英語教育とクリティカル・リテラシー

先月テレビで放送された、予備校講師の林先生による「早期英語教育は不要」という主張、

ここ最近 わたしの周りでも話題になっています。

いつも参考にさせてもらっているYoshieさんのブログに、とても分かり易くまとめられていて、

こちらを読むと、客観性をもって林先生の主張を読み取ることができます(Yoshieさんの記事)。

普段、テレビを ほとんど見ないので、他の方のブログを通して知り、YouTubeでその映像を見てみたのですが、

その主張内容も もちろんですが、情報の提示方法にも問題があると感じました。

林先生の主張は、

  1. 英語が得意な親ほど早期教育を否定」
  2. 「子どもに早期英語教育をやらせている東大出身の親に会ったことがない
  3. 「『親が(英語が)出来た』、『子供に(英語を)やらせる』は、見事な反比例関係である」
  4. ある有名な企業の採用基準では、英語が出来て仕事が出来ない人よりも、英語が出来なくて仕事もできない人の方を採用する」

大学院時代、第二言語習得理論と一緒に、Cricital Pedagogy(クリティカル・ペダゴジー:批判的教育学)という教育方法を学んでいのですが、

当時、教えていたクラスでも取り入れていたのが、critical literacy(クリティカル・リテラシー)を育てるアクティビティ。

クリティカル・リテラシーとは、メディアやテキストを通して発信される情報を、多角的かつ批判的に分析し、

文脈に隠された偏りや差別を読み取る力のこと。

その「読み取る」際に注目するのが、形容詞や副詞(副助詞)の使い方。

たとえば、”She picked up the book.(彼女はその本を拾い上げた)”という英文があったとします。

この場合、「彼女の行動」には善し悪しはなく、ただ描写されているだけです。

そこに”intentionally(意図的に)”という副詞を加え、

“She intentionally picked up the book(彼女は 意図的にその本を拾い上げた)”とします。

すると、途端に「彼女の行動」にある意味合いが加わり、

書き手は、「彼女は何か企んでいるのかな」と読み手に思わせることが出来ます。このように、形容詞や副詞を使い分けることで、情報を操作することが可能になってきます。

上の林先生の論点で言えば、以下のような表現です。

  1. 「〜ほど」という副助詞
  2. 「会ったことがない」(I have never met〜)という副詞
  3. 「見事な」という形容詞
  4. 「ある有名な」という形容詞

1〜3は、統計的なデータを示さずに「断定」しているのですが、副詞や形容詞のような表現を加えることで、情報があたかも事実であるかのように強調されています。

4は、「有名な」という表現を付けることで信憑性を持たせようとしているのですが、「ある」という表現から分かるように、数社からデータを取ったわけではなく、一社のみの情報。

こういった表現方法から、林先生の主張は、データによる裏付けが一切ないものだと すぐに分かります。

でもメディアを通して、それが発信されてしまうと、それが本当かのように捉われてしまう。

膨大な情報に囲まれる社会では、こういったクリティカル・リテラシーや、クリティカル・シンキングも必要だなぁと 改めて感じます。

“This is my ninja iPad.(わたしの忍者iPad)”と言いながら、お絵描きするSmile。一応、電源ボタンも左下にあります。

タブレットやパソコンをSmile一人で使うようになったら、クリティカル・リテラシーのような力も付けていかないとなぁ。

 

 

 

英語格差という問題

4歳11ヶ月。

Smileへ語りかけ中心のバイリンガル育児を初めて、3年以上が経ちました。

今、Smileにとっての英語は、日本語と同じように「自分の言葉」として感じているように思います。

バイリンガル育児を続けて一番 良かったと思うのは、英語を話せるようになったことではありません。

もちろん、英語でも自分の気持ちを表現できるようになったのは嬉しいことです。

でも それ以上に大事なのは、「英語を話すことは 特別なことではない」し、「英語を話さない人もいる」ということを何となくでも分かってくれていることです(過去の記事『ネイティヴへの憧れ』)。

