音読の効果

5歳6ヶ月。

Smileがチャプターブックを読み始めてから 数ヶ月になりますが、黙読はまだ出来ないので、音読で一冊を読み切ります。

70ページほどの本を一冊まるまる声に出して読むので、「喉も疲れるだろうになぁ」とも思いますが、本人は特に苦に思っていないようです。

そしてこの数ヶ月で、Smileのスピーキングに変化が。

日々のインタラクティブなインプット量は特に増えている訳ではないのに、前よりも使う語彙が増えているのです。

考えられるのは、やはり毎日の音読。

今 読んでいるのは、お友達に借りたThe Magic Tree House シリーズですが、会話が多いのでSmileも読みやすく、使える語彙が少しずつ増えていっているようです。

The Magic Tree House Library: Books 1-28

大人のクラスでも、毎回 必ず生徒さんに音読してもらうくらい、音読を大切にしているのですが、身近なところで効果を再確認。

英語のスキルを大きく分けると4技能(speaking/ writing/ listening/ reading)。

リーディングやリスニングのようなスキルは受信型スキル

スピーキングやライティングは発信型スキルと言われていますが、音読は特に発信型スキルを伸ばすのに必要と考えています。

口に出して読めない単語は、スピーキングでも使えないからです。

裏を返せば、口周りの筋肉に覚えさせた言葉は、スピーキングでもすんなり出てくるということ。それが定着すれば、もちろんライティングでも使えるようになると感じています。

もちろん、受験英語といった、発信型スキルをそこまで必要としない場面では、音読の必要性は低いかもしれません。

でも、Smileが黙読ができるようになっても音読の習慣は続けて欲しいのは、「使える知識」として身に付く効果があると考えているからです。

大学院時代も「多読」のことについて勉強しましたが、何とも奥が深い。

どこでも音読。最近は少し小声になってきました。

バイリンガルの友達の存在

5歳6ヶ月。

春休みに入り、家庭で英語の取組みをしているお友達と会う機会が続いています。

お泊り会に、キッザニアの英語プログラム、プレイデート。

普段、あまり会えない友達にも立て続けに会えたので、Smileも嬉しそうでした。

そんなお友達と遊んでいるSmileを見て、改めて ブログを通して知り合った友人たちの存在に感謝。

この繋がりが心地よいと感じるのは、英語力は関係なく、皆が対等な立場であること。

「言語に優劣はない」というのは、バイリンガル育児でも大切にしてきたことですが、

それでも、「英語が話せる=すごい」という空気は少なからず周りでも感じてきました(過去の記事『英語格差という問題』)。

そういった言語の優劣関係や、年齢による上下関係が存在しない、対等な関係だからこそ、また会いたいと思うし、Smileも居心地がいいのかもしれません。

Smileにとって、兄弟姉妹のような存在が出来るのもとてもありがたいです。

3度目のキッザニア英語プログラム。気の置けない友達と一緒というのが また楽しいようです。

「書きたい!」という気持ち

5歳5ヶ月。

昨日はプリスクールのお当番でした。

ワークタイム(モンテッソーリ活動)は、基本的には他の友達のワークは邪魔をしてはいけないことになっています。

口を出さずに側で見ているのはOK。

そんなことにも慣れている子ども達なので、自由に遊んでいる子もいれば、騒音を気にせずワークに取り掛かる子もいたり、面白い空間です。

6歳の友達のワークが気になって、側でそれを見ていたSmile。

まだ自分のワークの時間じゃないのに、一心不乱に紙に何かを書いているなと思ったら、こんなものを書いていました。

ちょうどサークル・タイムで、「B」から始まる言葉について皆んなで話したのですが、その続きがやりたかったのか、「B」から始まる言葉を使って お話を作ったそうな。

The boy had a bat and the bat was bad and the bat hit the boy and the boy threw the bat

the end

(その男の子はコウモリを持っていて、そのコウモリは悪い奴で、コウモリが男の子を叩いたので、男の子はコウモリを投げました。おしまい)

