五感に働きかける インプット

4歳8ヶ月。

英語での語り掛けを始めてから、3年。

発話が出るまでは、とにかくインプットでした。

量も もちろん ある程度は大切ですが、それ以上に意識してきたのが意味のあるインプット(過去の記事『意味のあるインプット』)。

レベルにあってない語り掛けをしたり、動画ばかりを見せたりはしませんでした。

1歳という低年齢もありますが、英語の取組みで使ってきたのは、身の回りにある物だけ。

そして、耳や目からだけでなく、触覚、味覚、嗅覚に働きかけるインプットが効果的だったように思います。

インタラクティブなインプットという点では、動画や音源のかけ流しとは 少し異なるかもしれません。

触るだけで、物の硬さ(hard/  soft)、温度(cold/ hot)、滑らかさ(smooth/ rough)を教えられるし、

味わうだけで、色んな味(sour/ sweet/ bitter/ salty)を舌で覚えられるからです。

下の動画は、1歳10ヶ月のSmile。味覚以外の感覚に働きかけて インプットをしています。

この時期は、とにかく「インプットとリピート」の時期で、自発的に発話出てきたのも この時期。

      • Smile: 《桃を持って》おおきい。
      • わたし:That’s big! (大きいね)
      • Smile: 《小声で》big.(おおきい)
      • わたし: Can you put the peach in the box? Yeah?(桃を箱の中に入れられる?)
      • Smile: 《桃を戻そうとする》
      • わたし:There you go. Thank you. And what else do we have?(ほら。ありがとう。他には何がある?)
      • Smile: Egg!(卵!)
      • わたし:Egg? Yes. You’re right! Eggs.(卵?そう。その通りね。卵)
      • Smile: 《卵のパックを持ち上げる》
      • わたし:That’s it. Thank you. Eggs. Thank you.(そう!ありがとう。《複数形にして》卵ね。ありがとう)
      • Smile: Eggs.(卵)
      • わたし:And what else do we have? What’s in the box?(あとは?何が入ってる?)
      • Smile: Apple!(りんご)
      • わたし:Apples? Those are peaches.(りんご?それは桃だよ)
  • わたし:あ!What is this?(これは何?)
  • Smile: にんじんさん!
  • わたし:This is zucchini(これはズッキーニ!)
  • Smile: Zucchini.(ズッキーニ)
  • わたし:See?(ほら)
  • Smile: See?(ほら)
  • わたし:Do you want to hold the peach?(桃 持ってみる?)
  • Smile: Yeah.(うん)
  • わたし:《桃を渡して》Here you go. This is peach.(ほら。桃だよ)
  • Smile: Peach.(桃)
  • わたし:Can you smell it?《匂いを嗅ぐフリをして》Can you smell it?(匂いをかげる?)
  • Smile: 《匂いを嗅ぐ》
  • わたし:It smells like peach.(桃の匂いがするね)

動画①では、Smileの日本語を英語に言い換えています。会話は止めずに、肯定しながら訂正。

遠回しな訂正は、伝わらない場合も多いですが、”egg”を”eggs”に言い換えるなど、効果的なときも多いです。

ただ、この時点では「”-s”を付ける」という風には気が付いてはいません。

動画②では、触らせたり、匂いをかがせたりしています。

リピートが多いですが、リピートは とても大事な要素。

リピートを繰り返すことで、インプットの文法的要素に気がつき(noticing)、インプットが内在化します(intake)。

その繰り返しで、アウトプットに繋がってきます。

ここで大事なのが、そのインプットに「気がつく」かどうか。気がつかなければ、それはインプットの役割は果たしていないのかもしれません。

そういう意味で、発話が出るまでは、五感に働きかけるインプットが重要になってくるのかな、と。


お気に入りのコーヒーショップにて レモン水。

自発的な発話が出るまでは、食いしん坊のSmileには、食べ物を使った働きかけが一番 効果的でした。

2歳前の語りかけ

4歳8ヶ月。

昨日、動画を整理していたら、赤ちゃんの頃のSmileが懐かしく、久しぶりに夜更かししてしまいました。

Smileとの会話をほぼ英語に切り替えたのは、1歳半過ぎ。それまでは、ほぼ日本語でした。

初めの頃は、質のあるインプットを意識していたので、ただランダムに話しかけることはせず、リピートさせることを中心に話しかけていました(過去の記事『発話を引き出す』)。

