『ジャングル・ブック』

3歳10ヶ月。

ファインディング・ドリー』を観に行ったときに、『ジャングル・ブック』の予告を観たSmile。その映像の迫力に圧倒されたのか、「観たい」と催促されていたので、昨日 観に行ってきました。

映画が始まって、数分、「あ、これはSmileには英語が難しすぎたかな」と思い、少し後悔したのも束の間、美しい映像と迫力に、わたしもSmileもすっかり引き込まれてしまいました。

途中、残酷な場面もあったりして、Smileに”Hold my hand(手を握って)”と言われるときもありましたが、最後まで楽しんだようです。

『ファインディング・ドリー』の時のように、どの場面が一番好きだったか聞いてみると、

  • Smile: The snake.(蛇)
  • わたし:The snake?(蛇?)
  • Smile: The boy could see picture in the snakes’ eyes. The picture of his daddy.(主人公の男の子が、蛇の目の中にお父さんの映像を観れたよ)

途中、大蛇が出てきて、主人公の男の子に映像を見せるシーンがあるのですが、そのシーンが印象的だったようです。

Smileには少し難しいと思いながら観た『ジャングル・ブック』。わたしの予想とは異なる次元で この映画を感じ取っていたようです。


Smileのお目当でもある ポップコーンを目の前に、テンション上がります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中