新しい環境で バイリンガル育児

6歳6ヶ月

小学校での生活が始まり、5日経ちました。たったの5日ですが、本人は小学校生活を存分に楽しんでいるようです。

Smileの通う小学校では、親の就労に関係なく、17時までは無料で利用することができます。

わたしの両親が近くにいるので、Smileは学童に行く必要はないのですが、体験で行った学童の時間がよほど楽しかったようで、「毎日行く!」と言い張っています。

わたしと一緒にいる時間もかなり減ったので、英語時間は激減。一緒にいるときはなるべく英語で話しかけるようにしていますが、学童も16時までにして、わたしが仕事で日中いないときは母にお願いして取組みをしてもらっています。

日本語環境にいたら、日本語が強くなるのは自然なこと。英語が緩やかでもいいので伸びるためには、本人のモチベーションの維持と、

語彙のワークブック、会話や読書を通して語彙を増やしていくのは必須。

そのためにも、隙間時間を見つけて英語の取組みは続けていきたいと思っています。

今、限られた時間でやっているのは、語彙のワークブック、チャプターブックを読むこと、世界の偉人について読み聞かせ、Raz-Kidsくらい。動画の時間はほとんどなくなりました。

まとまった時間ができれば、ホームスクーリングも取り入れて、アカデミックな力も付けていきたいと考えています。

毎日が楽しくて仕方ないSmile。英語も大事ですが、何よりも自然たっぷりの環境で伸び伸び育って欲しいと思っています。

 

自分の子どもが居ないスクール

6歳6ヶ月。

バイリンガル育児のためのプレイスクールが4月1日から始まりました。

5年もの間、週2回とは言え、毎回、Smileと一緒にバスに乗って登園し、Smileがいる中でお当番をしていたので、自分の子どもが居ないスクールというのは新しい感覚です。

でも、モンテッソーリのカリキュラムを用い、お当番のお母さんと一緒に子どもの面倒を見るのは、今までのプリスクールとは変わりません。

そこにバイリンガル育児の要素が少し加わり、お母さんが家でも取組みしやすくなるようにサポートするのが少し変わった点でしょうか。

発話がまだ安定しない子どもには、インプット強化と語りかけを中心に。英語をすでに話す子には、モンテッソーリのカリキュラムと読み書きを中心に取組みをしています。

お当番のお母さんには、自分の子ども以外の子の取組みを見てもらっています。そうすることで、自分の子どもの成長を多角的に見れるようになるからです。

家での取組み用に、300冊ほどですが、小さなライブラリ・コーナーも設置しました。おうち英語のお友達にたくさん寄贈していただき、絵本やリーダー本が充実しました。

プレイスクールと、英語教室を同時に運営するというのは、慣れるまで大変なこともあると思いますが、より多くの子ども達が英語も日本語も心地よい言語と思ってくれるように、環境を整えたいです。

Honey Tree Tots (2)