そして、少しずつ発話が顕著になってきたのが、始めてから2ヶ月ほど経ったあたり(過去の記事『発話とリピート』)。

こちらの言うことも分かるようになり、意味も分かってリピートすることが増えました。

下の動画は、Smileが1歳10ヶ月のとき。

お友達にメルちゃんをもらって、嬉しくて仕方がないSmile。

  • わたし:Are you brushing her hair?(メルちゃんの髪をとかしてるの?)
  • Smile: Yes.(うん)
  • わたし:Can you give her milk?(ミルクあげれる?)
  • Smile: Yes.(うん)
  • わたし:Where’s her milk?(ミルクはどこ?)
  • Smile: 《哺乳瓶を探す》
  • わたし:She’s saying she’s thirsty.(喉が渇いてるんだって)
  • Smile: Yes.《哺乳瓶を見つける》どうぞ。(うん。どうぞ)
  • わたし:うん。Here you go.(うん。「はい、どうぞ」だよ)
  • Smile: Here you go.(はい、どうぞ)
  • わたし:And what do you say to your friends?(お友達には何て言うの?)
  • Smile: ありがと!
  • わたし:Yeah. You say “Thank you.”(そう。「ありがとう」だね)

下線部は、発話を引き出そうとしている語りかけ。

  1. Yes/Noで答えられる質問
  2. What/Where/Whoなど疑問詞を使った質問
  3. リピートさせる語りかけ(”Here you go.”/ “You say ‘Thank you.'”)

What/Where/Whoで聞く時は、初めのうちは答えを用意してあげて、リピートさせることが多かったです。

この頃は、言語に限らず、わたしの言葉に反応することが嬉しく、日々の成長に驚き 感動することばかりでした。

今は日本語でも英語でも、Smileからの質問の嵐に こちらが しどろもどろ。

この頃が懐かしいです。でも、今この時間も懐かしくなる日が すぐ来るのだろうなぁ。

img_4413
1歳10ヶ月の頃のSmile。プリスクールにて。一番左の ちびっこがSmileです。

2語の定着

1歳11ヶ月。

2語の発話が出てきてまだ間もないですが、定着したような感じです。中にはチャンクかな?というのもありますが、一語を足しているので、自分で組み立てているようです。

【2語】

  • Mel-chan, see (look at the) moon!
  • Water, please!
  • 《犬が二匹いるところを見て》Two doggies!
  • 《飛行機の音を聞いて》Airplane gone!
  • 《寝ているわたしの側に来て》Mommy, wake up!
  • 《もう一つ欲しいときに》Another piece?
  • 《自分の手が汚れて》Dirty hands

【日本語】

  • おみず、くださーい!

あとは、ここ最近、Snow White(白雪姫)のDVDをくり返し見ているので、”Witch(魔女)”や”Dopey(小人の名前)”などの言葉もよく出るように。

2語

1歳11ヶ月。

チャンク(決まり文句)も増えてきて、依然として1語も多いですが、自分で2語を構築しているような発話が増えてきました。

【1語】

  • Crying
  • Sleeping
  • Bedroom

【チャンク(決まり文句)】

  • Piggy back(おんぶ)
  • I did it!
  • Intsy wintsy spider(歌の題名)

【2語】

  • Open it, please!
  • Mommy come!
  • Mommy baby, baby monkey

“Open it”はチャンクとして覚えていたので一語としてカウントしています。”please”を付けて発話したのは初めて。

【日本語と混ざる】

  • 《冷たいものを触って》Cold, つめたいね
  • 《食べるときに》Apron くださーい
  • エンエンしてる?Sad?

