楽してフォニックス

3歳11ヶ月。

英語を文単位で読むようになってから、この1ヶ月は少しずつフォニックスの難しいルールに取り組んでいます。

「ルールを教える」というのではなく、あくまでも空き時間に5分程度、遊びの延長でやっています。

わたしたちに合っているな、と思って取り入れたのが、AGOカード(エイゴカード)

UNOのような遊び方があるようですが、Smileとは、単純にカードをめくって、カードにある単語を読むという いたって簡単なルール。

2、3日置きに お出掛け先でカードを使って復習してきましたが、これだけでも大体のルールを覚えられたようです。


「お尻に”e”が来たら、母音は名前読みになり、お尻の”e”は読まない」とか、

「母音が2つ並んだら、2つ目の母音は読まずに最初の母音は名前読みになる」というルールが一目瞭然。


例外の読み方(2枚目の写真)も絵を見ながら 楽しく覚えられるようです。

AGOカード(フォニックス)には3レベルあり、Smileが今 使っているのはレベル2。

もう少ししたら レベル3に切り替えて 次の「読みの敏感期」が来るまで 気長に取り組んでいこうと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中