お友達がしてたから

6歳1ヶ月。

昨日はプリスクールで集まりがあって、その後、6人くらいのお友達と夜ご飯を食べることに。

レストランへ行く道すがら、それから帰りのバス停に行くまでの間、Smileはお友達と一緒のことが嬉しくて嬉しくて、終始 興奮状態。

ラッシュアワーの時間帯で、歩道は人通りも多かったのですが、6人とも鬼ごっこのように走り回って、

わたしたち大人が制しても手に負えない状態。

2歳になる前から、どんなときも手を繋いで歩く練習をしてきたので、普段のSmileだったら、わたしか他の大人と手を繋いで、自分で先に行ってしまうことはないのですが、

昨日はお友達と一緒で、嬉しくて興奮していたのでしょうね。

手を振りほどいて 先に先に行ってしまう感じだったので、わたしも走って追いかけて、Smileの手を掴んで叱る結果に。

・わたし: I asked you to walk on the sidewalk. But if you can’t do that, I can’t let you go with your friends. And I’m going to have to hold your hands.(歩いて、って言ったのに、それが出来ないなら、お友達と歩かせることはできないな。お母さんと手を繋がないとね)

・Smile:Okay….(わかった)

二人きりになったあと、歩道での出来事をSmileと話してみました。

・わたし:I know you were having fun with your friends, but it’s dangerous to take off like that and run away on the busy sidewalk like you did today. (お友達と楽しんでいたのは分かるけど、人通りの多い道であんな風に急に走り出すのは危ないよね)

・Smile: Okay…(わかった)

・わたし: Did you hear me when I asked you to walk?(わたしが歩くように言ったの聞こえてた?)

・Smile: Yes.(うん)

・わたし: Why didn’t you stop? Were you aware that it was dangerous to run like that?(どうして止まらなかったの?あんな風に走るのは危ないって分かってた?)

・Smile: Yeah, but they were running, too.(みんな走ってたから)

・わたし:It doesn’t really matter what your friends were doing. If you knew that it was dangerous, I didn’t want you to do it. (お友達が何をしてたかは関係ないよ。危ないってこと分かってたんなら、して欲しくなかったな)

そのあと、お友達と同じことをする必要はないし、真似をする必要もないことを話しました。

来年は小学校に入って、今までとは違って集団生活を送るようになります。

その中で、自分の軸はちゃんと持っていて欲しい。「友達がしているから」とか「みんながそうだから」というような考えはして欲しくないな と。

「わたしはこう思う、だから こうする」とか「これはしない」とか周りに流されない強さも持って欲しいなと思います。

もちろん、社会生活を送る上で協調性はある程度は必要だし、「お友達と同じがいい」という気持ちを否定するつもりはないです。

でも同時に不必要な「同調」もするようになって欲しくない。

なかなか難しい年齢に入ってきました。

少人数制のプリスクール。来年は色んな意味で大きく変わります。

バイリンガルの頭の中

6歳0ヶ月。

Smileが5歳のときに見つけたBecky Higginsさんのウェブサイト。

子どもへインタビューする質問のリストが載っているのですが、彼女の考え方にとても共感して、Smileにもやってみたのです。

Keep in mind that these are right now questions. We all know kids can change their mind month-by-month, week-by-week, minute-by-minute. The idea is that you are capturing who they are right now.

(こちらの質問は「今現在の」ということを覚えておいてください。子どもの心は移り気ですよね。月々によっても違うし、週によっても違う、毎分でも違います。子どもをインタビューするというのは、子どもたちが「今現在 どういう人なのか」というのを捉えるのが目的なんです)

Becky Higginsさんのサイトより

Smileには難しい質問もあるので、かいつまんで聞いてみました。動画はその一部です。

聞いた質問はこちら。

  1. What is your favorite treat?(好きなおやつは何?)
  2. What is your favorite book?(好きな本は何?)
  3. What is your favorite song?(好きな歌は何?)
  4. What is your favorite place to visit?(訪れたいお気に入りの場所はどこ?)
  5. What is your favorite thing to do with your dad/mom?(お父さん/お母さんと何をするのが好き?)

そして撮り終わったあと、「日本語で聞いたら 何て答えるのだろう?」とふと思い、聞いてみました。

最後の質問を除いて、英語のときと答えが全然違う(笑)

  • 好きなオヤツ:lollipops(ペロペロキャンディ)→ おせんべい
  • 好きな本:”Magic Tree House”→『おさるのオズワルド』
  • 好きな歌:Skidamarink → エルビスプレスリーの”Can’t Help Falling in Love with You”
  • お気に入りの場所:Hawai’i → サーティワン
  • お父さんとしたいこと:play → かくれんぼ
  • お母さんとしたいこと:cook, workbook → 勉強

質問する言語でこんなにも答えが変わるとは予想外でした。面白いなぁ。

英語で好きなオヤツはロリポップと可愛い感じなのに、日本語だと「おせんべい」。渋すぎです。

「お気に入りの場所」は、日本語の質問の仕方が悪かったかもしれません。

“favorite place to visit”なので、「訪問したい場所」と聞けばよかったのかもしれませんが、表現が分からないかもしれないと思い、「行きたい場所」にした結果、

