話せるようになった その後

6歳3ヶ月。

On Mom’s Lap主催のウィンターキャンプが終わりました(アメブロに投稿した記事『バイリンガルの子の学びの場』)。

Smileに対するバイリンガル育児はだいぶ軌道に乗りました。チャプター・ブックを読むようになり、目立った言語の成長もないですが、

BICS(Basic Interpersonal Communicative Skills/対人伝達言語能力)と言われる、日常会話で使う能力はある程度身についたと感じます。

でも難しくなるのは、Smileが小学生になってから論理的な思考力を育てていくこと(関連記事『6歳からのバイリンガル育児:目指す英語力は?』)。

英語力を維持することだけでなく、日本でアカデミックな内容を学べる場を探すのは簡単なことではありません。

あったとしても、そういった教室は座学がほとんどで塾のような感じか、かなり高額だと聞きます。

バイリンガル育児をしている友人とも、「一緒にホーム・スクーリングをしよう」という話は出ていますが、

自分でやらないといけないほど、英語学ぶ場を見つけるのは難しい。

そんな中、探求型の短期キャンプで子どもたちに教えることとなったのですが、これが何とも楽しい。

ある程度のことは読み書きできる子ども達なので、出てくる発言の数々に驚かされ、「へぇ。そうなんだ?」とこちらの学びになることも。

いつもは、わたしの英語教室でアシスタントに徹さなければいけないSmileも、このキャンプでは年少組。

小学生のお兄ちゃんやお姉ちゃんの流暢な英語に負けじと自分を主張していかなければならないので全力で頑張っていました。

“I want to stay longer tomorrow.(明日はもっと長くいたい)”とSmileも言うほど、楽しんだ様子。

今回は冬休みということもあり、2日という短期間。9人のバイリンガルの子たちが集い、「多様性と障害」と「世界の気候」という難しいテーマに取り組みました。

子どもをバイリンガルにするというのも決して簡単なことではありません。だけれど、バイリンガルになったその後、その英語力を上げていくこともまた難しい。

そんな場を今後も作っていけたらなぁと思います。

初日のテーマ、目が見えない世界を体験するというもの。目隠しをして、パートナーには言葉だけで相手を目的地まで連れていくというアクティビティをしています。

 

 

 

