身近なところで異文化理解

6歳2ヶ月。

以前より欲しくて、Amazon USAで注文した絵本2冊が昨日ついに手元に来ました。

ハワイにいる姉のところに届けてもらったのですが、もう1人の姉が旅行でハワイに行ったので、持って帰ってきてもらいました。

買ったのはこちらの2冊。

The Girl Who Thought in Pictures: The Story of Dr. Temple Grandin (Amazing Scientists)

The Girl Who Thought in Pictures: The Story of Dr. Temple Grandin

The Girl With a Mind for Math: The Story of Raye Montague (Amazing Scientists)
The Girl With a Mind for Math: The Story of Raye Montague

2冊とも、特別な才能を持った女性のお話です。1冊目はアメリカの動物学者であるテンプル・グランディンさんの幼少の頃のお話。

テンプルさんは、自閉症を抱えていたことから、「周りと違う」として苛められたり、苦しい経験をしたそうです。

でもテンプルさんは、「人と違う考え方」をする女の子だったというだけ。テンプルさんの観察力を受け入れていたお母さんのお陰で、テンプルさんは自分の能力を生かす仕事に出会います。

2冊目は、アメリカ海軍の船舶工学者 レイ・モンタギューさんのお話。黒人女性では初の船舶工学者となったのですが、

幼少の頃はとても優秀だったにも関わらず、黒人であるということと女性であるということから、白人の人と平等には教育を受けられませんでした。

それでもコツコツと努力し続け、船舶の設計をするまでのビッグチャンスを手に入れたそうです。

Smileは2冊ともとても気に入ったようです。自分と同じ年頃の女の子が登場するということとも共感を覚えたのかもしれません。

今回、この2冊を買ったのは、2人の成功話について知って欲しかったからではありません。

この2人が、「周りと違う」ということで苦しい思いをしたにも関わらず、自分の軸を持ち、前に進み続けるという たくましさを持っていたから。

娘へのバイリンガル育児では、多様性を受け入れる柔軟性を大切にしてきたと何度も書いてきましたが、

こういった、「人と少し違う存在」として扱われて生きてきた人の人生を知るのは とても貴重だと感じます。

日本では、「異文化理解」というと、外国について知ったり、外国人と交流するイメージがあるように感じますが、それだけが異文化理解ではありません。

「自分と異質の存在」や「自分とは異なる文化や考え方」について知ることも異文化理解だと考えています。

それは、人種や国に限らず、身体的な障害を持った人、自閉症を抱えた人、その他のSmileの周りにいる、「自分とは少し違う人」を理解することも異文化理解。

「自分とは違う」相手のことを理解し、認められるようになるには、もちろん日々の経験も大事ですが、こういった絵本もとても役立つと考えています。

絵本の最後に、テンプルさんからのメッセージ。一番最後のメッセージが心に響きます。

Keep learning, especially from your mistakes.

(学び続けなさい。失敗した経験から学ぶのです。)

バイリンガル育児とブログ

6歳0ヶ月。

わたしの住んでいる地区は、日本に長期で住んでいる外国人の方が比較的 多いです。

そういうのもあり、バイリンガル育児を始めた頃は、英語友達を作るために、近所の英語サークルに参加したりしていました(過去の記事『バイリンガル育児のきっかけ』)。

その流れから、バイリンガル育児をしている人と繋がることが多く、Smileが今でも仲良くしている友達の多くはバイリンガル。

でもそのほとんどが国際結婚だったり、お母さんが英語圏出身の人だったりするので、両親ともに日本人でバイリンガル育児をしている友人は 数えるくらい。

そんな中、同じ境遇でバイリンガル育児をしている人と繋がることができたのは、やはりこのブログのお陰です。

ブログを通して、同じように家で取組みをしている人と出会うことができ、似たような悩みを持ち、それを共有できたのは ありがたいことだなぁと改めて感じます。

住んでいる場所は違えど、不定期に会ったりして、Smileも心地良い仲間がいるというのは、今後、Smileが小学校に入っても 心強い存在です。

昨日は、そんなお友達の一人とのプレイデート。

お互いに住んでいる場所は近くはないけれど、中間点で会い、のんびりと一日遊びました。

親同士はずっと日本語ですが、子ども同士はずっと英語という、バイリンガル育児ではよく目にする光景ですが、

こういう状態を作ることができたのも、言語のスイッチを徹底して作っていたからかもしれません(関連記事『言語スイッチを作る』)。

昨日は、公園で日が暮れるまで遊び、夕方はカフェで絵本の読み聞かせ合いをしました。

お友達に絵本を読み聞かせてもらって、質問を出し合っているところ。

絵本の読み聞かせ?