「気軽に行けるところ」と伝わった可能性が。

この、今のSmileの答えも また数ヶ月したら変わるんだろうなぁ。

いやはや、バイリンガルの頭の中、面白いです。

バイリンガル育児をしていて良かった

6歳0ヶ月。

バイリンガル育児を始めて、4年半。

まだたったの4年半ですが、やっていて良かったなぁと思う出来事が今日ありました。

台所でご飯を作っていたときのこと。Smileが、お誕生日にあげたバースデーカードを持って横に来て 突然言いました。

  • Smile: Mommy, I like what you wrote in the birthday card.(お母さん、お誕生日にお母さんが書いてくれたこと、好きだな)
  • わたし:Yeah?(本当?)
  • Smile: I like your message that you said, “Happy, happy birthday to our beautiful daughter. The day you were born was the greatest moment of my life.”(「わたしたちの可愛いSmile、お誕生日おめでとう。Smileが生まれた日は、わたしの人生の中でも一番素晴らしい瞬間だったよ」)
  • わたし:I’m happy that you liked it.(気に入ってくれて嬉しいな)
  • Smile: I also like that Daddy wrote, これからも えがお いっぱい、げんき いっぱいのSmileちゃんで スクスクと おおきくなってください(あと、お父さんが、「これからも笑顔いっぱい、元気いっぱいのSmileちゃんで スクスクと大きくなってください」って書いてあるのが好き)

 

そう言って、バースデーカードを大事そうに元の場所に戻していました。

5歳のお誕生日も英語でメッセージを書きましたが、今回は 言葉の重みを より感じてくれたことが 嬉しかったです。

英語を英語の感覚で、日本語を日本語の感覚で、体で感じられ、

英語も日本語も自分の言葉として捉えているのだなぁと、改めてバイリンガル育児をやっていて良かったと思いました。

これからも、英語と日本語 両言語を「自分の言葉」として感じていって欲しい。そう思います。

今回あげたバースデーカード。6歳ということもあり、少し大人っぽいデザインのものを。

わたしが一番年上

5歳11ヶ月。

Smileの誕生日まであと6日。プリスクールも卒業まであと半年となりました。

プリスクールに通い始めて4年半。親参加型のプリスクールは縦割りなので、参加当初 1歳7ヶ月だったSmileは、一番ちびっ子でした。

そんなSmileが 今は一番の年長さんに。

それに気が付いたSmile。ある朝、興奮して わたしに言いました。

  • Smile: Mommy, I’m the oldest!(お母さん、わたしが一番年上だよ!)
  • わたし:You’re the oldest in school?(プリスクールで一番年上?)
  • Smile: Yeah. I’m the oldest now.(うん、子どもの中で一番年上だよ)
  • わたし:I know!(本当だね)
  • Smile: Yay! I mean, when S and L are there, I’m not the oldest one.(やったー!えーと、SちゃんとLちゃんがいるときは一番年上じゃないけど。)

こんなやり取りを ここ最近 ほぼ毎回やっています。

余程 嬉しいんだろうなぁ。

会話に出てきたSちゃんは、プリスクールの先生のお嬢さんで7歳。6歳からインターナショナルスクールに通っていますが、今でもよく遊びます。

Lちゃんもプリスクール開始当初からいたメンバーで、6歳半。最近インターナショナルスクールへ進学しました。

一番年上という意識があるのか、プリスクールでも率先して お片づけをしたり、2歳さんや1歳さんの面倒を見てくれたり、時には偉そうに皆んなを仕切ったり。

1歳の頃、プリスクールから公園まで手を繋いで歩きたくないばかりに、大声で泣き叫んで 地面に寝転がっていた頃が ついこの間のようです。

1歳のSmileとの格闘の様子を読み返して 懐かしんでいます(過去の記事  根比べ)。

この日は2歳さんと1歳さんがいる日で、積み木を積み上げた横から2人に壊されるという洗礼を受けていました。

一人っ子で、そんな経験は家ではできないので、「もう、しょうがないなぁ」という感覚を経験できるのは 有り難いです。

英語が滑らかになった?

