目に見えない星

5歳10ヶ月。

Smileが、わたしの英語レッスンにアシスタントとして参加するようになってから、4年くらいになります(過去の記事『5歳には酷だけれど』)。

3歳になるくらいまでは駄々をこねたり、癇癪を起こしたりして大変な時期もありましたが、最近ではアシスタントに徹するようになってきました。

でも 親子でやるのは 「難しい」と感じることがまだまだ多いです。

先月の話になりますが、生徒さんの言った一言にSmileがひどく傷ついたときがありました。

小学生のクラスでは、英語の発話を促すためにポイント制を用いています。

発言を積極的にしたら、ホワイトボードに星ひとつ。全て英語で頑張ったら、また星ひとつ。カード取りゲームで勝ったら、また ひとつという風に。

もちろんSmileも星をもらえますが、アシスタントという立場なので、一番多くもらうことはほとんどありません。

本人にもそう説明し、理解してもらっていたつもりでした。

そしたら、ある時に生徒さんの一人がボソリと一言。「Smileは星ふたつだけだ」と。

たった一言でしたがSmileはひどく傷ついたようで、レッスンの空気が一変するほど表情が曇り、泣き始めました。

「泣くなら、洗面所で」と英語で伝えると、5分ほどでしょうか、洗面所に閉じこもっていたSmile。

しばらくしたら落ち着いたのか、静かに扉が開いてまたレッスンに参加してくれました。

レッスンが終わったあと、Smileとまた話し合うことに。

  • わたし:So why were you sad in the class today?(今日はなんで悲しくなったの?)
  • Smile: 《思い出してまた涙目になり》Because K said I only had 2 stars….(だって Kくんが、わたしが星2つしかないって言ったから)
  • わたし:You were sad because he said that?(そう言ったから悲しくなったの?)
  • Smile: Yeah….(うん)
  • わたし:You know that you’re not like other students, right?(他の生徒と同じではないって分かってるよね?)
  • Smile: Yeah.(うん)
  • わたし:You know that I give them stars because I want them to get motivated to speak English?(みんなに英語をもっと話して欲しいから星をあげてるって知ってる?)
  • Smile: Yeah.(うん)
  • わたし:I know you already know everything I teach in the class. Do you understand why you can’t get more stars than other kids do?(わたしがクラスで教えることはもう全部知ってるって、お母さん知ってるよ。なんで他の子より星を多くもらえないか分かってる?)
  • Smile: No…(ううん)
  • わたし:That’s because you already have invisible stars. Stars other people cannot see. You have one million invisible stars.(もう既に見えないけど星があるからだよ。他の子には見えない星。目に見えないけれど、百万個の星があるんだよ)
  • Smile: One million stars?(百万個の星?)
  • わたし:That’s right.(そう)