わたし自身、英語を教えて10年以上、常に頭の片隅から離れなかった、English Imperialism(英語帝国主義)という概念。

グローバル化の背景には 白人社会による植民地支配があり、英語教育は もともと政治的・軍事的な意味合いが強かったということ。

英語の浸透によって なくなりつつある言語や文化もある ということ(過去の記事『アメリカの歴史に触れる』)。

英語を教えるということは、少なからず そういった英語の文化も持ち込む ということ。

「英語ネイティヴが優位」や「英語は訛りがない方がいい」というようなメッセージを生徒さんが受け取らないように気を付けてきました。

Smileに対しても同じです。

ネイティヴ/非ネイティヴの垣根をなくすことはもちろんのこと、英語力で誰かと比べて優劣をつけることはないように気を付けてきました。

Smileが大きくなって、「もっと英語力をつけたい」とか「ネイティヴのように英語を使いこなしたい」と自ら思うのは構わないと思っています。

あるいは、実際に社会に出て、高い英語力を求められたり、英語力によって待遇が左右されるかもしれません。

でも、優劣も何も知らない小さい頃に、周りから 「格差がある」というようなメッセージを受け取ってしまうのは、不必要なことだと感じます。

日本語でも 英語でも 何語でも、同じコミュニケーションのツール。優劣はありません。対等です。

そうは言うものの、今だに影響力のあるメディアを通して発信され続ける「英語優位」、「ネイティヴ優位」、「バイリンガル(マルチリンガル)=すごい/優れている」というメッセージ。

そういった、英語格差に繋がる考え方を 大人が まずなくす必要があると感じます。

お互いに対等な立場にいるのだと 子どもたちが感じられるような社会をつくる。

そのためにも英語講師としても 親としても  意識し努力し続けなければなぁ と思う日々です。


あと2週間で5歳。地元の公立小学校に入るまで1年半です。

(参考文献)

ドリルは暇つぶしに

4歳11ヶ月。

以前、ワークブックワークブックを始めた と書きましたが、それから2ヶ月半。ワークブックをする頻度は、週に1回あるかないか(過去の記事『ワークブックを始めました』)。

Smileはワークブックやドリルが好きです。

始めたら、わたしが「もうそろそろやめよう」と言わない限り、やり続けます。

でも そんなSmileも、ワークブックは「遊び」ではなく「勉強」と何となく思い始めたようです。

ワークブックやドリルは、よくも悪くも勉強の成果が目に見えます。そういう意味で家庭でも取り組みやすい。

Smileも達成感があるから どんどん進めたくなるのかもしれません。

でも、Smileに対してドリルを日課にするのは、6歳あたりでいいのかなと思っています。

「やりなさい」という空気を作るのではなく、本人が率先してやりたくなるような環境づくりを心掛けたい。

親の圧力を感じながら学ぶのと、自分で「知りたい」という気持ちで学ぶのであったら、わたしは後者の環境を作れるように心掛けたいです。

下の動画は、新しいワークブックに取り掛かっているときのもの。父がイギリス出張の際に買ってきてくれたワークブックです。

“I’m gonna do my work, okay?(お仕事するからね?)”と意気揚々なSmile。

Smileのお勉強に関しては腰の重い わたし、仕方なく横に座って その様子を見守ります。

この”Letts Monster Practice “というワークブック、”Brain Quest“に比べると少し内容が複雑。でも痒いところに手が届くような細やかな内容です。

Brain Quest

 

動画では、時間の感覚「quicker vs. slower(速い vs. 遅い)」についてのページをやっています。

2つ目の動画も時間の感覚についてですが、今度は「earlier vs. later(早い vs. 遅い)」に関して。

日常の会話でもよく混同することがあるのですが、理解はしているようでした。

会話で意識的に使ってはいても、こんな風に文字で確認できるのは インプットへの気付き(noticing)が起きやすい(過去の記事『文字への意識』)。

そうは言ってもワークブックは、お勉強の一貫。

当分の間 こうしたワークブックやドリルは、何もやることがない時の「暇つぶし」として使うことになりそうです。

 

先週、わたしのお誕生日にSmileからもらった バースデーカード。

文字のワークも ほとんどやってないので、大文字と小文字が混ざっています。

でも そんな今のSmileの文字が 大好きです。

なぜ語りかけをするか

4歳11ヶ月。

Smileの5歳のお誕生日まで あと1ヶ月。

語りかけは Smileが1歳7ヶ月ころから 本格的に始めたので、4年ちょっとになります(過去の記事『バイリンガル育児を始めるにあたり気を遣ったこと』)。

わたしがSmileに語りかけをする理由は 主に2つ。

一つ目は インプットとして手っ取り早いから。いつでも どこでもできるのでインプット量を調整しやすいことがあります。

二つ目は、幼い頃から 英語に触れる機会を増やすことで 他言語に対する壁(情意フィルター)が出来にくいと考えるからです。

わたしが どちらかの言語しか使わなければ、もう片方の言語に対して 年齢や環境の変化とともに壁が生まれ、その言語を拒否するようになる可能性もあります。

そういうこともあり、わたしとは英語でも日本語でも心地良くいられるように、両言語のバランスを取りながら語りかけをしています(情意フィルターに関する記事『心地よい言葉とは』)。

