英語よりも大切なこと

4歳4ヶ月。

昨日は、午後から仕事だったので、久しぶりにSmileと のんびり家で過ごしました。

お昼ご飯を作っていたときのこと。Smileが ぽつぽつと話し始めました。

  • Smile: The boys said I was a baby. And they laughed at me.(その男の子たちが わたしのこと「赤ちゃん」って言って笑ったの)
  • わたし:Which boys?(どの子?)
  • Smile: The boys at the park. (公園にいた男の子)
  • わたし:When?(いつ?)
  • Smile: When I was in the sandbox.(砂場にいたとき)
  • わたし:So they were saying you were a baby in Japanese?(じゃあ、日本語で赤ちゃんって言ったの?)
  • Smile: Yeah. But they’re English kindergarten. (うん、でも英語の幼稚園)
  • わたし: Oh, you mean the international school kids?(インターの子たち?)
  • Smile: Yeah. (うん)
  • わたし: But why?(でも何で?)
  • Smile: 分かんない。「待って」って言ったらさ、「赤ちゃん」って言った。

初めは何のことを言っているのか さっぱり分かりませんでしたが、

どうやら、プリスクールの皆んなで公園に行ったときに、

砂場で遊んでいたSmileに向かって そこに居た男の子たちが 「赤ちゃん」と言ったらしいのです。

Smileが持っていたオモチャを使いたかったけれど、Smileが「待って」と言って貸さなかったので、少し怒っていたのかもしれません。

その日はお当番ではなかったし、詳しい経緯は分かりません。だから このときは、 「Smileが赤ちゃんじゃないのは ちゃんと分かってるよ」とだけSmileに伝えました。

後でプリスクールのメインティーチャーに聞いてみると、Smileの言っていたことは およそ合っていました。

メインティーチャーが「お友達にそういう風に言ったら良くないんじゃない?」と その子たちに言ったら、「Okay」と言って分かってくれたそうです。

3ヶ月ほど前も、わたしの知らないところでSmileが傷ついたことがありました(過去の記事『親の知らない世界』)。

そして ここ最近は 「笑われた」とか「馬鹿にされた」ということに対して 特に敏感になってきた気がします。

でも今回のようにSmileが「悲しい」とか「嫌だ」と感じたのは 、必ずしも悪いことではないと感じています。

自分がされて嫌だったことは お友達にもしない。

相手を傷つけるようなことを言ったり したりしない。

それは英語や お勉強ができることよりも大切なことだし

Smileも 今回 それを少しでも感じてくれたと思います。

英語が上達することよりも 他の人への思いやりや配慮を大切に バイリンガル育児を続けていきたい。改めて そう思いました。

プリスクール放課後。

「それは ずるいよ」とか「皆んなで遊ぼうよ」とか はっきり言い合える関係も 頼もしい。

 

********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s