話の展開もユニークだし、最後の”the end”もSmileらしくて、吹き出してしまいました。

まだ文章のルールも何も教えていないし、書く練習もほとんどしていないですが、今はこうやって書きたい意欲が出てくる方が大事。

Smileに対して、ドリルなど書く練習を始めたのは4歳半になる前(過去の記事『運筆力を高める動作とその後』)。

それまでは、洗濯バサミを開いたり閉じたりする動作や、ボタンをはめたり外したりする動作、厚紙をちぎる動作、ハサミを上手に使う動作、

そういった運筆力を高めることばかりしていました。

もちろん、本人が書き方を知りたければ教えてきましたが、その程度。なので本人も何かを書きたくて仕方ないようです。

お勉強系の取組みは苦手なわたしですが、書くこと以外でも、

Smileの「したい!」という気持ちを大事にして それに応えられるような環境作りはしていきたい、改めてそう感じました。

年齢的に追いついた

5歳5ヶ月。

一昨日は、お友達とお泊り会でした。

皆んな おうちで英語の取組みをしているので、子ども達も英語と日本語を自由に使い分けていました。

Smileが特に楽しみにしていたのは、夜の映画鑑賞会。

観たのは『ズートピア』。Smileも3歳7ヶ月のときに映画館へ観に行きましたが、また観るのは久しぶりなのでSmileも見入っていました(過去の記事『映画ズートピア』)。

3歳の頃は、感想を聞いても、細かい描写までは分かったような分かんなかったような、そんな感じ。

でも 翌日、ズートピアの話を要約して話してくれ、「年齢的に追いついたのだなぁ」と感心。

Smileには、実写版『シンデレラ』、『ジャングル・ブック』、『ハリー・ポッター』など、低年齢の子には「難しいかな?」というものも見せてきました。

おそらく英語のインプットとしては あまり入ってません。

でも、本人が「見たい!」という気持ちも大事だと思い、見せてきました。

ただ、内容的に過激だったり、暴力的だったり、子どもにふさわしくないものは気をつけて見せないようにはしていました。

今回のように、小さい頃から観てきたもので、内容を深く理解できるようになったことには、言語力だけでなく、思考や感受性の成長も感じます。

来年の4月には小学生です。はやいなぁ。

寝不足にも関わらず、お友達と公園で大はしゃぎ。

そろそろ辞書を

5歳5ヶ月。

あと半年でSmileも6歳。

数年前は、6歳なんて想像も出来なかった年齢ですが、もうすぐそこまで来ています。

自分で文章を読むようになり、ある程度 安定してきたので、そろそろ辞書を購入しようと思っています。

子ども用のシソーラスや、絵が多い辞書は既に何冊か持っていますが、Smileが学習用に使える辞書はまだ持っていません。

今 検討中なのは、Longman社か Oxford社。

Longman Elementary Dictionary and Thesaurus Hardcover (American Elementary Dictionary and Thesaurus)

Oxford Primary Dictionary

もちろん、Smileが自分で引くには まだ早いので、しばらくは わたしと「一緒に言葉を調べる」時に使う予定です。

そんな話を実家に戻った際に母にしたら、2階からこんなものを持ってきてくれました。

39年前に、ニューヨークに住んでいたときに姉たちのために母が買った辞書!

