日本語ありきの英語

4歳11ヶ月。

昨日、プリスクールの帰り道で Smileとバスを待っていたときのこと。

  • Smile: 《連なって走るバスを見て》Look, mommy! バスが3だん。(見て、お母さん!バスが3だん)
  • わたし:バスが3
  • Smile: バスが3。あ、2になった!
  • わたし:本当だね。2になったね。

ここで敢えて英語にしなかったのは、Smileの「バスが3だん」という発言を聞いたから。

英語にしたら “three busses”で済んでしまうけれど、日本語は「〜台」。そちらを言って欲しかったのです。

本だったら「〜冊」、紙だったら「〜枚」、お箸だったら「〜膳」と、日本語では物によって数え方が変わります。

英語も、”a head of lettuce(一個のレタス)”、”a loaf of bread(1斤のパン)”、”a bowl of rice(ご飯1膳)”など、物によって数え方が異なるので、

会話する上で意識しながら使うようにしていますが、日本語ほどは気をつけていません。

Smileの母国語は日本語なので、母国語として日本語を使う以上、ちゃんとした表現も身につけて欲しいな、と。

以前、Smileとの日本語と英語の割合は、ある程度 Smileに任せていると書きました(過去の記事『英語と日本語の割合』)。

今でもそんな感じですが、日本語が多い日、英語が多い日は、そのときの状況で まちまち。非常に動的です。

そんなSmileの言語使用状況を見て、わたしも使う言語を調整するという具合です。

ただ、語りかけの9割を英語にした2歳前後と、もうすぐ5歳になる今のSmileとでは 両言語における重要度は違います。

2歳の頃は、発話を促すために一日のほとんどを 英語で語りかけをしてきました。

発話が安定してからは、英語に偏りすぎないようにバランスを見ながら、両言語の量を調整してきました。

4歳以降は、ある程度のことは英語で表現できるようになったので、今後は、スピーキングにおける流暢さを目指すよりも、

日本語や英語を通して 「何を学び吸収するか」、そして 学んだことを自分で どう広げていくか、ということを大切に見守りたいと思います。

それは、勉強をさせるということではなく、Smileの「どうして?なんで?」に向き合い、Smileの興味の種を育てるということ。

日本を一歩出れば、英語を話すことは すごいことでも優れているわけでもありません。

そんな中で 求められるのは英語以外の力。

それは専門分野でのスキルかもしれないし、人間としての魅力かもしれないし、色んな状況下で問題解決できる たくましさかもしれない。

将来、Smileがどこを拠点にするかは分かりませんが、母国語である日本語を使いこなすのはもちろんのこと、英語環境でも日本語環境でも「自分という軸」を持って欲しいなと思っています。

先週、プリスクールのお友達とmovie nightしたときの写真。Smileは一番右。ヨーヨー釣りにスーパーボールすくい。ママたちの手作りお祭りでした。

この日も日本語と英語、自由に飛び交っていました。

こんな風に、どちらの言語でも自分らしくいられる環境を大切にしたいです。

記憶力テスト?

4歳11ヶ月。

今日はプリスクールの日。

7月と8月は 近くのジャブジャブ池に遊びに行くので、いつもよりも荷物が増えます。

普段は なるべく自分でさせるのですが、今日は わたしも仕事の準備でゆとりがなく、Smileに代わって準備。

プリスクールでは 自分のことは 全て自分で管理することになっているので、

バス停に向かう途中で リュックに何を入れたか Smileと確認作業。

  • わたし: So I put a plastic bag, undies, and extra clothes in your backpack.(リュックの中に ビニール袋と パンツと 着替えを入れたからね)
  • Smile: Okay!(うん!)
  • わたし: Okay. Then it’s a quiz. What did I say I put in your backpack?(じゃあ、クイズね。リュックに何を入れたって言った?)
  • Smile: Um…my exra clothes and…undies and a plastic bag.(えーと、着替えと、パンツとビニール袋)
  • わたし: Yep. That’s right!(そう、正解!)
  • Smile: I know because you told me!(知ってるよ。だって そう言ってたじゃん!)