「家庭での語りかけは必要か?」と聞かれることがありますが、

家庭での語りかけ以外に インタラクティブなインプットが十分に与えられていたら、語りかけは必ずしも必要ではないと思います。

たとえば、英語圏に住んでいたり、インターナショナル・スクールに通っていたり、

中長期のホームステイをしたり、

あとは週に数回以上、英語サークルや英会話レッスンを受けるなど、

外部の力を借りて 英語に触れる機会が多かったら 家庭での語りかけは必要ない、ということです。

ただし、ご家庭での考え方や 状況はそれぞれ異なるので、語りかけをする・しないは、家庭環境や子どもの性格などを考慮して決めたらよいのでは と思います。

では 家で語りかけをしたら 誰でも話せるようになるのかと聞かれたら、そうではないのが難しいところ。

上に、「インタラクティブなインプット」と書きましたが、「インタラクティブ」とは、「双方向な」対話を指します。

一方的に 語りかけるだけでは アウトプットに繋がらない場合もあります。

特に子どもが小さい時は、一方通行のインプットよりも、五感に働きかけるインタラクティブなインプットは 非常に効果が高いと考えています(過去の記事『五感に働きかけるインプット』)。

言語習得研究に、Child-directed speech(子ども向けの言葉)という考え方がありますが、

子どもの反応を見ながら、理解しやすい表現をしたり、発話を促すように語りかけることは、インタラクティブなインプットと言えます。

Child-directed speechには次のような特徴があります:

  • ゆっくり話す
  • 高い調子で話す
  • イントネーションに変化をつける
  • 短く、簡単な文を使う
  • 繰り返す
  • (子どもが言ったことを)言い替えてあげる

もちろん、家庭によってchild-directed speechの程度は異なるし、こういった乳幼児向けの言葉を使わない家庭でも子どもが言語習得する例もあるので一般化はできないようですが、

バイリンガル育児を行う際に、こうした考え方は参考になると考えています(過去の記事『滑舌』)。

フルセンテンスで話しかけるのが難しければ、子どもの身の回りの物を英語で言ってあげるだけでも基本単語は身に付きます。

  • 家庭内にあるもの(chair, table, bed, blanket, ballなど)
  • 家の外にあるもの(dog, cat, tree, sun, flower, slideなど)
  • 色(red, yellow, blue, greenなど)
  • 形(circle, triangle, square, rectangleなど)

色や形に関して言えば、フラッシュカードを使わなくても、身の回りのもの全てが教材になります。

道路の石畳を指差しながら、”Square!”とか”Rectangle!”と言うだけで 子どもは覚えてしまいます。

語りかけの要否は、家庭それぞれ。外部の力を借りるのもありだし、家庭での語りかけをするのもありだと思います。

子どもに語りかけながら、わたしも成長する。

そんな意味で 我が家の語りかけは もうしばらく続きそうです。


昨日 プリスクールのお友達と 急遽 プレイデートになりました。

みんな バイリンガルですが、遊びの内容によって 言語が切り替わるのが面白い。

インプットとしての動画

4歳10ヶ月。

久しぶりにSmileが発熱して、楽しみにしていたサマープログラムは 一日だけお休みして自宅で休んでいます。

熱も落ち着いたので、Smileのリクエストで借りた”The Little Prince(リトルプリンス 星の王子さまと私)”を観ているところです。

インプットとしては、少し難しいですが、小さい女の子が主人公ということで、Smileにも理解できる台詞が6割ちょっと、という感じでしょうか。

最近は動画のレベルをそこまで考えなくなりましたが、Smileが赤ちゃんのときは 動画選びには気を遣っていました。

Smileが1歳の頃、動画として観ていたのは、主に二つ。

DWE(ディズニー英語システム)のサンプルDVDと

Mommy & Me: Playgroup Favorites(ママ&ベビー プレイグループ)”のDVD。

Mommy & Me“は、アメリカのプレイグループの様子を映像化したもので、お母さんやお父さんが子どもと一緒に歌ったり動いたりしています。

近所の英語プレイグループは、隔週だったので、家でも同じようなことをしたいという思いで購入しました。

他にも赤ちゃん向けの動画はたくさんあると思いますが、当時は この二つを繰り返し観ていました。

この二つの動画に共通するのは、どちらも歌がメインになっていて、

映像を観せなくても、日常的に わたしとSmileで歌ったり、動いたりできること。

つまり 動画で観た内容を、わたしとのインタラクションを通して 定着させることができたのです。

以前、インプットは、相手にとって理解可能なレベルであって、インプットに「気付く」ように繰り返し与えられなければならない、と書きました(過去の記事『意味のあるインプット』)。

