小さな命の死

5歳1ヶ月。

虫があまり好きではないSmile。そのSmileが、この1ヶ月ちょっとの間、コオロギの世話をしていました。

家の中に迷い込んだコオロギを逃がそうとしたら、”I wanna keep it(飼いたい)”とSmile。

それから毎日、虫かごに入れたコオロギにキュウリやナスを切って あげて、

Smileも「スクスクちゃん」と名前を付けて毎日 話しかけたりしていました。

コオロギの寿命は成虫になってから1ヶ月くらいと読み、そろそろかなぁと思っていところで

昨日 その小さな命も終わりを迎えました。

そして今朝、そのことをSmileに伝えると 途端に悲しそうな顔に。

  • わたし: Smile, Sukusuku chan’s not alive anymore.(スクスクちゃん、もう生きてないんだよ)
  • Smile: She’s not alive? Why?(生きてないの?どうして?)
  • わたし: It died yesterday.(昨日 死んじゃったんだよ)
  • Smile: 《虫カゴを覗き込むSmile》She died? (死んだの?)
  • わたし: Yes. So let’s take it to the park and bury it tomorrow.(うん。だから 明日 公園に持っていって埋めようね)
  • Smile: I like her. I don’t want to bury her.(スクスクちゃんのこと好きだよ。埋めたくない)
  • わたし: I know. But it’s good for Sukusuku chan that it can go back to where it’s from.(そうだね。でも来た場所に戻るのは スクスクちゃんにとっても良いんじゃないかな)
  • Smile: Okay…(わかった)

2歳の頃から、死について少しずつ話してきましたが、

今回、自分で世話をしてきたコオロギが死んだというのは Smileにとっても悲しみは大きかったようです(過去の記事『命あるもの、ないもの(つづき)』)。

そして夜、Smileが小さい頃によく読んでいた絵本を読んだら、急に悲しくなったのか、ポロポロと泣き出すSmile。

「死んだ猫はどこに行っちゃうのか」。男の子の そんな素朴な疑問に

「死んだら 土の一部になって草木に栄養を与えるんだよ」と男の子のお父さんは答えます。

本を読み終わったあと、

“She’ll help grow flowers, trees, and grass(スクスクちゃんも花と木と草が育つのを助けるんだね)”とSmile。

この日は 寒かったので 虫カゴにネットを被せて 一緒に移動していました。

本当に本当に小さな命。でも周りのわたしたちも そんな小さな「生命」について考えさせられる一ヶ月でした。

親子ベビークラスもハロウィン

5歳1ヶ月。

昨日はSmileを連れての親子ベビークラスでした。

毎回 アシスタントとして大健闘のSmile。赤ちゃんたちも、ちょっと年上の子と言うので 興味が湧くのかもしれません。

今回は赤ちゃんたちは仮装なしでしたが、ハロウィンの歌を絵本をやりました。

レッスンと言っても、年齢は0歳から1歳。

赤ちゃん達が見入っていた本は、やはりハロウィンの定番、”Go Away, Big Green Monster!

そしてもう一冊は、これも定番の”Boo Who?“。

英語の文も簡単にはせず、そのまま読みます。でも どうしてあんなに皆んなが皆んな 食い付きが良かったのか?

それはお母さんも一緒に声に出して読んでくれたから。

わたしが読んだあとに、お母さんも大きな声でリピートしてくれたので、子ども達も自分のお母さんの声に反応したのだと思います。

レッスン後、一人のお母さんに、「じっと座って、一冊を最後まで読める状態じゃないけど、それでもいいのか?」という質問がでました。

初めはほんの一瞬でも、一ページでもいいと思います。毎日、子どもを膝に乗せて お母さんとの「絵本時間」を習慣づける。

そうやって2歳、3歳になって子どもも「絵本を楽しめる」ようになるのだと思います。



段々とモンスターの顔が消えていくという この仕掛け絵本。本当によく出来ています。

小学生クラスでも人気の絵本です。

3語から4語へ

5歳1ヶ月。

一年ちょっと前、さんごまみぃさんが紹介してくれた 子どもとの やり取りについて書きました(過去の記事『英語のこういうところが』)。

“I love you.”を言う代わりに、手を3回 ぎゅっと握る、というもの。

「ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ」で “I     love     you”という、3語の秘密の合言葉。