こう話すと、表情が一気に明るくなったSmile。星をもらえないことは もうあまり気にならないようでした。

小学校に入るまでは、わたしのレッスンに参加することもまだ多いと思います。

年齢が他の子よりも上であれば、まだSmileも「お姉さんとして教える」感じになりやすいけれど、大半はSmileと同年代か年上。

なかなか そういう雰囲気にはなりにくい。

レッスン外では たくさん褒めて 「ありがとう」を言おう、と改めて思った日でした。

先日の猛暑日。

2年前、インターナショナル・スクールに行ってしまったプリスクール仲間と。今でも大の仲良しです。

昨日の語りかけ

5歳3ヶ月。

年末とお正月は ほぼずっと日本語だったSmile。

プリスクールも始まり、徐々に日常に戻りつつあります。

下の音声は、昨日のプリスクールの帰り道でのもの。

仕事がたまっていたこともあり、昨日は夕方6時まで延長して預けていたのですが、まだまだ遊び足りないSmile。

「夜の8時半までプリスクールに居たい」と。

  • Smile: 8:30.(8時半)
  • わたし: 8:30? You want to stay at school until 8:30pm?(8時半?夜の8時半までプリスクールにいたいの?)
  • Smile: Yeah?(そうだよ?)
  • わたし: That’s pretty long.(すごい長いよ?)
  • Smile: 《笑う》Hehehe.(えへへ)
  • わたし: Maybe some other time, you can have a Pj party with your friends. How about that?(今度さ、お友達とパジャマパーティするのは?)
  • Smile: But I want to stay at (until) 11pm at school when I do Pj party.(でもパジャマパーティするときは、夜の11時までプリスクールにいたい)
  • わたし: Until 11? 《わざと声を上げて》What?(11時まで?なんてこと!)
  • Smile: 《笑う》
  • わたし:So what did you do at school today?(今日は何をしたの?)
  • Smile: What did I do?(何したっけ?)
  • わたし:What did you do? Do you remember anything? Oh, you had a music class, right?(何した?何か覚えてる?音楽のクラスがあったんだよね?)
  • Smile: Music class….with Ms. Eva.(エヴァ先生の音楽クラス)
  • わたし:Do you remember any songs that you sang?(歌った歌、覚えてる?)
  • Smile: Huh?(え?)
  • わたし:Do you remember any songs that you sang?(歌った歌、覚えてる?)
  • Smile: Uh. “Russian Nutcracker”.(えーと、『くるみ割り人形』)。
  • わたし:《聞き取れず》What is that?(それは何?)
  • Smile: “Nutcracker song”.(『くるみ割り人形』)
  • わたし:Okay, how about “Do Re Mi song”?(そっか。『ドレミの歌』は?)
  • Smile: We didn’t do “Do Re Mi song.”(『ドレミの歌』は歌ってないよ)
  • わたし: Do you wanna sing it now?(今歌う?)
  • Smile: Yeah.《ドレミの歌を歌いだす》(うん)

Smileと歩いているときは、大体がこんな風に歌を歌ったり、しりとりしたり。

Smileのお陰で わたしも色んな歌の歌詞を覚えるようになり、一緒に歌っています。

普段、黙っていることのないSmile。

親参加型のプリスクールで、定期的に預けることは出来ないため、

Smileの元気過ぎるお喋りに こちらが息切れすることもありますが、

しばらくは 2人の時間を楽しもうと思います。

英語と日本語のバランス

5歳2ヶ月。

以前、Smileの一日の英語時間は3時間弱と書きました(過去の記事『一日の英語時間』)。

プリスクールでも、言語ではなく、子どもの心身の成長が大切にされているため、子ども達に英語を強要することはありません(過去の記事『インターではないプリスクール』)。