5歳11ヶ月。

昨日は久しぶりにプリスクールの日でした。

お迎えに行くと、お当番のママが、「Smile、英語が流暢になったよね?」と少し驚き気味で言いました。

SさんはSmileが1歳の頃から 面倒を見てくれているママ。

プリスクールでは、バイリンガルの子たちもほとんど日本語で過ごすので、特に驚いたようです。

確かに ここ最近、英語が滑らかだなぁとは わたしも感じていました。

英語で言いたいことは大体 表現できるとは言っても、止めどなく話す日本語に比べると やはり 流暢性には欠けていたSmile。

それが ここ数週間で大きく変わった印象を受けていたのです。おそらく、きっかけはOML主催のサマースクール

2週間、ハワイで過ごしたときも、少しだけ滑らかになって帰ってきましたが、

たった3日間のサマースクールの影響はとても大きかったようで、語彙の幅が うんと広がったように感じます。

グループで話し合ったり、皆んなの前で ちゃんとしたプレゼンテーションをしたりするのも 初めてだったSmile。

年上のお友達のプレゼンテーションを聞くというのも良い影響を与えたのかもしれません。

「話しなさい」という上からのプレッシャーではなく、仲間からの適度なプレッシャー(ピアプレッシャー)も上手く作用して、

本人の「もっと話したい」という意欲に繋がったのかなと思っています。

Smileの発話の変化に気が付いたのは サマースクール初日。

終わって電車で帰るときに、興奮状態でずっと英語で 延々と話し続けていたので、わたしも驚きました。

こんな状態のSmileは初めて見たからです。

この滑らかさも、しばらくしたら また戻ると思いますが、定期的にこうした場を作るのは大事だと感じています。

実験の予想を記録する子ども達。

ストーリー作りの練習

5歳8ヶ月。

お友達とのプレイデートや 他の方のブログなんかで目にしていたStory Cubes

ローリーズ・ストーリー・キューブス (日本仕様)

Smileが物語作りに興味を持ったら 欲しいなぁと思いつつ、まだ買わずにいたら、Flying Tigerで似たようなものを発見。

Flying Tygerのものは、Storyteller Diceと言うようです。

値段も数百円だったので、試しに買ってみることに。

ちょうど今、名詞や動詞を使って、メチャメチャな物語(crazy story)を作ることに夢中になっているからか、

このゲームにも興味津々。

工夫次第でもっと複雑な長い物語も作れそうなので、出先で遊んでみたいと思います。

 

 

シンガポール初日

5歳7ヶ月。

シンガポールに到着したのは夕方18時過ぎ。

チャンギ空港が混雑していたため、到着がだいぶ遅れました。

着いてすぐタクシーでホテルに向かいたかったのですが、今回の旅行はバスと地下鉄も使いそうなので、Tourist Passを空港で購入することに。

右も左もわからない空港で フリーパスを買える場所を探すのも一苦労。

ターミナル内を電車で移動して、ようやく購入場所を見つけました。

左がSmile用のフリーパス。無料でした。

右が3日分のフリーパス。翌々日まで乗り放題で30ドル。

このパスを買うために、色んな人に場所を聞いて回ったのですが、

その時に印象的だったのが、シンガポールの人の英語。

話し方に特徴があり、言い方が少々 ぶっきらぼう。

ハワイに住んでいた頃の、地元のアジア人の英語を思い出しました。

Smileにとってみれば、6回目の海外旅行ですが、今までは「アメリカ英語」を感じる旅行ばかり。

今回のように、中国語が飛び交っていたり、色んな国の特徴が混ざり合った英語に触れるのは初めてです。

アメリカと違う何かを感じたのか、居心地良さを感じたのか、Smileもいつになく積極的。

夜8時半ごろ、ようやくホテルに到着して、向かいのフードコートに夜ご飯を食べに行ったときのこと。

わたしが注文しようとしたところ、

  • Smile: Don’t say it, okay? May I say it for you?(注文、まだ言わないで。代わりに言ってもいい?)
  • わたし:Sure.(もちろん)
  • Smile: Number 9, please.(9番ください)
  • 店員:《笑いながら》Number 9. Okay.(9番ね。わかりました)

「なんだ なんだ、積極的だな」とわたしがびっくりしている横で、満足げに席を取って座るSmile。

旅疲れにも関わらず、元気いっぱいのSmile。

明日は、朝から色んな場所を回る予定です。どんな1日になるかな。

注文したのは9番のこちら。日本では あまり見ない組み合わせです。

味は 塩辛くもなく 脂濃すぎず 優しい味。

エスカレーターもスピードが速いこと。

きりんのジェリー

5歳5ヶ月。

これは少し前の話。プリスクールで、ぬいぐるみを当番制でお世話をすることになりました。

子どもが一人一人、順番にお当番になり、ぬいぐるみを連れて帰ってお世話をするのです。

ぬいぐるみの名前は『Jerry the giraffe(きりんのジェリー)』。

Smileも首を長くして自分の番を待っていましたが、ようやくお当番に。

プリスクールの帰り、大事に抱っこしてバスに乗り、寝るときも一緒に寝て、ピアノの教室にも連れて行きました。

下の音声は、帰り道での会話。

きりんのジェリーは女の子か男の子か、という話をSmileとしています。

この取組みが とってもいいなぁと思ったのは、お世話した様子を自分でノートにまとめて、プリスクールの皆んなの前で発表するということ。

Smileも何を書こうか一生懸命に考えて、文章にしていました。

わたしの役割は と言えば、Smileときりんのジェリーの写真を取り、プリントアウトしてノートに貼ること。

「ものを大事にする」、「責任を持つ」、そして「お友達に伝える」ということを今回 一連の行動を通して、再認識したSmile。

わたしもいい経験になりました。

写真の下の説明書きは、わたしが。

こちらは Smileが自分で書いたもの。

フォニックスの知識に頼って書いているので、ところどころスペルが違うのが また良い味を出しているな と。

Jerryの “J”が 鏡文字になっているのも、今だけ見られる貴重な間違い。