それが いつからか、”I love you most.(一番大好き)”になり、手を4回

「ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ」とするように。

手を繋いで、Smileと その言葉の通り「一緒に」歩くようになったのは、1歳半を過ぎたくらいから。

興味の向くままに歩いて行ってしまい、手を繋ごうとすると振りほどき、道に大の字になって大泣きするSmileと、どちらが根負けするか という毎日(過去の記事『根比べ』)。

今は手を繋がなくても自分1人でどこかに行ってしまうこともないので、そんなことがあったなんて、遠い昔のようです。

でも、「危険だから」というだけでなく、手を繋いで歩くことが出来るのは今のうちだけ。

そのうち、手を繋ぐことも少なくなるのだろうなぁ とたまに寂しくなることもあります。

だから手を繋げるうちに たくさん伝えたい。

「ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ」。

小学生になるまで あと一年半。

ハロウィン・レッスン

5歳1ヶ月。

今日は、出張レッスンでした。

人数も増え、3歳から参加しているちびっ子たちも4歳になったことをきっかけに、母子分離クラスとなりました。

始めた当初から母子分離を提案していましたが、「まだ少し心配」という声もあり、しばらくは親子クラスで続けてきました。

でも子どもが幼稚園に行きだしてからは、母子分離も大丈夫と分かってくれたようで、今月から母子分離クラスに。

そして想像はしていましたが、生徒さんたちが別人のよう。

「あれ。いつもは恥ずかしがって言わないのに」という男の子が一番大きな声で、ハキハキと答えるではありませんか。

今日は、みっちりハロウィンテーマでのレッスンでしたが、最後まで集中を切らさず、

“Show me, please!(見せてください!)”

“One more, please!(もう一つください!)”

“Jack-o’-lantern, please!(ジャック・オー・ランタン、ください)”

“Go away, monster!(モンスター、いなくなれ!)”

と元気いっぱいの発話。

レッスン回数が少ないクラスですが、おうちでの取組みもお話しながら、なるべく自発的な発話へと繋がるように、わたしも頑張らねば。

Smileは左から2番目。

“I wanna be a skeleton(がい骨になりたい)”と言っていたSmileですが、用意した骸骨の衣装は完全ホラー。

「怖がる子もいるかもしれない」ということで、去年 着た天使の衣装を着ました。

 

家庭学習と自分用に

5歳1ヶ月。

先日、Facebookを通して、とても気に入った本が出品されていたので思わず買ってしまいました。

以前、Smileと一緒に Planets(惑星)を学んだので、いずれ地球についても詳しく勉強したいなぁと思っていたところだったので、即決でした。

How the World Works(地球のしくみ)”という本。辞書のように厚いですが、絵が飛び出す仕掛け絵本になっています。

古本なので400円。でも見た目も綺麗だし、ほぼ新品。

内容は少し難しめですが、分かり易い絵で説明がしてあって、わたしも良い勉強になります。

Smileが自分で読むには かなり難しいですが、しばらくは かいつまんで読み聞かせたりして一緒に楽しみたいです。

飛び出す木は かなりの迫力です。

とても立体的で分かり易い。わたしの勉強用にも使えそうです。

知らないことだらけですが、Smileと一緒に学び直すのも また楽しい。今は難しくても「いずれは…」という本が どんどん増えています。

バイリンガル育児で 親も育つ

5歳0ヶ月。

家庭での英語の取組みは その家庭の環境や状況によって様々です。

動画を見せる時間や 絵本を読む量も違うし、

語りかけを必要としない家庭もあるし、わたしのように語りかけを取り入れている家庭もある。

家庭によって それぞれ違っていていいと思いますが、

語りかけの良い点は、「日本語でも英語でも」親と子どもの繋がりが出来ることだと思っています。

日本語でも会話するし、英語でも会話する。そしてSmileの成長と共に わたしも日々学んでいるという感じでしょうか。

これは数日前のSmileとの会話。

  • Smile: Is (a) trillion the biggest number?(一兆が一番大きい数なの?)
  • わたし:Hmm..It’s a big number.(うーん。大きい数ではあるかな)
  • Smile: What comes after trillion?(兆のあとは何がくるの?)
  • わたし:After trillion? That’s a good question. I don’t know.(兆のあと?良い質問だね。分からないな)
  • Smile: You can look it up online.(ネットで調べたら?)
  • わたし:Oh, okay. Hold on. It’s…a googolplex.(あ、うん。ちょっと待って。グーゴルプレックスだって)
  • Smile: Googolplex?(グーゴルプレックス?)

