インプットとしての動画

4歳10ヶ月。

久しぶりにSmileが発熱して、楽しみにしていたサマープログラムは 一日だけお休みして自宅で休んでいます。

熱も落ち着いたので、Smileのリクエストで借りた”The Little Prince(リトルプリンス 星の王子さまと私)”を観ているところです。

インプットとしては、少し難しいですが、小さい女の子が主人公ということで、Smileにも理解できる台詞が6割ちょっと、という感じでしょうか。

最近は動画のレベルをそこまで考えなくなりましたが、Smileが赤ちゃんのときは 動画選びには気を遣っていました。

Smileが1歳の頃、動画として観ていたのは、主に二つ。

DWE(ディズニー英語システム)のサンプルDVDと

Mommy & Me: Playgroup Favorites(ママ&ベビー プレイグループ)”のDVD。

Mommy & Me“は、アメリカのプレイグループの様子を映像化したもので、お母さんやお父さんが子どもと一緒に歌ったり動いたりしています。

近所の英語プレイグループは、隔週だったので、家でも同じようなことをしたいという思いで購入しました。

他にも赤ちゃん向けの動画はたくさんあると思いますが、当時は この二つを繰り返し観ていました。

この二つの動画に共通するのは、どちらも歌がメインになっていて、

映像を観せなくても、日常的に わたしとSmileで歌ったり、動いたりできること。

つまり 動画で観た内容を、わたしとのインタラクションを通して 定着させることができたのです。

以前、インプットは、相手にとって理解可能なレベルであって、インプットに「気付く」ように繰り返し与えられなければならない、と書きました(過去の記事『意味のあるインプット』)。

年齢が高くなれば、同じものばかりだと飽きてしまうこともあるかと思いますが、子どもが幼ければ幼いほど、繰り返しの要素は重要と考えています。

繰り返し同じ音を聴くことで、その情報の文法要素に気付き、内在化しやすくなるからです。

赤ちゃんであれば、毎日 同じ歌を一緒に歌ってもいいと思います。

DWEのサンプルDVDにいたっては、Smileが好きで観すぎて、傷が入り、プレーヤーで読み取れなくなるほど。

下の動画は2歳になったばかりのSmile。DWEのサンプルDVDを観ているところ。

初めは手を叩いたり、身体が揺れるだけでしたが、この頃から、動画を描写するような発話も出始めました。


近所の英語プレイグループで会った お友達とは今でも仲良し。

出会った頃、Smileは8ヶ月。お友達は3ヶ月のベビーちゃんでした。

 

懐かしい動画

4歳10ヶ月。

先日、昔の動画を見返していたら、懐かしいものが出てきました。

Smileが2歳4ヶ月のときの動画です。

Smileがトイレトレーニングを始めたのは2歳4ヶ月のとき。動画を撮るちょっと後のことです(過去の記事『Potty Training(トイレトレーニング)』)。

わたしがしたトレーニングは、トレーニングを始めると決めた その日から オムツは一切履かせない、というやり方。

周りに言うと かなりびっくりされますが、プリスクールに通う子たちは 大体がこのやり方で、一ヶ月以内に完了します。

完了したあとも もちろん失敗はありましたが、Smileの時も1週間で終わりました。

でも、このときに何が大変だったかというと、トイレに行きたがらないSmileと向き合い、話し合い、トイレに行くことを納得してもらうということ。

今でこそ “Do you need to go to the washroom?(トイレ行く?)”という問いかけをしますが、当時はしませんでした。

必ずと言っていいほど、”No!(いや!)”と返ってくるからです。

代わりにしたのは、”There’s no washroom on the way home. So let’s go potty now.(帰り道にトイレはないから、今 トイレに行っておこうね)”という問いかけ。

