英語ネイティヴの親の苦労

6歳1ヶ月。

今週末は、大学院時代、ハワイで苦楽を共にした友人Fと家族で会ってきました。

Fとはハワイ大学付属の語学学校で、一緒に働いていたり、大学院では同じクラスを取ったりと、何かと縁があったのですが、

帰国後も一年置きくらいに会っている、今でも貴重な友人の一人。

Fはアメリカ人で日本語も流暢に話します。現在は関西地方の大学で教えているのですが、子ども2人の英語の維持に苦労しているとのこと。

上のお姉ちゃんは、英語を忘れそうになり、中学からインターナショナル・スクールに入れて、なんとか英語を維持できているけれど、悩みは下の子だとか。

日本の公立の学校に通っているそうですが、頑に英語を拒否し、インターナショナル・スクールにも入りたくないと。

そんな彼が久しぶりに会ったSmileを見て、「何をしたら、そんなに英語を維持できるのか」と驚いていました。

友人Fのようなケースは、周りでも少なくありません。日本の環境で日本語との繋がりが強くなれば、英語が遠い存在になるのは十分 あり得るし、

子どもが日本語の小学校に入れば、そうなる場合も多いと考えられます。

日中 家にあまりいない親の方が 英語ネイティヴであれば、なおさら 英語環境を維持するのは大変なこと。

だからこそ バイリンガル育児で特に意識してきたのは、インプットの量でもアウトプットの場でもなくて、

両言語ともに心地よい言語であり続けるように環境を整えることでした。

結果、それがインプットやアウトプットの場にもなったかもしれません。でも、それよりも昔も今も英語と日本語、両方のアイデンティティを育てることの方が大事だと思っているし、

これから Smileのアイデンティティがどう移り変わっていくか分かりませんが、両言語が心地よい存在であり続けたらいいなと思っています。

Smileが幼い頃は英語優位になれば、日本語を多くし、日本語が強すぎて英語が出て来ないときは英語を多くし、

日々 変わるSmileの様子でさじ加減を変えていました。

その中でも大きな存在だったのは、やはりバイリンガルの友達の存在じゃないでしょうか。

日本語も話すし英語も話す、Smileが違和感を感じることなく自然体でいれる環境があったのは とても有り難いこと。

そんなことを友人の話を聞きながら思った夜でした。

4年前の今頃。2歳になったばかりのSmileと友人。

ついにライティングを直す

6歳0ヶ月。

プリスクールで、ぬいぐるみを当番制でお世話をする、というのが1年ほど前から始まったのですが、

その順番がまたSmileに回ってきました。前回は7ヶ月前(過去の記事『きりんのジェリー』)。

その興奮たるや 大変なもので、”Can you take a picture when I’m sleeping with Jerry?(ジェリーと一緒に寝てるときに写真撮って)”とリクエストが来るほど。

そして前回と同様、きりんのジェリーとどんな風に過ごしたのかを日記に書くことに。

スペルを何回か聞かれましたが、あとはSmileが自分で黙々と書いていました。読んでみると、文的にはきちんと書けているけれど、手直しが必要な感じでした。

今までは、文を書くときのルールは教えたことはありませんでしたが、センテンスを書けるレベルにまでなったので、

昨日は少し文章のルールを教えてみました。

  • わたし:I like what you wrote. But there are some run-on sentences here, so let’s fix some of them.(いいのが書けたね。でも文が途切れず続いてるから、直そうか)
  • Smile: Run-on sentences?(文が途切れないで続く文?)
  • わたし:Yeah. Look at these sentences. This one is telling a complete thought, and this one is telling another complete thought. So instead of using “and” here, you might want to put a period here.(そう。この文とこの文を見て。この文は一つの簡潔した事柄を伝えてるよね。この文も一つの簡潔した事柄だよね。だから「そして」で二つの文を繋げるよりも、「ピリオド」で一端 文を区切るといいよ)
  • Smile: Oh, okay.(そっか)

そういって、手直しした文章がこちら。

元の文章はこうなっていました。

Jerry watched TV with doggy and me and Jerry slept with doggy and me and he came to my….

それを下のように直してもらいました。

Jerry watched TV with doggy and me. Then Jerry slept with doggy and me. The next day, he came to my….

