ハワイ島へ

5歳2ヶ月。

シアトルに住んでいた姉家族は、今夏 ハワイ島に引っ越しました(過去の記事『週末からポートランドへ』)。

来年のどこかで会いに行けたらいいなぁと思っていたら、来年の夏はまた引っ越す可能性が出てきたので、急遽 来週末にハワイ島へ会いに行くことに。

わたしが大学院時代に住んでいたのはオアフ島。同じ常夏の島とは言え、オアフ島とハワイ島の気候はだいぶ違います。

姉家族の住んでいるのは、Hilo(ヒロ)という町。一年を通して雨が多いところです。

姉は過去にもハワイ島に長く住んでいて、その時に2回ほど訪れたことがありますが、観光地で有名なオアフ島とはまるで違うイメージです。

ヒロでは、熱帯植物や珍しい動物も見られるので、

昨日、病み上がりで暇を持て余していたSmileと一緒に 少しだけ熱帯雨林の勉強をしました。

アマゾンにある熱帯雨林とはまた違うとは思いますが、なんとなくイメージは伝わるかな と。

お友達が図鑑を貸してくれたので、それと合わせて熱帯雨林について お勉強。

下の写真は、熱帯雨林のワークシートに切り貼りしているところ。

上の動画では、熱帯雨林は3〜5層から成っていて、階層ごとに どんな動物が住んでいるかを復習。

2つ目の動画に出てくるGecko(ヤモリ)は、ハワイでは どこでも目にする生き物。

家を守る「守り神」としても知られていて、とても身近な存在。

もう一つ、Smileに知って欲しかった動物は、Coqui(コキ)というカエル。

初めてハワイ島を訪れた時に、「やたらと鳥が鳴いているなぁ」と思ったら、カエルの鳴き声と聞き びっくりしたのを覚えています(下動画)。

外来種に特定されていて、その生息地は広がっているようです。

名称を覚えて欲しいのではなく、現地で目にする植物や動物は、普段 目にするものとは違うということを 肌で感じてくれたらと思います。

フォニックス・ルールは忘れる?

5歳1ヶ月。

Smileにアルファベットの音を教え始めたのは2歳10ヶ月ごろ。フォニックス・ソングや色んなゲームを通して教えました(過去の記事『理にかなっている音』)。

3歳になった頃にアルファベットの名前(エー・ビー・シー)と音(ア・ブ・ク・ド)が一致。

それでも自力読みの取組みはまだ先でいいと のんびり構えていた頃に、 On Mom’s Lapの自力読みワークショップに参加(過去の記事『自力読みに向けて』)。

それから 重い腰を上げてフォニックスの取組みを本格的に始めました。

アルファベットの音がしっかり入っていたからか、一ヶ月ほどで3文字を読み始めました(過去の記事『記念すべき』)。

3文字がしっかり読めるようになってからは、フォニックス・ルールに並行して、サイト・ワード(一目で理解すべき言葉)も入れていきました。

あれから2年弱になりますが、4歳を過ぎてからSmileを見て思うのは、「フォニックス・ルールを忘れている」ということ。

自動車の運転と同じで、運転の仕方を習ったあとは、運転に慣れるに従って 「理屈」は忘れて運転方法を体得してしまう感じでしょうか。

もちろん読めない言葉もたくさんありますが、それ以外は自然に読めるようになっている感じです。

読むきっかけとしては、特に低年齢であればフォニックス・ルールは効果的だと思いますが、いったん読めるようになれば、ルールは忘れてしまうようです。

わたしの周りの英語ネイティヴの友達にも、フォニックス・ルールを説明しても「昔、確かに習った記憶があるけど、どういうルールか忘れた」という人が多いです。

フォニックスを教える立場としても、ルールを覚えて、ある程度スムーズに読めるようになれば、ルールにこだわる必要はないと思っています。

もちろん、読み始めるきっかけとしてルールはとても大事。例えば、

The cat is on the mat.

