見えないところで成長

5歳10ヶ月。

Smileの通っているプリスクールで、4日間のサマースクールがあり、今日が最終日です。

このサマースクールは、プリスクールに通っていない子どもも参加するので、子どもの数も普段の倍近く。

いつも読み書きを教えている、Smileの友達 Eちゃんも参加したのですが、後日、Eちゃんのお母さんから突然メールが。

“Smile is so sweet.(Smileはとても優しい)”と。

突然どうしたのかと思ったら、どうやらEちゃんがプリスクールに着いたときに、すぐにEちゃんの所に行き、既に遊んでいるグループに連れて入ってくれた と。

Eちゃんは普段は別の幼稚園に通っているので、知っている子はSmileだけ。

小さい頃から人見知りをする子だったので、お母さんとしても心配な面もあったようです。でも、Smileが他の子ども達と打ち解けやすくしてくれたのが とても嬉しかった と。

Eちゃんのお母さんのメールを読んで わたしもびっくり。

普段、プリスクールに新しい子が来たら、その子が馴染めるように子どもたちにも声がけをしますが、

わたしがいないところで、Smileが直感的に動いたことがとても嬉しかったのです。

多様性を受け入れる柔軟さだったり、排他的にならないことだったり、そういった部分をバイリンガル育児では大切にしてきましたが、

わたしが思っている以上にたくましく成長しているなぁ と思えた出来事した(過去の記事『「みんなと同じ」でなくてもいい』)。

プリスクールのお友達と一緒に、テニスの単発レッスンも受けたSmile。ますますこんがり日焼けしています。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s