英語よりも大切なこと

4歳4ヶ月。

昨日は、午後から仕事だったので、久しぶりにSmileと のんびり家で過ごしました。

お昼ご飯を作っていたときのこと。Smileが ぽつぽつと話し始めました。

  • Smile: The boys said I was a baby. And they laughed at me.(その男の子たちが わたしのこと「赤ちゃん」って言って笑ったの)
  • わたし:Which boys?(どの子?)
  • Smile: The boys at the park. (公園にいた男の子)
  • わたし:When?(いつ?)
  • Smile: When I was in the sandbox.(砂場にいたとき)
  • わたし:So they were saying you were a baby in Japanese?(じゃあ、日本語で赤ちゃんって言ったの?)
  • Smile: Yeah. But they’re English kindergarten. (うん、でも英語の幼稚園)
  • わたし: Oh, you mean the international school kids?(インターの子たち?)
  • Smile: Yeah. (うん)
  • わたし: But why?(でも何で?)
  • Smile: 分かんない。「待って」って言ったらさ、「赤ちゃん」って言った。

初めは何のことを言っているのか さっぱり分かりませんでしたが、

どうやら、プリスクールの皆んなで公園に行ったときに、

砂場で遊んでいたSmileに向かって そこに居た男の子たちが 「赤ちゃん」と言ったらしいのです。

Smileが持っていたオモチャを使いたかったけれど、Smileが「待って」と言って貸さなかったので、少し怒っていたのかもしれません。

その日はお当番ではなかったし、詳しい経緯は分かりません。だから このときは、 「Smileが赤ちゃんじゃないのは ちゃんと分かってるよ」とだけSmileに伝えました。

後でプリスクールのメインティーチャーに聞いてみると、Smileの言っていたことは およそ合っていました。

メインティーチャーが「お友達にそういう風に言ったら良くないんじゃない?」と その子たちに言ったら、「Okay」と言って分かってくれたそうです。

3ヶ月ほど前も、わたしの知らないところでSmileが傷ついたことがありました(過去の記事『親の知らない世界』)。

そして ここ最近は 「笑われた」とか「馬鹿にされた」ということに対して 特に敏感になってきた気がします。

でも今回のようにSmileが「悲しい」とか「嫌だ」と感じたのは 、必ずしも悪いことではないと感じています。

自分がされて嫌だったことは お友達にもしない。

相手を傷つけるようなことを言ったり したりしない。

それは英語や お勉強ができることよりも大切なことだし

Smileも 今回 それを少しでも感じてくれたと思います。

英語が上達することよりも 他の人への思いやりや配慮を大切に バイリンガル育児を続けていきたい。改めて そう思いました。

プリスクール放課後。

「それは ずるいよ」とか「皆んなで遊ぼうよ」とか はっきり言い合える関係も 頼もしい。

 

********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

英語と日本語の割合

4歳4ヶ月。

バイリンガル育児を初めて3年ちょっと。

2歳のときは、わたしとの会話は 9割が英語でした。でも一方で 心掛けていたことは、Smileが言語の配慮をできるようになることでした(過去の記事『公共の場でも英語?』)

たとえば、日本語環境では日本語、英語環境では英語を話し、会話に加わっている相手によって言語を使い分けが出来るようにすることを心掛けていました。

そして、そういった使い分けが上手になってきた3歳以降は、言語の割合は ある程度 Smileに任せるように。

Smileが日本語で話すときは日本語だし、わたしが英語で話しかければ英語、という具合。

週3回 通っているプリスクールでも、6割は日本語。バイリンガルのお友達とも、最近は日本語で遊ぶことが ほとんど。

週末も 大半が日本語で過ごしています。

今は、Smileや お友達にとって 日本語が「心地のよい」言語なのだなぁ、と見ていると興味深い(過去の記事『心地のよい言葉とは』)。

英語は、ある程度 自分の気持ちを表現できるまでになりました。でも ここから先は、英語は「読み書きの成長」に伴い 緩やかに伸びれば良いかな、と思っています。

Smileの母国語は日本語であって、この先も日本で義務教育を受けるからです。

英語ネイティヴのようになって欲しい、とも思っていません。

それよりも たくさんのことを感じ、考えて欲しい。

そして そうした過程で 英語が「自分の言語の一つ」と感じ続けてくれたらいいなと思います。

細く、でも長く 英語を続けたらと思います。


プリスクールのお友達とプレイデート。大半が日本語で会話というのも面白い。
********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

