想像力 と 笑い

4歳6ヶ月。

Amelia Bedeliaは、Smileも好きな絵本の主人公。

Amelia Bedeliaは、明るく性格のよい家政婦さん。働き者の彼女ですが、なんでも「文字通り」に解釈してしまう困ったさん。

慣用句や比喩的な表現を聞くと、それを全て文字通りに解釈してしまうのです。

たとえば、雇い主に渡された仕事リストにあった、”dusting the furniture(家具ホコリをはらう)”というメモ書き。

Amelia Bedeliaは、”dust(粉を振りかける)”と文字通りに解釈してしまい、家具を粉だらけにしてしまいます。

昨日、Smileが読んでいたのは、Amelia Bedeliaが子どもの頃のエピソード。リーダー本としてシリーズ化されています。

この”Amelia Bedelia Hits the Trail(Amelia Bedelia ハイキングに行く)”で、Smileが特に笑っていたのが、ランチタイムに先生が言った一言。

“We’ll eat lunch on the bank. Dig in!”

(ここの土手でお昼を食べましょう。さ、食べ始めて!)”

Amelia Bedeliaは、”bank(土手)”を “bank(銀行)”に、

“dig in(食べ始める)”を “dig in(穴を掘る)”に、またまた文字通りに解釈してしまいます。

Smileも、読みながら “Not that ‘dig in’, right?(そっちの”dig in”じゃないよね?)”と 可笑しくてたまらない様子。

4歳になる前にAmelia Bedeliaの絵本を図書館で読んだときは、その面白さがピンと来なかったようですが、

おうち英語仲間のお姉ちゃんたちにジョークの面白さを教わってからは、言葉の持つ比喩的な面白さに興味を持つように。

ユーモアを理解するには、語彙力だけでなく 想像力も必要。

Amelia Bedeliaの、トンチンカンだけれど 想像力豊かな解釈を通して、わたしもSmileも 楽しんでいます。

動画は、「先生の名前の文字数が多い」と言って数えているところ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s