ついにライティングを直す

6歳0ヶ月。

プリスクールで、ぬいぐるみを当番制でお世話をする、というのが1年ほど前から始まったのですが、

その順番がまたSmileに回ってきました。前回は7ヶ月前(過去の記事『きりんのジェリー』)。

その興奮たるや 大変なもので、”Can you take a picture when I’m sleeping with Jerry?(ジェリーと一緒に寝てるときに写真撮って)”とリクエストが来るほど。

そして前回と同様、きりんのジェリーとどんな風に過ごしたのかを日記に書くことに。

スペルを何回か聞かれましたが、あとはSmileが自分で黙々と書いていました。読んでみると、文的にはきちんと書けているけれど、手直しが必要な感じでした。

今までは、文を書くときのルールは教えたことはありませんでしたが、センテンスを書けるレベルにまでなったので、

昨日は少し文章のルールを教えてみました。

  • わたし:I like what you wrote. But there are some run-on sentences here, so let’s fix some of them.(いいのが書けたね。でも文が途切れず続いてるから、直そうか)
  • Smile: Run-on sentences?(文が途切れないで続く文?)
  • わたし:Yeah. Look at these sentences. This one is telling a complete thought, and this one is telling another complete thought. So instead of using “and” here, you might want to put a period here.(そう。この文とこの文を見て。この文は一つの簡潔した事柄を伝えてるよね。この文も一つの簡潔した事柄だよね。だから「そして」で二つの文を繋げるよりも、「ピリオド」で一端 文を区切るといいよ)
  • Smile: Oh, okay.(そっか)

そういって、手直しした文章がこちら。

元の文章はこうなっていました。

Jerry watched TV with doggy and me and Jerry slept with doggy and me and he came to my….

それを下のように直してもらいました。

Jerry watched TV with doggy and me. Then Jerry slept with doggy and me. The next day, he came to my….

接続詞や副詞は教えたことがないので、細かい説明はしませんでしたが、「文章をただ繋げる」ことから少しずつ抜け出せればいいかなと思っています。

面白いことに、”Also”は本で読んだのか、「使いたい!」と言って自分で書いていました。

今までは、センテンスを書くだけでも大変だったので、直すことはしませんでしたが、少しルールを入れてもいい段階に入ったと判断しました。

でも当分は、まだまだ本人の書きたいように書かせたいので、直すとしたら、大きいルールだけ。ライティングの枠を入れるのは まだまだ先のことです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s