躍動感あふれる絵本

4歳4ヶ月。

昨日、”The Magic Horse of Han Gan(この世でいちばんすばらしい馬)”を図書館で借りてきました。

Smileが「読みたい」と言って手にとった絵本。絵があまりに美しく 迫力のあるもので わたしが引き込まれてしまいました。

舞台は中国。8世紀に実在した画家ハン・ガンが主人公です。

少年ハン・ガンは馬の絵を描くのが大好き。だけれど、家が貧しく紙と筆を買うお金もありません。

ある時、ハン・ガンの才能が有名な画家に認められ、画家として腕を磨いていきます。

でもハン・ガンの描く馬は縄につながれているものばかり。「なぜ つながれている馬ばかり描くのか?」と聞かれ、ハン・ガンは「あまりに生き生きしているものだから、紙から飛び出てしまうからさ」と答えます。

それ以来、ハン・ガンの描く馬は、まるで生きているようだという評判が流れるように。

その噂を聞きつけた武将が、「敵に勝つために馬を描いてほしい」と頼みにきます。

ハン・ガンは渋々その武将の言う通りに馬を描きます。でも絵から馬が飛び出るなんて、冗談で言ったこと。本当に飛び出すはずがない、と絵を燃やそうとするハン・ガン。

その瞬間、炎から ものすごい勢いで飛び出てきたのは、たぐいまれに見る素晴らしい馬。そして武将と共に暗闇に消えていきました。

というように物語は続きます。勝利を重ね、どん欲になっていく武将とは対照的に、戦いの虚しさに悲痛な想いで逃げ出す馬が描かれています。


Smileには少し難しかったようですが、引き込まれるように絵に見入っていました。

この絵本の作者は、当時のハン・ガンの手法を真似て、挿絵を描いたそうです。元はフランス語で出版されたそうですが、日本語訳もあるようです(『この世でいちばんすばらしい馬』)。

日本語訳には、読み聞かせできないほど残酷な描写もあるそうですが、英語にはありませんでした。

もしかしたら、英訳される際に手直しされたのかもしれません。

Smileが手に取らなかったら出会えなかった絵本。心温まるような話ではないけれど、こんな風に考えさせられる絵本も読んでいきたいです。

現存するハン・ガンの描いた絵。
********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

やっとここまで

4歳4ヶ月。

Smileが手を繋いで歩く練習を始めたのは、1歳11ヶ月のとき。

イヤイヤの真っただ中ということと、この頃は、手を繋がず一人で歩きたがる時期。本当に大変でした。

「(手を繋がず)一人で歩きたい!」という気持ちと、

「(疲れたから)歩きたくない!抱っこして!」という気持ちがコロコロ変わるから、こちらも一貫として姿勢を崩さないようにするのに必死。

何度も何度も気持ちが挫けそうになりましたが、この時期に「手を繋いで」歩く練習をしたことで、その後が本当に楽になりました(過去の記事:『根比べ』)。

「手を繋いで」歩けるようになってからは、車通りの多い道でも一人で勝手に走っていってしまうこともないし、

人ごみでも わたしから離れてどこかに行ってしまうこともなくなったからです。

周りをよく見るようにもなりました。

そして4歳の今。Smileの方がよく分かっているようです。

今日も、キックボードで小道を颯爽と 先を行くSmileに、「危ないから気をつけて」と言おうとしたら、反対にたしなめられました。

  • わたし:Can you stop before you enter the street?(道に出る前に止まってくれる?)
  • Smile: 《振り向かず、ブレーキを踏んで》I know because you always say that!(分かってる!いつもお母さん言うから!)
  • わたし:Oh, okay.(あ、そうね)
  • Smile: I know I need to stop.(止まらなきゃいけないのは知ってるよ)

思わず苦笑してしまいました。

気付けばスピードが出て危険なキックボード。ルールをしつこく教えてきたということもありますが、2歳前から、手を繋いで歩く練習をしてきたからこそ 安心して見ていられるのかな、と。

その時は大変でも、「あの時 頑張ってよかったなぁ」と思う瞬間でもあります。

3歳以降は、Smileから「手を繋がないと危ないよ」と言われるほどで、外出も うんと楽になりました。

********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください