ちょっと不思議なトラ

4歳4ヶ月。

Smileが生まれたときから、童話館から毎月2冊、絵本が送られてきます。今月も2冊、届きました(過去の記事『ぶっくくらぶ』)。

その1冊が『おちゃのじかんにきたとら』。表紙にはちょっとユーモラスなトラが描かれています。


Smileと一緒に読んでいたのですが、ちょっと不思議なお話。

ある日、ソフィという女の子とお母さんがお茶の時間にしようとしたら、

突然 チャイムが鳴り、戸を開けると そこにはトラが。

『ぼく とてもおなかがすいているんです。おちゃのじかんに、ご一緒させていただけませんか』と、とても礼儀正しいトラ。

お母さんは快くトラを迎え入れますが、お腹を空かしたトラは、おやつだけでなく、家中の食べ物を食べ尽くし、飲み物まで飲み尽くしてしまいます。

お腹いっぱいになったトラは、『そろそろおいとまします』と言って帰ってしまいます。

わたしは てっきりソフィとお母さんが食べられてしまうのではないか、と内心ハラハラ。

でもトラはそれ以来  戻ってくることはありませんでした。

Smileは、「変なトラだね」と言って笑っていましたが、ファンタジックな内容に少し不気味さが混ざる感じと言うか、何とも不思議な後味の絵本でした。

その夜、絵本のことを少し調べてみると、その不気味さの正体が分かりました。

作者のジュディス・カーの家族は、第二次世界大戦中 ナチスに圧迫されていて、彼女の父親は命の危険にもさらされていたそうです。

トラは、そんな彼女の幼い頃の記憶を映し出しているのではないかと、ある絵本作家は書いています。

ある日  突然 全てを奪われる怖さ。そういった忍び寄る恐怖をジュディス・カーはトラに投影していたのかもしれない。

こういった背景は、Smileは知る必要はないと思います。でも、「得体の知れないもの」に対する怖さが感じられる絵本に触れるのもいい機会なのかな、と。

下の動画は、絵本が届いてすぐ自分で読もうとした時のもの。最近は、読み聞かせることにも興味が出てきたようです。

今月届いた2冊の絵本と、折り紙とあやとりの本。毎月、絵本が自分宛てに届くのが楽しみで仕方がないSmile。

2 thoughts on “ちょっと不思議なトラ

  1. この絵本、イギリスでも劇場作品になったりぬいぐるみが売ってるくらい人気で、りんにもよく読んでるよ!
    私も初めて読んだ時不思議な読後感が気になり調べてみて、なるほど、と。作者は否定してるみたいだけど。。日本でもぶっくくらぶの配本に選定されているとは!子どもたちの目にはどんな風に写るんだろうね?!

    Liked by 1 person

  2. akieちゃん

    そうなんだね!りんちゃんも読んでるんだ♪ 本当、不思議な感じだよね。Smileにとっては「ちょっとドキドキがあって、ほんわか温かくて…」という感じなのかなぁ?今度聞いてみようかなぁ。英語版を読んでみたいな!

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s