多様性と異文化理解

4歳4ヶ月。

バイリンガル育児をする上で「多様性」を大切にしたい、と何度か書いていますが、

Smileの思考が日々 複雑になるにつれて、わたしが使う言葉や態度も気をつけないといけない、と感じます(過去の記事『多様性』)。

4歳になる前のことですが、車椅子に乗っている人を見て、Smileが言いました。

  • Smile:He’s sitting on (in) the wheelchair. かわいそうだね。(車椅子に座ってるね。かわいそうだね)
  • わたし:かわいそう?なんで?
  • Smile: わかんない。
  • わたし:うん。分からないよね。悲しいってあの人は思ってないかもしれないし、ハッピーだって思ってるかもしれないよね。
  • Smile:うん。

その時はただ単純に、自分と違って、車椅子に座っているのが「かわいそう」と感じたのかもしれません。

でもだからと言って、特別視してほしくないと思い、上のような答え方になってしまいました。

他にどんな言い方があったかな、と今でも考えますが、”How to Teach Children About Cultural Awareness and Diversity“という記事を読んで「なるほど」と納得。

子どもが 何かに対して、自分と違う点や似ている点について聞いてきたら、なるべく客観的に答えるのが良いのだそう。

その記事では、どのようにしたら子どもが異文化を理解し、多様性を受け入れられるようになるか説明しています。

中でも印象に残っているのは下の3つの点。

  1. 【自分と違う存在を認める】

絵本を通じて、子どもが「自分は何者か」を理解するのを手伝う。同時に絵本から、人種、家族構成、宗教、能力が異なる人たちもいるんだということを理解する。(挙げられていた絵本をいくつか載せます)

・”It’s Okay To Be Different(違ってていいんだ)”(多様性を題材)

・”Don’t Call Me Special: A First Look at Disability(特別って呼ばないで:障害について知る)”(障害を題材)

・”What is God? (神様ってなに?)(宗教を題材)

2. 【異文化に触れさせる】

他の文化に触れることで、自分の文化とその文化の違いや共通点を知り、自分にとってその文化が深い意味を持つ。

3. 【手本を見せる】

まずは身近な大人が 文化的配慮をし、異文化を尊重する。そして偏見、人種差別あるいは鈍感さに対して反対の立場に立つ。

そうして子どももまた 文化的配慮ができるようになり、異文化を尊重できるようになる。

(Tirrell-Corbin, C. How to Teach Children About Cultural Awareness and Diversity. Retrieved from http://www.pbs.org/parents/expert-tips-advice/2015/08/teach-children-cultural-awareness-diversity/

時に答えづらい質問をしてくるSmile。

でもその質問を通して わたしも世の中と向き合い直すきっかけをもらっている気がします。

 

********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

文化って何?

4歳4ヶ月。

最近、Smileの質問に答えるのが以前にも増して大変になってきました。

特に概念的なものの説明は、人によっても考え方が異なるので言葉を選んでしまいます。

昨日、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』を観ていたときのこと。ハリーたちが、学校内を歩いている映像を観ていたSmileが、

  • Smile: Why are they doing shoes?(なんで靴をしているの?)
  • わたし:Why are they wearing shoes?(なんで靴を履いているか?)
  • Smile: Why are they wearing shoes over there?(どうしてあそこで靴を履いているの?)
  • わたし:In some cultures, people wear shoes indoors.(屋内で靴を履く文化もあるんだよ)
  • Smile: What’s “culture”?(文化って何?)
  • わたし:It’s how a group of people think and behave. So we take off our shoes when we enter the house, but in some cultures, people keep their shoes on inside.(どんな風に考えたり行動するかだよ。わたしたちは、家に入るときに靴を脱ぐけど、室内でも履いたままの人もいるんだよ)

