文字への意識

3歳4ヶ月。

第二言語習得理論の世界では、どのようにして第二言語が習得されるかという議論が50年以上もされ続けているそうです。

最近の日本では、「インプット仮説」がよく知られています。これは、理解可能なインプット(Comprehensible Input)が十分に与えられれば言語習得に繋がるという、言語学者Stephen Krashen氏が1970年代に提唱した仮説です。

「インプット仮説」以外にも、第二言語習得理論は数多く存在し、どの仮説が言語習得を的確に説明できるのか、研究者の間でも議論が続いているようです。

Smileに対してバイリンガル育児を始めてから、昔読んだ理論に関する資料をまた読み返しているのですが、中でも改めて興味深いと感じたのが、言語学者 Richard Schmidt氏の提唱した、「気づき仮説」(Noticing Hypothesis)。

この仮説は、インプットが十分に与えられた状況でも、そのインプットに対して「気付き(noticing)」が起きなければ、習得には繋がらないという考え方。習得は無意識に起こるとされているインプット仮説と少し異なり、気づき仮説は、言語の特徴に繰り返し意識を向けることで、気付きが起こると考えています。

批判も多い仮説ですが、Smileを観察していると理にかなっている部分もあると感じます。

4ヶ月前は、日本語でも英語でも文字に対して意識が向いていなかったため、指差しをしながら絵本を読んでいても、ほとんど文字に視線が向くことはありませんでした。

それが今は、こちらが働きかけなくても、文字を見れば、看板や広告でも自分で読もうとする意識が働いています。文字に対して「気付き」が起きている段階だと感じています。

英語ママさんと、さんごまみぃさんによる『ママだからこそ出来る自力読み準備ワークショップ』でも、「その子に合った時期を見極める」と述べていましたが、この「気づき仮説(Noticing Hypothesis)と相通ずるものがあり、「なるほどなぁ」と納得しました。

気付きが起きていなければ、いくら多量のインプットを与えても、結果に繋がるとは限らない。反対に、「適切な時期」あるいは「準備ができた状態」を見極め、言語の特徴に意識が向くようにしていけば、インプットの効果は上がるのではないかと思います。

また、インプット仮説が提唱するように、発達段階に合った、理解可能なインプットであることも大切だと感じます。

この動画では、文字を読んでいるように見えますが、半分は暗唱、残り半分は最初の文字で推測しながら読んでいるので、実際に読めているわけではありません。

英語ママさんとさんごまみぃさんのお言葉のように、自分の子どもの時期を見極めながら、焦らず、楽しみながら自力読みに繋げていけたらと思います。

 (プリスクールへ行くまでのバスの中で読む本たち。今までは日本語の絵本を持ち歩いていましたが、アルファベットへの意識が高まっているので、ここ数週間は英語の本を持ち歩いています)

4 thoughts on “文字への意識

  1. 先日のトピック、分かりやすく書いてくださったのですね。ありがとうございます。
    Smile ちゃんの気づき、始まったのですね。最初は暗唱も混ざりつつ、いつの間にか自力読みに変化していくのかな、と思いました。読みを育てるには、子どもの興味がある内容で適度な難易度の本と、気づきの時期に親が気づいてあげることが大切なのでしょうね。
    Schmidt 博士の論文、私も読んでみたいです。日本語版あるかな?(^_^;)
    この“気づき”、モンテの敏感期と似てますね。

    Liked by 1 person

    • Marieさん、

      そうなんです。まさに『敏感期』と重なるなと思います!Schmidt氏のは、ナラティブで書かれているので、英語の方が読みやすいかもしれません。ハワイ大学のときに教わった教授なのですが、非常に変わった方で、当時はSchmidt教授の論文も真面目に読んでおらず…今更ながら、興味が湧いています^^

      「気づき」について、書こうと思いつつ、なかなか理論と絡められる発見がなく、先延ばしになっていました。やっと書けてスッキリ!です。笑

      Like

  2. とてもおもしろく拝読しました☆
    50年とは長いですね。それでも中々正解がわからない世界なんですね。
    インプット、インプットと確かにちょこちょこ聞きますが、インタラクティブでないとどこかで限界がありそうですね。
    「気づき仮説」、勉強になります:)

    Liked by 1 person

    • Honoさん、そうなんです。ああでもない、こうでもない、で足の引っぱり合いではないですが、理論のぶつかりを目にして、そんな世界に疑問を抱いていたのですが、今またどっぷりはまりそうです・・・^^;

      Liked by 1 person

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s