インターという選択肢

6歳7ヶ月。

昨日はSmileの学校で授業参観がありました。Smileの通っている小学校は、人数もそこまで多くない、比較的のんびりした雰囲気の公立の小学校です。

Smileと同年代の子どもを持つ親と会うと、バイリンガル育児をしているからか、「インターじゃないんだね」と驚かれることが多いです。

でも、Smileにインターナショナルスクールに通わせる選択肢は初めからありませんでした。

Smileの仲の良いお友達でもインターに通っている子はいるし、英語圏の教育が受けられる環境は正直 とても魅力的です。日本の集団教育は、支持できない面もあります。

でも、将来的に「絶対に海外に行かせたい」ということでもなく、日本の大学に通う可能性もあるし、日本で過ごす可能性もあるので、日本に住むのであれば、小学校教育は日本語で受けさせたいと考えています。

アイデンティティ形成の面でも、日本でもしインターナショナルスクールに通うとなると 日本語での教育環境に戻ったときに大変なこともあるかもしれません。

本人が大きくなって「海外に出たい」と希望するのであれば、その時にまたサポートしますが、それまでは英語を維持・上達させられるように環境を整えたり、多角的な思考ができるように日頃からの会話を意識したいと考えています。

そして昨日。Smileの小学校での授業の様子を見て、きめ細かい授業に感心。

皆んな一年生になりたてなので、子どもによって知識の差はかなり大きいです。その中で、全ての子どもが分かるように、言葉を選びながら丁寧に授業している先生を見て、素晴らしいなぁと感じました。英語講師としても勉強になる点がたくさん詰まった授業でした。

Smileは、「もっと難しいことやりたい」と以前 ポツリと言っていましたが、一つ一つ基礎から積み上げていく教育も悪くないなぁと思った日でした。

一方で、英語のワークショップに参加したり、イベントに参加したり、ホームスクーリングしたりして、学校の外でも色々な経験をしてもらいたいなと思っています。

Smileの地区は、10人の集団で毎朝 登校。学校生活も少しずつですが慣れてきたようです。

 

 

長期の休みはチャンス

6歳7ヶ月。

小学校に入学して数週間。わたしの仕事も忙しくなり、Smileも忙しくなり、なかなか思うように英語の取組みを進められていませんでした。

休みに入って、語りかけの時間も少し増え、ゴールデンウィークに入って2、3日で英語がまた戻ってきたという印象です。

わたしの語りかけの影響ももちろんありますが、やはりお友達の影響は大きい。

ゴールデンウィークに入ってすぐに、Smileが赤ちゃんからのお友達とのピクニックがあり、そして今日はおうち英語仲間とのプレイデートでした。

ピクニックで会ったお友達は、母語が英語だったり、両言語だったり、日本語だったり、文化背景は様々。知り合って6年ほどになるので、気の置けない友人たちです。

おうち英語仲間とのプレイデートは、異年齢の集まりで下が1歳で上は14歳。

Smileも大好きなお兄ちゃんやお姉ちゃんもいて、ちびっこもいるので毎回 楽しみにしている集まりです。

集まると話はやはり英語の取組みや育児について。尽きない話で盛り上がる横で、子どもたちは どったんばったん大騒ぎ。Smileもこのお友達と遊ぶときは自然に英語になります。

もちろん普段の取組みは細々 続けていきますが、小学校に入った今後は、本人が英語との繋がりを感じていられるように、

こうした長期の休みを利用して、足掛かりを作っていく必要があると思っています。

英語の取組みに時間を割いたり、英語のイベントに参加したり幼少期とは違った環境作りをしていきたいと改めて感じます。

 

 

新しい環境で バイリンガル育児

6歳6ヶ月

小学校での生活が始まり、5日経ちました。たったの5日ですが、本人は小学校生活を存分に楽しんでいるようです。

Smileの通う小学校では、親の就労に関係なく、17時までは無料で利用することができます。

わたしの両親が近くにいるので、Smileは学童に行く必要はないのですが、体験で行った学童の時間がよほど楽しかったようで、「毎日行く!」と言い張っています。

わたしと一緒にいる時間もかなり減ったので、英語時間は激減。一緒にいるときはなるべく英語で話しかけるようにしていますが、学童も16時までにして、わたしが仕事で日中いないときは母にお願いして取組みをしてもらっています。

日本語環境にいたら、日本語が強くなるのは自然なこと。英語が緩やかでもいいので伸びるためには、本人のモチベーションの維持と、

語彙のワークブック、会話や読書を通して語彙を増やしていくのは必須。

そのためにも、隙間時間を見つけて英語の取組みは続けていきたいと思っています。

今、限られた時間でやっているのは、語彙のワークブック、チャプターブックを読むこと、世界の偉人について読み聞かせ、Raz-Kidsくらい。動画の時間はほとんどなくなりました。

まとまった時間ができれば、ホームスクーリングも取り入れて、アカデミックな力も付けていきたいと考えています。

毎日が楽しくて仕方ないSmile。英語も大事ですが、何よりも自然たっぷりの環境で伸び伸び育って欲しいと思っています。

 

小学校とバイリンガル育児

6歳6ヶ月。

今日は、Smileの小学校の入学式でした。

のんびりとした、自然の多い環境でSmileを育てたいということもあり、色々と悩んだ結果、実家近くの小学校に通わせることにしました。

都心からは離れた片田舎にあるので、バイリンガル育児とは縁のないような場所だと思っていましたが、意外にも、多様性に富んだ環境だったので、少しびっくりしています。

入学式前の写真撮影の際に、偶然 話しかけた親子がパキスタンから数年前 移住してきたようで、Smileと同じクラスになった男の子は日本語がまだあまり分からないとのこと。

Smileが英語を話すことを分かると、途端に目を輝かせて自己紹介をしていました。

お母さんの方も、普通に日本語は話していましたが、「日本語はあまり分からないから英語を話せる人がいると心強い」と。

Smileには、「先生がいるから大丈夫だろうけど、もしその子が分からなくて困っていたら、お手伝いしてもいいかもね」と伝えておきました。

どんな環境にいっても、バイリンガル育児をしていることが裏目に出ないように、言語のスイッチは特に意識してきましたが、

新生活は、もしかしたらバイリンガル育児もやりやすいのではないかなと少しホッとしています。

日本語が圧倒的に伸びて、英語は緩やかになる時期もあると思いますが、コツコツと続けていきたいと思っています。

今日という日をずっと心待ちにしていたSmile。月曜日からは、わたしとSmileの新生活が始まります。夫や両親の助けを借りて、一つ一つ丁寧に乗り越えていこうと思います。