お友達がしてたから

6歳1ヶ月。

昨日はプリスクールで集まりがあって、その後、6人くらいのお友達と夜ご飯を食べることに。

レストランへ行く道すがら、それから帰りのバス停に行くまでの間、Smileはお友達と一緒のことが嬉しくて嬉しくて、終始 興奮状態。

ラッシュアワーの時間帯で、歩道は人通りも多かったのですが、6人とも鬼ごっこのように走り回って、

わたしたち大人が制しても手に負えない状態。

2歳になる前から、どんなときも手を繋いで歩く練習をしてきたので、普段のSmileだったら、わたしか他の大人と手を繋いで、自分で先に行ってしまうことはないのですが、

昨日はお友達と一緒で、嬉しくて興奮していたのでしょうね。

手を振りほどいて 先に先に行ってしまう感じだったので、わたしも走って追いかけて、Smileの手を掴んで叱る結果に。

・わたし: I asked you to walk on the sidewalk. But if you can’t do that, I can’t let you go with your friends. And I’m going to have to hold your hands.(歩いて、って言ったのに、それが出来ないなら、お友達と歩かせることはできないな。お母さんと手を繋がないとね)

・Smile:Okay….(わかった)

二人きりになったあと、歩道での出来事をSmileと話してみました。

・わたし:I know you were having fun with your friends, but it’s dangerous to take off like that and run away on the busy sidewalk like you did today. (お友達と楽しんでいたのは分かるけど、人通りの多い道であんな風に急に走り出すのは危ないよね)

・Smile: Okay…(わかった)

・わたし: Did you hear me when I asked you to walk?(わたしが歩くように言ったの聞こえてた?)

・Smile: Yes.(うん)

・わたし: Why didn’t you stop? Were you aware that it was dangerous to run like that?(どうして止まらなかったの?あんな風に走るのは危ないって分かってた?)

・Smile: Yeah, but they were running, too.(みんな走ってたから)

・わたし:It doesn’t really matter what your friends were doing. If you knew that it was dangerous, I didn’t want you to do it. (お友達が何をしてたかは関係ないよ。危ないってこと分かってたんなら、して欲しくなかったな)

そのあと、お友達と同じことをする必要はないし、真似をする必要もないことを話しました。

来年は小学校に入って、今までとは違って集団生活を送るようになります。

その中で、自分の軸はちゃんと持っていて欲しい。「友達がしているから」とか「みんながそうだから」というような考えはして欲しくないな と。

「わたしはこう思う、だから こうする」とか「これはしない」とか周りに流されない強さも持って欲しいなと思います。

もちろん、社会生活を送る上で協調性はある程度は必要だし、「お友達と同じがいい」という気持ちを否定するつもりはないです。

でも同時に不必要な「同調」もするようになって欲しくない。

なかなか難しい年齢に入ってきました。

少人数制のプリスクール。来年は色んな意味で大きく変わります。

無事にハロウィン終了

6歳1ヶ月。

昨日は、プリスクールでハロウィンパーティがありました。

去年はガイコツの衣装を着たので、さすがに違うものを選ぶかと思いきや、「今年はどうする?」と聞くと「ガイコツやる」と即答。

去年と同じ衣装というのも芸がないので、直前でフェイスペインティングをすることに。

「とにかく怖いのがいい」というSmile。

インターネットで色々検索して、どんなペイントするのかを考えた結果、こんな感じになりました。

ちなみに去年はこちら↓ (過去の記事『カレンダーの取組みと今』)。

img_7805

初めてのフェイスペインティングなので、「どうかなぁ」と不安だったのですが、本人は気に入ってくれたようです。

通りすがりの同い年くらいの女の子に、「夢に出てきそう・・・」と言われ、まんざらでもなさそうでした。

今年のパーティは、総勢23人ほどの子どもが参加。恒例のtrick-or-treatingは、夜の公園で茂みに隠れて待機。

暗闇で近づいてくるSmileの姿は、我が娘ながら ちょっと怖かったです。

イベント続きの10月、ようやく一息つけそうです。

幼馴染みとキャンプ

6歳1ヶ月。

今週末は、プリスクールの皆んなとキャンプに行ってきました。

違う学校に通っている子もいれば、最近入った子もいたり。10家族が参加して、なんと総勢35人。

プリスクールが始まった当初からいる初期メンバーも 遠方から参加したりして、Smileにとっては本当に楽しい時間だったようです。

このブログでも何度も書いてきましたが、Smileの通っているプリスクールは親参加型のプリスクール(過去の記事『インターではない プリスクール』)。

Smile含め、お当番のときに子ども達の「いやいや」に手を焼いたときもあったりして、プリスクールのママは戦友のような存在です。

この日も参加した子どもは20人。1歳から8歳まで。

矢継ぎ早に出てくる子ども達からの要求やら泣き声やらで、森の中でゆっくりとコーヒーを楽しむといった余裕は全くありませんでしたが、

子ども達も思う存分 自然の中で楽しんだようで、Smileは帰りの車の中で「またすぐに行きたい」と繰り返し言っていました。

幼稚園や保育園に預けることなく 気が付いたら はや6年。

プリスクールにずっといるママと、「さすがに疲れたねぇ」と時々 弱音も出たりしますが、卒業までのあと4ヶ月、貴重な仲間との時間を楽しみたいと思います。

そして かけがえのない繋がりができて プリスクールの存在に本当に感謝の気持ちしかありません。

幼馴染み3人。手を焼いた、ちびっ子の頃が信じられないくらい今は頼りになる存在です。

わたしが一番年上

5歳11ヶ月。

Smileの誕生日まであと6日。プリスクールも卒業まであと半年となりました。

プリスクールに通い始めて4年半。親参加型のプリスクールは縦割りなので、参加当初 1歳7ヶ月だったSmileは、一番ちびっ子でした。

そんなSmileが 今は一番の年長さんに。

それに気が付いたSmile。ある朝、興奮して わたしに言いました。

  • Smile: Mommy, I’m the oldest!(お母さん、わたしが一番年上だよ!)
  • わたし:You’re the oldest in school?(プリスクールで一番年上?)
  • Smile: Yeah. I’m the oldest now.(うん、子どもの中で一番年上だよ)
  • わたし:I know!(本当だね)
  • Smile: Yay! I mean, when S and L are there, I’m not the oldest one.(やったー!えーと、SちゃんとLちゃんがいるときは一番年上じゃないけど。)

こんなやり取りを ここ最近 ほぼ毎回やっています。

余程 嬉しいんだろうなぁ。

会話に出てきたSちゃんは、プリスクールの先生のお嬢さんで7歳。6歳からインターナショナルスクールに通っていますが、今でもよく遊びます。

Lちゃんもプリスクール開始当初からいたメンバーで、6歳半。最近インターナショナルスクールへ進学しました。

一番年上という意識があるのか、プリスクールでも率先して お片づけをしたり、2歳さんや1歳さんの面倒を見てくれたり、時には偉そうに皆んなを仕切ったり。

1歳の頃、プリスクールから公園まで手を繋いで歩きたくないばかりに、大声で泣き叫んで 地面に寝転がっていた頃が ついこの間のようです。

1歳のSmileとの格闘の様子を読み返して 懐かしんでいます(過去の記事  根比べ)。

この日は2歳さんと1歳さんがいる日で、積み木を積み上げた横から2人に壊されるという洗礼を受けていました。

一人っ子で、そんな経験は家ではできないので、「もう、しょうがないなぁ」という感覚を経験できるのは 有り難いです。

見えないところで成長

5歳10ヶ月。

Smileの通っているプリスクールで、4日間のサマースクールがあり、今日が最終日です。

このサマースクールは、プリスクールに通っていない子どもも参加するので、子どもの数も普段の倍近く。

いつも読み書きを教えている、Smileの友達 Eちゃんも参加したのですが、後日、Eちゃんのお母さんから突然メールが。

“Smile is so sweet.(Smileはとても優しい)”と。

突然どうしたのかと思ったら、どうやらEちゃんがプリスクールに着いたときに、すぐにEちゃんの所に行き、既に遊んでいるグループに連れて入ってくれた と。

Eちゃんは普段は別の幼稚園に通っているので、知っている子はSmileだけ。

小さい頃から人見知りをする子だったので、お母さんとしても心配な面もあったようです。でも、Smileが他の子ども達と打ち解けやすくしてくれたのが とても嬉しかった と。