こういう問いかけでも”No”が返ってくることがほとんどでしたが、ここからが交渉の始まり。あの手この手で Smileをトイレに誘導する毎日でした。

下の動画は、そんな格闘の直前のもの。

オムツではない、大人と同じ布パンツを見て Smileもテンションが上がっています。

この頃は、簡単な動作は大体 表現できるようになっていましたが、まだ こちらが発話を引き出すことも多かったように思います。

  • わたし: What’s same?(何が同じ?)
  • Smile: This…(これ…)
  • わたし:Same as whose? Same as….(誰と同じ?….と同じね)
  • Smile: Mommy!(お母さん!)
  • わたし:Yeah. Same as mommy’s panty.(そう。お母さんと同じ布パンツね)
  • Smile: Can I wear it?(はいてもいい?)
  • わたし:First, you need to wash them. And you need to practice sitting on a potty. And do pee pee and poo poo in the potty. Yeah? And then, you can wear…those panties. Wow, you’ve got different kinds of panties.(まずは洗わないとね。それで、トイレに座る練習をしないとね。それから、トイレにおしっことウンチをする練習をしないとね。そうしたら、そのパンツはいていいよ。わぁ。いろんな種類のパンツがあるね)
  • Smile: Yes!(うん!)
  • わたし:Yeah? Flowers? …And stripes? (ね?お花と?ストライプと?)
  • Smile: 《パンツを袋から取り出す》
  • わたし:Wow…. Do you like them?(わぁ。気に入った?)
  • Smile: Yes.(うん)
  • わたし:What do you say?(何て言うのかな)
  • Smile: Thank you.(ありがとう)
  • わたし:You’re welcome. Are you happy?(どういたしまして。うれしい?)
  • Smile: Yes! 《パンツを包んでいるビニールを取りながら》…is this. What is this?(うん!これなに?)

今だに 走ってトイレを探すときもありますが、替えのパンツも持ち歩かなくなるほど、わたしも身軽になりました。

比較

2歳11ヶ月。

3歳まであと4日。毎日、”I’m three?”(わたし、3歳?)と聞いてくるSmileに、”Almost(もうすぐ)”ではなく、”Yes, you are.”とようやく言うことができます。

【比較 (more/ most)】

2歳1ヶ月ごろに映画『ラプンツェル』を見せたら、魔女がラプンツェルに対して言う台詞が気に入ったようで、あまり概念を理解せず”more  most”を習慣的に使うようになりました。

  • わたし:《寝る前に》Good night. Sleep tight. I love you.(おやすみ。ぐっすり寝てね。大好きよ)
  • Smile:I love you more.(もっと大好き)
  • わたし:I love you most.(一番好きよ)

Smileなりに決まりがあるらしく、わたしが”I love you more.”と言っては駄目で、常に最上級の”I love you most.”と言わないといけないようです。

【比較 (small/ smaller/ smallest)】

数日前、自分のご飯の量が少ないと文句を言ったSmileに対して、「お父さんが一番大きくて、お母さんはお父さんより小さくて、Smileは一番小さい。だからご飯も少ない」と説明したのですが、それが印象に残っていたようで、朝ご飯のときに、

  • Smile: I’m smallest. You’re small.(わたしが一番小さい。お母さんは小さいね)
  • わたし: Yeah. I’m smaller than your daddy, and you’re the smallest in the family.(そうね。わたしはお父さんより小さくて、Smileは家族で一番小さいね)
  • Smile: Are you family?(お母さん、家族?)
  • わたし:Yes. I’m your family.
  • Smile:Are you (an) adult and drink coffee?(お母さんは大人で、コーヒー飲む?)
  • わたし: Yes.
  • Smile: I’m not (an) adult because I’m…(わたし、大人じゃない。だってわたしは…)
  • わたし: You’re what?(なに?)
  • Smile: I’m a big girl.(わたしはお姉ちゃん)

2歳1ヶ月の時よりも、比較の概念を格段に理解できているようです。自分は 「small(小さい)だし、adult(大人)でもないけど、a big girl(お姉ちゃん)」と自分の存在を主張しているところが可笑しかったです。

また、あまり”family(家族)”という言葉を会話で使ったことがなかったせいか、まだfamilyの概念を理解していないようです。

【Don’t want + 人 + to〜(…に〜してほしくない)】

最近、よくHumpty Dumptyの歌を口ずさむSmile。歌いながら、突然こちらを向いて一言。

  • Smile: I don’t want Humpty Dumpty to sit on the wall.(ハンプティ・ダンプティに壁に座ってほしくないの)
  • わたし: Why not?(どうして?)
  • Smile: Because it’s not nice.(よくないから)

普段、”I don’t want you to…(〜して欲しくない)”と叱るときに言っているからなのか分かりませんが、複雑な表現を突然、会話に使ってきたので、びっくり。座って欲しくない理由は、まだ2歳だなぁと感じますが・・・。

To do eating

2歳11ヶ月。

【Overgeneralization(言語ルールを適用範囲外に当てはめる)】

お話が上手になってからずっとですが、Smileは食事中に沢山お話をします。話や質問に夢中になりすぎて、ご飯がなかなか進まないほど。今日もなかなか食べ終わらないので、早く食べるように促すと、ピシャリと言い返されてしまいました。

  • Smile: It takes some time.(時間がかかるの)
  • わたし: It takes time to do what?(なにするのに時間がかかるの?)
  • Smile: To do eating.(食べることをするのに)
  • わたし: You mean, to eat?(食べるのに、という意味?)
  • Smile: 《頷いて》To eat.(食べるのに)

いつもSmileに”What are you doing?(何してるの?)”と聞かれる度に、”I’m doing the dishes.(お皿洗ってるの)”、”I’m doing the laundry.(洗濯してるの)”、”I’m vacuuming.(掃除機かけてるの)”とか、-ing形で答えることが多いためか、「食べること=do eating」というようにSmileなりに一般化しているのかもしれません。

それにしても、「食べるのには時間がかかるんだから、急かさないで」というように大人顔負けの口答え。参りました。

命あるもの、ないもの(つづき)

2歳11ヶ月。

2週間ちょっと前、道路で蝉の死骸を見つけたときに、Smileと「命あるもの、ないもの」の話をしました。それ以来、「死」という考えについて説明する方法はないかと探していましたが、「Smileに読んでみたい」と思う絵本を見つけました。

“The Tenth Good Thing About Barney(バーニーの、10番目に良いところ)”

51FW9gPG30L

【あらすじ】

ある男の子が主人公で、大切に飼っていた猫のBarneyが死んでしまい、とても悲しんでいるところから物語は始まります。悲しんでいる姿を見て、お母さんが、「Barneyの良いところを10個あげて、お別れのときに言ってあげたら?」と提案し、男の子は一生懸命考えます。でも、9個までは見つかるけれど、最後の10番目の良いところが見つかりません。

近所のお友達Annieは、「Barneyは死んで天国にいる」と言い、男の子は「土の中にいる」と言い張ります。

その後、庭仕事をしていたお父さんと一緒にスイートピーの種を蒔いているときに、男の子は袋の中を覗き、質問します。

「葉っぱも見えないし、花も見えないよ」

するとお父さんは、「土の中で変わるんだよ」と答えます。

「Barneyも変わるの?」と男の子。

「そうだよ、変わって土の一部になるんだ。」そうやって草木や花の栄養になる、とお父さんは男の子に説明します。

お父さんとの会話を通して、男の子はまた考えます。土に戻って、草木や花の栄養になる。それがBarneyの、10番目に良いところなのだと。

評論では、天国を否定していて宗教的に不適切だとか、「土に還るという考え方は残酷だ」だとかいう意見もあったりして、賛否両論でした。Smileに読んでいいのかどうかも、だいぶ迷いましたが、わたしの中ではストンと腑に落ちる描写だったので、今日、読んでみることに。

  • わたし:《読み終えた後で》Is the boy happy now?(男の子は今は嬉しい?
  • Smile: No.(ううん)
  • わたし:I think he’s feeling happy now. He was sad in the beginning because his cat, Barney, died. But he learned that Barney is now in the ground helping grass and flowers to grow. So…(今は嬉しいと感じているんじゃないかな。最初はバーニーが死んで悲しかったけど、今は土の中にいて草や花が育つのを助けているのを知ったから…)
  • Smile: Why?(なんで?)
  • わたし: Barney’s gonna be part of the ground and help the tree and flowers to grow. Isn’t it nice thing for a cat? So, do you remember the dead cicada that you found on the ground the other day? Like the cicada, Barney’s not alive anymore.(バーニーは土の一部となって、木や花が育つのを助けるんだよ。良いことだよね?前に、蝉の死骸を見つけたのを覚えてる?その蝉と同じように、バーニーももう生きてないの)
  • Smile: 《笑いながら》I’m not dead yet.(わたしはまだ死んでない)
  • わたし:No, you’re not. You’re alive and breathing. How about your great grandma? Is she alive?(死んでないね。生きているし、息してるよね。曾おばあちゃんはどう?生きてる?)
  • Smile: No.(ううん)
  • わたし: No. We went to her funeral, right?(そうね。お葬式に一緒に行ったもんね)
  • Smile: She was dead.(曾おばあちゃん、死んでたね)
  • わたし: Yes. She’s not alive anymore. She passed away.(そうね。もう生きていないの。亡くなったの)
  • Smile: Passed away.(亡くなった)

この絵本は「死」をテーマとして扱っているため、Smileもどれだけ内容を理解しているか分かりませんでしたが、蝉の話をしたときよりも、「命あるもの、ないもの」についての理解が深まっているようでした。

この先、もっともっと説明しづらいことが増えてくると思います。でもその度に、ちゃんとSmileと向き合っていきたいと感じています。

 

わたしもお仕事

2歳11ヶ月。

イヤイヤは2歳になった頃に落ち着きましたが、ここ1ヶ月、なんだか様子の違うSmile。成長過程だと思いますが、段々と複雑になるSmileの感情にこちらも、より真剣に向き合わないといけない場面が増えました。

【Can I work?(わたしもお仕事していい?)】

毎週土曜日は朝から仕事で家を出ますが、今日はいつもとは違う様子で近寄ってきたSmile。

  • Smile: Mommy, can you not go anywhere? You’re gonna work?(お母さん、どこにも行かないでね?お仕事するの?)
  • わたし: Yes, I need to take trains to go to my workplace.(そうよ。電車に乗って仕事場に行くのよ)
  • Smile: I’m gonna be bigger and bigger and can I come with you?(もっともっと大きくなって、一緒に行っていい?)
  • わたし: 《笑いながら》Yeah?(そうね?)
  • Smile: 《自分のノートと鉛筆を持ってきて》Can I work at a class with you?There’s gonna be bathroom at the class?(一緒に行って、わたしもお教室で仕事していい?お教室にはトイレある?)

『ノートと鉛筆=お仕事』と思っていることが可笑しかったです。同時に、まだ2歳の娘を置いて出ることに胸が少し締め付けられた…のですが、

家を出る頃には、ケロっとしており、まだ靴も履いてないのに

  • Bye! See you!(またね!)

とあっさり見送られてしまいました。

【日本語】

昨日、プリスクールに行く前にどうしてもマニキュアをしたいと駄々をこねたSmile。仕方なく、子ども用のマニキュアを塗ったら、よほど気に入ったのか、起き抜けにお父さんに自慢。

  • Smile: 《両手を伸ばして》Daddy, nail polish みてー!
  • お父さん: なになに?
  • Smile: 《部屋が暗かったので》でも結構見えないよね
  • お父さん: 見えるよー。ピンクでしょ。かわいいね

「結構」という程度の表現を使ったのが、何だか妙に大人びていて可笑しかったです。

お母さんみたいに

2歳11ヶ月。

プリスクールに行くのにSmileのお弁当を作っていたら、突然Smileが泣き声で

  • Smile: I can’t do it! Help me please! (できないよ!手伝ってよ)