Smile、意外と ちゃんと聞いてました。

いつもは “plastic bag(ビニール袋)”を “bag(袋)”と省略してしまうSmileですが、

今回はきちんと言えました。

先日、おうち英語/日本語のお友達と話していて

年齢が上がるにつれ、会話の質を上げていかなければ という話題になりました。

わたしは英語ネイティヴではないので なかなか難しいですが、

なるべく代名詞(it, them, they)や簡単な表現で 済ませず、きちんと表現し、

Smileにも 明確に表現する癖をつけさせたいなぁと考えています。

そして日本語も 英語以上に表現に気をつけたいと考えています。

親である わたしも日々 勉強です。


プリスクールのお友達と水遊び。Smileは 左から3番目。

なぜ語りかけをするか

4歳11ヶ月。

Smileの5歳のお誕生日まで あと1ヶ月。

語りかけは Smileが1歳7ヶ月ころから 本格的に始めたので、4年ちょっとになります(過去の記事『バイリンガル育児を始めるにあたり気を遣ったこと』)。

わたしがSmileに語りかけをする理由は 主に2つ。

一つ目は インプットとして手っ取り早いから。いつでも どこでもできるのでインプット量を調整しやすいことがあります。

二つ目は、幼い頃から 英語に触れる機会を増やすことで 他言語に対する壁(情意フィルター)が出来にくいと考えるからです。

わたしが どちらかの言語しか使わなければ、もう片方の言語に対して 年齢や環境の変化とともに壁が生まれ、その言語を拒否するようになる可能性もあります。

そういうこともあり、わたしとは英語でも日本語でも心地良くいられるように、両言語のバランスを取りながら語りかけをしています(情意フィルターに関する記事『心地よい言葉とは』)。

「家庭での語りかけは必要か?」と聞かれることがありますが、

家庭での語りかけ以外に インタラクティブなインプットが十分に与えられていたら、語りかけは必ずしも必要ではないと思います。

たとえば、英語圏に住んでいたり、インターナショナル・スクールに通っていたり、

中長期のホームステイをしたり、

あとは週に数回以上、英語サークルや英会話レッスンを受けるなど、

外部の力を借りて 英語に触れる機会が多かったら 家庭での語りかけは必要ない、ということです。

ただし、ご家庭での考え方や 状況はそれぞれ異なるので、語りかけをする・しないは、家庭環境や子どもの性格などを考慮して決めたらよいのでは と思います。

では 家で語りかけをしたら 誰でも話せるようになるのかと聞かれたら、そうではないのが難しいところ。

上に、「インタラクティブなインプット」と書きましたが、「インタラクティブ」とは、「双方向な」対話を指します。

一方的に 語りかけるだけでは アウトプットに繋がらない場合もあります。

特に子どもが小さい時は、一方通行のインプットよりも、五感に働きかけるインタラクティブなインプットは 非常に効果が高いと考えています(過去の記事『五感に働きかけるインプット』)。

言語習得研究に、Child-directed speech(子ども向けの言葉)という考え方がありますが、

子どもの反応を見ながら、理解しやすい表現をしたり、発話を促すように語りかけることは、インタラクティブなインプットと言えます。

Child-directed speechには次のような特徴があります:

  • ゆっくり話す
  • 高い調子で話す
  • イントネーションに変化をつける
  • 短く、簡単な文を使う
  • 繰り返す
  • (子どもが言ったことを)言い替えてあげる

もちろん、家庭によってchild-directed speechの程度は異なるし、こういった乳幼児向けの言葉を使わない家庭でも子どもが言語習得する例もあるので一般化はできないようですが、

バイリンガル育児を行う際に、こうした考え方は参考になると考えています(過去の記事『滑舌』)。

フルセンテンスで話しかけるのが難しければ、子どもの身の回りの物を英語で言ってあげるだけでも基本単語は身に付きます。

  • 家庭内にあるもの(chair, table, bed, blanket, ballなど)
  • 家の外にあるもの(dog, cat, tree, sun, flower, slideなど)
  • 色(red, yellow, blue, greenなど)
  • 形(circle, triangle, square, rectangleなど)

色や形に関して言えば、フラッシュカードを使わなくても、身の回りのもの全てが教材になります。

道路の石畳を指差しながら、”Square!”とか”Rectangle!”と言うだけで 子どもは覚えてしまいます。

語りかけの要否は、家庭それぞれ。外部の力を借りるのもありだし、家庭での語りかけをするのもありだと思います。

子どもに語りかけながら、わたしも成長する。

そんな意味で 我が家の語りかけは もうしばらく続きそうです。


昨日 プリスクールのお友達と 急遽 プレイデートになりました。

みんな バイリンガルですが、遊びの内容によって 言語が切り替わるのが面白い。

旅の準備 できるかな?

4歳10ヶ月。

旅行もいよいよ明日に迫り、昨日は、Smileと一緒に旅行の準備をしました。(前の記事『夏休みの予定』)。

  • わたし:So what do you need to bring for our trip?(旅行には何を持って行けばいい?)
  • Smile: Suitcase!(スーツケース!)
  • わたし:Yep. What are you going to put in your suitcase?(うん。何をスーツケースに入れる?)
  • Smile: 《Smileのお気に入りのぬいぐるみのことを指し》Doggy!(犬のぬいぐるみ!)
  • わたし:Yeah. You could bring your doggy. What else do you need?(うん。ぬいぐるみも持って行っていいよ。他には?)
  • Smile: Hmm…Clothes?(うーんと。服?)
  • わたし:Yep. It’s going to be five nights and six days. So how many changes of clothes do you need to bring?(うん。5泊6日だから、いくつ着替えを持って行けばいい?)
  • Smile: Five?(5個?)
  • わたし:Maybe six, just in case? Can you pick your clothes?(念のために6つかな?服を選べる?)
  • Smile: Okay!(うん!)

こんな感じで、必要なものを一つ一つ確認しながら荷詰めをしました。

4歳になった頃から、自分の着る服は自分で選ばせたり、自分の身の回りのものは なるべく自分で管理してもらうようにしてきましたが、

今回の旅行は、「5泊するには何が必要か」と考えさせるのに とてもいい練習になったと思います。

下の動画は 自分が持って行くワンピースにアイロンをあてているSmile。

アイロンのかけ方や 置き方をおさらいしてから いざ実践。なかなか上手に出来ていました。

最初から最後まで「自分で準備した」ことが嬉しかったのか、とても満足気でした。

残念無念・・・でも

4歳10ヶ月。

あんなに楽しみにしていたサマープログラム、Smileが高熱を出して三日間のうちの二日も参加できなくなってしまいました(過去の記事『いよいよ明日から』)。

今朝、熱を計ったら微熱。Smileは元気いっぱいで 行く気満々でしたが、お友達に移したら大変なので大事をとって休むことに。

  • Smile: 《目を輝かせて》Can I go?(行ってもいい?)
  • わたし: I’m so sorry. I don’t think you can go today because you still have a slight fever.(ごめんね。今日は行けないと思うな。まだ微熱があるから)
  • Smile: I’ll wear a mask all day. Can I go? Please?(一日マスクするから。行ってもいい?お願い)
  • わたし:I know you really want to go….But let’s stay at home today and rest until you’re all better.(本当に行きたいのは分かるのだけど…家にいて、完全によくなるまで休もう?)
  • Smile: …I wanted to go…(行きたかった)
  • わたし:I know…. I’m sorry….(そうね。残念だね…)