そのため、英語ネイティブの子どもや大人がいない限り、子ども達は一日の大半を日本語で過ごすことも。

そして週末は わたしが仕事でいないため、ほとんど日本語で過ごし、わたしに対しても英語は ほぼ出てきません。

「あれ、この子、英語話せたっけ?」とこちらが心配になるほど。

それが不思議なことに ここ最近は、わたしと2人きりの時間になると はっきりと英語に切り替わります。

2歳になったばかりの頃は、言語環境や人によって 英語と日本語を使い分けることをかなり意識していました(過去の記事『公共の場でも英語?』、『言語の切替え』)。

3歳くらいまでは、公共の場での言語の切り替えを意識的に促していましたが、今はほぼ Smile任せ。

日本語環境でも英語環境でも、自然に言語の切替えができるようになったからです。

今ではSmileの方が、スムーズに使い分けているので 子どもの柔軟性に驚かされます。

語りかけで気をつけてきたことは、どちらの言語に対しても「壁」や「優劣」を作らないようにすること。

Smileはこれから日本の義務教育を受け、日本語に囲まれて生活していきます。

母国語である日本語に対して「壁」ができるということは、そういった環境に入ったときにSmileが「居心地が悪くなる」可能性があるということ。

また同じように、英語に対する「壁」ができてしまうことも出てくるかもしれない。

わたしの役目は そうならないように日々の様子を見ながら調整していくこと。

その微調整は、その子どもの性格や 置かれてる環境によっても変わってきます。

子どもの成長を一番近くで観察し 見守っている親が、自分の子どもに合った「ちょうどいい塩梅」を見つけられるのだと思います。

小学生になるまで あと一年半。小学生になってからも 同じように Smileと一緒に「ちょうどいい塩梅」を見つけていきたいと思います。

語りかけ: なぜ自転車を買わないか

5歳2ヶ月。

我が家には、普通の自転車はありますが、電動自転車がありません。

周りのお友達は 持っている人がほとんどなので 珍しがられます。

皆んなが スイスイ電動自転車に乗って帰っていく中、わたしたちはバス停や駅まで歩きます。

見兼ねたのか、外国人のママ友達にも 「買った方が絶対いいよ!」と勧められるほど。

そして 先日 ついにSmileに聞かれました。

  • Smile: Why don’t we have a bicycle?(どうして わたしたちは自転車がないの?)
  • わたし: Why do YOU think we don’t?(Smileは何でだと思う?)
  • Smile: Because you’re scared?(乗るのが怖いから?)
  • わたし: That’s one reason. Another reason is that you get to walk a lot. Being able to walk for a long period of time is a good thing.(それもあるね。もう一つは、たくさん歩くことができるからだよ。長い時間 歩けることはいいことだよ)
  • Smile: But you can pedal. So it’s a good exercise, right?(でも 自転車こぐでしょ?いい運動でしょ?)
  • わたし: 《笑って》But I’m the one who has to pedal the bike, and you can just sit in the seat. That means you don’t have to walk at all, right?(だけど、わたしが自転車をこぐ係で、Smileはシートに座ってられるでしょう?それは 全然歩かなくても済むことになるでしょ?)
  • Smile: 《笑って》Right.(うん)

2歳以降は、ベビーカーはほとんど使わず、手を繋いで歩くという練習をたくさんしたSmile(過去の記事『根比べ』)。

3歳くらいまでは、「疲れた。抱っこ」もたくさん出ましたが、今では わたしが一緒のときは 「足が疲れた」とは言いますが、それで愚図ったり 機嫌が悪くなることはありません。

プリスクールに長くいる子どもたちは、駅まで30分という道のりも普通に歩けるほど、忍耐と体力があります。

Smileも歩くのはだいぶ速くなりましたが、それでも 子どもと手を繋いで歩くのは、

重い荷物を持っているとき、急いでいるとき、人混みを歩くときは 正直かなり疲れます。

子どもが二人いたら、おそらく自転車を買っていたと思います。

「電動自転車は欲しくない」と言ったら嘘になりますが、

「歩くことの利点」を自分とSmileに言い聞かせながら、しばらくは 自転車なしの生活が続きそうです。

川べりで石を収集するSmile。

小さな命の死

5歳1ヶ月。

虫があまり好きではないSmile。そのSmileが、この1ヶ月ちょっとの間、コオロギの世話をしていました。

家の中に迷い込んだコオロギを逃がそうとしたら、”I wanna keep it(飼いたい)”とSmile。

それから毎日、虫かごに入れたコオロギにキュウリやナスを切って あげて、

Smileも「スクスクちゃん」と名前を付けて毎日 話しかけたりしていました。

コオロギの寿命は成虫になってから1ヶ月くらいと読み、そろそろかなぁと思っていところで

昨日 その小さな命も終わりを迎えました。

そして今朝、そのことをSmileに伝えると 途端に悲しそうな顔に。

  • わたし: Smile, Sukusuku chan’s not alive anymore.(スクスクちゃん、もう生きてないんだよ)
  • Smile: She’s not alive? Why?(生きてないの?どうして?)
  • わたし: It died yesterday.(昨日 死んじゃったんだよ)
  • Smile: 《虫カゴを覗き込むSmile》She died? (死んだの?)
  • わたし: Yes. So let’s take it to the park and bury it tomorrow.(うん。だから 明日 公園に持っていって埋めようね)
  • Smile: I like her. I don’t want to bury her.(スクスクちゃんのこと好きだよ。埋めたくない)
  • わたし: I know. But it’s good for Sukusuku chan that it can go back to where it’s from.(そうだね。でも来た場所に戻るのは スクスクちゃんにとっても良いんじゃないかな)
  • Smile: Okay…(わかった)

