名前の由来を考える

5歳5ヶ月。

おとといは、久しぶりのプリスクールで、わたしもお当番の日でした。

わたしとSmileが交互に体調を崩したり、仕事が重なったりして、Smileもプリスクールは約3週間ぶり。

その日は、Learn About Your Name Day(自分の名前について知る日)だったようで、サークルタイムの時に、みんなの名前の由来を話しました。

預かる子たちのお母さんにも、事前に子どもたちの名前の由来を聞いて、紙に書き、誰の名前か皆んなで当てるというゲームもしました。

Smileの名前は、「目立たないけれど、どんな環境でも強くしなやかにいられる」ように付けましたが、

実際に言葉の意味を調べるのは初めてだったかもしれません。

そして出てきた言葉が、”honest(誠実)”。

  • Smile: What does my name mean?(わたしの名前、どんな意味?)
  • わたし:What does it say on your paper?(紙には何て書いてある?)
  • Smile: Honest. What does it mean?(「誠実」。どういう意味?)
  • わたし:If you’re honest, that means that you always tell the truth.(誠実であるってことは、いつも真実を言うということだよ)
  • Smile:《嬉しそうに紙を眺めて》Honest. Could you keep this in your bag?(誠実。これ、バッグに取っておいてくれる?)

他のお友達は、”scholar(学者)”や “bright(明るい)”など、「なるほどなぁ」と思う言葉ばかり。

「親がどうしてその名前を付けたのか」

小さいながらも、自分の名前について考えるきっかけになった日でした。

わたしが走り書きで書いた紙切れですが、大事そうに「取っておく」と言うSmile。