ハワイでバイリンガル育児

6歳10ヶ月。

一昨日はSmileのいとこのSくんが小学校初日だったので、一緒に付いていきました。

Sくんはキンダーまでは私立でしたが、小学校はハワイ文化により触れられるチャータースクールへ通い始めました。チャータースクールは、民間が運営する公立学校で政府からも補助が出ているとのこと。

姉曰く、ここの小学校が他と違うのは、ハワイ文化を重んじていて、のびのびとした環境で子どもが教育を受けられるところだそうです。

そして朝礼では、校長先生による長いお話ではなく、「きちんと呼吸をして、体に酸素を取り込む」、「自分のことも大事にして、相手を常に思いやる」といったアロハの心を持つことを話しているのも印象的でした。

朝礼では先生も子どももみんなハワイ語でチャント(祈り)を唄います。昨日はSmileも唄ってみたいということで、チャントを車内で練習してみることに。

姉から一語一語の意味を教えてもらいながら練習。帰り道でも「歌詞を見たい」と言うので、歌詞を見せたら、一人で読みながら練習をしていました。

ハワイ語は、わたしもSmileも文法や言語ルールを知りませんが、アルファベット読みに近いので英語が読めたら、なんとなく読めます。そのせいかSmileはハワイ語にも少なからず興味を持ったようです。

ハワイに来て、姉家族の日常に触れながら時間を過ごしていると、言語に付随する文化をより感じます。そういった言語に付随する文化も、状況に応じて吸収して欲しいし、使い分けられるようになって欲しいなぁと思います。

そして今回は、日本にいる時ほどバイリンガル育児をしている感覚はありませんでしたが、日本でやってきたことが目に見えるような形で表れているという実感はありました。

言語面というよりも、Smileのコミュニケーション力において大きな成長を感じつつ、この成長を妨げないようにわたしも見守っていきたいです。

Sくんの学校にて。初日で少し緊張した面持ちのSくん。

ハワイの聖地

6歳10ヶ月。

昨日はハワイ島のコナ方面からヒロに車で来たのですが、マウナケア山付近では人だかりが。

姉からは、超大型の望遠鏡の建設に反対する住民による大規模なデモが行われていると聞いていたのですが、かなりの人だかりでした。

マウナケア山は、ハワイ諸島の中で一番高い火山です。Smileが生まれる前に2回ほど登ったことがありますが、そこから見える景色は言葉を失うほどの美しさ。

ここはハワイ先住民にとっては、一番の聖地とされているようですが、今回はここに天体観測用に天文台が建てられるということで反対運動が起きているようです。

観光地として日本人にも人気のハワイ。でもここにも先住民の歴史はあり、アメリカを始めとする諸外国による影響で、その文化がどんどん消えつつある。

そこに日本も加わっているのを聞くと、科学の発展や教育のためとはいえ、悲しくなります。

グローバル化の背景には白人社会による植民地支配があり、英語の浸透によってなくなりつつある言語や文化もある、と以前書きましたが、バイリンガル育児をする際にこの点は忘れずにいたいと思っています(過去の記事『英語格差という問題』)。

Smileにも、ただ英語を話すのでなく、自分の生まれた国のルーツや文化も知って欲しいし、英語の背景にある歴史もいずれ知って欲しい。そしてわたしも学び直したい、と改めて思います。

これは10年ほど前にマウナケア山で撮影した日没後の景色。

【参考記事】

ハワイ・マウナケア山で新天文台建設反対のデモ続く

ハワイ島の超大型望遠鏡計画、先住民グループが工事を阻止

 

 

 

ハワイで結婚式

6歳10ヶ月。

おととい、姉の結婚式が無事に終了し、コナ滞在も今日が最後でした。今はもう1人の姉が住んでいるヒロへ移動し、姉の家でのんびりしています。

ハワイ式の結婚式を経験するのはわたしも初めてだったので、どのタイミングで何をやるのか、誰にどのようなレイをかけるのかもとても勉強になりました。

そして式ではSmileはフラワーガールを、甥っ子はリングボーイを。

ちょっと緊張気味に浜辺を歩いていたSmileですが、式の最後は甥っ子と2人で波ぎわで遊ぶなどビーチウェディングを存分に楽しんでいたようです。

その後は姉家族行きつけのレストランに移動してパーティ。Smileと甥っ子のSくんは、その日のもう一つ大事な任務、フラを踊りました。

最初はフラは難しいと言って、自信がなさげなSmileでしたが、振りも覚えて当日はやる気満々。2人とも、みんなの前で立派に踊りました。

踊った曲は、”You Are My Sunshine”。ハワイ語の歌詞もあって、何度聴いても心がホッと温かくなります。

 

フラワーガール、リングボーイの任務を終え、波際ではしゃぐ2人。