わたしが一番年上

5歳11ヶ月。

Smileの誕生日まであと6日。プリスクールも卒業まであと半年となりました。

プリスクールに通い始めて4年半。親参加型のプリスクールは縦割りなので、参加当初 1歳7ヶ月だったSmileは、一番ちびっ子でした。

そんなSmileが 今は一番の年長さんに。

それに気が付いたSmile。ある朝、興奮して わたしに言いました。

  • Smile: Mommy, I’m the oldest!(お母さん、わたしが一番年上だよ!)
  • わたし:You’re the oldest in school?(プリスクールで一番年上?)
  • Smile: Yeah. I’m the oldest now.(うん、子どもの中で一番年上だよ)
  • わたし:I know!(本当だね)
  • Smile: Yay! I mean, when S and L are there, I’m not the oldest one.(やったー!えーと、SちゃんとLちゃんがいるときは一番年上じゃないけど。)

こんなやり取りを ここ最近 ほぼ毎回やっています。

余程 嬉しいんだろうなぁ。

会話に出てきたSちゃんは、プリスクールの先生のお嬢さんで7歳。6歳からインターナショナルスクールに通っていますが、今でもよく遊びます。

Lちゃんもプリスクール開始当初からいたメンバーで、6歳半。最近インターナショナルスクールへ進学しました。

一番年上という意識があるのか、プリスクールでも率先して お片づけをしたり、2歳さんや1歳さんの面倒を見てくれたり、時には偉そうに皆んなを仕切ったり。

1歳の頃、プリスクールから公園まで手を繋いで歩きたくないばかりに、大声で泣き叫んで 地面に寝転がっていた頃が ついこの間のようです。

1歳のSmileとの格闘の様子を読み返して 懐かしんでいます(過去の記事  根比べ)。

この日は2歳さんと1歳さんがいる日で、積み木を積み上げた横から2人に壊されるという洗礼を受けていました。

一人っ子で、そんな経験は家ではできないので、「もう、しょうがないなぁ」という感覚を経験できるのは 有り難いです。

英語が滑らかになった?

5歳11ヶ月。

昨日は久しぶりにプリスクールの日でした。

お迎えに行くと、お当番のママが、「Smile、英語が流暢になったよね?」と少し驚き気味で言いました。

SさんはSmileが1歳の頃から 面倒を見てくれているママ。

プリスクールでは、バイリンガルの子たちもほとんど日本語で過ごすので、特に驚いたようです。

確かに ここ最近、英語が滑らかだなぁとは わたしも感じていました。

英語で言いたいことは大体 表現できるとは言っても、止めどなく話す日本語に比べると やはり 流暢性には欠けていたSmile。

それが ここ数週間で大きく変わった印象を受けていたのです。おそらく、きっかけはOML主催のサマースクール

2週間、ハワイで過ごしたときも、少しだけ滑らかになって帰ってきましたが、

たった3日間のサマースクールの影響はとても大きかったようで、語彙の幅が うんと広がったように感じます。

グループで話し合ったり、皆んなの前で ちゃんとしたプレゼンテーションをしたりするのも 初めてだったSmile。

年上のお友達のプレゼンテーションを聞くというのも良い影響を与えたのかもしれません。

「話しなさい」という上からのプレッシャーではなく、仲間からの適度なプレッシャー(ピアプレッシャー)も上手く作用して、

本人の「もっと話したい」という意欲に繋がったのかなと思っています。

Smileの発話の変化に気が付いたのは サマースクール初日。

終わって電車で帰るときに、興奮状態でずっと英語で 延々と話し続けていたので、わたしも驚きました。

こんな状態のSmileは初めて見たからです。

この滑らかさも、しばらくしたら また戻ると思いますが、定期的にこうした場を作るのは大事だと感じています。

実験の予想を記録する子ども達。

ストーリー作りの練習

5歳8ヶ月。

お友達とのプレイデートや 他の方のブログなんかで目にしていたStory Cubes

ローリーズ・ストーリー・キューブス (日本仕様)

Smileが物語作りに興味を持ったら 欲しいなぁと思いつつ、まだ買わずにいたら、Flying Tigerで似たようなものを発見。

Flying Tygerのものは、Storyteller Diceと言うようです。

値段も数百円だったので、試しに買ってみることに。

ちょうど今、名詞や動詞を使って、メチャメチャな物語(crazy story)を作ることに夢中になっているからか、

このゲームにも興味津々。

工夫次第でもっと複雑な長い物語も作れそうなので、出先で遊んでみたいと思います。

 

 

シンガポール初日

5歳7ヶ月。

シンガポールに到着したのは夕方18時過ぎ。

チャンギ空港が混雑していたため、到着がだいぶ遅れました。

着いてすぐタクシーでホテルに向かいたかったのですが、今回の旅行はバスと地下鉄も使いそうなので、Tourist Passを空港で購入することに。

右も左もわからない空港で フリーパスを買える場所を探すのも一苦労。

ターミナル内を電車で移動して、ようやく購入場所を見つけました。

左がSmile用のフリーパス。無料でした。

右が3日分のフリーパス。翌々日まで乗り放題で30ドル。

このパスを買うために、色んな人に場所を聞いて回ったのですが、

その時に印象的だったのが、シンガポールの人の英語。

話し方に特徴があり、言い方が少々 ぶっきらぼう。

ハワイに住んでいた頃の、地元のアジア人の英語を思い出しました。

Smileにとってみれば、6回目の海外旅行ですが、今までは「アメリカ英語」を感じる旅行ばかり。

今回のように、中国語が飛び交っていたり、色んな国の特徴が混ざり合った英語に触れるのは初めてです。

アメリカと違う何かを感じたのか、居心地良さを感じたのか、Smileもいつになく積極的。

夜8時半ごろ、ようやくホテルに到着して、向かいのフードコートに夜ご飯を食べに行ったときのこと。

わたしが注文しようとしたところ、

  • Smile: Don’t say it, okay? May I say it for you?(注文、まだ言わないで。代わりに言ってもいい?)
  • わたし:Sure.(もちろん)
  • Smile: Number 9, please.(9番ください)
  • 店員:《笑いながら》Number 9. Okay.(9番ね。わかりました)

「なんだ なんだ、積極的だな」とわたしがびっくりしている横で、満足げに席を取って座るSmile。

旅疲れにも関わらず、元気いっぱいのSmile。

明日は、朝から色んな場所を回る予定です。どんな1日になるかな。

注文したのは9番のこちら。日本では あまり見ない組み合わせです。

味は 塩辛くもなく 脂濃すぎず 優しい味。

エスカレーターもスピードが速いこと。

きりんのジェリー

5歳5ヶ月。

これは少し前の話。プリスクールで、ぬいぐるみを当番制でお世話をすることになりました。

子どもが一人一人、順番にお当番になり、ぬいぐるみを連れて帰ってお世話をするのです。

ぬいぐるみの名前は『Jerry the giraffe(きりんのジェリー)』。

Smileも首を長くして自分の番を待っていましたが、ようやくお当番に。

プリスクールの帰り、大事に抱っこしてバスに乗り、寝るときも一緒に寝て、ピアノの教室にも連れて行きました。

下の音声は、帰り道での会話。

きりんのジェリーは女の子か男の子か、という話をSmileとしています。

この取組みが とってもいいなぁと思ったのは、お世話した様子を自分でノートにまとめて、プリスクールの皆んなの前で発表するということ。

Smileも何を書こうか一生懸命に考えて、文章にしていました。

わたしの役割は と言えば、Smileときりんのジェリーの写真を取り、プリントアウトしてノートに貼ること。

「ものを大事にする」、「責任を持つ」、そして「お友達に伝える」ということを今回 一連の行動を通して、再認識したSmile。

わたしもいい経験になりました。

写真の下の説明書きは、わたしが。

こちらは Smileが自分で書いたもの。

フォニックスの知識に頼って書いているので、ところどころスペルが違うのが また良い味を出しているな と。

Jerryの “J”が 鏡文字になっているのも、今だけ見られる貴重な間違い。

名前の由来を考える

5歳5ヶ月。

おとといは、久しぶりのプリスクールで、わたしもお当番の日でした。

わたしとSmileが交互に体調を崩したり、仕事が重なったりして、Smileもプリスクールは約3週間ぶり。

その日は、Learn About Your Name Day(自分の名前について知る日)だったようで、サークルタイムの時に、みんなの名前の由来を話しました。

預かる子たちのお母さんにも、事前に子どもたちの名前の由来を聞いて、紙に書き、誰の名前か皆んなで当てるというゲームもしました。

Smileの名前は、「目立たないけれど、どんな環境でも強くしなやかにいられる」ように付けましたが、

実際に言葉の意味を調べるのは初めてだったかもしれません。

そして出てきた言葉が、”honest(誠実)”。

  • Smile: What does my name mean?(わたしの名前、どんな意味?)
  • わたし:What does it say on your paper?(紙には何て書いてある?)
  • Smile: Honest. What does it mean?(「誠実」。どういう意味?)
  • わたし:If you’re honest, that means that you always tell the truth.(誠実であるってことは、いつも真実を言うということだよ)
  • Smile:《嬉しそうに紙を眺めて》Honest. Could you keep this in your bag?(誠実。これ、バッグに取っておいてくれる?)

他のお友達は、”scholar(学者)”や “bright(明るい)”など、「なるほどなぁ」と思う言葉ばかり。

「親がどうしてその名前を付けたのか」

小さいながらも、自分の名前について考えるきっかけになった日でした。

わたしが走り書きで書いた紙切れですが、大事そうに「取っておく」と言うSmile。

おひな様の隣は?

5歳5ヶ月。

昨日のSmileとの会話です。

  • Smile: 《おひな様を指して》ねぇ、これ、おひな様でしょ?隣は?
  • わたし:え、おひな様の隣?二人ともおひな様じゃないかな。
  • Smile: お殿様じゃない?
  • わたし:お殿様?どうだろう…

インターネットで調べてみると、

「男雛(お殿様)」と書いてあるではないですか。

Smileが言ったことも合っていました。

そして おひな様の歌にも出て来る「お内裏様」というのは少し誤りがあるのだとか。「お内裏様」というと、お殿様とお姫様のふたりを指すのだと書かれていました。

「お雛様」というのも、男雛と女雛の2人で一対だそうです(参考文献)。

とすると、子どもの感覚からして言った「お姫様とお殿様」は合っていたのだな。

わたしは「お殿様」と聞いて、「将軍」を連想してしまいましたが、調べてみると、

「殿様」は元々「貴人・主君」を表す敬称だったとか。

相次ぐ質問に 疲れてしまうこともありますが、あまり深く考えてこなかった事柄を

今 勉強し直している感じがします。

並べ方にも違いがあるそうで、古式は男雛が右側、新式は男雛は左側だそうで

今年は古式で並べてみました。

このおひな様は、わたしの祖母が40年ほど前に手作りしたもの。

優しい色合いがとても気に入っています。

ムジュムジュする

5歳5ヶ月。

この数日、Smileが胃腸炎で体調を崩していました。

普段であったら、朝起きてから寝るまで、ずーっと喋り続けているSmileが この数日ばかりは ぐったり。

熱は高くないけど、水を少量 飲んでも 戻してしまう症状で、本人もかなり辛そうでした。

そんな状態で、Smileが使った表現が「ムジュムジュする」。

下は数日前のやり取り。

  • Smile: (青ざめた顔で)お腹が ムジュムジュする。
  • わたし: ムズムズする?
  • Smile: ううん。ムジュムジュ。
  • わたし: You’re feeling nauseated? (吐き気がするの?)
  • Smile: What’s “nauseated”? (”nauseated”って何?)
  • わたし: You feel like you want to throw up?(吐きたい気分?)
  • Smile: Yeah.(うん)

日本語だと 「ムカムカする」という表現がありますが、普段 それを耳にしたことのないSmileは、「ムジュムジュ」という表現を使いました。

最初は それがどういう意味なのか ピンと来ませんでしたが、英語と日本語 両方の表現の存在に助けられた気がします。

Smileがもっと小さかった頃は、どう体調が悪いのか 様子を見て 判断するしかありませんでしたが、

最近は、日本語でも英語でも 身体の異変を 具体的に言葉で表現するようになり、親としては早めに行動できるため助かっています。

彼女の中では、胃の違和感は「ムジュムジュ」なのだなぁ。

昨日から 本調子を取り戻したSmile。元の通り、ノンストップのお喋りが復活。

よかった よかった。

病み上がりに描いた絵。プリンセスとキリンだそうです。

こだわりは、右端のプリンセスのヒールだとか。