クルーズ旅行での経験

6歳2ヶ月。

9日間のクルーズ旅行から今日 戻ってきました。今回の旅行でのSmileの一番の経験は、気の合う日本人のお友達が2人できたこと。

今回のクルーズ旅行は台湾にも寄港したので、参加した子どもは日本人と 台湾人の半々でした。キッズセンターのスタッフの方も、多国籍。

9日間、クルーズが提供するキッズ・アクティビティは朝から晩までで、スタッフの方も 本当に良くしてくれました。

毎回、クラフトやゲームやアクティビティなど盛りだくさんで、迎えに行くと「まだ帰りたくない」と駄々をこねるほど。

使用言語は基本的に英語で、分からない子には日本語スタッフ、中国語スタッフが付いていたようです。時々Smileも通訳としてお手伝いしていたそうです。

下の写真は、キッズセンターで作った作品のほんの一部。

そして、もう一つの大きな収穫は、「マナーや礼儀」について改めて学べたこと。

普段の生活でも、挨拶、そしてお友達や目上の人に対する言葉遣いや態度は厳しく言っているのですが、

今回のように1週間以上、大勢の人と同じ船内で生活することはあまりないので、

普段、あまり意識が行き届いていないところが分かったという感じでしょうか。

アメリカで生活していたときもそうでしたが、船内でクルーと目が合うと、”Hello.”とか”Good afternoon.”とか、皆んな必ず挨拶をします。

そんなとき、Smileも挨拶はするのですが、なにせ聞こえないくらいの声で言うので、相手に聞こえていない。そんなのが何回か続きました。

そしてあることがきっかけで、Smileの態度について話し合うことに。

わたし達の客室を担当していたのは Dennisさんというフィリピンの方。とても気さくでSmileにも本当に良くしてくれました。

ある時 部屋に戻るとベッドには、タオルで作った犬の人形がちょこんと置いてありました。

わたしの父のメガネをかけていて、思わず笑ってしまいましたが、Smileは犬を見るなり大喜びで大興奮。

「ちゃんとお礼言わないとね〜」なんて言っていたのですが、

翌日、Smileが何かに夢中になっているときに、Dennisさんが客室にやってきました。Smileを見るなり、「犬は気に入った?」とDennisさん。

愛想笑いで “Yeah?”と答えるものの、手元から目を離さないSmile。

近くで見ていた わたしですが、しびれを切らして、Smileに “Did you say ‘Thank you?'”と言うと、

Dennisさんを横目でチラッと見て、”Thank you.”と一言。

これには わたしもハラハラ。Dennisさんは笑顔で出て行きましたが、その後 Smileと話すことに。

  • わたし: That wasn’t really a nice way to say thank you. I think he made that doggy because he wanted to make you happy.(さっきのはあまりいいお礼の言い方じゃなかったよ。その犬、Smileに喜んでもらえるように作ったんだと思うよ)
  • Smile: Okay….(分かった)
  • わたし: When somebody says “Hello” to you, you should look them in the eyes and say “Hello” too. When somebody does a nice thing for you, what do you need to say?(誰かが挨拶してきたら、ちゃんと相手の目を見て挨拶すべきだよね。誰かが親切なことをしてくれたら、なんて言うんだっけ?)
  • Smile: …Thank you.(ありがとう)
  • わたし: And you need to look them in the eyes. It would be better if you could say it in a loud voice so that he/she can hear you.(きちんと相手の目を見る必要もあるよね。大きな声で言えるともっといいよね)

しばらく いじけていたSmileですが、自分でも自分の態度に気が付いたのか、それ以降の態度に大きな変化が。

クルーの誰かがすれ違いざまに “Hello.”と言ったら、だいぶ先を歩いていたにも関わらず、振り返って大きな声で “Hello.”

その他にも、レストランでも何か聞かれたら、今までとは比較にならないくらい はっきりとした、聞き取りやすい声で答えているではありませんか。

Smileなりに一生懸命に考えて、自分の態度を反省したのだなぁと嬉しくなりました。

 

大人であってもどんなに英語力があっても、コミュニケーション力も備わっているとは限りません。

わたし自身、大学院時代、苦労したのは コミュニケーション力の無さ。

教授とのコミュニケーション、クラスメイトとのコミュニケーション、

その他 気軽なパーティや学会など、さまざまな場面で求められるコミュニケーション力にとても苦労したので、

Smileには小さい頃から コミュニケーションをきちんと取れるようになって欲しいと思っています。

何も今から難しい内容を話して欲しいという訳ではありません。バイリンガル育児で意識しているのは、基本的な挨拶や 相手のことを考えた上での会話のキャッチボール。

それはコミュニケーションの基本だからです。

普段のSmileも挨拶やお礼はちゃんとします。だけれど、今回の旅で何かが大きく成長したように見えます。

初回にDennisさんが作ってくれた犬の人形。

最終日はハムスター。Smileのお気に入りの犬の隣にちょこんと置かれていました。

バイリンガル育児の意義

6歳2ヶ月

一昨日より、わたしの両親とSmileとでクルーズ旅行に来ています。去年は姉親子も一緒だったので甥っ子も一緒でしたが、今回はSmileのみ。

遊ぶ相手がいなくて寂しいかなと思いきや、キッズ・アクティビティも充実していて、クルーの皆さんにもたくさん相手してもらって楽しそうに過ごしています。

去年のクルーズ旅行でも色んなクルーの方と話しましたが、今回も船内で行く先々で クルーの方と話す機会があります。

日本人の乗客が多いので、皆んな最初は日本語で接客してくれるのですが、わたしとSmileが英語を話すことが分かると途端に人懐こく英語で話しかけてきます。

今朝も、レストランで何回か接客をしてくれた女性とSmileとの会話が何とも可笑しかったです。

  • P:Aww. You’re so cute. Can you stay with me after the trip? (本当に可愛いわねぇ。旅行のあと、わたしと一緒にいてくれる?)
  • Smile: 《苦笑い》
  • P: Please? I’ll give you a pickled plum and apple juice everyday.(梅干しとりんごジュース毎日あげるわよ)
  • Smile: Okay…(わかった・・・)
  • P: Oh my god. She said, “Okay.” She’s so sweet. Your mom and dad can pick you up in Yokohama, okay?(「わかった」だって。なんて優しいのかしら。お父さんとお母さんは横浜で迎えにきてくれるから、ね?)