悲しそうな目で空を見つめるSmile。

わたしも そんなSmileが気の毒になり、少しでもサマープログラムぽいことをやることに。

Smileが参加できなかったのは、クロアチアとタイの日。

急遽、この二つの国の国旗、地図、写真をプリントアウトして 本を作ることにしました。

下の世界地図で位置を確認して、地図に色を塗って、切って貼るだけ。

下の写真はタイのページ。左上の文字は、タイ語で「こんにちは」を真似て書いたもの。

下の写真はクロアチアのページ。昨日のプリスクールのテーマです。国の小ささにびっくりしていました。

こちらは、今日プリスクールで作るはずだった、タイ風のバングル。

ペットボトルを切り取り、アイロンで淵を熱します。内側にマニキュアを塗って完成。


最後は、タイ風のチャーハン。冷蔵庫にあるものを使って、ナンプラーで味付けすることで何となくタイっぽくなりました。

野菜を切って、炒めるところまでSmileがやりました。

朝はひどい落ち込みようでしたが、この笑顔が見れてわたしも一安心です。

そして 夕方、プリスクールの先生から連絡があり、

“The girls made something for Smile.(女の子たちが Smileのために何か作ったよ)”と。

何を作ったのか まだ分かりませんが、Smileは大喜び。明日か明後日 届くそうです。

語彙力チェック

4歳8ヶ月。

日本語でも しりとりが大好きなSmile。

最近では、英語での しりとり(word chain)も気に入って 移動時間や待ち時間にしています。

日本語でも そうですが、しりとりをすると Smileの今現在の語彙力が よく分かります。

そして英語のしりとりは、フォニックスや読みのルールも確認できるから 面白い。

  • わたし: Do you want to do Word Chain?(しりとりする?)
  • Smile: Yes! I’m gonna go first. Umm… “bug”! (うん!わたしからやる!えーと、「虫(bug)」!)
  • わたし: “G” ? Okay…”glue”! (「G」?じゃあ…「糊(glue)」!)
  • Smile: “Equilateral triangle”!(正三角形!)
  • わたし: “Equilateral triangle”?! That’s a good one! Okay, then…”egg”(正三角形?それは いいのが出たね!じゃあ…「卵(egg)」)
  • Smile:G….G….”giraffe”(G…G…「キリン(giraffe)」)
  • わたし: “Giraffe”?! Wow. That is really a good one! (「キリン」?!わ!いいのが出てきたね!)

というような やり取りを延々 15分くらい。

「G」には、「グ」という音(goose、gumなど)と、「ジ」(giant、giraffeなど)という音があり、

それを ちゃんと覚えていたことも意外でしたが、

大人でも舌を噛みそうな”equilateral triangle(正三角形)”が 咄嗟に出てきたのは、思わず吹き出しました。

単純なゲームですが、今のSmileの言葉の引出しに どんなものがあるのか 確認でき、わたしも語彙力を試される。

ちょっとでも難しい単語を言えば、すかさず”What’s〜?(それなに?)”と聞かれるので、分かりやすく説明しなくてはいけない。

まさに知恵比べ。

なかなか 言葉が出てこないときは、お互いに英語でヒントを出し合ったりして、そんなのも楽しい。

単純だけど 手軽にできる語彙力チェックです。


頭を休ませる暇をなかなか 与えてくれない4歳児。知恵比べに 根比べ。小さいけれど、なかなか手強い相手です。

駄々をこねる

4歳8ヶ月。

普段わたしと一緒にいるとき、Smileが酷いワガママを言うことはあまりないのですが、

数日前、久しぶりに手を焼くくらいの駄々をこねたSmile。

プリスクールの工作で使う画用紙を買いに、大型スーパーへ行ったのですが、

“Mommy, look! I want this. Can you buy this for me?(お母さん、見て!これ欲しい。買って)”と大きな声。

振り向くと、そこには 風船と空気入れのセット。500円くらいのものです。

「今日は買わないよ。また今度ね」と言ったら、途端に表情が曇り、「でも欲しかった…」とSmile。

画用紙を見つけてレジで待つ間も、後ろでずっと グズグズと駄々をこねるSmile。

店を後にしようとしたら、周りの人が振り返るほどの声の大きさで泣き始めました。

  • わたし: Is it nice to whine like that? (そんな風に駄々をこねるのはいいこと?)
  • Smile: 《わたしを睨めつけて》No.(ううん)
  • わたし: I know you wanted that toy so badly. But you don’t always get what you want, Smile. (すごい欲しかったのは分かるけど、欲しいものが全部 もらえるわけじゃないよ)
  • Smile: 《黙ったまま》
  • わたし: If you could ask me nicely when we come here next time, I might buy it for you.(この次また ここに来て、その時に ちゃんとお願いできたら 買うかもね)
  • Smile: I want it today…! (でも今日欲しいの…!)
  • わたし: I want clothes and books and shoes, too. But I don’t always get what I want. Can you buy them for me?(お母さんだって服や本や靴が欲しいよ。でもいつも手に入る訳じゃないよ。Smileが買ってくれる?)
  • Smile: 《少し表情が緩み》No!(いや!)
  • わたし:《Smileの声色を真似て》Why not? Please? You’re my mommy, right?(どうして?お願い。わたしのお母さんでしょう?)
  • Smile: 《吹き出して》Nooooo! I’m not your mother! I’m your daughter!(いや!!マミーのお母さんじゃないもん。マミーの娘だもん)