年齢が高くなれば、同じものばかりだと飽きてしまうこともあるかと思いますが、子どもが幼ければ幼いほど、繰り返しの要素は重要と考えています。

繰り返し同じ音を聴くことで、その情報の文法要素に気付き、内在化しやすくなるからです。

赤ちゃんであれば、毎日 同じ歌を一緒に歌ってもいいと思います。

DWEのサンプルDVDにいたっては、Smileが好きで観すぎて、傷が入り、プレーヤーで読み取れなくなるほど。

下の動画は2歳になったばかりのSmile。DWEのサンプルDVDを観ているところ。

初めは手を叩いたり、身体が揺れるだけでしたが、この頃から、動画を描写するような発話も出始めました。


近所の英語プレイグループで会った お友達とは今でも仲良し。

出会った頃、Smileは8ヶ月。お友達は3ヶ月のベビーちゃんでした。

 

ライティングの型を教えるタイミング

4歳9ヶ月。

Smileが文章らしきものを書くようになったのは つい最近のこと。

そのうちライティングの型も経験することになると思いますが、それはまだまだ先です。

ライティングの型で広く知られているのは、英検でも使われている Five paragraph essay(5パラグラフ・エッセイ)(過去の記事『アカデミック・ライティングと型』)。

  • Introduction(導入)
  • Body 1(本論 1)→ topic sentence(この段落で言いたいこと)→ support→concluding sentence
  • Body 2(本論2)→ topic sentence → support → concluding sentence
  • Body 3(本論 3)→ topic sentence → support → concluding sentence
  • Conclusion(結論)

アカデミック・ライティング(学術的文章)は、英語圏の高等教育機関では、多くの学生が経験するもので、ある決まったルールや型に基づいて文章構成をしていきます。

アカデミア(学術的な場)では、知っておかないといけないルールですが、Smileに教えるのは、Smileが書く楽しさを十分に知ってからでいいのかな、と考えています。

なぜかと言うと、わたし自身、英語で書く楽しさを知る前に「型」を教わってしまい、

自己表現する方法を知ったのは それよりも後だったから。

freewriting(フリーライティング)を提唱しているPeter Elbow氏の存在を知ったのは、大学院一年目のとき。

Elbow氏は、表現の自由を奪うとしてアカデミック・ライティングに異を唱えたライティングの教育者です。

freewritingとは、間違いや文法を気にせず、頭に浮かんだ文章をひたすら書き続けるという手法。

書くことがなくなったら、”I can’t think what to say(言いたいことが思い浮かばない)”と繰り返し書き、とにかく止まらないで書き続ける。

消しゴムで消したり、訂正もしません(Freewritingについての説明は こちら)。

この手法を知ったときは、衝撃的でした。

日本の大学でも 型をみっちり教わり、それに沿って書かないと減点だったので、型なしで書く概念が当時のわたしには なかったのです。

そして最初は、面白いほどに書くことが出てこない。

「自由に書け」と言われたら 書けない。枠がないライティングがこんなにも労力を使うものなのか、とショックを受けたのを覚えています。

そんな練習を繰り返すうちに、段々と型のないライティングにも慣れてきて、「自分の心の声」をどう文章に反映すればいいのか分かってきました。

ライティングの型は、読者に読みやすくするためにも必要です。でも それをどの時点で導入するかは もっと大切だと感じます。

自己表現する楽しさを知る前に型を教えてしまったら、型に囚われてしまい、

正しく書けるようになったとしても 自分の気持ちを表現する書き方ができなくなるかもしれない。

そんなことがないように、まずは書く楽しさ、表現する楽しさを知って欲しいです。


お気に入りのコーヒーショップにて。お友達に借りた本を読んでいるところ。

しばらくは こんな風に 自由に好きなものを読んで、自由に好きなものを書く時間を大事にしていきたい。

英語の発達段階

4歳9ヶ月。

過去に、「言語習得順序にはパターンがあり、多くの場合はこのパターンに沿って習得していく」と書きました。

過去の記事:

  1. 発達の順序(文法要素)
  2. 発達の順序(質問文)
  3. 発達の順序(否定の言葉)
  4. 言語発達の順序と 間違い

英語を母語とする子ども達を対象とした理論ですが、第二言語として英語を習得する子にもある程度は参考になると思います。

大体のパターンを分かっていると、子どもが間違ったとしても それを「間違っている!」と不安にならずに、「発達の過程にあるんだな」と捉えることが出来ます。

Smileを観察していても 大体はこのパターンに沿っていたように思います。

今だに、”Where did you bought* (buy) this?(どこで買ったの?)”のように、質問文なのに動詞を過去形のまま使ってしまったり、

冠詞(a/ the)を混同して使ったり、といった間違いはありますが、ある程度の段階は経てきたのかなと感じます。

下の発達順序(質問文)で言うと、ステージ6までは習得しているのではないかと思います。

  1. 1語、または2、3語の文で語尾を上げる(Cookie? Mommy book?)
  2. WhatやWhereを使った質問(What’s that? Where’s daddy?)*ただしチャンクとして使っている
  3. 平叙文で語尾を上げる(You like this? I have some? Why you catch it?)
  4. Can〜?やIs〜?Why〜?を使って質問文を作る(Can I go? Is that mine?)*ただし語順が変わることは認識していない(Why you don’t have one?)
  5. 主語と助動詞の倒置し、Doを用いる(Do you like ice cream?)*ただし、Where使って質問できても、倒置はできない(Where I can draw them?)
  6. 大体の質問文は作れる *ただし、従属節で疑問詞が出てきても、平叙文の語順に直せない(I don’t know why can’t he go out.)

(Lightbown, P.M. & Spada, N. (2000) How Languages are Learned. New York: Oxford Press)

日頃 Smileが耳にしている英語は、わたしからの語りかけが ほとんど。

でもSmileの英語を観察していると、絵本や動画に出てくる表現や、わたし以外の人の英語も インプットとして取り入れていることが分かります。

スピーキングの面だけで言えば、英語ネイティヴの子のような流暢さは ありません。でも今はそれで十分。

Smileの母国語は日本語だからです。

この先、本人がスピーキング力を伸ばしたいと望んだならば、当然 それは本人に任せるし、わたしに出来ることは手伝います。

でも当分は、緩やかに伸びる、あるいは 伸びずとも維持するだけでもいいのかなと考えています。

いつも行くコーヒーショップで、Smileが”Frog and Toad(がまくんとかえるくん)”を読んでいたら、声を掛けてきてくれた お二人。一人は英語圏の方で、インターで音楽を教えているとのこと。

一つのエピソードをSmileが最後まで読み終わるまで、温かく聞いてくれて 本当にありがたい。

わたしはと言うと、そのエピソードが思った以上に長く、ひとり落ち着きなく見守っていました。

インプットとモチベーション

4歳8ヶ月。

ちょうど一ヶ月前、Smileが読むことに慣れてきて、スピードも上がってきたと書きました(過去の記事『読みのスピード と 慣れ』)。

そしてここ最近のSmileはと言うと、「少し難しいのも読んでみよう!」という先月のような勢いはないようです。

少し文字数が多いと、”It’s a little difficult for me(ちょっとわたしには難しい)”と言って、途中で閉じてしまいます。

“It’s okay. You’ll soon be able to read it(いいよ。そのうち読めるようになるよ)”と言って、わたしも そのまま。

その代わりに、これまで読んだものや、確実に読めそうなものを「読んでみる?」と差し出しています。

以前に少し触れましたが、言語習得理論で「インプット仮説(comprehensible input)」という理論があります(過去の記事『意味のあるインプット』)。

インプットが、学習者が理解可能なレベルであれば言語習得に繋がるという考え方です。

この理論では、学習者の言語能力よりも少しだけ難しいものが、効果的なインプットとされています。

でも今のSmileは、「どんどん読めて楽しい段階」と、「難しい文章は疲れてしまう段階」との狭間にいます。

そのため、今ここで少し難しいものを与えるよりも、「少し簡単」とSmileが感じるものを 与えた方がモチベーションも上がるのかな、と。

読むことへの自信が低下し、情意フィルター(心の壁)が上がってしまえば、いくらインプットを与えても それは学習には繋がりにくい(関連記事『心地のよい言葉とは』)。

そうなってしまうよりも、「少し簡単」と感じるもので 自信をつけて、「もっと読みたい」という気持ちになって欲しい。

そういう意味で、ただ闇雲にインプット(本やリーダー本)を与えるのではなく、

Smileにとって意味のあるインプット(Smileが負荷なく理解でき、かつ読みたいと思う本)を探し 与えるのが、今この時期 特に必要なのかなと感じています。

下の動画は、Smileのお気に入りの本の一つ、”Put Me In the Zoo(ぼくを動物園に入れて)”を読んでいるところ。

テンポがよく、ところどころ音がライミングしているので Smileにとっても読みやすいようです。

 

同じ日、図書館では紙芝居を読んでくれました。先月は、読むことに関して急成長を見せたSmile。今はなだらかに成長しています。

急成長があり、なだらかな時期があり。それの繰り返しです。