2歳前の語りかけ

4歳8ヶ月。

昨日、動画を整理していたら、赤ちゃんの頃のSmileが懐かしく、久しぶりに夜更かししてしまいました。

Smileとの会話をほぼ英語に切り替えたのは、1歳半過ぎ。それまでは、ほぼ日本語でした。

初めの頃は、質のあるインプットを意識していたので、ただランダムに話しかけることはせず、リピートさせることを中心に話しかけていました(過去の記事『発話を引き出す』)。

そして、少しずつ発話が顕著になってきたのが、始めてから2ヶ月ほど経ったあたり(過去の記事『発話とリピート』)。

こちらの言うことも分かるようになり、意味も分かってリピートすることが増えました。

下の動画は、Smileが1歳10ヶ月のとき。

お友達にメルちゃんをもらって、嬉しくて仕方がないSmile。

  • わたし:Are you brushing her hair?(メルちゃんの髪をとかしてるの?)
  • Smile: Yes.(うん)
  • わたし:Can you give her milk?(ミルクあげれる?)
  • Smile: Yes.(うん)
  • わたし:Where’s her milk?(ミルクはどこ?)
  • Smile: 《哺乳瓶を探す》
  • わたし:She’s saying she’s thirsty.(喉が渇いてるんだって)
  • Smile: Yes.《哺乳瓶を見つける》どうぞ。(うん。どうぞ)
  • わたし:うん。Here you go.(うん。「はい、どうぞ」だよ)
  • Smile: Here you go.(はい、どうぞ)
  • わたし:And what do you say to your friends?(お友達には何て言うの?)
  • Smile: ありがと!
  • わたし:Yeah. You say “Thank you.”(そう。「ありがとう」だね)

下線部は、発話を引き出そうとしている語りかけ。

  1. Yes/Noで答えられる質問
  2. What/Where/Whoなど疑問詞を使った質問
  3. リピートさせる語りかけ(”Here you go.”/ “You say ‘Thank you.'”)

What/Where/Whoで聞く時は、初めのうちは答えを用意してあげて、リピートさせることが多かったです。

この頃は、言語に限らず、わたしの言葉に反応することが嬉しく、日々の成長に驚き 感動することばかりでした。

今は日本語でも英語でも、Smileからの質問の嵐に こちらが しどろもどろ。

この頃が懐かしいです。でも、今この時間も懐かしくなる日が すぐ来るのだろうなぁ。

img_4413
1歳10ヶ月の頃のSmile。プリスクールにて。一番左の ちびっこがSmileです。