何とも年季が入っています。

中身もなかなかしっかりしています。Smileも簡単な単語だったら読めたので、しばらくはこちらもいいな と。

国語辞典、漢語辞典、英英辞書など、辞書を本のように眺めるのが好きだった わたしとしては、Smileの辞書選びは また違う楽しみがあります。

きりんのジェリー

5歳5ヶ月。

これは少し前の話。プリスクールで、ぬいぐるみを当番制でお世話をすることになりました。

子どもが一人一人、順番にお当番になり、ぬいぐるみを連れて帰ってお世話をするのです。

ぬいぐるみの名前は『Jerry the giraffe(きりんのジェリー)』。

Smileも首を長くして自分の番を待っていましたが、ようやくお当番に。

プリスクールの帰り、大事に抱っこしてバスに乗り、寝るときも一緒に寝て、ピアノの教室にも連れて行きました。

下の音声は、帰り道での会話。

きりんのジェリーは女の子か男の子か、という話をSmileとしています。

この取組みが とってもいいなぁと思ったのは、お世話した様子を自分でノートにまとめて、プリスクールの皆んなの前で発表するということ。

Smileも何を書こうか一生懸命に考えて、文章にしていました。

わたしの役割は と言えば、Smileときりんのジェリーの写真を取り、プリントアウトしてノートに貼ること。

「ものを大事にする」、「責任を持つ」、そして「お友達に伝える」ということを今回 一連の行動を通して、再認識したSmile。

わたしもいい経験になりました。

写真の下の説明書きは、わたしが。

こちらは Smileが自分で書いたもの。

フォニックスの知識に頼って書いているので、ところどころスペルが違うのが また良い味を出しているな と。

Jerryの “J”が 鏡文字になっているのも、今だけ見られる貴重な間違い。

名前の由来を考える

5歳5ヶ月。

おとといは、久しぶりのプリスクールで、わたしもお当番の日でした。

わたしとSmileが交互に体調を崩したり、仕事が重なったりして、Smileもプリスクールは約3週間ぶり。

その日は、Learn About Your Name Day(自分の名前について知る日)だったようで、サークルタイムの時に、みんなの名前の由来を話しました。

預かる子たちのお母さんにも、事前に子どもたちの名前の由来を聞いて、紙に書き、誰の名前か皆んなで当てるというゲームもしました。

Smileの名前は、「目立たないけれど、どんな環境でも強くしなやかにいられる」ように付けましたが、

実際に言葉の意味を調べるのは初めてだったかもしれません。

そして出てきた言葉が、”honest(誠実)”。

  • Smile: What does my name mean?(わたしの名前、どんな意味?)
  • わたし:What does it say on your paper?(紙には何て書いてある?)
  • Smile: Honest. What does it mean?(「誠実」。どういう意味?)
  • わたし:If you’re honest, that means that you always tell the truth.(誠実であるってことは、いつも真実を言うということだよ)
  • Smile:《嬉しそうに紙を眺めて》Honest. Could you keep this in your bag?(誠実。これ、バッグに取っておいてくれる?)

他のお友達は、”scholar(学者)”や “bright(明るい)”など、「なるほどなぁ」と思う言葉ばかり。

「親がどうしてその名前を付けたのか」

小さいながらも、自分の名前について考えるきっかけになった日でした。

わたしが走り書きで書いた紙切れですが、大事そうに「取っておく」と言うSmile。

いつ読み書きを始めるか

5歳5ヶ月。

先日、友人に頼まれて、4歳の女の子にフォニックスを教えに行ってきました。

その友人は、幼少から最近までアメリカで生活していたので、英語は母国語。

でも両親は日本人のため、日本語も普通に使います。

自分の子どもにも英語と日本語で話しかけていましたが、日本語の幼稚園に入ってからは、家でも日本語が強めになっているそうです。

そのため、英語でも読み書きができるようになって欲しいと、以前からフォニックス指導を頼まれていたのです。

SmileとEちゃんは、寝んねの頃からの友達。お互いに忙しくなり、会うのは数ヶ月ぶりでしたが、元々気の合う2人。

レッスン後、2人ともすぐに打ち解けていました。

そしてわたしたちの話題は、共通の、オーストラリア人の友人Sさんのことに。

Sさんの子どもも4歳で、Smileも赤ちゃんの頃から知っています。

興味深いのが、Sさんは小学校に入るまでは、読み書きをきっちり教えるのは不必要と考えているところ。

structure(構造)を教えてしまったら、創造性・想像性が損なわれると考えているのです。

低年齢のうちは、描きたいように線を描き、読むのに必要なルールも教える必要はない、と。

うんうん、確かにそうだ、と納得。

Smileは、たまたま文字に対して敏感なところがあったので、読みのに導入は早かったですが、友人の考え方にも とても共感します。

まだ鉛筆もきちんと持てないうちからドリルをさせたり、

文字に興味を持たないうちから 読ませる練習をするのは やはり わたしも少し抵抗があるな、と。

「ルール」を教えるということは、「枠」にはめることでもあると考えているからです。

低年齢でなくても、表現する楽しさを経験する前に、「こうして書(描)かなければいけない」というルールを教えることは、

その子の自由な発想や、創造性に少なからず影響を与えると考えています(過去の記事『ライティングの型を教えるタイミング』)。

Smileにスペルを聞かれることも増えましたが、今はまだ、「まずは好きなように書いていいよ」と言っています。

3ヶ月のベビーちゃんの頃からの 付き合い。気の置けない友人の一人です。