環境を考える

バイリンガル育児日記

8歳7ヶ月。

ゴールデンウィークは遠出することもなくゆっくり近場で過ごしています。

ゴールデンウィーク前半は、母が、「Smileに観て欲しい映画がある」と申し込んでくれていた映画を一緒に観ました。観たのはこちら。

マイクロプラスティック・ストーリー

母が生活クラブ経由で見つけたらしく、ぜひSmileにも観て欲しいと申し込んでくれていました。

ドキュメンタリー映画は70分ちょっと。ニューヨークの子供たちがマイクロプラスティックについて学び、話し合い、自分たちに何ができるかを考えます。

小さい頃から絵本を通して環境のことに触れたり、6歳以降は単発のワークショップなどを通して環境について考えてきましたが、いかにプラスティックが私たちの生活に溢れていて、プラスティック製品を買うだけで環境に害を及ぼすかを見て、Smileもショックを受けていたようです(過去の記事『バイリンガルの子の学びの場』)。

私自身、毎日の生活でプラスティックゴミを出さないように意識はしていますが、スーパーで買い物をするだけでプラスティックの多さにげんなり。

それでも毎日の小さなことでも一人一人が意識することで環境汚染を少しでも防げます。日本でももっとこういった教育が必要だと思いますが、まずは家庭から。

この映画は現在のところ上映が限られているようで、下記のリンクで申し込みができるようです(上映情報)。

少し長めの関連動画があったので、映画の雰囲気を味わえると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました