Why と Because

バイリンガル育児日記

2歳9ヶ月。

Why/ Why not

2歳7ヶ月あたりから、What/ Where/ Who/ Whoseの質問の嵐に Why/ Why not が加わる。そういう時は、なるべくBecauseで答えるようにします。

  • わたし:Let’s go to the bathroom.
  • Smile:Why?
  • わたし:Because there will be no bathroom on the bus.

 

  • わたし:Can you eat the veggies?
  • Smile:Why?
  • わたし:Because it’s good for you.

 

  • わたし: Can you not throw it?
  • Smile:Why not?
  • わたし:Because it’s not nice to throw things.

Becauseの概念

ただ、WHY/ WHY NOTの質問はできても、Because(理由)の概念は難しいらしく、こちらが”Why〜?”と聞くと、”Because…”と言って口ごもってしまいます。言えたとしても、理由になっていないので、概念自体、理解するのが難しいようです。

ある時、トイレに間に合わず失敗してしまった時のこと。それまでの半年間、失敗はほとんどしなかったので思わず聞いてしまったところ…

  • わたし: Why didn’t you ask mommy to take you to the bathroom?(どうして「トイレ連れてって」言わなかったの?)
  • Smile: Because I did poop poop in my panty.(だって、パンツにしちゃったから)

下線部は、理由を聞いている私のWhyに対する答え(原因)になっていません。「こうしたら、こうなる」という図式はだいぶ大きくなってから理解できると思うので、私の質問が難しすぎたのだと思います。おそらくまだBecauseの概念があやふやなのだろうけれど、色んな場面が重なって習得していくと思われます。

Becauseの使い方を間違っているときは、必ず正しく言い直して、聞き直すようにしています。

  • わたし:Is it because you thought you could hold it?(我慢できると思ったから?)
  • Smile: 《頷いて》Yes.

こうしたやり取りを続けていたら、最近やっと、正しくBecauseを使えるときが出てきました(たまにだけれど)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました