親子留学について

ハワイ島3日目。

昨日はわたしは姉の結婚式の準備を少しだけ手伝いつつ、Smileはウミガメを見にビーチまで行ったり、プールで遊んだりしてハワイでの時間を満喫しました。

大学院時代、ハワイに住んでいた頃はあまり意識したことはありませんでしたが、旅行でハワイに来ると、やはり日本とは時間の流れ方の違いを感じます。

日本では仕事や育児で考えることも多く、常に何かを考えることが癖になってしまっていますが、鳥のさえずりや蛙の鳴き声(コーキー)を聞きながら時間を過ごすというのは、本当に久しぶり。

こんな時間も大事だなぁと改めて感じています。

さて、今日は親子留学について思うことを少し書きたいと思います。わたしの周りでもよく耳にするくらい人気になってきた親子留学ですが、どの段階でどれくらい行くのがいいのでしょうか?

滞在先でどのようなプログラムに参加するかにもよりますが、年齢が低ければいいというものでもなく、年齢に関係なく英語力がある程度 ついていることが大原則と感じます。

ある程度の英語力というのは、現地で、親がいなくても先生の言っていることが分かるとか、お友達とある程度のコミュニケーションを英語で取れるレベル。

年齢にもよりますが、この土台が付いていれば、1週間といった短期のプログラムでも子どもが楽しめて、かつ効果も期待できるのではないかなと思っています。

というのも、土台がない状態で、大量のインプット(input flood)を与えても、インプットの要素には気がつかず、子どもの性格によってはそのインプットが不快にもなりかねないからです(過去の記事『意味のあるインプット』)。

そうならないためにも、親子留学する前の準備段階の方が何十倍も大切になってくる気がします。

仮に今お子様が3歳だとして、1年後に親子留学をしたいと考えている場合。発話がゼロの状態で親子留学をいきなりするよりも、基礎的な語彙(色、形、動物、乗り物、食べ物など生活周りで使う名詞や形容詞)を1年かけて身につけ、

簡単なやりとりは英語で出来る状態にしておくことで現地での滞在が生きてくるのではないでしょうか。

簡単なやり取りとは、何かを聞かれて”Yes/No”が言えるとか、トイレに行きたいことを伝えられる、簡単な要求をできるといったようなこと。

語学プログラムが組まれている親子留学についても基本的には同じです。現地のプログラムで英語力向上を目指すのではなく、現地に行くまでにある程度の土台を作っておけば得るものも大きくなります。

短期間でも長期間でも親子留学プログラムが生きてくるのは、数十分でも数時間でも、家庭で英語のサポートをどれだけできるか、ではないでしょうか(英語教室に通わせている場合は、宿題のサポートや絵本を揃えるなどのことでも効果は期待できます)。

今日は家族の結婚式本番。

Smileも、いとこのSくんとちょこっとだけ出番があるので今日はこの辺で。

いとこのSくんと、今日踊るフラを練習中。

 

 

ハワイ島へ

6歳10ヶ月。

家族の結婚式のために、ハワイ島のコナに来ています。

昨日、ハワイ島に住んでいる姉家族とも合流し、コナで一軒家を借りて滞在中。

コナに到着した初日は、山奥にあるドーム型の民泊に滞在。コナに来るときは大概 晴れのときが多いのですが、一昨日は日本で言う、ゲリラ豪雨のような雨。

雨の中、レンタカーで山道を登り、ドームに到着。ドームが浸水しないか心配でしたが、何とか大丈夫でした。

私たちが滞在したドームは、放牧場の中にあり、動物が一緒に暮らしていて、私たちが到着したとき、ちょうどオーナーが馬を飼育しているところでした。

写真の馬はなんと3時間前にその放牧場に加わったのだとか。その他にもヤギ、豚、犬、鶏などの動物がいて、オーナーが引き取って飼っているのだそうです。

オーナーやオーナーの家族に話しかけられて、娘も馬の手綱を持たせてもらったりして動物に触れ合う時間ができて何とも嬉しそうでした。

ハワイの地元の人が話す英語は、独特のイントネーションとアクセントがあるのですが、Smileは普通に聞き取っているようでした。旅の楽しさは、家族での時間もそうですが、こうやって現地の人と交流を持つことでしょうか。

さて、明日は結婚式。雨続きだったコナにもようやく太陽が顔を出しました。

寝起きで、生まれて初めてこんなに大きな虹を見て 大興奮するSmile。

 

洋書セール!と おうち英語

6歳9ヶ月。

今日は、恒例の紀伊国屋の洋書セールに行ってきました。

開店前に並び、カゴ一杯に洋書を選んで、ひと仕事終えた気分です。前回は、仕事用に絵本も多めに買いましたが、今年はSmileのための本ばかりをチョイス。

明日、手元に届く予定ですが、いつも通り、数年後を見越しての本もたくさん購入。手にとって読んでくれるといいなぁ。

そして、大量の洋書購入後の楽しみは、おうち英語仲間とのランチ会。

みんな、おうち英語を通して知り合ったお友達ですが、尽きない話であっという間に時間が過ぎてしまいました。

面白いのは、子どもの英語の話はほとんど出ず、自分たちがどれだけオタクかということで大盛り上がり。

方法は違えど、それぞれがバイリンガル育児にどっぷり浸かっているので、話す内容もマニアック。教育観も育児に対する考え方も似ているので、話は尽きません。

仕事が忙しくなり、Smileへのバイリンガル育児もなかなか時間が取れていませんが、細く長く続けていきたいと思います。

選ぶのに集中しすぎて、本の写真を撮り忘れたので、ランチの写真を撮ってみました。

映画『アラジン』

6歳9ヶ月。

先日、やっと実写版『アラジン』をお友達と観てきました。

字幕上映を観るには場所と時間が限られているので、なかなか予定が合わずにいたのですが、やっと行くことができました。

感想は、すごい迫力!というところでしょうか。

Smileも、今まで観た実写版のどの映画よりも気に入ったようで、終わった瞬間に「また観たい」とポツリ。

時々、怖いシーンもあったのですが、Smileは迫力のある映像と音楽に惹かれたようで、さっそく「歌詞カードを作って」と催促してきました。

わたしも幼少時代、よく家族に連れられ、映画館に映画を観に行きましたが、今のSmileほどの英語力はなかったし、字幕は読めず難しい内容は英語も理解できていませんでした。

だけどあの迫力のある雰囲気は大好きだったなぁ、そんなことを思い出しながら、今こうやって6歳の娘と映画を一緒に楽しめるのは嬉しい限りです。

3歳まで発話が安定するまでは、バイリンガル育児をするのを決して楽なことではありませんでしたが、6歳の娘を見ていると、2つの言語や複数の文化・考え方に触れる育児をしてきてよかったと改めて感じます。