理論

言語習得・英語教育

心地のよい言葉とは

4歳0ヶ月。 ここ最近、バイリンガル育児をやっている友達と話す機会が何回かあり、Smileとわたしの関係を振り返っています。 英語を嫌がる 一人のママは、自身が帰国子女で、4歳の子どもには0歳から英語で語り掛けてきたとのこと。英語...
言語習得・英語教育

日本語と英語が混ざること

4歳0ヶ月。 トランス・ランゲージングという考え方 以前、わたしが大好きなブロガー Yoshieさんのブログで取り上げられていた、トランス・ランゲージング(translanguaging)という考え方、非常に興味深いです。 ...
言語習得・英語教育

文字への意識

3歳4ヶ月。 第二言語習得理論の世界では、どのようにして第二言語が習得されるかという議論が50年以上もされ続けているそうです。 最近の日本では、「インプット仮説」がよく知られています。これは、理解可能なインプット(Compreh...
言語習得・英語教育

滑舌

3歳2ヶ月。 Smileが2歳半くらいのとき、プリスクール友達のママに、「なんでSmileの英語は聞き取りやすいのか。何かしているか」と聞かれたことがあります。Lちゃんは、Smileより2ヶ月年下で、両親共にアメリカ人です。 L...
言語習得・英語教育

モチベーションと投資

先日のプレイデイトは、会ってからお別れの時間まで全て英語。バイリンガル育児されている方たちからのお誘いがあり、参加させてもらいましたが、長い間、英語コンプレックスと格闘してきたわたしにとっては、英語で自分を表現しなくてはいけない場に出向くの...
言語習得・英語教育

英語習得とアイデンティティ②

『英語習得とアイデンティティ①』では、英語ママさんが紹介してくださった記事を元に、アイデンティティについて少し触れました。国際結婚した家庭でバイリンガルに育った子どもでも、思春期になると英語に対して拒否感を示すことがある、という内容でした。...
言語習得・英語教育

英語習得とアイデンティティ ①

Smileに対してバイリンガル育児を始めたのは、Smileが1歳7ヶ月のとき。 Smileからの反応がないときは、こちらから英語で語りかけをしたり、英語の絵本をたくさん読んできました。お喋りが上手になってきてからは、日本語とのバランス...
言語習得・英語教育

言葉の凸凹

3歳0ヶ月。 言葉の凸凹 大学院生のとき、多読でも知られるRichard R. Day氏の授業を取ったのですが、Day氏が言っていたことで、今でも強く記憶に残っている言葉があります。 言語には、突出している特徴(salient...
言語習得・英語教育

間違いを訂正する

3歳0ヶ月。 日本語も英語も、まだまだ文法的にも表現的にも間違いが多いSmileですが、会話が途切れない程度に間違いを訂正する場合もあれば、そのまま会話を続けることもあります。 ライティングでもスピーキングでも、学習者のアウトプ...
言語習得・英語教育

発達の順序(否定の言葉)

Developmental Sequences(発達の順序) 以前、文法要素、質問文の習得順序について触れましたが、もう一つ分かりやすい順序で習得するのがNegation(否定の言葉)です。否定表現の習得は、幼児期の早い段階から見られるそ...
タイトルとURLをコピーしました