2歳の頃から、死について少しずつ話してきましたが、

今回、自分で世話をしてきたコオロギが死んだというのは Smileにとっても悲しみは大きかったようです(過去の記事『命あるもの、ないもの(つづき)』)。

そして夜、Smileが小さい頃によく読んでいた絵本を読んだら、急に悲しくなったのか、ポロポロと泣き出すSmile。

「死んだ猫はどこに行っちゃうのか」。男の子の そんな素朴な疑問に

「死んだら 土の一部になって草木に栄養を与えるんだよ」と男の子のお父さんは答えます。

本を読み終わったあと、

“She’ll help grow flowers, trees, and grass(スクスクちゃんも花と木と草が育つのを助けるんだね)”とSmile。

この日は 寒かったので 虫カゴにネットを被せて 一緒に移動していました。

本当に本当に小さな命。でも周りのわたしたちも そんな小さな「生命」について考えさせられる一ヶ月でした。

文法をどうやって教えるか

5歳0ヶ月。

英語での発話が顕著になったのは、Smileが2歳あたり。初めは 1語から2語程度(過去の記事『2歳前の語りかけ』)。

そこから徐々に文レベルになり、少しずつ複雑な文になってきましたが、今まで文法を教えたことはありません。

年齢が低ければ、日々のインプットの中から、自分の中で言語ルールを作っていき、間違えながら言語習得はされていくもの。

最近のSmileの発話を観察していると、今まで間違えて言っていたものでも いつの間にかきちんと言えるようになっていて、非常に興味深いです(過去の記事『It’s mine’s』)。

Smileが文法要素にいつ気が付いて(noticing)、いつモニタリングするようになったのか。それともモニタリングはせず、無意識に直ったのか(過去の記事『意味のあるインプット』)。

詳しいデータは取っていないので分からないのですが、会話の中で その成長に気が付くことが多いです。

学習を通して文法を学ぶ場合と、語りかけで文法を習得する場合(もしくは英語環境にいる場合)、

大きな違いとして、インプットが explicit(明示的)か implicit(暗示的)かということがあります。わたしの語りかけは、どちらかと言うと後者です。

Smileには、文法は段階的に、かつimplicit(暗示的)に教えてきました。

小学校に上がり、本格的に読み書きが始まれば、勉強として文法を教えるようになると思いますが、それまでは会話の中で暗に訂正する程度で良いと考えています。

たとえば、”Yesterday, you buyed cheeze, right?(昨日、チーズを買ったよね?)”とSmileが言ったとします。

そうしたら、間違ったことは指摘せずに、会話の中で訂正していきます。

① Smileの言った言葉をそのまま繰り返し、”buyed”だけ訂正する

  • Smile: Yesterday, you buyed cheese, right?(昨日、チーズを買ったよね?)”
  • わたし:You bought cheese?
  • Smile: You bought cheese.
  • わたし:Yeah. I bought cheese.

上の場合は、boughtに気が付いて欲しいので、”Yes, I did.”とは返事せずにboughtを繰り返します。

②  “bought”が言えるようになったら、答え方を変えて、Smileもいずれ使えるようにする

  • Smile: Yesterday, you bought cheese, right?(昨日、チーズを買ったよね?)”
  • わたし: Yes, I did.(うん、買ったよ)

ここ一年、②を特に気をつけるようにしていたら、Smileの発話も4歳前あたりから変わってきました。

  • わたし:Did you wash your hands?(手は洗った?)
  • Smile:(I washed my handsではなく)I did already.(もう洗ったよ)

 

  • わたし:Could you be more careful?(もっと気をつけてね)
  • Smile: I was.(気をつけてたよ)

 

  • わたし:《Smileの声色を真似て》I’m sleepy.(眠いよ)
  • Smile: 《笑いながら》No, you’re not.(眠くないでしょう)

これだけのことですが、3歳のときは出来なかった返答。

ゆっくりですが、日々の発話にも成長を感じます。

今朝の写真。大きくなったなぁと思いますが、手には赤ちゃんの時からいつも一緒にいるぬいぐるみ。
 

英語で替え歌

4歳11ヶ月。

一昨日、プリスクールに向かうバスの中で、Smileが歌い始めました。

初めは、「なんか歌っているなぁ」とぼんやり聞いていただけなのですが、よくよく歌詞を聞いてみると、意外と良くできている。

その時は音声を録っていなかったので、プリスクールの帰り道、また歌ってもらいたくて お願いしてみました。

朝に作った歌は忘れた とのことだったので、新しく作ってもらうことに。

(YouTubeの設定で字幕表記にできます)

今までも歌を作って歌うことはありましたが、内容はハチャメチャだけれど、何となく様になっているので 可笑しくなりました。

Smileの作った歌の歌詞は こちら。『ロンドン橋』のメロディに乗せて歌詞を作っています(音声は歌の途中から始まっています)。

The kitty go home, go home, go home.(子猫が おうちへ帰るよ、帰るよ、帰るよ)

Kitty go home because it’s night-time.(子猫がおうちへ帰るよ。夜だから)

Is the flower growing, growing, growing?(花は大きくなってる?大きくなってる?大きくなってる?)