5歳11ヶ月。

Smileのお誕生日まであと2日。

嬉しくて仕方がないSmile、プリスクールに着いて早々、「絵本を読むから動画を撮って」とリクエストされました。

最近は本を読むのにも、音読から黙読に変わりつつあるので、こんな風に はっきりと声に出して読むことは あまりなくなりました。

最後の方、早口になってしまうあたり、音読の練習が必要だなぁと感じますが、

こうして「読んであげたい」という気持ちが出てきたのは嬉しいです。

本を読み始めた当初は、黙読が出来ず、自然と音読になっていましたが、読みが自動化するにつれ、声を出す事もなくなってきました。

でも、音読は 習得具合も把握できるので、なるべく続けたい習慣。そしてこうやって動画に撮って記録として残しておきたいなぁと、改めて感じます。

まだ読み聞かせることの方が多いですが、それもあと数年なのかな。

ハワイから持ち帰った本が優秀

5歳9ヶ月。

Smileがハワイから帰ってきて3日が経ちましたが、時差ぼけもなく元気いっぱいのSmile。

質問攻めは以前にも増してパワーアップしています(前回の記事『ハワイから帰国』)。

Smileのスーツケースに入っていた下の2冊が、かなり優秀でびっくり。

姉がSmile用にお土産として持たせてくれたみたいなのですが、値段を見ると2冊とも1ドル。

こちらはアメリカの各州についての本。

子ども向けに各州の特徴が分かり易くまとめられています。Smileのレベルにピッタリです。

下の本は、太陽系の本。わたしの英語のレッスンにも使えるくらい内容が充実しています。

下は土星についてのページですが、かなり簡潔に分かり易くまとめられています。

こちらは地球のページ。英語の中級レベルのクラスだったら応用して使えそうなページです。

それにしても、1ドルという破格の値段でこのクオリティ。

Flying Frog Publishingという出版社のようですが、子どもの本を中心に扱っているアメリカ本土の出版社のようです。

こういった子どもの目を引くような本は、結構値段も張りますが、こんな風に安く内容も充実している本は有り難い限り。

本の選択肢が広がるという意味でも、バイリンガル育児をしていて良かったなぁと思う瞬間です。

新しいチャプターブックが仲間入り

5歳9ヶ月。

Smileがハワイ島に行ってから まだ3日ですが、Smileのいない家は いつもより広く静かに感じます。

でもSmileは姉家族と、わたしの両親と とても楽しい時間を過ごしているようで 何より。

そしてSmileが居ない間にチャプターブックが新たに加わりました。

Magic School Busのチャプター本です。「そろそろ欲しいなぁ」と思っていた頃に売り出されていたので、思わず買ってしまいました。

古本ですが、状態はとてもいいので、安価で手に入りとても有り難い限り。

Magic School Busの絵本も見ていて楽しいですが、チャプターブックは掘り下げて書いてあるので、Smileだけでなく わたしの勉強にもなりそうです。

上の写真は、”Food Chain Frenzy“という本から。食物連鎖について詳しく学べます。

Food Chain Frenzy (Magic School Bus Science Chapter Books)

その他には絵本2冊。

この本は、プリンセスの本ですが、各国のプリンセスのお話が載っていて、プリンセスの多様性を知るのにもピッタリです。

The Barefoot Book Of Princesses (Barefoot Books)

下はアフリカのプリンセス。絵も温かい色使いで美しい。

新しい本は届いたけれど、読む相手がいない。こういった些細なところで、寂しさが込み上げてきます。

日に焼けたSmileに会えるのが楽しみです。

コロケーションが分かる絵本

5歳8ヶ月。

少し前にSmileがプリスクールで読んだ絵本が とてもよく出来ていて、家に帰ってからすぐに買ってしまいました。

Building a House (Mulberry Books)

