駄々をこねる

4歳8ヶ月。

普段わたしと一緒にいるとき、Smileが酷いワガママを言うことはあまりないのですが、

数日前、久しぶりに手を焼くくらいの駄々をこねたSmile。

プリスクールの工作で使う画用紙を買いに、大型スーパーへ行ったのですが、

“Mommy, look! I want this. Can you buy this for me?(お母さん、見て!これ欲しい。買って)”と大きな声。

振り向くと、そこには 風船と空気入れのセット。500円くらいのものです。

「今日は買わないよ。また今度ね」と言ったら、途端に表情が曇り、「でも欲しかった…」とSmile。

画用紙を見つけてレジで待つ間も、後ろでずっと グズグズと駄々をこねるSmile。

店を後にしようとしたら、周りの人が振り返るほどの声の大きさで泣き始めました。

  • わたし: Is it nice to whine like that? (そんな風に駄々をこねるのはいいこと?)
  • Smile: 《わたしを睨めつけて》No.(ううん)
  • わたし: I know you wanted that toy so badly. But you don’t always get what you want, Smile. (すごい欲しかったのは分かるけど、欲しいものが全部 もらえるわけじゃないよ)
  • Smile: 《黙ったまま》
  • わたし: If you could ask me nicely when we come here next time, I might buy it for you.(この次また ここに来て、その時に ちゃんとお願いできたら 買うかもね)
  • Smile: I want it today…! (でも今日欲しいの…!)
  • わたし: I want clothes and books and shoes, too. But I don’t always get what I want. Can you buy them for me?(お母さんだって服や本や靴が欲しいよ。でもいつも手に入る訳じゃないよ。Smileが買ってくれる?)
  • Smile: 《少し表情が緩み》No!(いや!)
  • わたし:《Smileの声色を真似て》Why not? Please? You’re my mommy, right?(どうして?お願い。わたしのお母さんでしょう?)
  • Smile: 《吹き出して》Nooooo! I’m not your mother! I’m your daughter!(いや!!マミーのお母さんじゃないもん。マミーの娘だもん)

以前だったら、「ダメなものはダメ」でSmileも諦めてくれていました。

でも5歳近くになり、感情も段々と複雑になり、それだけでは済まないときが出てきました。

1歳半から2歳は、何を言ってもイヤイヤの時期。まさに根比べ(過去の記事『根比べ』)。

3歳は、いかにSmileの気持ちの切替えを出来るか。

4歳の今は、子どもだましの理由は通じません。その時の状況とSmileの心の状態で言い方を変えなくてないいけない。

毎回、どう言ったら伝わるのか考えさせられます。

最近では、何気ない一言にも傷つくようになったSmile。

普段は おしゃまで口が達者な4歳だけれど、心は繊細で傷つきやすい。感受性が育っているのを日々 感じます。

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s