なんの疑問もなく映画を観ていたので、思いがけない質問でした。物語の中で ハリー達が靴を履いたまま生活していることすら、気に留めていなかったからです。

そしてSmileに「文化とは何か」と聞かれて、ハッとしました。普段、”culture(文化)” という言葉を使っているけれど、では実際に文化とは何かと考えたときに、ぱっと答えが出て来ない。

“In some countries(ある国では)”と言いそうになりましたが、”culture(文化)”にしたのは、同じ国でも 人によって生活習慣や文化背景が違うから。

「日本では こう。他の国では こう。」という風に一般化して欲しくなかったのもあります。

一日立てば、この日の質問も忘れてしまうかもしれません。

でも、できるだけSmileの質問に向き合い、思考が偏らないようにしたい、と改めて感じました。

“Children become culturally sensitive and respectful when they see adults who are culturally sensitive and respectful, and who take a stand against bias, racism or insensitivity.”

(文化的配慮ができ、異文化を尊重できる。そして偏見、人種差別あるいは鈍感さに対して反対の立場に立てる大人を見て、子どももまた 文化的配慮ができるようになり、異文化を尊重できるようになる。)

Tirrell-Corbin, C. How to Teach Children About Cultural Awareness and Diversity. Retrieved from http://www.pbs.org/parents/expert-tips-advice/2015/08/teach-children-cultural-awareness-diversity/

子どもの cultural awareness(異文化を理解する力)を高めるには、日々の生活の中での発言も意識しなければならないな、と最近 特に感じます。

プリスクールでの剣道の時間で黙想をしているところ。こうやって 普段は経験できないような文化的要素を経験できるのも、ありがたい。

 

********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

エネルギーを使う自力読み

4歳3ヶ月。

Smileが初めて三文字を読んだのは、昨年の2月末(過去の記事『記念すべき』)。

それ以来、少しずつ読めるようになってきて、簡単な文章は 初見でも読めるようになってきました。

自力読みの取組みは、移動時間の5分から10分程度。でも 今のSmileを見ていると、これでも「長いな」と感じます。

薄いリーダーでも、一冊30ページくらい。5分以上はかかります。

Smileは、読むのは好き。だけれど一冊 最後まで自力読みすると「はぁ。疲れた」と笑いながら言います。

Smileにとって読み聞かせは、長い時間でも全く苦にならないくらい好き。20分でも30分でも じっと耳を傾けています。

でも自力読みは、まだまだ「エネルギーを使うもの」のようです。

「はぁ。疲れた」の一言が出ないように、Raz-Kidsやゲームを交互に入れるなどして しばらくは5分以内に留めようと思います(過去の記事『まさに今』)。

様子を見て、また少しずつ増やしていきますが、まずは、「もっと読みたい!」と思えるように環境を整えたい。

それまでは、読み聞かせを沢山、自力読みはSmileの様子を見ながら続けていきたいと思います。

これも おうち英語仲間に借りた”Hi! Fly Guy“という本。3文字や、同じ表現が繰り返し出てくるのが読みやすいようです。”surprised” や”know”など、読みづらい単語も、数回読めば なんとなく記憶に残るようです。

内容もユーモラス。バイリンガル育児つながりで、出会えなかったかもしれない本に出会えて有難い限りです。

************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

どうして歯は硬い?

4歳3ヶ月。

1週間ほど前に、Smileと2人で遠出したときのこと。

駅のホームを歩いていたら、不意にSmileが聞いてきました。

  • Smile: Mommy, why are teeth hard?(お母さん、どうして歯は硬いの?)
  • わたし:Why teeth are hard?(何で歯が硬いか?)
  • Smile: Why?(どうして?)
  • わたし: That’s a really good question. (いい質問だね)

と言って、スマートフォンで歯のことを調べてみました。

電車を待つ間、2人してホームで しゃがんで歯の断面図を眺めながら、エナメルのことを説明しました。

  • わたし:《エナメルを指しながら》So this one is called “enamel,” and it’s the hardest part in your body.(これが「エナメル」っていうもので、身体の中で一番硬いんだって)
  • Smile: Enamel?(エナメル?)
  • わたし:Yes. It’s protecting your teeth from getting damaged. That’s why we need to brush our teeth everyday.(そう。歯が損傷を受けることから守ってるんだよ。だから毎日歯を磨かないといけないの)