【日本語】

  • ないないする?

日本語と行ったり来たり

1歳11ヶ月。

【日本語と混ざる】

実家に2泊した影響か、日本語と英語のバランスが同じくらいになってきたような感じです。両親は、英語スピーカーですが、全て英語で返答する訳ではないので、わたしが留守の間に日本語のインプットもたくさんあったようです。

  • Tummy ouch, おなかいたい
  • Let it Go みる?
  • Apple juice のむ?
  • Daddy ありがとうって言った?

【英語で形容する】

  • 《テレビを観ながら、悲しいシーンがあると》sad?
  • 《食べようとしたジャガイモが熱すぎて》Potato hot
  • Sleeping?

【おじいちゃん&おばあちゃん】

Smileのお父さん側の祖父母とは日本語で話すので、「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼び、わたしの両親とは大概英語で話すことから、両親のことは「Grandpa, Grandma」。

どちらも同じ意味ですが、Smileにとっては、「おじいちゃん&おばあちゃん=日本語で話す」、「Grandpa & Grandma = 英語で話す」というような構図ができてきたのかもしれません。

プリスクールの影響

1歳11ヶ月。

ここのところ、一気に英語の発話が増えてきたのは、一つはプリスクールの影響もあると思います。ここ1週間の間に、プリスクールへ通ったのは約5日。

お友達の英語も耳にしたりして、かなり影響はあったようです。

  • 《痛い思いをしたときに》hurt
  • 《蚊に刺されたところをさすりながら》itchy
  • 《好きじゃない食べ物を目にしたときに》Yucky
  • 《自分のものを触られたときに》Mine!
  • 《重いものを持って》Heavy!
  • 《お友達に対して》Hello!

【チャンク(決まり文句)】

  • Come here.
  • ET go home.《ETの映画に影響されたのか、一年ほど前に通っていた英語音楽サークルで聞いたのを覚えていたのかは不明・・・》
  • Almost there
  • All through the town(Wheels on the Busの歌から)
  • Good morning
  • Good night
  • Help me.

【日本語】

今日から、横浜の両親の家へ。Grandma に会ったとたん、少し日本語が出ました。

  • とどかないねー
  • アンパンマン、どこだ?

要求する質問

1歳11ヶ月。

【英語が優勢に】

1歳10ヶ月に入ってから急に英語が出て来るようになりましたが、先月までは日本語が優勢だったのが急に英語優勢に。ただ、英語で表現できない言葉は日本語を使っています。

  • Tummyいたい
  • Alligator
  • No, thank you.

【要求する】

ここ最近、新しく使うようになった表現が、こちらに要求する言い方。

  • Can I have?
  • 《もっと欲しいときに》More?

今までは知っている単語を口にしていたり、自分のYes Noを表現していただけだったのが、相手に要求するために英語を使うようになってきました。これも言語発達のプロセスだと感じました。

英語優勢か?

1歳10ヶ月。

2日前、発する英単語が急に増えたと感じましたが、今日は、「英語の方が多い?」と感じた日でした。

  • 《テレビのカブトムシを見て》Beatles!
  • 《口に入れたクッキーが大きすぎて》Big!
  • 《パーカを着せたら》Jacket
  • 《ピーターパンを見たら》Peter Pan!
  • 《歯みがきのときに》Brush
  • 《急に立ち止まり》Stop!

【要求する英語】

  • Can I?
  • (Can I) have?

【要求する日本語】

  • (絵本を持ってきて)よんで!

【拒否する日本語】

イヤイヤは相変わらずですが、今まで”No!”と抵抗していたのが、道を歩いていて他の子が口にした「いや!」と真似するようになりました。

  • いやだー!!