英語教育の奥深さ

5歳10ヶ月。

今年も『SUNNY BUNNY 認定講師 夏合宿』にSmileと一緒に参加してきました(過去の記事『認定講師の夏合宿』)。

今回の夏合宿は、「デモレッスン大会」という存在が とてもハードルが高いように思えて参加を迷っていたのですが、

英語講師として気を引き締め直すためにも参加を決めました。

「デモレッスン大会」とは、実際のレッスンを想定して、他の講師陣や子どもの前でレッスンを行い、SUNNY BUNNYの講師講座で学んだことが生かされているかを評価されるもの。

でも今回、本当に光栄なことに このデモレッスン大会で優勝することができました。

素晴らしい認定講師の方々がいる中での賞だったので、英語講師としてこれまでにないくらい嬉しかったです。

SUNNY BUNNYの『子ども英語講師・初級講座』を初めて受講したのは2015年。

上級レベルの子ども達を教える技術と理論を学ぶ『子ども英語講師・中級講座』を受講したのは2017年秋。

その講座を受ける度に、言語習得理論と英語教育の奥深さに圧倒され、「いい先生」になるためにはどうしたらいいのか、というのを考えさせられました。

毎回、落ち込んで 悩みながら少しずつ前に進む、そんな感じです。

大学院でも言語習得理論を学び、実践面では、海外からの留学生を対象に英語を教えていましたが、常に悩んでいたのは、理論と実践の融合。

理論は理解できても、どうやったら実践でそれを生かせるか ということ。

そして 未知の世界だった「児童英語」の世界に飛び込んだのは7年前。

SUNNY BUNNYのメソッドに出会ったのは3年前。まさに人生の転機でした。

理論と実践で悩み続けていたのが嘘のように、モヤモヤとした霧が晴れていくようでした。

SUNNY BUNNYバイリンガル育成スクールのように、言語習得理論に基づいたカリキュラムが練られていて、

言語習得理論と英語の仕組みが考え抜かれて作られたメソッドは類を見ません。

このメソッドに出会い、このメソッドを生み出した羽織 愛先生の元で学ぶ機会に恵まれたのは、

大学院で学んだこと以上に 幸運だったなぁと つくづく思います。

Smileへのバイリンガル育児はだいぶ軌道に乗りました。

あとは今の環境を維持し、Smileが高校生になる頃には少しずつ手を離していきたいと思っています。

でも英語教育は まだまだ始まったばかり。

自分の子どもではない、普段 英語環境にいない子どもをバイリンガルにすることにおいては ようやくスタートラインに立てた気がします。

今回の合宿では、音声学の講座も組み込まれていたのですが、理論書の半ページを進めるのに なんと90分!

少し進めば、ゴールが遠のく。それほど英語教育は奥が深く 気の遠くなるほど学ぶことがあるなぁと 改めて今回の合宿で感じました。

今回、他の先生方に少しでも評価されたことを励みに、「最高の先生」になるべく もっともっと精進していきたいです。

感涙で言葉に詰まるわたしの横で、Smileは嬉しそうに賞盾を持っていました。

目に見えない星

5歳10ヶ月。

Smileが、わたしの英語レッスンにアシスタントとして参加するようになってから、4年くらいになります(過去の記事『5歳には酷だけれど』)。

3歳になるくらいまでは駄々をこねたり、癇癪を起こしたりして大変な時期もありましたが、最近ではアシスタントに徹するようになってきました。

でも 親子でやるのは 「難しい」と感じることがまだまだ多いです。

先月の話になりますが、生徒さんの言った一言にSmileがひどく傷ついたときがありました。

小学生のクラスでは、英語の発話を促すためにポイント制を用いています。

発言を積極的にしたら、ホワイトボードに星ひとつ。全て英語で頑張ったら、また星ひとつ。カード取りゲームで勝ったら、また ひとつという風に。

もちろんSmileも星をもらえますが、アシスタントという立場なので、一番多くもらうことはほとんどありません。

本人にもそう説明し、理解してもらっていたつもりでした。

そしたら、ある時に生徒さんの一人がボソリと一言。「Smileは星ふたつだけだ」と。

たった一言でしたがSmileはひどく傷ついたようで、レッスンの空気が一変するほど表情が曇り、泣き始めました。

「泣くなら、洗面所で」と英語で伝えると、5分ほどでしょうか、洗面所に閉じこもっていたSmile。

しばらくしたら落ち着いたのか、静かに扉が開いてまたレッスンに参加してくれました。

レッスンが終わったあと、Smileとまた話し合うことに。

  • わたし:So why were you sad in the class today?(今日はなんで悲しくなったの?)
  • Smile: 《思い出してまた涙目になり》Because K said I only had 2 stars….(だって Kくんが、わたしが星2つしかないって言ったから)
  • わたし:You were sad because he said that?(そう言ったから悲しくなったの?)
  • Smile: Yeah….(うん)
  • わたし:You know that you’re not like other students, right?(他の生徒と同じではないって分かってるよね?)
  • Smile: Yeah.(うん)
  • わたし:You know that I give them stars because I want them to get motivated to speak English?(みんなに英語をもっと話して欲しいから星をあげてるって知ってる?)
  • Smile: Yeah.(うん)
  • わたし:I know you already know everything I teach in the class. Do you understand why you can’t get more stars than other kids do?(わたしがクラスで教えることはもう全部知ってるって、お母さん知ってるよ。なんで他の子より星を多くもらえないか分かってる?)
  • Smile: No…(ううん)
  • わたし:That’s because you already have invisible stars. Stars other people cannot see. You have one million invisible stars.(もう既に見えないけど星があるからだよ。他の子には見えない星。目に見えないけれど、百万個の星があるんだよ)
  • Smile: One million stars?(百万個の星?)
  • わたし:That’s right.(そう)

