日本語ありきの英語

4歳11ヶ月。

昨日、プリスクールの帰り道で Smileとバスを待っていたときのこと。

  • Smile: 《連なって走るバスを見て》Look, mommy! バスが3だん。(見て、お母さん!バスが3だん)
  • わたし:バスが3
  • Smile: バスが3。あ、2になった!
  • わたし:本当だね。2になったね。

ここで敢えて英語にしなかったのは、Smileの「バスが3だん」という発言を聞いたから。

英語にしたら “three busses”で済んでしまうけれど、日本語は「〜台」。そちらを言って欲しかったのです。

本だったら「〜冊」、紙だったら「〜枚」、お箸だったら「〜膳」と、日本語では物によって数え方が変わります。

英語も、”a head of lettuce(一個のレタス)”、”a loaf of bread(1斤のパン)”、”a bowl of rice(ご飯1膳)”など、物によって数え方が異なるので、

会話する上で意識しながら使うようにしていますが、日本語ほどは気をつけていません。

Smileの母国語は日本語なので、母国語として日本語を使う以上、ちゃんとした表現も身につけて欲しいな、と。

以前、Smileとの日本語と英語の割合は、ある程度 Smileに任せていると書きました(過去の記事『英語と日本語の割合』)。

今でもそんな感じですが、日本語が多い日、英語が多い日は、そのときの状況で まちまち。非常に動的です。

そんなSmileの言語使用状況を見て、わたしも使う言語を調整するという具合です。

ただ、語りかけの9割を英語にした2歳前後と、もうすぐ5歳になる今のSmileとでは 両言語における重要度は違います。

2歳の頃は、発話を促すために一日のほとんどを 英語で語りかけをしてきました。

発話が安定してからは、英語に偏りすぎないようにバランスを見ながら、両言語の量を調整してきました。

4歳以降は、ある程度のことは英語で表現できるようになったので、今後は、スピーキングにおける流暢さを目指すよりも、

日本語や英語を通して 「何を学び吸収するか」、そして 学んだことを自分で どう広げていくか、ということを大切に見守りたいと思います。

それは、勉強をさせるということではなく、Smileの「どうして?なんで?」に向き合い、Smileの興味の種を育てるということ。

日本を一歩出れば、英語を話すことは すごいことでも優れているわけでもありません。

そんな中で 求められるのは英語以外の力。

それは専門分野でのスキルかもしれないし、人間としての魅力かもしれないし、色んな状況下で問題解決できる たくましさかもしれない。

将来、Smileがどこを拠点にするかは分かりませんが、母国語である日本語を使いこなすのはもちろんのこと、英語環境でも日本語環境でも「自分という軸」を持って欲しいなと思っています。

先週、プリスクールのお友達とmovie nightしたときの写真。Smileは一番右。ヨーヨー釣りにスーパーボールすくい。ママたちの手作りお祭りでした。

この日も日本語と英語、自由に飛び交っていました。

こんな風に、どちらの言語でも自分らしくいられる環境を大切にしたいです。

恐竜好きではないけれど

4歳11ヶ月。

Smileのいとこ Sくんは、大の恐竜好き。恐竜の名前は英語でほとんど言えます。

が、Smileは恐竜があまり好きではありません。”scary(怖い)”というのが一番の理由。

そんなSmileですが、2週間前、Sくんが帰国前に 『ヨコハマ恐竜展』に行くことを聞くと、自分も行きたい と。

おうち英語のお友達とお泊り会で 散々遊び疲れて 疲れ気味のSmileでしたが、Sくんと一緒に行くことに。

会場は夏休みの子ども達と親で いっぱい。

巨大は恐竜を次々と目にし、Sくんは大興奮。Smileは終始 顔が引きつっていました。

顔が引きつりながらも、恐竜には herbivore(草食)、carnivore(肉食)、omnivore(雑食)がいることを説明すると、少しだけ興味を持った様子。

売店では、恐竜グッズには興味を持たないSmileでしたが、「発掘セットがどうしても欲しい」と催促。

あまりに言うので、買ってあげることに。

ただSmileに対して、下に書いたようなことを話していないので、

実際の作業は、こちらの準備が出来るまで今しばらく待ってもらうことに。

  • 化石はどうできるのか
  • どんな種類があるのか
  • どういう風に発掘するのか
  • どういう人が発掘するのか
  • 発掘するには どんな道具が必要か

わたしも知らないことだらけ。夏休みはもう終わりますが、自由研究的な お楽しみはまだ続きそうです。

ティラノサウルスをバックに、眉毛がハの字眉のSmile。

ドリルは暇つぶしに

4歳11ヶ月。

以前、ワークブックワークブックを始めた と書きましたが、それから2ヶ月半。ワークブックをする頻度は、週に1回あるかないか(過去の記事『ワークブックを始めました』)。

Smileはワークブックやドリルが好きです。

始めたら、わたしが「もうそろそろやめよう」と言わない限り、やり続けます。

でも そんなSmileも、ワークブックは「遊び」ではなく「勉強」と何となく思い始めたようです。

ワークブックやドリルは、よくも悪くも勉強の成果が目に見えます。そういう意味で家庭でも取り組みやすい。

Smileも達成感があるから どんどん進めたくなるのかもしれません。

でも、Smileに対してドリルを日課にするのは、6歳あたりでいいのかなと思っています。

「やりなさい」という空気を作るのではなく、本人が率先してやりたくなるような環境づくりを心掛けたい。

親の圧力を感じながら学ぶのと、自分で「知りたい」という気持ちで学ぶのであったら、わたしは後者の環境を作れるように心掛けたいです。

下の動画は、新しいワークブックに取り掛かっているときのもの。父がイギリス出張の際に買ってきてくれたワークブックです。

“I’m gonna do my work, okay?(お仕事するからね?)”と意気揚々なSmile。

Smileのお勉強に関しては腰の重い わたし、仕方なく横に座って その様子を見守ります。

この”Letts Monster Practice “というワークブック、”Brain Quest“に比べると少し内容が複雑。でも痒いところに手が届くような細やかな内容です。

Brain Quest

 

動画では、時間の感覚「quicker vs. slower(速い vs. 遅い)」についてのページをやっています。

2つ目の動画も時間の感覚についてですが、今度は「earlier vs. later(早い vs. 遅い)」に関して。

日常の会話でもよく混同することがあるのですが、理解はしているようでした。

会話で意識的に使ってはいても、こんな風に文字で確認できるのは インプットへの気付き(noticing)が起きやすい(過去の記事『文字への意識』)。

そうは言ってもワークブックは、お勉強の一貫。

当分の間 こうしたワークブックやドリルは、何もやることがない時の「暇つぶし」として使うことになりそうです。

 

先週、わたしのお誕生日にSmileからもらった バースデーカード。

文字のワークも ほとんどやってないので、大文字と小文字が混ざっています。

でも そんな今のSmileの文字が 大好きです。

最近のリーディング

4歳11ヶ月。

5歳を目前にして、読みが以前よりも定着してきたSmile。

それでも 伸びの勢いは緩やか。

1日に一気に何冊も読む日もあれば、1冊しか読まない日もあります。

ただバスや電車では、”Can I read something?(何か読んでいい?)”と言うことが増えました。

下の動画は、1ヶ月ほど前、紀伊国屋の洋書セールで買った”Pirate Mom(海賊かあさん)”(過去の記事『洋書セールに大興奮』)。

STEP INTO READINGシリーズの レベル3なので、買ったときは「読めそうだけれど、少し長いかな?」という感じだったので、

しばらく本棚にしまってありました。


動画は2回目に読んだときのもの。

名前など 読めない単語は数個 あるものの、思っていたよりも持久力がついていたようで、最後まで読み切りました。


同じレベルでも 内容によっては 読みづらいものもあるので、

文字が小さすぎず、比較的 読みやすいものも混ぜつつ、読むモチベーション維持しながら、

徐々にレベルを移行したいと思います(過去の記事『インプットとモチベーション』)。

難しすぎると重荷になる今は、読みたいときに 読みたいものを読む時期だと感じています。わたしは本のある環境を整えるだけです。


バスや電車は もっぱら読む時間。常に 数冊は持っていくようにしています。

記憶力テスト?

4歳11ヶ月。

今日はプリスクールの日。

7月と8月は 近くのジャブジャブ池に遊びに行くので、いつもよりも荷物が増えます。

普段は なるべく自分でさせるのですが、今日は わたしも仕事の準備でゆとりがなく、Smileに代わって準備。

プリスクールでは 自分のことは 全て自分で管理することになっているので、

バス停に向かう途中で リュックに何を入れたか Smileと確認作業。

  • わたし: So I put a plastic bag, undies, and extra clothes in your backpack.(リュックの中に ビニール袋と パンツと 着替えを入れたからね)
  • Smile: Okay!(うん!)
  • わたし: Okay. Then it’s a quiz. What did I say I put in your backpack?(じゃあ、クイズね。リュックに何を入れたって言った?)
  • Smile: Um…my exra clothes and…undies and a plastic bag.(えーと、着替えと、パンツとビニール袋)
  • わたし: Yep. That’s right!(そう、正解!)
  • Smile: I know because you told me!(知ってるよ。だって そう言ってたじゃん!)