以前だったら、「ダメなものはダメ」でSmileも諦めてくれていました。

でも5歳近くになり、感情も段々と複雑になり、それだけでは済まないときが出てきました。

1歳半から2歳は、何を言ってもイヤイヤの時期。まさに根比べ(過去の記事『根比べ』)。

3歳は、いかにSmileの気持ちの切替えを出来るか。

4歳の今は、子どもだましの理由は通じません。その時の状況とSmileの心の状態で言い方を変えなくてないいけない。

毎回、どう言ったら伝わるのか考えさせられます。

最近では、何気ない一言にも傷つくようになったSmile。

普段は おしゃまで口が達者な4歳だけれど、心は繊細で傷つきやすい。感受性が育っているのを日々 感じます。

 

 

五感に働きかける インプット

4歳8ヶ月。

英語での語り掛けを始めてから、3年。

発話が出るまでは、とにかくインプットでした。

量も もちろん ある程度は大切ですが、それ以上に意識してきたのが意味のあるインプット(過去の記事『意味のあるインプット』)。

レベルにあってない語り掛けをしたり、動画ばかりを見せたりはしませんでした。

1歳という低年齢もありますが、英語の取組みで使ってきたのは、身の回りにある物だけ。

そして、耳や目からだけでなく、触覚、味覚、嗅覚に働きかけるインプットが効果的だったように思います。

インタラクティブなインプットという点では、動画や音源のかけ流しとは 少し異なるかもしれません。

触るだけで、物の硬さ(hard/  soft)、温度(cold/ hot)、滑らかさ(smooth/ rough)を教えられるし、

味わうだけで、色んな味(sour/ sweet/ bitter/ salty)を舌で覚えられるからです。

下の動画は、1歳10ヶ月のSmile。味覚以外の感覚に働きかけて インプットをしています。

この時期は、とにかく「インプットとリピート」の時期で、自発的に発話出てきたのも この時期。

      • Smile: 《桃を持って》おおきい。
      • わたし:That’s big! (大きいね)
      • Smile: 《小声で》big.(おおきい)
      • わたし: Can you put the peach in the box? Yeah?(桃を箱の中に入れられる?)
      • Smile: 《桃を戻そうとする》
      • わたし:There you go. Thank you. And what else do we have?(ほら。ありがとう。他には何がある?)
      • Smile: Egg!(卵!)
      • わたし:Egg? Yes. You’re right! Eggs.(卵?そう。その通りね。卵)
      • Smile: 《卵のパックを持ち上げる》
      • わたし:That’s it. Thank you. Eggs. Thank you.(そう!ありがとう。《複数形にして》卵ね。ありがとう)
      • Smile: Eggs.(卵)
      • わたし:And what else do we have? What’s in the box?(あとは?何が入ってる?)
      • Smile: Apple!(りんご)
      • わたし:Apples? Those are peaches.(りんご?それは桃だよ)
  • わたし:あ!What is this?(これは何?)
  • Smile: にんじんさん!
  • わたし:This is zucchini(これはズッキーニ!)
  • Smile: Zucchini.(ズッキーニ)
  • わたし:See?(ほら)
  • Smile: See?(ほら)
  • わたし:Do you want to hold the peach?(桃 持ってみる?)
  • Smile: Yeah.(うん)
  • わたし:《桃を渡して》Here you go. This is peach.(ほら。桃だよ)
  • Smile: Peach.(桃)
  • わたし:Can you smell it?《匂いを嗅ぐフリをして》Can you smell it?(匂いをかげる?)
  • Smile: 《匂いを嗅ぐ》
  • わたし:It smells like peach.(桃の匂いがするね)

動画①では、Smileの日本語を英語に言い換えています。会話は止めずに、肯定しながら訂正。

遠回しな訂正は、伝わらない場合も多いですが、”egg”を”eggs”に言い換えるなど、効果的なときも多いです。

ただ、この時点では「”-s”を付ける」という風には気が付いてはいません。

動画②では、触らせたり、匂いをかがせたりしています。

リピートが多いですが、リピートは とても大事な要素。

リピートを繰り返すことで、インプットの文法的要素に気がつき(noticing)、インプットが内在化します(intake)。

その繰り返しで、アウトプットに繋がってきます。

ここで大事なのが、そのインプットに「気がつく」かどうか。気がつかなければ、それはインプットの役割は果たしていないのかもしれません。

そういう意味で、発話が出るまでは、五感に働きかけるインプットが重要になってくるのかな、と。


お気に入りのコーヒーショップにて レモン水。

自発的な発話が出るまでは、食いしん坊のSmileには、食べ物を使った働きかけが一番 効果的でした。