バイリンガル育児とブログ

6歳0ヶ月。

わたしの住んでいる地区は、日本に長期で住んでいる外国人の方が比較的 多いです。

そういうのもあり、バイリンガル育児を始めた頃は、英語友達を作るために、近所の英語サークルに参加したりしていました(過去の記事『バイリンガル育児のきっかけ』)。

その流れから、バイリンガル育児をしている人と繋がることが多く、Smileが今でも仲良くしている友達の多くはバイリンガル。

でもそのほとんどが国際結婚だったり、お母さんが英語圏出身の人だったりするので、両親ともに日本人でバイリンガル育児をしている友人は 数えるくらい。

そんな中、同じ境遇でバイリンガル育児をしている人と繋がることができたのは、やはりこのブログのお陰です。

ブログを通して、同じように家で取組みをしている人と出会うことができ、似たような悩みを持ち、それを共有できたのは ありがたいことだなぁと改めて感じます。

住んでいる場所は違えど、不定期に会ったりして、Smileも心地良い仲間がいるというのは、今後、Smileが小学校に入っても 心強い存在です。

昨日は、そんなお友達の一人とのプレイデート。

お互いに住んでいる場所は近くはないけれど、中間点で会い、のんびりと一日遊びました。

親同士はずっと日本語ですが、子ども同士はずっと英語という、バイリンガル育児ではよく目にする光景ですが、

こういう状態を作ることができたのも、言語のスイッチを徹底して作っていたからかもしれません(関連記事『言語スイッチを作る』)。

昨日は、公園で日が暮れるまで遊び、夕方はカフェで絵本の読み聞かせ合いをしました。

お友達に絵本を読み聞かせてもらって、質問を出し合っているところ。