大人は冗談だと分かっているので笑っていましたが、Smileは「え?本気で言ってるの?」といった表情だったので それがまた可笑しかったです。

そんなSmileを見ていて感じるのは 「たくましいなぁ」ということ。

わたしがいてもいなくても こうやって誰かとコミュニケーションを取ろうとするというのは、彼女の性格も もちろん大きく関係していますが、

英語や異質のものに対する壁がないからかなと感じます。

バイリンガル育児をしていてよかったと感じるのは、まさにこんな場面のとき。

英語の本をどれだけ読んだかとか、どれだけ流暢に話せるかとか、そんなことよりも、

日本語でも英語でも、違う文化背景の人とコミュニケーションを取ろうとする姿を見たときに バイリンガル育児の意義を感じます。

高い英語力があるからと言って、コミュニケーション力もある訳ではありません。

だからバイリンガル育児でも意識しているのは、日本語でも英語でも、相手との会話のキャッチボールをきちんと出来るようになること。

これは、動画やゲームでは育てられる力ではないので、動画漬けやゲーム漬けが危険だと思うのは こういった、コミュニケーション力が育ちにくいという点。

コミュニケーション力が高い低いというのは、小さい頃から どんな経験をして どんな対人関係を持ってきたか、そういうのが大きく関係するのではないかと思っています。

普段は買うことのないシリアルを食べられて 大興奮のSmile。

お友達がしてたから

6歳1ヶ月。

昨日はプリスクールで集まりがあって、その後、6人くらいのお友達と夜ご飯を食べることに。

レストランへ行く道すがら、それから帰りのバス停に行くまでの間、Smileはお友達と一緒のことが嬉しくて嬉しくて、終始 興奮状態。

ラッシュアワーの時間帯で、歩道は人通りも多かったのですが、6人とも鬼ごっこのように走り回って、

わたしたち大人が制しても手に負えない状態。

2歳になる前から、どんなときも手を繋いで歩く練習をしてきたので、普段のSmileだったら、わたしか他の大人と手を繋いで、自分で先に行ってしまうことはないのですが、

昨日はお友達と一緒で、嬉しくて興奮していたのでしょうね。

手を振りほどいて 先に先に行ってしまう感じだったので、わたしも走って追いかけて、Smileの手を掴んで叱る結果に。

・わたし: I asked you to walk on the sidewalk. But if you can’t do that, I can’t let you go with your friends. And I’m going to have to hold your hand.(歩いて、って言ったのに、それが出来ないなら、お友達と歩かせることはできないな。お母さんと手を繋がないとね)

・Smile:Okay….(わかった)

二人きりになったあと、歩道での出来事をSmileと話してみました。

・わたし:I know you were having fun with your friends, but it’s dangerous to take off like that and run away on the busy sidewalk like you did today. (お友達と楽しんでいたのは分かるけど、人通りの多い道であんな風に急に走り出すのは危ないよね)

・Smile: Okay…(わかった)

・わたし: Did you hear me when I asked you to walk?(わたしが歩くように言ったの聞こえてた?)

・Smile: Yes.(うん)

・わたし: Why didn’t you stop? Were you aware that it was dangerous to run like that?(どうして止まらなかったの?あんな風に走るのは危ないって分かってた?)

・Smile: Yeah, but they were running, too.(みんな走ってたから)

・わたし:It doesn’t really matter what your friends were doing. If you knew that it was dangerous, I didn’t want you to do it. (お友達が何をしてたかは関係ないよ。危ないってこと分かってたんなら、して欲しくなかったな)