Smile、意外と ちゃんと聞いてました。

いつもは “plastic bag(ビニール袋)”を “bag(袋)”と省略してしまうSmileですが、

今回はきちんと言えました。

先日、おうち英語/日本語のお友達と話していて

年齢が上がるにつれ、会話の質を上げていかなければ という話題になりました。

わたしは英語ネイティヴではないので なかなか難しいですが、

なるべく代名詞(it, them, they)や簡単な表現で 済ませず、きちんと表現し、

Smileにも 明確に表現する癖をつけさせたいなぁと考えています。

そして日本語も 英語以上に表現に気をつけたいと考えています。

親である わたしも日々 勉強です。


プリスクールのお友達と水遊び。Smileは 左から3番目。

なぜ語りかけをするか

4歳11ヶ月。

Smileの5歳のお誕生日まで あと1ヶ月。

語りかけは Smileが1歳7ヶ月ころから 本格的に始めたので、4年ちょっとになります(過去の記事『バイリンガル育児を始めるにあたり気を遣ったこと』)。

わたしがSmileに語りかけをする理由は 主に2つ。

一つ目は インプットとして手っ取り早いから。いつでも どこでもできるのでインプット量を調整しやすいことがあります。

二つ目は、幼い頃から 英語に触れる機会を増やすことで 他言語に対する壁(情意フィルター)が出来にくいと考えるからです。

わたしが どちらかの言語しか使わなければ、もう片方の言語に対して 年齢や環境の変化とともに壁が生まれ、その言語を拒否するようになる可能性もあります。

そういうこともあり、わたしとは英語でも日本語でも心地良くいられるように、両言語のバランスを取りながら語りかけをしています(情意フィルターに関する記事『心地よい言葉とは』)。

「家庭での語りかけは必要か?」と聞かれることがありますが、

家庭での語りかけ以外に インタラクティブなインプットが十分に与えられていたら、語りかけは必ずしも必要ではないと思います。

たとえば、英語圏に住んでいたり、インターナショナル・スクールに通っていたり、

中長期のホームステイをしたり、

あとは週に数回以上、英語サークルや英会話レッスンを受けるなど、

外部の力を借りて 英語に触れる機会が多かったら 家庭での語りかけは必要ない、ということです。

ただし、ご家庭での考え方や 状況はそれぞれ異なるので、語りかけをする・しないは、家庭環境や子どもの性格などを考慮して決めたらよいのでは と思います。

では 家で語りかけをしたら 誰でも話せるようになるのかと聞かれたら、そうではないのが難しいところ。

上に、「インタラクティブなインプット」と書きましたが、「インタラクティブ」とは、「双方向な」対話を指します。

一方的に 語りかけるだけでは アウトプットに繋がらない場合もあります。

特に子どもが小さい時は、一方通行のインプットよりも、五感に働きかけるインタラクティブなインプットは 非常に効果が高いと考えています(過去の記事『五感に働きかけるインプット』)。

言語習得研究に、Child-directed speech(子ども向けの言葉)という考え方がありますが、

子どもの反応を見ながら、理解しやすい表現をしたり、発話を促すように語りかけることは、インタラクティブなインプットと言えます。

Child-directed speechには次のような特徴があります:

  • ゆっくり話す
  • 高い調子で話す
  • イントネーションに変化をつける
  • 短く、簡単な文を使う
  • 繰り返す
  • (子どもが言ったことを)言い替えてあげる

もちろん、家庭によってchild-directed speechの程度は異なるし、こういった乳幼児向けの言葉を使わない家庭でも子どもが言語習得する例もあるので一般化はできないようですが、

バイリンガル育児を行う際に、こうした考え方は参考になると考えています(過去の記事『滑舌』)。

フルセンテンスで話しかけるのが難しければ、子どもの身の回りの物を英語で言ってあげるだけでも基本単語は身に付きます。

  • 家庭内にあるもの(chair, table, bed, blanket, ballなど)
  • 家の外にあるもの(dog, cat, tree, sun, flower, slideなど)
  • 色(red, yellow, blue, greenなど)
  • 形(circle, triangle, square, rectangleなど)