Smileも何となく分かったような分からなかったような。そこで、夜寝る前にもう一度、人体の本を見ながら 歯のことを復習。

下の” The Human Body“という本、Smileが3歳前にBook Offで見つけたのですが、内容も分かり易く、仕掛け絵本になっているので、Smileもお気に入り。

 

タブが仕舞われた状態だと 白黒の絵しか見えません。

タブを引っぱると下のような絵が見えます。こんな仕掛けもSmileは楽しいようで、絵本を読む感覚で一緒に読んでいます。

説明の言葉も、毎日 使うような表現でSmileには分かり易いようです。

3歳の頃も好きで 時々「読んで」とお願いされましたが、4歳になって一層、この本が活きてきました。

********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

世界の動物の本

4歳3ヶ月。

先週、プリスクールにお迎えに行くと、メインティーチャーが「Smile、動物の本、完成させたよ」と。

「へぇ!Smile、動物の本、できたんだね」と呼びかけても、Smileは お友達と遊んでいる最中で、こちらの声は届かず。

仕方なく戸棚まで見に行くと、Smileが自分で製本した動物の本がありました。

7大陸の歌を覚えたのは、2歳9ヶ月の頃(過去の記事『7大陸の歌』)。

そして昨年から、一年近くをかけて世界の動物を少しずつ学んできました。

「学ぶ」と言っても、図鑑の写真を見ながら、アジア大陸には どんな動物がいるかとか、その動物は どんな食べ物を食べるのか などを子どもと話すだけ。

そして 最後に この『世界の動物の本』を作ります。とても簡易的だし、写真や地図の向きも自由そのもの。

でも自分で写真を切ったり、文字を書いたり、大人は手伝わず 横で見守っているだけなので、完成品を目にすると感慨深いものがあります。

Smileも、「何かをやりとげた」という満足感があるようです。

こうやって 3歳前から続けてきた取組みが、Smileの中でも少しずつ繋がりつつあります。

 

********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください

空想の お友達

4歳3ヶ月。

数日前、バスに乗っていたときのこと。Smileが突然、聞き慣れない名前を口にしました。

  • Smile: Kailey is from North America.(ケイリーは北アメリカ出身なの)
  • わたし:Who’s Kailey?(ケイリーって?)
  • Smile: She’s my friend. She is 10. My other friend is Becky, and she’s from Australia. Her age is 21. (わたしの友達だよ。10歳なの。もう一人の友達はベッキーで、オーストラリアから来たの。21歳だよ)
  • わたし:I didn’t know you had friends named Becky and Kailey.(ベッキーとケイリーっていう友達がいたなんて知らなかったな)
  • Smile: They’re pretend friends.(空想のお友達だよ)
  • わたし:Oh, are they your imaginary friends?(空想のお友達なの?)
  • Smile: Yep! And my other friend lives in South America. I have 12 friends!(そう!もう一人はね、南米に住んでるの。12人 友達がいるよ)
  • わたし:Wow. You have so many friends!(わぁ。たくさんいるね!)

あまりにも自信たっぷりに答えるので、一瞬「なんのことだ?」と思いましたが、面白いので そのまま話を続けてみました。

しばらく経ってから、「ケイリーって誰だっけ?」と聞くと、照れ笑いしながら「忘れちゃった」とSmile。

どうやら、あのときだけ登場した お友達だったようです。

目に見えない友達と 実際に話したりする様子はなかったのですが、初めてのことだったので、なんとも興味深い出来事でした。

出身が北アメリカとか、オーストラリアとか、南米というのも面白い。

いろんな国に行ってみたいという気持ちの表れなのかもしれません。

どんなカタチでも、こうやってSmileの頭の中を垣間みれるのは面白い。

起きてから寝るまで、ずーっと口が動いているSmile。疲れ知らずです。

 ********************************

☆コメント欄は タイトル右横の吹き出しをタップしてください