いつ読み書きを始めるか

5歳5ヶ月。

先日、友人に頼まれて、4歳の女の子にフォニックスを教えに行ってきました。

その友人は、幼少から最近までアメリカで生活していたので、英語は母国語。

でも両親は日本人のため、日本語も普通に使います。

自分の子どもにも英語と日本語で話しかけていましたが、日本語の幼稚園に入ってからは、家でも日本語が強めになっているそうです。

そのため、英語でも読み書きができるようになって欲しいと、以前からフォニックス指導を頼まれていたのです。

SmileとEちゃんは、寝んねの頃からの友達。お互いに忙しくなり、会うのは数ヶ月ぶりでしたが、元々気の合う2人。

レッスン後、2人ともすぐに打ち解けていました。

そしてわたしたちの話題は、共通の、オーストラリア人の友人Sさんのことに。

Sさんの子どもも4歳で、Smileも赤ちゃんの頃から知っています。

興味深いのが、Sさんは小学校に入るまでは、読み書きをきっちり教えるのは不必要と考えているところ。

structure(構造)を教えてしまったら、創造性・想像性が損なわれると考えているのです。

低年齢のうちは、描きたいように線を描き、読むのに必要なルールも教える必要はない、と。

うんうん、確かにそうだ、と納得。

Smileは、たまたま文字に対して敏感なところがあったので、読みのに導入は早かったですが、友人の考え方にも とても共感します。

まだ鉛筆もきちんと持てないうちからドリルをさせたり、

文字に興味を持たないうちから 読ませる練習をするのは やはり わたしも少し抵抗があるな、と。

「ルール」を教えるということは、「枠」にはめることでもあると考えているからです。

低年齢でなくても、表現する楽しさを経験する前に、「こうして書(描)かなければいけない」というルールを教えることは、

その子の自由な発想や、創造性に少なからず影響を与えると考えています(過去の記事『ライティングの型を教えるタイミング』)。

Smileにスペルを聞かれることも増えましたが、今はまだ、「まずは好きなように書いていいよ」と言っています。

3ヶ月のベビーちゃんの頃からの 付き合い。気の置けない友人の一人です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s