『ファインディング・ドリー』

3歳9ヶ月。

昨日は、英語レッスンまで時間があったので、Smileと『ファインディング・ドリー』を観に映画館へ。

レッスンに間に合うよう、近場の映画館で探してみましたが、実写版『シンデレラ』の時と同じく、字幕版が限られていて、映画館を選ぶのに苦戦。

結局、雨の中 都心まで足を運ぶことに。

放映前から「観たい!」と何回も催促されていたので、『ファインディング・ニモ』を借りて予習しました。

Smileと初めて映画館に行ったのは、ちょうど1年ちょっと前、『シンデレラ』を観に行ったときでした。Smileは 2歳7ヶ月くらい

『シンデレラ』のときは、年齢も年齢だったので、途中で飽きないように、あるいは内容が難しく感じないように、ディズニー版を何度も何度も観ました。

また、途中でトイレに行きたくならないかヒヤヒヤしたりと、連れて行くだけでも大変。

でも今回は、わたしも ゆったりした気持ちで映画を楽しむことができました。

終わってから Smileにどの部分が一番面白かったか聞いてみました。

  • わたし: Which scene did you like most in the movie?(どのシーンが一番 面白かった?)
  • Smile: (When)Dory found (her) parents. (ドリーがお父さんとお母さんを見つけたとき)

ドリーは、少し前のことを忘れてしまう記憶の病気 (short term memory loss)で苦しむ魚。子どものときに親とも はぐれてしまいます。

そんなドリーが記憶の糸を辿って親を探すという物語。

メッセージ性も かなりあり、観ながら わたしも色々と考えてしまいましたが、Smileも Smileなりに何かを感じたようです。

1年前と比べて ずいぶんと成長した姿に 改めて感心。


(雨だったからか、映画館はガラガラ。特等席で鑑賞)

物分かり

3歳9ヶ月。

数日前、Smileと一緒に、親子英語の出張レッスンに行ったときのこと。午後にもレッスンが入っていたので、レッスン後すぐに帰らないといけないということをSmileに伝えました。

出張先に着いて、1歳年下のお友達と遊び始めていたSmileでしたが、

  • わたし:We’re gonna have to leave right after the class, okay?(レッスンの後すぐ帰らないと行けないよ)
  • Smile: 《オモチャで遊びながら》But I want to play with the toys.(でもオモチャで遊びたい)
  • わたし:Sorry. We don’t have enough time today. Mommy has to work in the afternoon.(ごめんね。今日はあまり時間がないの。お母さん、午後に仕事があるから
  • Smile: Okay!(わかった!)

このやり取りを聞いていた、生徒さんのお母さんが「今なんて言ったの?」と聞いてきたので、経緯を説明すると、「どんな風にしつけたら、そんなに物分かりが良くなるのか」と不思議でならない様子。

もうすぐ3歳になるSちゃんは、お友達と遊んでいる最中に帰ろうものなら駄々をこねて 手に負えないというのです。

確かに、Sちゃんと1歳差という年齢の違いはあるかもしれません。

でもSちゃんのお母さんに言われ、確かにそうだ、と今までのことを思い返してみました。アシスタントの立場として、Smileにも英語レッスンに同席させるようになってから もうすぐ二年経とうとしています。

2歳11ヶ月の頃の記事を読み返すと、機嫌が悪くなり、レッスンを中断するほど駄々をこねたことも。

ちょっとでも駄々をこねたり、クラスの雰囲気を壊すようなことをしたら、いつも

  • わたし:Smile, you don’t have to stay here if you’re going to interrupt like that.(Smile、そんな風に邪魔をするなら、ここにいなくてもいいんだよ)

と言います。最初は泣きながら”I want to!(居たいの!)”と叫んでいましたが、

どれほどレッスンが大切なもので、Smileは他の子とは違う立場にいることをレッスン後に言い聞かせているうちに、徐々にですが理解してくれるようになりました。

他の子どもたちのように、レッスン中にふざけたり、同伴のお母さんに甘えたりできないことは気の毒ですが、最近ではSmileも自分の役割を理解しているようで、すっかり小さなアシスタントとして活躍しています。

(Familyについてレッスンした日。家系図を完成させているSmile)

ゆるやかな成長

3歳9ヶ月。

プリスクールは週2回、そして英語に接する機会は主にわたし、というのが理由かもしれませんが、最近、Smileの英語の成長が緩やかになったと感じていたので、特に記録もとっていませんでした。

でも昨日は「おや?」と思った成長が見られた日でした。

昨日は猛暑だったため、遠出することもなく近所の図書館へ。

何冊か一緒に読み、英語の絵本コーナーでお互いに気になる本を見ていたときのこと。本を持って椅子に座りにいったSmileがしばらくして戻ってきました。

【比較する】

  • Smile: Mommy, this book is too heavy.(お母さん、この本重すぎる)
  • わたし:Really?(そうなの?)
  • Smile: 《笑いながら》Yes. It was heavier than (I) thought.(うん。思っていたより重かった!)
  • わたし:Okay. Then can you put it back  where it belongs?(そうなのね。じゃあ、元あった場所に戻せる?)
  • Smile: Okay!(分かった)

ブランコに乗る時に、”Higher!(もっと高く)”と言ったり、”I’m taller!(私の方が高い!)”と言うことはありましたが、ちゃんと文で表現しようとしたのは初めて。

【現在完了を使う】

その後、しばらく図書館でのんびり時間を過ごしていましたが、ある本を見つけたSmileが、一言。

  • Smile: I (have) never seen this book before?(この本、見たことないよね?)
  • わたし:I’m not sure. Maybe you have seen it before?(どうだろう。見たことあるかもしれないね)
  • Smile: When I was a baby?(赤ちゃんのとき?)

今まで、完了形を使うべきときでも過去形を使っていましたが、昨日は、その時の状況と 既に知っている音のチャンク(かたまり)が繋がったのでしょうか。

何にせよ、緩やかでも言葉は日々 成長しているのだと感心。

(”It’s brutally hot!(猛烈に暑い!)”を連発するSmile)

卒業式

3歳9ヶ月。

今日は、Smileが大好きな、プリスクールのお友達 Sちゃんの卒業式でした。もう5歳なので、9月からはインターナショナルスクールへ行きます。

プリスクールが始まったのは、2年半前。自分の子どもを「村全員で育てたい」という想いでプリスクールの立ち上げを決めた メインティーチャーのAさん。

Aさんのお嬢さんである Sちゃんは まだ3歳になる前でした。Smileはまだ1歳半だったので、参加したのは立ち上げから2ヶ月後。

参加して間もない頃は、Smileのイヤイヤに向き合うのだけでも精一杯で、とても他の子の面倒を見る余裕はありませんでした。

でも、モンテッソーリの理念を少しずつ理解し、性格の全く違う子どもたちと接するうちに、Smileとの時間も うんと楽になりました。

プリスクールに来ている子ども達のママ達は、苦楽を共にしてきた いわゆる戦友。

「数や ABCを覚えました」、「靴を一人で履けるようになりました」、「どんな時にplease(お願いします)を言ったらいいのか学びました」

メインティーチャーと一緒に卒業証書を英語で読み上げるS ちゃんを見ていたら、色んな想いが込み上げ 胸がいっぱいになってしまいました。

Sちゃんが卒業したら、最年長のお友達と一緒に、 Smileはどんな風にプリスクールを形づくっていくのでしょうか。

こんなにも素晴らしいプリスクールに出会えたことに感謝するとともに、

気持ちを新たにわたしも頑張ろう、そう感じた日でした。


お母さん(メインティーチャー)から証書を受け取るSちゃん。