この”Building a House“という絵本、「良くできているなぁ」と感心したのは、collocation(単語同士の自然な組合せ)の使われ方。

タイトルからも分かるように、

build + a house(家を建てる)”という組合せだったり、

下の写真のように “pour  + cement(セメントを流し込む)”という組合せだったり、

下のような “lay + blocks(ブロックを積む)”だったり、

他にも”put in + pipes(パイプを取り付ける)”という表現だったり。

動詞と名詞のコロケーションがシンプルで分かり易いのです。

なかなか日常で使う表現でもないですが、家を作る工程が一から描写されていて、

ここまで子どもにも分かり易い表現でまとめられているのも珍しいな と。

そして一つ一つの場面で使われている動詞が 何ともシンプルで伝わりやすい。

何度も何度もSmileに読んで、色んな表現に親しんで欲しい、と思った絵本でした。

「動詞」って なに?

5歳7ヶ月。

以前、Smileがプリスクールで名詞(nouns)について学んだと言っていたので、動詞についても聞いてみました。

  • わたし:Do you know what a verb is? What does a verb do?(動詞は何か知ってる?動詞は何をするのかな?)
  • Smile: 《首をかしげる》I don’t know.(わかんない)
  • わたし:Okay, so tell me something you do everyday.(そうね。じゃあ、Smileが毎日すること教えて)
  • Smile: Play?(遊ぶ?)
  • わたし:Yeah. “Play” is a verb. Can you think of other things you do?(うん。それが動詞だね。他にすること考えられる?)
  • Smile: 《首を傾げる》….
  • わたし:What did we do yesterday?(昨日は何した?)
  • Smile: We went to preschool(プリスクールに行った)
  • わたし:”Go” is another verb. What do you like to do when you listen to music?(”go”も動詞だね。音楽を聴くときに何するのが好きだっけ?)
  • Smile: Sing.(歌う)
  • わたし:That’s a verb, too!(それも動詞だね)

こんな感じで歩きながら動詞について話をしたのですが、もう少し視覚的に分かり易くするために、家に戻って紙に書き出してみることに。

名詞と動詞は比較的 すぐに理解できたようですが、難しいかなと思いながら説明した形容詞。

やはり難しかったようです。形容詞の役割はあまりピンと来ていなかったようですが、

シンデレラの絵を見せながら、”What is she like?(彼女はどんな人)”と聞いたら、”beautiful” “kind” “gentle”のような形容詞が出てきました。

日常的に使えてはいても、その単語のカテゴリ分けや役割を理解するのは、やはり難しい。

小学生になったら、ライティングも増やしていこうと考えているので、こんな風に遊び感覚で少しずつ品詞の概念だけ少しずつ理解できればいいかなと思っています。

形容詞を理解するのに ちょうど良さそうな絵本があったので注文してみました。他の品詞のシリーズもあるようです。

絵もカラフルで楽しそうな本。届くのが楽しみです。

If You Were an Adjective (Word Fun)
If You Were an Adjective (Word Fun)

暗い時代の 心あたたまる絵本

5歳6ヶ月。

ここ最近、アメリカ人の友人に貸してもらった絵本を気に入って、何度か読んでいます。

The Gardener “という絵本です。

The Gardener (Caldecott Honor Book)

時は1930年代のアメリカ大恐慌。

主人公リディアという少女が綴る手紙で 物語は進んでいきます。

父親が職を失い、長い間 仕事に就けないために、リディアはパン屋を経営する叔父の元へ預けられます。

時代が時代のため、笑わない叔父。

そんな叔父の元で、リディアは大好きなガーデニングを続けます。

そして秘密の屋上庭園いっぱいに花が咲いたとき・・・

・・・というとても心あたたまるお話。

暗い時代でも ガーデニングを通して、明るく前向きで 周りに元気を与えるリディアの姿に元気をもらえる、そんな絵本です。

下の音声は、リディアが大好きなパパ、ママ、おばあちゃんに宛てた、物語最後の手紙を読み聞かせしているものです。

ずっと笑わないリディアの叔父。

でも本当は、お花いっぱいのケーキを作ってしまうほど 温かい心の持ち主。

そんな叔父の優しさもにじみ出るお話です。