そのあと、お友達と同じことをする必要はないし、真似をする必要もないことを話しました。

来年は小学校に入って、今までとは違って集団生活を送るようになります。

その中で、自分の軸はちゃんと持っていて欲しい。「友達がしているから」とか「みんながそうだから」というような考えはして欲しくないな と。

「わたしはこう思う、だから こうする」とか「これはしない」とか周りに流されない強さも持って欲しいなと思います。

もちろん、社会生活を送る上で協調性はある程度は必要だし、「お友達と同じがいい」という気持ちを否定するつもりはないです。

でも同時に不必要な「同調」もするようになって欲しくない。

なかなか難しい年齢に入ってきました。

少人数制のプリスクール。来年は色んな意味で大きく変わります。

バイリンガルの頭の中

6歳0ヶ月。

Smileが5歳のときに見つけたBecky Higginsさんのウェブサイト。

子どもへインタビューする質問のリストが載っているのですが、彼女の考え方にとても共感して、Smileにもやってみたのです。

Keep in mind that these are right now questions. We all know kids can change their mind month-by-month, week-by-week, minute-by-minute. The idea is that you are capturing who they are right now.

(こちらの質問は「今現在の」ということを覚えておいてください。子どもの心は移り気ですよね。月々によっても違うし、週によっても違う、毎分でも違います。子どもをインタビューするというのは、子どもたちが「今現在 どういう人なのか」というのを捉えるのが目的なんです)

Becky Higginsさんのサイトより

Smileには難しい質問もあるので、かいつまんで聞いてみました。動画はその一部です。

聞いた質問はこちら。

  1. What is your favorite treat?(好きなおやつは何?)
  2. What is your favorite book?(好きな本は何?)
  3. What is your favorite song?(好きな歌は何?)
  4. What is your favorite place to visit?(訪れたいお気に入りの場所はどこ?)
  5. What is your favorite thing to do with your dad/mom?(お父さん/お母さんと何をするのが好き?)

そして撮り終わったあと、「日本語で聞いたら 何て答えるのだろう?」とふと思い、聞いてみました。

最後の質問を除いて、英語のときと答えが全然違う(笑)

  • 好きなオヤツ:lollipops(ペロペロキャンディ)→ おせんべい
  • 好きな本:”Magic Tree House”→『おさるのオズワルド』
  • 好きな歌:Skidamarink → エルビスプレスリーの”Can’t Help Falling in Love with You”
  • お気に入りの場所:Hawai’i → サーティワン
  • お父さんとしたいこと:play → かくれんぼ
  • お母さんとしたいこと:cook, workbook → 勉強

質問する言語でこんなにも答えが変わるとは予想外でした。面白いなぁ。

英語で好きなオヤツはロリポップと可愛い感じなのに、日本語だと「おせんべい」。渋すぎです。

「お気に入りの場所」は、日本語の質問の仕方が悪かったかもしれません。

“favorite place to visit”なので、「訪問したい場所」と聞けばよかったのかもしれませんが、表現が分からないかもしれないと思い、「行きたい場所」にした結果、

「気軽に行けるところ」と伝わった可能性が。

この、今のSmileの答えも また数ヶ月したら変わるんだろうなぁ。

いやはや、バイリンガルの頭の中、面白いです。

バイリンガル育児をしていて良かった

6歳0ヶ月。

バイリンガル育児を始めて、4年半。

まだたったの4年半ですが、やっていて良かったなぁと思う出来事が今日ありました。

台所でご飯を作っていたときのこと。Smileが、お誕生日にあげたバースデーカードを持って横に来て 突然言いました。

  • Smile: Mommy, I like what you wrote in the birthday card.(お母さん、お誕生日にお母さんが書いてくれたこと、好きだな)
  • わたし:Yeah?(本当?)
  • Smile: I like your message that you said, “Happy, happy birthday to our beautiful daughter. The day you were born was the greatest moment of my life.”(「わたしたちの可愛いSmile、お誕生日おめでとう。Smileが生まれた日は、わたしの人生の中でも一番素晴らしい瞬間だったよ」)
  • わたし:I’m happy that you liked it.(気に入ってくれて嬉しいな)
  • Smile: I also like that Daddy wrote, これからも えがお いっぱい、げんき いっぱいのSmileちゃんで スクスクと おおきくなってください(あと、お父さんが、「これからも笑顔いっぱい、元気いっぱいのSmileちゃんで スクスクと大きくなってください」って書いてあるのが好き)

 