色や形に関して言えば、フラッシュカードを使わなくても、身の回りのもの全てが教材になります。

道路の石畳を指差しながら、”Square!”とか”Rectangle!”と言うだけで 子どもは覚えてしまいます。

語りかけの要否は、家庭それぞれ。外部の力を借りるのもありだし、家庭での語りかけをするのもありだと思います。

子どもに語りかけながら、わたしも成長する。

そんな意味で 我が家の語りかけは もうしばらく続きそうです。


昨日 プリスクールのお友達と 急遽 プレイデートになりました。

みんな バイリンガルですが、遊びの内容によって 言語が切り替わるのが面白い。

コープなお泊まり会

4歳10ヶ月。

先日、おうち英語のお友達とお泊まり会がありました。

子ども7人。0歳から 12歳まで勢揃い。

初めて会う お友達もいましたが、皆んな すぐに打ち解け、子どもたちは部屋で大暴れ。

みんな、アクティビティや絵本、ゲームなどを持ち寄ったのですが、

お母さん それぞれの強みを生かして、コープ(cooperative=協力的な)な お泊まり会になりました。

子ども達を上手に誘導してくれるお母さん、子どもと全力で遊んでくれるお母さん。

まるでSmileが通う親参加型のプリスクールのよう(過去の記事『インターではないプリスクール』)。

中でも子どもたちが楽しんでいたのが、自然の中で Scavenger Hunt(リストにあるものを探し出すゲーム)。

これも お友達が持ち寄ってくれたアクティビティです。


わたしは買い出しに行ってて Smileと一緒ではなかったのですが、頑張って5個 見つけてきました。

大きい子は、さすが、虫の抜け殻や カタツムリなど その採集力に脱帽。

夜は 子ども達でゲームをしたり、枕投げをしたり、Smileもあんなに夜更かししたのは初めて というくらい大興奮。

わたしも、普段のレッスンでは少し難しくてなかなか使えない歌や絵本を持っていって、子ども達と存分に楽しみました。

帰りの電車では、Smileと2人で Scavenger Huntで やったリスの生態を読みながら 復習。

「大事なところに線を引く」と言って、一生懸命にメモを読むSmile。

そんなSmileを見ながら、英語のサマーキャンプも楽しそうだけれど、

こんな風に、お母さん達が協力して 子どもと一緒に作り上げるコープなお泊まり会もいいなぁ、と。

異文化理解

4歳10ヶ月。

4歳になったばかりの頃、エレベーター内にある点字(Braille)や、駅のホーム上や道路上にある点字ブロック(Braille blocks)は 何のためにあるのか Smileに聞かれたことがありました(過去の記事『ヘレン・ケラー』)。

その時は点字のことについて少し話をしたのですが、先週、駅のホームを歩いていたときに、また気になった様子のSmile。

  • Smile: Why are there yellow lines?(なんで黄色い線があるの?)
  • わたし:To let people with poor eyesight know where to walk and to stop?(どこを歩いたらいいか、どこで止まったらいいか知らせるためかな?)
  • Smile: 《線上の突起を指して》Why is it like this?(どうして こんななの?)
  • わたし:You mean, these bumps?(この突起のこと?)
  • Smile: Yes.(うん)
  • わたし:Hmm. That’s a good question. I think, by walking on these bumps with a stick, they know where they are walking? (うーん。いい質問だね。この突起の上を歩くと、どこを歩いているか分かるからかな。)

ここまで話したときに、「なるほど、なんで色んな種類の黄色い線があるのだろう」とわたしも気になり、

ホームで Smileと一緒に調べることに。

正式名称は「視覚障害者誘導用ブロック(tactile paving)」と言って、1960年代に日本で開発されたのだそう。

長方形の突起は「歩く方向」を表し、丸い突起は「その線を超えると危険、止まれ」ということを知らせるのだそうです。

  

なるほど確かに、ホームの淵手前や、階段・エスカレーター手前には 丸い突起の黄色い線。

黄色い線の存在は 知っていても、どこに どのような線があるのかは意識したことがありませんでした。

つい最近も、目の見えない男性が駅ホームから転落する事故がありましたが、一部の人からしてみれば 命に関わるくらい重要なことなのに、

日頃、意識せずに見過ごしてしまっていたのだなぁ、と反省。

国籍や人種の違いだけが異文化ではありません。自分と少し違う環境にいる人たち、違う考えを持っている人たちのことを知ることも 異文化理解だと思っています。

こういう身の回りのことも Smileと一緒に勉強していきたい。

Smileに聞かれて わたしも障害について考えるきっかけをもらえました(過去の記事『多様性と異文化理解』)。

 

先週末、新幹線に乗る前の写真。

毎日 毎日 質問の嵐。でもこうして気づきを与えてくれる存在でもあります。