言葉の間違いと成長

4歳9か月。

昨日、Smileが映画『インサイドヘッド(原題 Inside Out)』を観たいと言うので、わたしが出掛ける準備をしている間、観せることに。

そして行きのバスの中では 質問の嵐。

主人公の女の子 ライリーの頭の中に住む感情たち(Sadness(カナシミ)、Joy(ヨロコビ)、Fear(ビビリ)、Disgust(ムカムカ)、Anger(イカリ)。

それぞれの感情について質問してきたのですが、

Smileの overgeneralization(言語ルールを誤って適用範囲外にも当てはめてしまうこと)がなんとも面白かったです。

  • Smile: Can I see the pictures?(その写真見せて?)
  • わたし:What pictures?(何の写真?)
  • Smile: The girl’s….(女の子の…)
  • わたし:Oh, Riley’s emotions?(ああ、ライリーの感情たち?)
  • Smile: What’s “emotion”?(「感情」って何?)
  • わたし:Umm…It’s a feeling. It’s how you feel in different situations. (うーんと、気持ち。色んな場面で、どんな風に感じるか、その感じ方かな)
  • Smile: Oh.(へぇ)
  • わたし:《スマートフォンの写真を見せながら》Here.(はい、どうぞ)
  • Smile: 《ヨロコビ(感情の一つ)を指して》Is she Joy?(これは、ジョイ(喜び)?)
  • わたし:Yes.(そう)
  • Smile: Why is her name Joy?(何でジョイって名前なの?)
  • わたし:Joy means happiness. So when Riley’s feeling happy, that’s when Joy’s controlling her emotion.(ジョイはhappiness(喜び)って意味なんだよ。だから、ライリーが嬉しいときは、ジョイがライリーの感情を管理してるってこと)
  • Smile: How about Scaredness?(Scaredness(怖さ)は?)
  • わたし:You mean, Fear?(ビビリ(Fear)のこと?)
  • Smile: Fear.(ビビリ)
  • わたし:Fear’s controlling her emotion when she’s feeling scared.(ライリーが怖がってるときは、Fear(ビビリ)が感情をコントロールしてるってことかな)
  • Smile: How about angriness?(Angriness(怒り)は?)
  • わたし:Anger?(イカリのこと?)
  • Smile: Anger.(イカリ)

咄嗟の質問に わたしが しどろもどろでしたが、それ以上に面白かったのが、Smileなりの文法の解釈。

上の会話で、Smileは「Joy= happiness」というのを知ります。すると、今度は、「形容詞には “-ness”を付ければいいんだ」とルールを導きだしています。

今度はそれを、すでに知っている “scared(怖がって)”という形容詞にも当てはめ、”scared-ness”としています。

同じように、angry(怒っている)という形容詞も、”angri-ness”という風にルールを適用しています。

久しぶりに見たSmileの overgeneralization。間違いではあるけれど、それも言語の成長。

それを目の前で見れるのは、本当に興味深い(過去の記事『言語発達の順序と間違い』)。

よほど 面白かったのか、家を出てすぐに質問の嵐。抽象概念は、日本語でも英語でも答えづらい。わたしが日々 学んでいます。