そう言って、バースデーカードを大事そうに元の場所に戻していました。

5歳のお誕生日も英語でメッセージを書きましたが、今回は 言葉の重みを より感じてくれたことが 嬉しかったです。

英語を英語の感覚で、日本語を日本語の感覚で、体で感じられ、

英語も日本語も自分の言葉として捉えているのだなぁと、改めてバイリンガル育児をやっていて良かったと思いました。

これからも、英語と日本語 両言語を「自分の言葉」として感じていって欲しい。そう思います。

今回あげたバースデーカード。6歳ということもあり、少し大人っぽいデザインのものを。

わたしが一番年上

5歳11ヶ月。

Smileの誕生日まであと6日。プリスクールも卒業まであと半年となりました。

プリスクールに通い始めて4年半。親参加型のプリスクールは縦割りなので、参加当初 1歳7ヶ月だったSmileは、一番ちびっ子でした。

そんなSmileが 今は一番の年長さんに。

それに気が付いたSmile。ある朝、興奮して わたしに言いました。

  • Smile: Mommy, I’m the oldest!(お母さん、わたしが一番年上だよ!)
  • わたし:You’re the oldest in school?(プリスクールで一番年上?)
  • Smile: Yeah. I’m the oldest now.(うん、子どもの中で一番年上だよ)
  • わたし:I know!(本当だね)
  • Smile: Yay! I mean, when S and L are there, I’m not the oldest one.(やったー!えーと、SちゃんとLちゃんがいるときは一番年上じゃないけど。)

こんなやり取りを ここ最近 ほぼ毎回やっています。

余程 嬉しいんだろうなぁ。

会話に出てきたSちゃんは、プリスクールの先生のお嬢さんで7歳。6歳からインターナショナルスクールに通っていますが、今でもよく遊びます。

Lちゃんもプリスクール開始当初からいたメンバーで、6歳半。最近インターナショナルスクールへ進学しました。

一番年上という意識があるのか、プリスクールでも率先して お片づけをしたり、2歳さんや1歳さんの面倒を見てくれたり、時には偉そうに皆んなを仕切ったり。

1歳の頃、プリスクールから公園まで手を繋いで歩きたくないばかりに、大声で泣き叫んで 地面に寝転がっていた頃が ついこの間のようです。

1歳のSmileとの格闘の様子を読み返して 懐かしんでいます(過去の記事  根比べ)。

この日は2歳さんと1歳さんがいる日で、積み木を積み上げた横から2人に壊されるという洗礼を受けていました。

一人っ子で、そんな経験は家ではできないので、「もう、しょうがないなぁ」という感覚を経験できるのは 有り難いです。

英語が滑らかになった?

5歳11ヶ月。

昨日は久しぶりにプリスクールの日でした。

お迎えに行くと、お当番のママが、「Smile、英語が流暢になったよね?」と少し驚き気味で言いました。

SさんはSmileが1歳の頃から 面倒を見てくれているママ。

プリスクールでは、バイリンガルの子たちもほとんど日本語で過ごすので、特に驚いたようです。

確かに ここ最近、英語が滑らかだなぁとは わたしも感じていました。

英語で言いたいことは大体 表現できるとは言っても、止めどなく話す日本語に比べると やはり 流暢性には欠けていたSmile。

それが ここ数週間で大きく変わった印象を受けていたのです。おそらく、きっかけはOML主催のサマースクール

2週間、ハワイで過ごしたときも、少しだけ滑らかになって帰ってきましたが、

たった3日間のサマースクールの影響はとても大きかったようで、語彙の幅が うんと広がったように感じます。

グループで話し合ったり、皆んなの前で ちゃんとしたプレゼンテーションをしたりするのも 初めてだったSmile。

年上のお友達のプレゼンテーションを聞くというのも良い影響を与えたのかもしれません。

「話しなさい」という上からのプレッシャーではなく、仲間からの適度なプレッシャー(ピアプレッシャー)も上手く作用して、

本人の「もっと話したい」という意欲に繋がったのかなと思っています。

Smileの発話の変化に気が付いたのは サマースクール初日。

終わって電車で帰るときに、興奮状態でずっと英語で 延々と話し続けていたので、わたしも驚きました。

こんな状態のSmileは初めて見たからです。

この滑らかさも、しばらくしたら また戻ると思いますが、定期的にこうした場を作るのは大事だと感じています。

実験の予想を記録する子ども達。