接続詞や副詞は教えたことがないので、細かい説明はしませんでしたが、「文章をただ繋げる」ことから少しずつ抜け出せればいいかなと思っています。

面白いことに、”Also”は本で読んだのか、「使いたい!」と言って自分で書いていました。

今までは、センテンスを書くだけでも大変だったので、直すことはしませんでしたが、少しルールを入れてもいい段階に入ったと判断しました。

でも当分は、まだまだ本人の書きたいように書かせたいので、直すとしたら、大きいルールだけ。ライティングの枠を入れるのは まだまだ先のことです。

バイリンガルの頭の中

6歳0ヶ月。

Smileが5歳のときに見つけたBecky Higginsさんのウェブサイト。

子どもへインタビューする質問のリストが載っているのですが、彼女の考え方にとても共感して、Smileにもやってみたのです。

Keep in mind that these are right now questions. We all know kids can change their mind month-by-month, week-by-week, minute-by-minute. The idea is that you are capturing who they are right now.

(こちらの質問は「今現在の」ということを覚えておいてください。子どもの心は移り気ですよね。月々によっても違うし、週によっても違う、毎分でも違います。子どもをインタビューするというのは、子どもたちが「今現在 どういう人なのか」というのを捉えるのが目的なんです)

Becky Higginsさんのサイトより

Smileには難しい質問もあるので、かいつまんで聞いてみました。動画はその一部です。

聞いた質問はこちら。

  1. What is your favorite treat?(好きなおやつは何?)
  2. What is your favorite book?(好きな本は何?)
  3. What is your favorite song?(好きな歌は何?)
  4. What is your favorite place to visit?(訪れたいお気に入りの場所はどこ?)
  5. What is your favorite thing to do with your dad/mom?(お父さん/お母さんと何をするのが好き?)

そして撮り終わったあと、「日本語で聞いたら 何て答えるのだろう?」とふと思い、聞いてみました。

最後の質問を除いて、英語のときと答えが全然違う(笑)

  • 好きなオヤツ:lollipops(ペロペロキャンディ)→ おせんべい
  • 好きな本:”Magic Tree House”→『おさるのオズワルド』
  • 好きな歌:Skidamarink → エルビスプレスリーの”Can’t Help Falling in Love with You”
  • お気に入りの場所:Hawai’i → サーティワン
  • お父さんとしたいこと:play → かくれんぼ
  • お母さんとしたいこと:cook, workbook → 勉強

質問する言語でこんなにも答えが変わるとは予想外でした。面白いなぁ。

英語で好きなオヤツはロリポップと可愛い感じなのに、日本語だと「おせんべい」。渋すぎです。

「お気に入りの場所」は、日本語の質問の仕方が悪かったかもしれません。

“favorite place to visit”なので、「訪問したい場所」と聞けばよかったのかもしれませんが、表現が分からないかもしれないと思い、「行きたい場所」にした結果、

「気軽に行けるところ」と伝わった可能性が。

この、今のSmileの答えも また数ヶ月したら変わるんだろうなぁ。

いやはや、バイリンガルの頭の中、面白いです。

バイリンガル育児とブログ

6歳0ヶ月。

わたしの住んでいる地区は、日本に長期で住んでいる外国人の方が比較的 多いです。

そういうのもあり、バイリンガル育児を始めた頃は、英語友達を作るために、近所の英語サークルに参加したりしていました(過去の記事『バイリンガル育児のきっかけ』)。

その流れから、バイリンガル育児をしている人と繋がることが多く、Smileが今でも仲良くしている友達の多くはバイリンガル。

でもそのほとんどが国際結婚だったり、お母さんが英語圏出身の人だったりするので、両親ともに日本人でバイリンガル育児をしている友人は 数えるくらい。

そんな中、同じ境遇でバイリンガル育児をしている人と繋がることができたのは、やはりこのブログのお陰です。

ブログを通して、同じように家で取組みをしている人と出会うことができ、似たような悩みを持ち、それを共有できたのは ありがたいことだなぁと改めて感じます。

住んでいる場所は違えど、不定期に会ったりして、Smileも心地良い仲間がいるというのは、今後、Smileが小学校に入っても 心強い存在です。

昨日は、そんなお友達の一人とのプレイデート。

お互いに住んでいる場所は近くはないけれど、中間点で会い、のんびりと一日遊びました。

親同士はずっと日本語ですが、子ども同士はずっと英語という、バイリンガル育児ではよく目にする光景ですが、

こういう状態を作ることができたのも、言語のスイッチを徹底して作っていたからかもしれません(関連記事『言語スイッチを作る』)。

昨日は、公園で日が暮れるまで遊び、夕方はカフェで絵本の読み聞かせ合いをしました。

お友達に絵本を読み聞かせてもらって、質問を出し合っているところ。

点と点が線になる

6歳0ヶ月。

英語の本は見つけたら ついつい買ってしまうのですが、以前より よく利用しているのが

Facebookでの古本コミュニティ。

登録者数も多いため、新しく古本が売り出されると、一瞬で売り切れてしまうのですが、

中には なかなか手に入りづらい本もあったりするので、かなり重宝しています。

そんな中、売り出されていたのが、『Who Was (Who is)シリーズ』。世界の偉人を扱っている本です。

前から欲しいなぁと思っていたので、思わず買ってしまいましたが、手元に届き、やはり買ってよかった。

たまに難しい単語も出てくるけど、物語仕立てなので非常に読みやすいのです。

ただ、”My Weird School“シリーズのように軽い内容ではないので、少しフォローは必要になりそうです。下は”Who Was Helen Keller?“からのページ。