こう話すと、表情が一気に明るくなったSmile。星をもらえないことは もうあまり気にならないようでした。

小学校に入るまでは、わたしのレッスンに参加することもまだ多いと思います。

年齢が他の子よりも上であれば、まだSmileも「お姉さんとして教える」感じになりやすいけれど、大半はSmileと同年代か年上。

なかなか そういう雰囲気にはなりにくい。

レッスン外では たくさん褒めて 「ありがとう」を言おう、と改めて思った日でした。

先日の猛暑日。

2年前、インターナショナル・スクールに行ってしまったプリスクール仲間と。今でも大の仲良しです。

洋書セール 今年も

5歳9ヶ月。

先週、新宿紀伊国屋の洋書セールに行ってきました。

最大60%オフという、魅力的なセール。早いもので、ちょうど一年ぶりです(過去の記事『洋書セールに興奮』)。

去年は、読み聞かせ用の本とリーダー本を中心に買いましたが、今年はだいぶ内容が変わりました。

数年後を見越してのチャプターブックに、辞典やアクティビティブックを数冊 買いました。

100 Things To Know About the Human Body“は、お友達に勧められて買ったもの。

わたしが「勉強し直したい!」と思うくらい内容が充実しています。通常1,500円のところ、400円と かなりお買い得。

下は”Big Book of WHY Activity Book“からのページ。WHY Bookは持っていますが、実際にアクティビティもできるのが魅力的です。

内容は少し難しめなので、一年後くらいにちょうどいいかなという感じです。

下の本は、プリンセス好きのSmileに、ライティング用として購入。

Disney Princess Storybook Collection: Tales to Finish: Color Your Own Storybook Collection!

途中までプリンセスのお話を読み、最後の締めくくりの部分を自分で考えて書くというもの。

想像力も働かせなければいけないので、ライティングの導入にはちょうどいい感じです。

こちらも400円とかなりお買い得。

最近、ベートーベンのミニコンサートに行ったSmile、音楽と絵画の絵本もあったので買ってみました。

読みやすく、大人のわたしが読んでも楽しくまとめられています。

今のSmileのレベルに合ったチャプター本も。

Titanic: A Nonfiction Companion to Magic Tree House #17“は、The Magic Tree Houseのノンフィクション版。

Smileが自分で読むというよりも、一緒に読みながら勉強したい本です。

最近読み始めた、”Elmer and the Dragon (エルマーの大冒険)”の続きも。

下の2冊は数年後用に。Smileがどうしても欲しいというので買いました。

文字の小ささを見ただけで わたしも怯んでしまいますが、内容はそこまで難しくなさそうなので、再来年あたりに読めるようになればなぁと期待。

ほとんどのセール本が400円といった、アメリカで買うよりもお買い得なセール。本当に有り難いです。

洋書セールに出向いたり、Book Offを巡ったりと、本にかけるエネルギーとお金は相当なものですが、

そんな時間も 我が家のバイリンガル育児には欠かせないものとなっています。

読書好きは、バイリンガル育児を続ける鍵ともなると考えています。それを実現させるためには、やはり親による環境づくりは不可欠。

ただ、本を置くスペースが年々なくなっているという問題も出てきました。さてどうしたものか。

ハワイから持ち帰った本が優秀

5歳9ヶ月。

Smileがハワイから帰ってきて3日が経ちましたが、時差ぼけもなく元気いっぱいのSmile。

質問攻めは以前にも増してパワーアップしています(前回の記事『ハワイから帰国』)。

Smileのスーツケースに入っていた下の2冊が、かなり優秀でびっくり。

姉がSmile用にお土産として持たせてくれたみたいなのですが、値段を見ると2冊とも1ドル。

こちらはアメリカの各州についての本。

子ども向けに各州の特徴が分かり易くまとめられています。Smileのレベルにピッタリです。

下の本は、太陽系の本。わたしの英語のレッスンにも使えるくらい内容が充実しています。

下は土星についてのページですが、かなり簡潔に分かり易くまとめられています。

こちらは地球のページ。英語の中級レベルのクラスだったら応用して使えそうなページです。

それにしても、1ドルという破格の値段でこのクオリティ。

Flying Frog Publishingという出版社のようですが、子どもの本を中心に扱っているアメリカ本土の出版社のようです。

こういった子どもの目を引くような本は、結構値段も張りますが、こんな風に安く内容も充実している本は有り難い限り。

本の選択肢が広がるという意味でも、バイリンガル育児をしていて良かったなぁと思う瞬間です。

ハワイから帰国

5歳9ヶ月。

2週間、ハワイ島で楽しんできたSmileが一昨日 帰国しました。Smileがいない2週間、長いようであっという間でした。

自主保育のようなプリスクールに通っているので、Smileを定期的に預けたことがなかったからか、こんなにまとまった一人の時間を取ったのは実に6年弱ぶり(過去の記事『インターではないプリスクール』)。

