バイリンガル育児のきっかけ

4歳0ヶ月。

昨日は、Smileが0歳の時から交流のあるママ友とランチでした。

台湾出身のオーストラリア人と、アメリカ人のママです。このママたちとは、たまにランチをして、育児の悩みや今後の進路について、ざっくばらんに話せる仲。とても気楽です。

本格的にバイリンガル育児を始めたのは、Smileが1歳7ヶ月のとき(『OPOL』の記事はこちら)ですが、

それまでは、1日の大半を日本語だけで話しかけていました。

0歳の時は、英語サークルに参加したりして、英語の時間はあったものの、英語ネイティブではない自分が、家で語りかけをしていいものかと、なかなか踏み出せずにいたのです。

そんな時、オーストラリア人のママが言った一言がわたしの背中を押しました。

「もったいない」

英語を話すのに、Smileに英語で話しかけないのは、「もったいない」と言うのです。言われたときは、グサリと刺さりましたが、確かにそうだな、と納得。

その時、Smileは8ヶ月くらいでしたが、それからは、英語の歌を一緒に歌ったり、ちょっとした動作は英語に切り替えるようにしました。

アメリカから帰国後、再びコンプレックスになりつつあった英語に対して、少しずつ自信を取り戻していったのも、この頃かもしれません。

あの時、オーストラリア人のママ友の一言がなければ、今のバイリンガル育児はなかったかもしれません。やっていたにしても、今のように覚悟を決めて・・・とまではいかなかったかもしれません。

ストレートな物の言い方で、こちらが たじろぐことも多い 外国人ママ友たち。ですが、わたしとは違う視点をいつもくれる貴重な友達。

彼女たちもまた、わたしのバイリンガル育児を支える存在です。

去年のハロウィン。Smileは後列 左から2番目。頻繁には会わなくなりましたが、イベントのときは こうして集まって 子どもたちの成長を見れるのも楽しい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s