ヘレン・ケラーについては、4歳のときに少しだけプリスクールで触れていたので、それが今回の本で さらに理解が深まってくれることを期待しています(過去の記事『ヘレン・ケラー』)。

大きくなって、暗記して覚えるのではなく、こんな風に本や経験を通して、何となくでいいから自分を取り巻く世界を認識して欲しい。

ヘレン・ケラーのことや、目が見えないことや耳が聞こえないことに関しても、4歳のときの点と、今現在の点が繋がりつつあります。

動画はSmileと読み合いをしている様子。

このあと寝る前に、催促されて4チャプターほど読みました・・・。

バイリンガル育児をしていて良かった

6歳0ヶ月。

バイリンガル育児を始めて、4年半。

まだたったの4年半ですが、やっていて良かったなぁと思う出来事が今日ありました。

台所でご飯を作っていたときのこと。Smileが、お誕生日にあげたバースデーカードを持って横に来て 突然言いました。

  • Smile: Mommy, I like what you wrote in the birthday card.(お母さん、お誕生日にお母さんが書いてくれたこと、好きだな)
  • わたし:Yeah?(本当?)
  • Smile: I like your message that you said, “Happy, happy birthday to our beautiful daughter. The day you were born was the greatest moment of my life.”(「わたしたちの可愛いSmile、お誕生日おめでとう。Smileが生まれた日は、わたしの人生の中でも一番素晴らしい瞬間だったよ」)
  • わたし:I’m happy that you liked it.(気に入ってくれて嬉しいな)
  • Smile: I also like that Daddy wrote, これからも えがお いっぱい、げんき いっぱいのSmileちゃんで スクスクと おおきくなってください(あと、お父さんが、「これからも笑顔いっぱい、元気いっぱいのSmileちゃんで スクスクと大きくなってください」って書いてあるのが好き)

 

そう言って、バースデーカードを大事そうに元の場所に戻していました。

5歳のお誕生日も英語でメッセージを書きましたが、今回は 言葉の重みを より感じてくれたことが 嬉しかったです。

英語を英語の感覚で、日本語を日本語の感覚で、体で感じられ、

英語も日本語も自分の言葉として捉えているのだなぁと、改めてバイリンガル育児をやっていて良かったと思いました。

これからも、英語と日本語 両言語を「自分の言葉」として感じていって欲しい。そう思います。

今回あげたバースデーカード。6歳ということもあり、少し大人っぽいデザインのものを。

6歳のお誕生日

6歳0ヶ月。

9月22日、6歳のお誕生日を迎えたSmile。

この一週間、「あと◯日で わたしの誕生日!」と楽しみにしていたSmile。当日は嬉しくて仕方ないようでした。

昨日はわたしの両親と、東京に住んでいる姉を招いての小さなパーティを開きました。

両親からは、来年の浴衣と、木製の輪投げのおもちゃ。姉からは バックパック。

わたしと夫からは、ブレイブボードと 『Bop It!』というオモチャ。

『Bob It』はリズムに合わせて、引っぱったり、ひねったり、真ん中の丸を叩いたりします。年上のお友達が持っていて、「欲しい!」の連発。

迷った結果、買うことにしました。

[ハスブロ]Hasbro Bop It! Micro Series Game B0639000 [並行輸入品]

ラングスジャパン(RANGS) リップスティック デラックスミニ レッド

こちらも、年上のお友達が持っていたものに影響されたもの。これは、わたしも「体幹が鍛えられていいな」と思ったので買うことに。

憧れの存在である年上のお友達の影響は、やっぱり大きいです。

プリスクールもあと半年で卒業し、環境も大きく変わります。6歳はどんな歳になるのか。

ここ最近は、読みも安定し、発話も大きな成長があるという訳でもなく、目立って記録することがなかったので、

ブログ記事も4歳の時よりだいぶ減っていましたが、Smileの成長を見るためにも 6歳はもっと記録をしていきたいなぁと思っています。

ブログのトップ画面にも登場する このバナー。

Smileの1歳のお誕生日に夜な夜な制作したもので、毎年 再利用。でも、真ん中の数字が毎年 上がっていくのははやはり嬉しい。