という文章を、”The    c-a-t    i-z   o-n   the   m-a-t.”という速度で読んでいる間は、フォニックス・ルールはまだまだ必要な時期(”the”はサイト・ワードとして教えます)。

でも、上の文をスラスラ読めるようになり、2文、3文以上でも難なく読める段階に入れば、読めない単語が出て来る度に フォニックス・ルールに戻って教える必要はありません。

流れを止めるよりも、文章の理解力や どんどん読み進めるモチベーションを保つ方が大事だからです。

下の動画は、ペンギン・リーダーの”Mummies(ミイラ)”を読んでいるSmile。

上の写真、下から5行目の”raisin(レーズン)”という単語。二重母音のルールを教えていたときは読めていたと思います。

でも動画では、ルールを忘れているからか読めていません。

全体の文脈から単語を読んでいて(ホール・ランゲージ:whole language)、一文字一文字を見ているわけではないからです(フォニックス読み)。

フォニックス・ルール、Smileを見ていても、生徒さんを観察していても奥が深く非常に面白い。

 

ちょっと怖いリーダー本

5歳0ヶ月。

ハロウィンが近づいて来て、Smileも気持ちはハロウィンモード。

3歳のときはプリンセス。4歳は天使とプリンセス(過去の記事『ハロウィンな夜』)。

5歳もプリンセス系かなぁと思い、”What would you like to be?(何になりたい?)”と聞くと、

“A skeleton! (ガイコツ)!”というSmileからの返事。

わたしも、「あれ?!そうなの?」と何だか拍子抜け。

何回 聞いても答えは同じ。

どうやら、おうち英語のお友達から、ちょっと怖いリーダー本、”In a Dark, Dark Room Stories“を借りて以来、少しホラー系のものも気になっているようです。

この本、Smileが1人で読んでいたので初めは気がつかなかったのですが、何気なく手にとって読んでみると、

大人のわたしでも ちょっとゾッとする本。

絵もちょっと怖いです。

そして最近 読んでいるのは、 “Ghosts!” という本。ハロウィン用に2ヶ月ほど前 買ったものです。


2冊とも I Can Read! シリーズです。”In a Dark Dark Room”ほどは怖くないですが、

やっぱり絵は ちょこっと不気味。



怖いのは嫌いだけど、ちょこっと不気味なもの好きなSmile。

今 夢中になっているもの

5歳0ヶ月。

少し前までは 誰が何と言おうとプリンセスが大好きだったSmile。

最近は、お友達の影響で 少しバリエーションが出てきました。

今 一番 夢中になっているのは、My Little Pony(マイ・リトル・ポニー)。

3歳くらいから存在は知ってはいたものの、そこまで反応は示していませんでした。

それが最近、アメリカ人のお友達の影響で フィギュアを欲しがるように。

動画もあるようですが、内容も少し年上向きで、言葉遣いも かなり くだけた感じなので ほとんど見せていません。

それにも関わらず、お友達と遊ぶ度に欲しさが増すようで、”I want Pinkie Pie(ピンキーパイが欲しい)”とリクエストが。

色んな名前があり、わたしもどれが どのポニーか さっぱり分からないのに

不思議なもので Smileは 何となくでも名前を覚えたようです。

アマゾンでも お店でもなかなか売っていないなぁと思っていたところに

ハワイにいる姉家族が 「Smileのお誕生日に」と送ってくれました。

下の動画は、「My Little Ponyを紹介して」とお願いしたときの動画。わたしの記憶力が落ちているのか、何度 聞いても覚えられません。

こうやって、お友達の影響で好きなものや興味があるものが変わっていくのだなぁ。

Smileを取り巻く世界が、家庭内から外へ向かって広がっているのを改めて感じています。

それに伴い、Smileは 今どんな「未来の自分(imagined identities)」を想像しているのだろう(関連記事『ネイティヴへの憧れ』)。

そしてそれが どう変わっていくのか、非常に興味があります。

2ヶ月ぶりのRaz-Kids

5歳0ヶ月。

とても効果が高いなぁ と思いつつも、8月と9月は旅行や仕事が重なり、前回のRaz-Kids(オンライン英語絵本システム )から2ヶ月も経ってしまいました(過去の記事『久しぶりのRaz-Kids』)。

3歳のときとは違い、一人でiPadを操作できるようになり、わたしも横に座って一緒にやらなくても大丈夫になったので、本当に楽になりました。

普段は、持ち歩きやすいという理由で、リーダー本を読むことが多いSmileですが、

Raz-Kidsは、たまに出来る「お楽しみ」というような存在のようです。

今回は、30分近く 延々とやっていたので さすがに「もう お仕舞いにしよう」と こちらが促しすほど夢中になっていました。

下の動画は、レベルGの “Fire Safety(火事の際の安全対策)”を読んでいるときのもの。


下の動画は、今まで読んで集めてきたポイントを使って、ロボットを組み立てているところ。

こんな使い方も、5歳の今は存分に楽しんでいる様子。

次のレベルHは、内容的にもだいぶ難しくなりそうなので、ゆっくりペースで進めていきたいところ。

5歳からのバイリンガル育児は

5歳0ヶ月。

9月22日、Smileは5歳になりました。

プレゼントもたくさんもらい、家族だけでなく大好きなお友達にもお祝いしてもらい、

まるで盆と正月が一緒に来たかのように喜んでいました。

本格的にバイリンガル育児を始めて 3年半。

1歳と2歳の頃は英語のアウトプットを引き出すことを意識してきましたが、

3歳と4歳は主体性、自立、多様性などといった人間としての成長を特に強く意識してきました。

そして小学生まで あと1年半。最近は小学生以降の方針をよく考えるようになりました。

3歳半を過ぎたあたりから、わたしと2人きりの世界から、家庭の外へ意識が向くようになってきたSmile。

今、Smileは プリスクール、バイリンガルのお友達とのプレイデート、新体操教室といったコミュニティに属しています(過去の記事『ネイティヴへの憧れ』)。

こうしたSmileの交流関係は 年齢を重ねるにつれて、どんどん広がっているように感じます。

そして それが親の手から既に少しずつ離れていっているようにも思います。

5歳になったSmile。

5歳からのバイリンガル育児は、4歳のとき以上に、Smileの心の成長に寄り添えるように ありたいなぁと思います。

Smileが何に対して どう感じるのか。お友達との関係の中で どんな「自分」を見いだすのか。

Smileの感受性が健やかに育つために親として何が出来るのか。

その中で英語は、「目的」ではなく あくまでも「手段」でしかありません。

Smileの英語の上達のために一生懸命になるのではなく、Smileが何かに一生懸命になり、そこに「英語もしくは日本語が たまたまあった」という状態を目指すべく、

引き続き、Smileの環境を整えていきたいです。

今年もケーキは、パティシエでもある、プリスクールのメインティーチャーにお願いして作ってもらいました(過去の記事『4歳』)。

下の動画は、お誕生日にあげた絵本を読んでいるSmile。

4歳 さいごの日

4歳11ヶ月。

今日は、Smileの4歳 さいごの日。明日から5歳になります。

「今日が4歳さいごの日だよー」とSmileに言ったら、「あまり感じない」との返事。

母親のわたしからしたら、「4歳も終わりかぁ」と一抹の寂しさも感じるのですが、本人は「夢にまで見た5歳」。寂しさなんて これっぽっちもあるはずがありません。

わたしも小さい頃は、「早く大きくなりたい。昨日より今日。今日よりも明日」。常に未来のことを楽しみしていたように思います。

大人になってからは、昔を振り返ることの方が多くなりましたが、わたしも そうであるべきだなぁ と。

明日は、家でこじんまりとお誕生日会をやります。

喜んでくれることを祈り、これから準備をします。

下の動画は、先ほどのもの。

英語講師としての自分の勉強のために、惑星の本を何冊か出しっ放しにしていたら、興味が湧いたのか、淡々と読み始めました。

Smileに読み聞かせようと3歳の頃に買った本ですが、いつの間にか自分で読んでくれるようになり、その成長を頼もしく思います。


わたしの勉強用に買った辞書を、台所の片隅で読むSmile。

Smileの日本語

4歳11ヶ月。

1歳7ヶ月の頃から行き始めたプリスクール。

一時期は週に3日ほど行く月もありましたが、今は週2日 通っています(過去の記事『インターではないプリスクール』)。

インターナショナルスクールとは違って、日本語で過ごす時間が比較的長いと言っても、

日本語の保育園や幼稚園に通っている子に比べると、日本語の触れる量は少ないかもしれません。

それでも土日は ほとんど日本語だし、わたしの仕事の関係で両親の家に預けることも多いため、週の半分以上は日本語環境。

今のSmileを見ていると、日本語の方が心地のよい言語なのかなと感じます(過去の記事『心地のよい言葉とは』)。

下の音声は昨晩のもの。

お風呂上がりに体を拭いているSmileが 突然、 『桃太郎』の話をし始めたので、わたしも吹き出してしまいました。

先日は 英語の替え歌、昨日は 日本語で『桃太郎』。

時間帯や 一緒にいる人で、心地よい言葉が日本語になったり 英語になったり。

このまま どちらかに偏り過ぎず、バランス良く、というのは難しいかもしれません。

でも できるだけ両言語が Smileの心地よい言語であるように 環境を整えたい。

Smileの頭の中は 休むことなく めまぐるしく動いているのだろうなぁ、と そのエネルギーに圧倒されます。

行きつけのコーヒーショップのお兄さんに 全力で遊んでもらうSmile。

こういった遊びの時間は、生きた言語を学ぶ場です。