何かに集中して取り掛かれるとは こういうことか、と久しぶりに読書に仕事に集中できました。

一方のSmileは、ホームシックにかかる暇もなく、いとこのSくんとハワイ島での生活を満喫してきたようで、以前にも増して日に焼けて帰ってきました。

下は椰子の木に登っているSmile。このあと、回りながら降りてきたそう。

下の写真は、ペインティングをしてもらったもの。Sくんとペアで。

フォルクスワーゲンが大好きな義兄と一緒にアンティーク・カー・ショーにて。

いとこのSくんとは8ヶ月しか違わないので、まるで本当の兄妹のように過ごしていたそうです。

若干、話す英語が小生意気になって帰ってきたSmileですが、楽しい時間を過ごせたようで何より。

Smileを連れていってくれた両親と、ハワイ島で色んな体験をさせてくれた姉家族に大感謝です。

新しいチャプターブックが仲間入り

5歳9ヶ月。

Smileがハワイ島に行ってから まだ3日ですが、Smileのいない家は いつもより広く静かに感じます。

でもSmileは姉家族と、わたしの両親と とても楽しい時間を過ごしているようで 何より。

そしてSmileが居ない間にチャプターブックが新たに加わりました。

Magic School Busのチャプター本です。「そろそろ欲しいなぁ」と思っていた頃に売り出されていたので、思わず買ってしまいました。

古本ですが、状態はとてもいいので、安価で手に入りとても有り難い限り。

Magic School Busの絵本も見ていて楽しいですが、チャプターブックは掘り下げて書いてあるので、Smileだけでなく わたしの勉強にもなりそうです。

上の写真は、”Food Chain Frenzy“という本から。食物連鎖について詳しく学べます。

Food Chain Frenzy (Magic School Bus Science Chapter Books)

その他には絵本2冊。

この本は、プリンセスの本ですが、各国のプリンセスのお話が載っていて、プリンセスの多様性を知るのにもピッタリです。

The Barefoot Book Of Princesses (Barefoot Books)

下はアフリカのプリンセス。絵も温かい色使いで美しい。

新しい本は届いたけれど、読む相手がいない。こういった些細なところで、寂しさが込み上げてきます。

日に焼けたSmileに会えるのが楽しみです。

明日からハワイ島

5歳9ヶ月。

明日からハワイ島です。今回はSmileだけ行きます。わたしの両親と一緒に2週間、ハワイ島に住む姉家族と過ごす予定です。

わたしは日本で留守番です。

わたしと2日以上離れて過ごすのは、今回が初めてなので どうなるか心配な面もありますが、

もうすぐ6歳のSmile。いとこのSくんと一緒にたくさんの経験をしてきて欲しいと思っています。

“I’m gonna miss you and daddy.(お母さんとお父さんがいなくて寂しくなりそう)”とは言っているものの、

数週間前から楽しみで仕方がないようです。

前回、ハワイ島を訪れた時は、Sくんのプリスクールも訪問したりしましたが、今回はどんな旅になるのか、わたしも土産話を楽しみにしています(過去の記事『ハワイのプリスクールへ』)。

Sくんとは、ほぼ英語での会話になると思いますが、

今回 両親とSmileが行くことで、Sくんの日本語に対するモチベーションが少し上がれば良いなと思っています。

ハワイ行きの準備を終え、近くのコーヒーショップで一休み。おちゃらけるSmileです。

ライティングの基礎

5歳9ヶ月。

気が付いたら、6歳も目の前となりました。

Smileに対して、ライティングの練習は特に進めてきませんでしたが、たまにするお話作りが楽しいようで、自分でも創作するようになってきました(過去の記事『ストーリー作りの練習』)。

放課後、プリスクールのお友達とするお話作りは、順番を決めて、その順番にお話を創作していきます。

前回は、Smileが一番初めをやりたいと言うので、任せてみました。

Smileが作ったお話がこちら。

Once upon a time, there was h(H)ello Kitty and she was playing and she got sick and she went home.

(昔、ある所にハローキティがいました。キティは遊んでいて、気分が悪くなったので家に帰りました)

文法はまだほとんど教えていないので、文と文の繋げ方は 自由そのものですが、時制がいつの間にか、一致できていることに感心。

本をたくさん読むうちに、物語の多くは過去時制が多いというのを体で理解しているのかもしれません。

ライティングの基礎は、こうやって自由に英文を数多く書くことで作られると思っています。

なのでライティングの細かいルールや型は、小学生になってから。当分は、Smileが書きたいままに書いて、書くことの楽しさを感じて欲しいと思っています。