Is the flower growing, growing, growing than Kitty?(花は大きくなってる?子猫よりも)

Hello Kitty was at home, was at home, was at home.(キティちゃんは おうちにいたよ。おうちにいたよ。おうちにいたよ)

She was in her room, and she had a plant all over her room.(キティちゃんは部屋にいたよ。部屋は植物だらけだったよ)

There were so many leaves and animals, animals and leaves, animals and leaves.(葉っぱと動物だらけだったよ)

There was animals and leaves, and wild dogs.(葉っぱと動物と野生の犬がいたよ)

And there was a wild kitty, wild kitty, wild kitty.(野生の猫もいたよ)

There was a wild kitty all around.(野生の猫がそこら中にいたよ)

想像すると メチャメチャな世界観。だけれど わたしもSmileも大笑い。

なんとも楽しい時間でした。


放課後、大好きなお友達と遊ぶSmile。

誰に似たのか ひょうきんで賑やかなSmile。こんな風に毎日 目一杯 楽しんでいます。

日本語ありきの英語

4歳11ヶ月。

昨日、プリスクールの帰り道で Smileとバスを待っていたときのこと。

  • Smile: 《連なって走るバスを見て》Look, mommy! バスが3だん。(見て、お母さん!バスが3だん)
  • わたし:バスが3
  • Smile: バスが3。あ、2になった!
  • わたし:本当だね。2になったね。

ここで敢えて英語にしなかったのは、Smileの「バスが3だん」という発言を聞いたから。

英語にしたら “three busses”で済んでしまうけれど、日本語は「〜台」。そちらを言って欲しかったのです。

本だったら「〜冊」、紙だったら「〜枚」、お箸だったら「〜膳」と、日本語では物によって数え方が変わります。

英語も、”a head of lettuce(一個のレタス)”、”a loaf of bread(1斤のパン)”、”a bowl of rice(ご飯1膳)”など、物によって数え方が異なるので、

会話する上で意識しながら使うようにしていますが、日本語ほどは気をつけていません。

Smileの母国語は日本語なので、母国語として日本語を使う以上、ちゃんとした表現も身につけて欲しいな、と。

以前、Smileとの日本語と英語の割合は、ある程度 Smileに任せていると書きました(過去の記事『英語と日本語の割合』)。

今でもそんな感じですが、日本語が多い日、英語が多い日は、そのときの状況で まちまち。非常に動的です。

そんなSmileの言語使用状況を見て、わたしも使う言語を調整するという具合です。

ただ、語りかけの9割を英語にした2歳前後と、もうすぐ5歳になる今のSmileとでは 両言語における重要度は違います。

2歳の頃は、発話を促すために一日のほとんどを 英語で語りかけをしてきました。

発話が安定してからは、英語に偏りすぎないようにバランスを見ながら、両言語の量を調整してきました。

4歳以降は、ある程度のことは英語で表現できるようになったので、今後は、スピーキングにおける流暢さを目指すよりも、

日本語や英語を通して 「何を学び吸収するか」、そして 学んだことを自分で どう広げていくか、ということを大切に見守りたいと思います。

それは、勉強をさせるということではなく、Smileの「どうして?なんで?」に向き合い、Smileの興味の種を育てるということ。

日本を一歩出れば、英語を話すことは すごいことでも優れているわけでもありません。

そんな中で 求められるのは英語以外の力。

それは専門分野でのスキルかもしれないし、人間としての魅力かもしれないし、色んな状況下で問題解決できる たくましさかもしれない。

将来、Smileがどこを拠点にするかは分かりませんが、母国語である日本語を使いこなすのはもちろんのこと、英語環境でも日本語環境でも「自分という軸」を持って欲しいなと思っています。

先週、プリスクールのお友達とmovie nightしたときの写真。Smileは一番右。ヨーヨー釣りにスーパーボールすくい。ママたちの手作りお祭りでした。

この日も日本語と英語、自由に飛び交っていました。

こんな風に、どちらの言語でも自分らしくいられる環境を大切にしたいです。