わたしに何ができる?

6歳5ヶ月。

4月にバイリンガル育児に特化したプレイスクールのオープンに向けて、慌ただしく毎日が過ぎています。

プレイスクールの場所は、今Smileが通っている自主保育のプリスクールをそのまま引き継ぐことになったので、プリスクールのオーナーでもある友人と大掃除をしました。

Smileはその間、友人宅でお留守番。「これはいる、これはいらない」と、5年間で集まった物を整理しながら、棚を移動したり、不要な物を捨てたりしました。

夕方は、同じ空間で英語のレッスンだったので、無理やり掃除を終わらせて、慌ただしくレッスンを二コマ。夜、帰る頃にはわたしもクタクタ。

ここ数週間、慌ただしくしているわたしを側で見ているSmileが昨日の帰り道にポツリと言いました。

  • Smile: Mommy, what can I do to help you?(お母さん、何して手伝えるかな)
  • わたし:What can you do to help ME? Why?(わたしを手伝いたいの?なんで?)
  • Smile: Because you are so busy everyday, I want to help you.(だって、毎日すごく忙しいから、手伝いたいの)
  • わたし:Oh, that’s very nice of you. Thank you. It would be helpful if you could take care of yourself, like thinking about what you need to bring to school and get ready the night before, or getting changed or clean up your room before I ask you to do so. Something like that?(優しいね。ありがとう。自分のことを自分でやってくれたら助かるかな。例えば、明日、プリスクールに何が必要か考えて前の日に準備したり、わたしが言う前に着替えたり部屋を掃除してくれたら助かるかな)
  • Smile: Okay!(わかった!)

そう言って、帰宅後、Smileは今日 要るものをリュックに詰めて、今日着る服をリビングに用意していました。

自主保育のプリスクールに通い出して5年。仕事でも一緒、プリスクールでも一緒で、ずっと行動を共にしてきましたが、4月からは少しわたしの手から離れます。

でも、この調子だったら、大丈夫かな。たくましく育っているなと感じた夜でした。

プリスクールのクッキングのクラスで、キュウリのサラダを作っているところ。


バイリンガル育児に特化したプレイスクールを開きます。

子どものためだけのスクールではなく、お母さんもおうちでの取組み方法を学びながら、家庭で実践できる、そんなスクールです。バイリンガルの土台を作りやすい、1歳〜3歳までのお子様に向いています。

 

Honey Tree Tots (2).png

 

メリー・ポピンズ

6歳5ヶ月。

先日、お友達と『メリー・ポピンズ リターンズ』を観に行ってきました。その日の予定が変わり、急遽決まったのですが、

なんと、どこもほぼ満席。字幕で、且つちょうどいい時間帯にやっていて、しかも空席が辛うじてあったのが、池袋の映画館でした。

古い方の『メリー・ポピンズ』は、Smileが小さい頃に観たきり。本人もほとんど覚えていませんでした。

それが前回、お友達とのプレイデートで一緒に観たのがきっかけですっかり『メリー・ポピンズ』にはまった様子。

メリーポピンズの映画で出てくる、”supercalifragilisticexpialidocious”というナンセンスな言葉の響きが気に入ったようで、朝から晩まで口にするほど。

この言葉、実はわたしも小さい頃、『メリー・ポピンズ』好きな両親の影響で一生懸命練習したのを覚えています。

新しい『メリー・ポピンズ』は、古い方に出てきた子ども達が大人になって、子どもの心を忘れてしまって、日々の生活に追われている場面から始まります。

鮮やかな映像と、楽しい音楽に、2時間以上という長時間にも関わらず、2人とも食い入るように見いっていました。

映画でも本でも、吹替えや訳本ではなく、観たり読んだりできるというのは、やはりバイリンガル育児をしてきて良かったと思うときでもあります。

日本語の美しい言葉は、やはり日本語で分かりたいし、

英語特有の言い回しや表現は、やはり英語で直に理解したい。

たとえ、分からない表現が出てきたとしても、「わからない!」となるのではなく、何となく理解しようとする姿勢が身に付くのも、バイリンガル育児の良いところなのかなと改めて感じます。


バイリンガル育児に特化したプレイスクールを開きます。

子どものためだけのスクールではなく、お母さんもおうちでの取組み方法を学びながら、家庭で実践できる、そんなスクールです。バイリンガルの土台を作りやすい、1歳〜3歳までのお子様に向いています。

 

Honey Tree Tots (2).png

バイリンガル育児のためのスクール

6歳4ヶ月。

Smileの小学校入学まであと1ヶ月半。今 通っているプリスクールは、急遽 3月末で閉じることになりそうです。

そして、自主保育式のプリスクールを5年間 運営してきた友人から、声をかけられて、プリスクールの場所を引き継ぐことになりました。

Smileが1歳半の頃から参加してきたプリスクール。親も参加型というだけあって、大変なこともありましたが、親として学ぶ点がたくさんあったなと感じています。

少人数なので、集団行動というものをあまり経験してこなかったSmileですが、それで不自由を感じたことは一回もありませんでした。

反対に、縦割りで、色んなお母さんから育てられて、本当に愛情をかけられて育ったと感じています。

親としても悩みを相談したり、育児の大変さを共有したり、どれだけ助けられたか分かりません。そんな場所を、少し違う形ではあるけれど残したい。そんな思いで、4月からはプリスクールではなく、

おうち英語やバイリンガル育児をしたい親御さんと、子どものためのプレイスクールとして、週3回 開きたいと思います。

1歳から3歳くらいまでは、おうちでの取組みが大きく左右する バイリンガル育児。

英語が得意なお母さんや英語が母語のお母さんには、バランスの取れたバイリンガル育児の方法を提案しながら、

そして英語が苦手なお母さんには、絵本の読み方や英語の歌を実際に練習してもらいながら、ご家庭でも実践できるようにサポートします。英語が全くできない、という方も大歓迎です。

3歳までに土台を作っておけば、4歳以降に日本語環境になっても、英語の取組みは続けやすいし、「英語を話す」段階までに持っていきやすい。

英語教室に通うには少し早い、でも英語を話すところまで持って行きたい。そんな方に向いているのかなと思います。

Shall I compare thee to a summers day- Thou art more lovely and more temperate.. (1).png

詳細は、こちらをご覧ください。

ホームスクーリング

6歳4ヶ月。

今月に入り、新しい仕事のことや、Smileの小学校に向けてのことで、ブログを書く余裕がありませんでした。

Smileへのバイリンガル育児も、3-4歳のときのような記録すべきことも減り、わたし自身も今は目の前のことをこなすだけで精一杯。

そんな中、アメリカ人の友人と英語講師をしている友人との会話で持ち上がった、ホームスクーリングの話。

皆んなのスケジュールが合う日がなかなか無いものの、やはり仲良しのお友達で英語を使える場は確保したい、そんな感じで集まるようになって昨日がホームスクーリングの二回目でした。

まだ始めたばかりなので、カリキュラムも組んでいないのですが、昨日は音読の練習と、宿題で書いてきたライティングをシェアをしました。

前回は、お話の構成について簡単に復習。登場人物の紹介、次に何が起こって、最後はどうなったか、というストーリーラインを簡単に勉強。今回の宿題はそれに沿ってストーリーを書くというもの。

Smileのライティングはこちら:

There was a boy who was silly. he is 8 years old. His name is Dave.

his toys were gone. His mom tried to find them, but it was no use so they went to the police but the toys were not there. The bad guy had them all. the end

文の初めが小文字だったり、時制がそろっていなかったり、色んな間違いはありましたが、今は楽しく書くことの方が大切なのであまり直しませんでした。

それにしても、”it was no use”なんて表現、いつの間に使うようになったのかな。きっと、本でしょうね。

見えない成長がライティングに表れています。