バイリンガル育児をやっていてよかったこと

4歳3ヶ月。

最近、バイリンガル育児をやっていてよかった、と思うことがあります。

それはSmileが、知らない言語に対して壁がないこと。

普段、バイリンガル育児で大切にしているのは、新しい環境でも順応できる力だったり、多様性を受け入れる柔軟性だったり、違いを怖がらず受け入れることだったり、ということ。

(関連記事:『バイリンガルであること』『特別と差別』『愛すべきコーヒーの人たち』)

そして最近のSmileを見ていて、「すごいなぁ」と純粋に思うのは、自分の知らない言語を耳にすると

「なにを言っているか分からない」と閉じてしまうのではなく、

「おもしろい。もっと知りたい」とか「話せるようになりたい」と思うこと。

プリスクールでフランス語のクラスに参加して以来、フランス語を勉強したいと言ったり、

先日は、電車で耳にした中国語を学びたいと言ったり。

そして今度は、イタリア語をやりたいと言い始めました。

きっかけは、わたしの両親が大好きで聴いているIl Divo。4人のヴォーカル・グループで、出身国が、アメリカ、スイス、スペイン、フランスと多国籍。

実家に行くといつも耳にするからか、Smileも夢中になったようです。

イタリア語の歌詞が出て来ると、「イタリア行きたい」とか「イタリア語 勉強したい」と言うようになりました。

昨日は、「Il Divoのコンサートに行きたい」と言ったり、なんとなく覚えてしまった”I will always love you”を熱唱したり。

Il Divo一色の毎日です。

第3言語に取り掛かる余裕が あまりない わたしですが、ひとまず、Il DivoのDVDを購入してみました。

なにがモチベーションになるか分かりません。今はSmileの「好き」が、どんなカタチでも この先に繋がればいいな、という想いです。

実家近くの神社で初詣。年末、Smileは紅白は見ずに、2階でIl Divoを聴きながら一緒に熱唱していたそうです(観客は わたしの両親)。