のことしか考えられず大泣きしているようでした。

Ifnext timeもあまり分かっていない2歳11ヶ月の娘に酷なことをやらせているのは分かっているけれど、預けずに一緒にやると決めたので、お互いに頑張るしかありません…。