1兆より大きい数が何なのか、Smileに聞かれるまで考えたこともありませんでした。目がチカチカするほどのゼロの数。

そして数字では表せない、これよりも大きい巨大数もあるのだとか。数学が苦手な わたしには未知の世界です。

“Googolplex(グーゴルプレックス)”という英語なんて これからも使うことはないかもしれませんが

こんな風に今まで考えもしなかったことを、Smileに聞かれることで気付けるということは、ありがたい。

語りかけをしていなかったら、なかったであろう 親子のやり取り。子どもと一緒に学ぶというのは、日本語でも英語でも変わりはない。

“It’s sunny!(晴れてるね)”とか”It’s blue!(青だね)”とか そんな簡単なやり取りでも良いのです。

子どもが、「大好きなお母さんも英語を話している」と感じるだけでも、言語の多様性を少しでも感じられるのかな と。

そして5歳のSmileに、ネットで何でも調べられることがばれていました。辞典も 活用せねば。

大好きなLet It Be Coffeeのお二人と。Smileへのバイリンガル育児には欠かせない、コーヒーの世界(過去の記事『コーヒーの人たちと共に』)。

 

ちょっと怖いリーダー本

5歳0ヶ月。

ハロウィンが近づいて来て、Smileも気持ちはハロウィンモード。

3歳のときはプリンセス。4歳は天使とプリンセス(過去の記事『ハロウィンな夜』)。

5歳もプリンセス系かなぁと思い、”What would you like to be?(何になりたい?)”と聞くと、

“A skeleton! (ガイコツ)!”というSmileからの返事。

わたしも、「あれ?!そうなの?」と何だか拍子抜け。

何回 聞いても答えは同じ。

どうやら、おうち英語のお友達から、ちょっと怖いリーダー本、”In a Dark, Dark Room Stories“を借りて以来、少しホラー系のものも気になっているようです。

この本、Smileが1人で読んでいたので初めは気がつかなかったのですが、何気なく手にとって読んでみると、

大人のわたしでも ちょっとゾッとする本。

絵もちょっと怖いです。

そして最近 読んでいるのは、 “Ghosts!” という本。ハロウィン用に2ヶ月ほど前 買ったものです。


2冊とも I Can Read! シリーズです。”In a Dark Dark Room”ほどは怖くないですが、

やっぱり絵は ちょこっと不気味。



怖いのは嫌いだけど、ちょこっと不気味なもの好きなSmile。

気持ちを緩める

5歳0ヶ月。

ジュキさんのブログ記事に、幼児は『見てるだけで気持ちがゆるくなる』とあり、みろんくんの描いた絵も載っていたのですが、

ここ最近、仕事と育児と自分の勉強でバテ気味だった わたしの心も緩みました(ジュキさんの記事 )。

Smileが親参加型のプリスクールに通いだして、3年半。

通う日数のうち、3分の2は預けられますが、残りの日は、9時から14時まで先生として他の子どもの面倒を見たり、モンテッソーリのワークを教えます。

今はプリスクールは週2回。残りはわたしの仕事に付いてくるか、わたしが仕事している間、家族と過ごしているか です。

そのため、月の大半はわたしと一緒に過ごしていることになります。

そろそろ疲れてきたなぁ。毎日、決まった時間に預けたいなぁ。仕事に集中する時間が欲しいなぁ。

そんな風に思い悩む時期が続き、Smileに「他のスクールに行ってみる?」と聞いてみたら、泣いて嫌がり

“I wanna play with my friends (今のお友達と遊びたい)”と。

今のプリスクールは 縦割りで少人数。Smileにも合っているし、親としても学ぶことが多い。

小学校に入るまであと一年半。

朝から寝るまで “Mommy, look!(お母さん、見て!)”と、 Whyの質問攻め。

フルタイムで預けずに、近くにいるには手強い相手ですが、

わたしの仕事の少しペースを落として、Smileとの時間を大切にしたいなぁと、ジュキさんのブログを読み 改めて思いました。

実家にSmileを預けたときのこと。

仕事が終わり帰宅すると、両親の寝室のドアにこの張り紙が貼ってあり、

暗闇の中、「なんだろう」と近づくと、「おかいものは たいへんですね」というSmileが書いたメモ。

長い1日で疲れていましたが、そんな疲れも吹っ飛び、思わず吹き出しました。