Eちゃんのお母さんのメールを読んで わたしもびっくり。

普段、プリスクールに新しい子が来たら、その子が馴染めるように子どもたちにも声がけをしますが、

わたしがいないところで、Smileが直感的に動いたことがとても嬉しかったのです。

多様性を受け入れる柔軟さだったり、排他的にならないことだったり、そういった部分をバイリンガル育児では大切にしてきましたが、

わたしが思っている以上にたくましく成長しているなぁ と思えた出来事した(過去の記事『「みんなと同じ」でなくてもいい』)。

プリスクールのお友達と一緒に、テニスの単発レッスンも受けたSmile。ますますこんがり日焼けしています。

鳥について学ぶ

5歳8ヶ月。

もう数ヶ月で6歳。

プリスクールに通うのも あと9ヶ月。わたしがお当番に入るときは、基本的にはSmileのワークは 他のお母さんが見ることになっているので、

どんなことをやっているのかは詳しくは知らないのですが、ここしばらくは鳥について学んでいたようです。

昨日、自慢げに見せてくれたのがこちら。

これは表紙だそうです。

下の写真は、アヒルのことについて。

こちらはクジャクについて。

なんともシュールな絵がSmileらしい。

文章は、図鑑を見ながら、読んだ内容や思ったことを自分の言葉で書いたもの。

“The peacocks show of(f). They sing and dance.(くじゃくは見せつけるのが好き。歌ったり、踊ったりします)”

と、たまに綴りを間違えているのも愛嬌です。

まだライティングに関しては、ほぼ手つかずで家ではほとんどやっていないのですが、小学校を目前にし、

少しずつライティングにも意識を向けて行きたいところ。

きりんのジェリー

5歳5ヶ月。

これは少し前の話。プリスクールで、ぬいぐるみを当番制でお世話をすることになりました。

子どもが一人一人、順番にお当番になり、ぬいぐるみを連れて帰ってお世話をするのです。

ぬいぐるみの名前は『Jerry the giraffe(きりんのジェリー)』。

Smileも首を長くして自分の番を待っていましたが、ようやくお当番に。

プリスクールの帰り、大事に抱っこしてバスに乗り、寝るときも一緒に寝て、ピアノの教室にも連れて行きました。

下の音声は、帰り道での会話。

きりんのジェリーは女の子か男の子か、という話をSmileとしています。

この取組みが とってもいいなぁと思ったのは、お世話した様子を自分でノートにまとめて、プリスクールの皆んなの前で発表するということ。

Smileも何を書こうか一生懸命に考えて、文章にしていました。

わたしの役割は と言えば、Smileときりんのジェリーの写真を取り、プリントアウトしてノートに貼ること。

「ものを大事にする」、「責任を持つ」、そして「お友達に伝える」ということを今回 一連の行動を通して、再認識したSmile。

わたしもいい経験になりました。

写真の下の説明書きは、わたしが。

こちらは Smileが自分で書いたもの。

フォニックスの知識に頼って書いているので、ところどころスペルが違うのが また良い味を出しているな と。

Jerryの “J”が 鏡文字になっているのも、今だけ見られる貴重な間違い。

自由で枠がない文章

5歳3ヶ月。

今日からプリスクールが始まり、久しぶりに皆んなに会いました。

今日はドロップオフだったので、2時過ぎにお迎えに行くと、自慢げに今日のワークを見せてくれるSmile。

冬休みのことを話して、それを文章にするというワークだったらしいのですが、その文章が何とも自由。

プリスクールでは、スペルはまだ直しません。聞かれたら教えますが、家でも直してません。

ワークブックも気が向いたときだけしかしていないので、スペルも書き方も自由。

上の写真は、”My Auntie gave me a (cash) register.(叔母がおもちゃのレジをくれました)”と書いたようです。

「”Muy”の”u”は、おそらくフォニックス読みで「ア」だから入れたのかな。」

「”regster”は、ちゃんと”g”が入っているのがすごい」と妙に感心したり。

そんな風にSmileの思考が見える文章。長方形の絵は、お札を描いたそうです。

上の写真は、”Santa gave me a bike. I was happy.(サンタさんが自転車をくれました。嬉しかったです)”と書いてます。

これも、

「”givd”は、”gave”にしようとしたけど、overgeneralization(言語ルールを誤って適用範囲外にも当てはめてしまうこと)をして”gived”にしちゃったのかな。」と推測したり、

「”wuz”は、音を忠実に表現してる!」とその発想に感動したり、

ルールをまだ知らない文章が、なんとも面白い。

もちろん英文を書く上で、スペルや「文の最初の文字は大文字にする」などといったルールは重要です。

でも、今は表現する時期。しばらくは書きたいように書かせたい。

枠やルールを教えるのは まだもう少し先でいいと思っています。

それにしても面白いなぁ。