何事かと思い見てみると、パンパンに物が詰まったリュックのジッパーを閉めようとしています。

  • わたし: That’s too much.(入れすぎでしょう)
  • Smile: I wanna carry heavy stuff like mommy. (お母さんみたいに重いもの持ちたいの)
  • わたし: That’s gonna be too heavy. You need to take some things out. I’m not going to hold your backpack for you when you fall asleep after school.(それじゃあ、重すぎるでしょ。何か出さないと。スクールの後に寝ちゃってもお母さんはSmileのリュックは持たないよ)
  • Smile: But I’m big (big girl).(でもわたしお姉さんだよ)
  • わたし: I know I have a lot of things in my backpack. But that’s not because I want to, but because I have to. Most of them are yours.(お母さんのリュックは沢山入ってるけど、そうしたくてしてる訳じゃないよ。ほとんどSmileの物だよ)
  • Smile: 《首をすくめて》Okay.

ちょっとがっかりした様子でしたが、リュックから分厚いミニノートとサングラスを出してくれました。

わたしのリュックの中は、Smileの着替え、絵本、お弁当、水筒、レインコート…といつもパンパンですが、Smileにしてみれば、「なんでも出てくるリュック」とでも思っているのでしょうか…。”I’m big”と言ってるあたり、「大人やお姉さんは重い物を持つものだ」た思っているようです。

好きで荷物が多い訳ではないのを今日少し分かってくれたかな…?

【Doesを使って質問する】

つい一ヶ月前まで、正しく「それってどんな意味?」と質問できず、”What it means?”と言ってましたが、今日は正しく言えてました。

  • What does it mean?

Code-switching

2歳11ヶ月。

【Code Switching(言語の切替)】

今までも、話す相手によって言語を切り替えていましたが、今日はその切り替えが、よりはっきりしていました。

しかもそれまで全く関係のない、肘の話題をわたしとしていたのでかなり唐突でした。

  • Smile: Mommy, can you touch your elbow? Is it rough? (お母さん、肘を触って?ザラザラしてる?)
  • わたし: 《肘を触り》Yes, it is.(ザラザラしてるよ》
  • Smile: Why is it rough?(なんでザラザラしてるの?)
  • わたし:  I don’t know. Maybe it’s because there are wrinkles on the elbow? (分からないな。多分、シワがあるからかな)
  • Smile: 《わたしの返答には返事せず》Daddy, 今日はね S (プリスクールの友達)のところにいくのよ
  • わたし:《笑いながら》 No, we’re not.(行かないよ)
  • Sumire: Where are we going?(どこ行くの?)
  • わたし: We’re gonna stay home because mommy’s not feeling very well, and it’s raining outside.(おうちにいるよ。お母さん、体調悪いし、雨降ってるから)

上の会話では、肘のことを話しているのに、突然、お父さんが背後にいるのに気がつき、日本語に切り替え、しかも全く関係のない話を振り、その後またすぐに英語に戻しています。

もう一つ興味深かったのが、”rough“という表現を使ったこと。プリスクールで色んな材質を触って、”rough(ザラザラ), rougher(よりザラザラ), smooth(滑らか), smoother(より滑らか)”という概念を習っていたのは知っていましたが、会話にちゃんと使っていたことに感心。

自分の肘を”rough”とあまり考えたことはなかったけれど、確かに顔や腕の皮膚に比べて、肘の皮膚は滑らかではない。意表を突かれた質問でした。

【some を使う】

Smileとネックレスの話をした翌日、早速”some”を使って発話していました。”Some young men….”(若い人でネックレスを着ける人もいる)と1回使っただけでしたが、音の響きが気に入ったのか、”not everybody”(皆んなが皆んなそうではない)という概念が気に入ったのか、Smileの記憶に強く残ったようです。

雨の中、片手でSmileを抱っこをして、もう一方の手で傘を持っていたら、突然得意げに一言。

  • Some tiny girls can’t walk by herself and hold umbrella.(小さい子で、自分で傘を持てない子もいるよね)