発話:時制の習得

5歳3ヶ月。

以前は、Smileの発話記録を細かく取っていましたが、ここ最近は文単位で話す量が多くなり、記録も追いついていません。

そんな中でも、ハワイ滞在中に「面白いなぁ」と感じる発言が。

いつものように寝る前に着替えるように促すと、こんな返しが戻ってきました。

  • わたし: Okay, so get changed into jammies. It’s past bed time.(はい、じゃあ、寝巻きに着替えて。もう寝る時間過ぎてるよ)
  • Smile: 《笑いながら》I know. I thought you would say that.(知ってる。そう言うと思った。)

おしゃまな返しにも驚いたのですが、時制の一致で いつの間にか きちんと”would”を使えていたことにもびっくり。

過去に、言語習得の順序についてまとめましたが、まだ間違えはたくさんあるものの、ある程度の項目は習得している様子。

過去の記事:

  1. 発達の順序(文法要素)
  2. 発達の順序(質問文)
  3. 発達の順序(否定の言葉)
  4. 言語発達の順序と間違い
  5. 英語の発達段階

上の会話にある”would”は、”will”の過去形の不規則変化なので、過去の記事『発達の順序(文法要素)』で書いた項目③に当たります。

Smileに対しては文法的なことはほとんど説明していないので、Smileの場合、

わたしたちが学校で習ったように「”will”の過去形=”would”」と認識している訳ではなさそうです。

おそらくSmileの中では、”will”と “would”は、「”apple”と”orange”」のように違う単語として認識しているのでは、と推測しています。

つまりSmileの場合、「現在のことを話すときは”will”、過去のことを話すときは”would”を使う」と理解しているようです。

他の単語(buy, get, breakなど)も同じで、発話する前に、「”buy”の過去形は”bought”だから、”You bought it yesterday.”」と考えている訳ではないということ。

わたしや 他の英語話者から 繰り返し繰り返し、英語を聞き、

  • 現在のことを話しているのか
  • 未来のことを話しているのか
  • 過去のことを話しているのか

その状況によってSmileなりに文法解釈をし、自分の発話(アウトプット)で試しているのではと考えています。

そして間違いを指摘され、それで修正していく。まさに「間違えながら習得していく」という感じです。

時制や文法を自動的に処理できるようになり、発話の「流暢さ」を高めるためには、やはり「繰り返し」と「気付き(noticing)」が重要な鍵となります。

繰り返し聞き、そのインプットから文法要素に「気付き(noticing)」、そのインプットが定着し、その知識に繰り返しアクセスすることで、習得に繋がります(過去の記事『意味のあるインプット』)。

そんな習得過程もSmileを見ているとよく分かり、とても興味深いです。

赤ちゃんの頃からの お友達とヨガ納め。Smileは右から2番目。

この日は英語を話さない他のお友達も参加したそうで、この4人は小さな通訳としても 頑張ったようです。

2017年も残りわずか。

2018年も よろしくお願いいたします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s