フォニックス・ルールは忘れる?

5歳1ヶ月。

Smileにアルファベットの音を教え始めたのは2歳10ヶ月ごろ。フォニックス・ソングや色んなゲームを通して教えました(過去の記事『理にかなっている音』)。

3歳になった頃にアルファベットの名前(エー・ビー・シー)と音(ア・ブ・ク・ド)が一致。

それでも自力読みの取組みはまだ先でいいと のんびり構えていた頃に、 On Mom’s Lapの自力読みワークショップに参加(過去の記事『自力読みに向けて』)。

それから 重い腰を上げてフォニックスの取組みを本格的に始めました。

アルファベットの音がしっかり入っていたからか、一ヶ月ほどで3文字を読み始めました(過去の記事『記念すべき』)。

3文字がしっかり読めるようになってからは、フォニックス・ルールに並行して、サイト・ワード(一目で理解すべき言葉)も入れていきました。

あれから2年弱になりますが、4歳を過ぎてからSmileを見て思うのは、「フォニックス・ルールを忘れている」ということ。

自動車の運転と同じで、運転の仕方を習ったあとは、運転に慣れるに従って 「理屈」は忘れて運転方法を体得してしまう感じでしょうか。

もちろん読めない言葉もたくさんありますが、それ以外は自然に読めるようになっている感じです。

読むきっかけとしては、特に低年齢であればフォニックス・ルールは効果的だと思いますが、いったん読めるようになれば、ルールは忘れてしまうようです。

わたしの周りの英語ネイティヴの友達にも、フォニックス・ルールを説明しても「昔、確かに習った記憶があるけど、どういうルールか忘れた」という人が多いです。

フォニックスを教える立場としても、ルールを覚えて、ある程度スムーズに読めるようになれば、ルールにこだわる必要はないと思っています。

もちろん、読み始めるきっかけとしてルールはとても大事。例えば、

The cat is on the mat.

という文章を、”The    c-a-t    i-z   o-n   the   m-a-t.”という速度で読んでいる間は、フォニックス・ルールはまだまだ必要な時期(”the”はサイト・ワードとして教えます)。

でも、上の文をスラスラ読めるようになり、2文、3文以上でも難なく読める段階に入れば、読めない単語が出て来る度に フォニックス・ルールに戻って教える必要はありません。

流れを止めるよりも、文章の理解力や どんどん読み進めるモチベーションを保つ方が大事だからです。

下の動画は、ペンギン・リーダーの”Mummies(ミイラ)”を読んでいるSmile。

上の写真、下から5行目の”raisin(レーズン)”という単語。二重母音のルールを教えていたときは読めていたと思います。

でも動画では、ルールを忘れているからか読めていません。

全体の文脈から単語を読んでいて(ホール・ランゲージ:whole language)、一文字一文字を見ているわけではないからです(フォニックス読み)。

フォニックス・ルール、Smileを見ていても、生徒さんを観察していても奥が深く非常に面白い。

 

しぶい5歳

5歳1ヶ月。

Smileへの かけ流しはほとんどしないのですが、最近よく かけるようになったのが、

エルビス・プレスリーの曲。

イル・ディーボ (Il Divo: 4人組のヴォーカルグループ)の歌を聴いて  “Can’t Help Falling in Love”という曲を大好きになったSmile(過去の記事『ふるさと』)。

「オリジナルはエルビス・プレスリーが歌ってるんだよ」と言ったら、「プレスリーの動画を観たい」と。

それからというもの、プレスリーの曲を流すようにリクエストされるのですが、よほど気に入ったのか、歌詞も何となく覚えてしまった様子。

“This is your grandpa’s favorite song(おじいちゃんのお気に入りの歌だよ)”と言うと、

“I didn’t know this song. But I like it now. (知らなかったけど、今はわたしも この歌好き)”とSmile。

好きな映画は、モノクロ映画の『ローマの休日』。


好きな歌は『ふるさと』と、プレスリーの”Can’t Help Falling in Love”。

それにしても 5歳にしては趣味が渋すぎます。

クリスマスにできること

5歳1ヶ月。

昨年のクリスマスは、プリスクールのお友達と老人ホームへ行き、おじいちゃんとおばあちゃん達にダンスを披露し、手作りのクッキーをプレゼントしました(過去の記事『与えること』)。

今年は、戦争や貧しい環境にいる子どもたちにプレゼントを贈る、『シューボックスを贈ろう』プロジェクトに参加することに。

このプロジェクトは、靴箱(シューボックス)を用意して、その中に子どもが喜びそうなおもちゃや文具を詰めて送るというもの。

今日、Smileと一緒に詰めるものを一緒に選んできました。

下はシューボックスの取組みに関する動画です。

わたしはクリスチャンではありませんが、こうした活動を通して、クリスマスはプレゼントを貰うだけではなく、与える日でもあることを小さいときに経験できるのは貴重だなぁ と感じます。

プリスクールでプレゼントを詰めるのは11月15日。渋谷に近いところです。

プリスクールに通っていないお子様も参加できるので、ご関心がある方はぜひご連絡ください。

【シューボックスを作ろう】

■場所:渋谷駅に近いプリスクールにて

■日時:2017年11月15日(水)16時30分〜

■問合せ:littlemissmile0922@gmail.com

■シューボックスについての説明は◆コチラ◆

※集荷期間は『11月14日〜18日』だそうです。個人的に参加される場合は、下記サイトから。シューボックス以外にも寄付方法があります。

Samaritan’s Purseのサイト

 
気に入ってくれるといいなぁ。

カレンダーの取組みと今

5歳1ヶ月。

Smileとカレンダーの取組みを始めたのは、Smileが3歳3ヶ月あたりから。一ヶ月ごとにめくる卓上のカレンダーで毎日シールを貼っていました。

あれからもうすぐ2年。

(過去の記事)

曜日は まだ たまに間違えますが、以前よりも かなりしっかり把握しています。

「すごいなぁ」とわたしも感心してしまうのが、月と日付の感覚。4歳過ぎたあたりから、わたしよりもしっかり敏感に。

“How old are you?(何歳?)”と聞かれれば、”4 years and 11 months.(4歳11ヶ月)”と答えるし、

誰かに年齢を聞くときは、「何歳何ヶ月?」と月年齢も聞くほど。

最近は、わたしの方がバタバタして日にちを忘れていたりするので、一昨日 こんなことを聞かれて驚きました。

  • Smile: 明日は31日だからハロウィンでしょ?
  • わたし:そうだね。
  • Smile: 明日の次は、もう11月だよね。
  • わたし:明後日?
  • Smile: 明後日。
  • わたし:うん。そうだね。よく覚えていたね。

カレンダーを使って毎日 取組みをしていたのは1年ほどですが、そのお陰か 季節、月、日付、曜日を感覚的に覚えたようです。

わたしより しっかりしてくるSmileに わたしもタジタジです。

昨日はプリスクールでのハロウィンパーティの前にお友達とTrick-or-treatingへ。

可愛いドレスやコスチュームを着る子ども達の中で、ひときわ浮くSmile。通り過ぎる人たちの小さな悲鳴にSmileは満足していたので 良しとします。