えんぴつの歌

3歳4ヶ月。

プリスクールでワークが始まったのは2歳10ヶ月ごろでしたが、そのときにメインティーチャーに教わったのが『えんぴつの歌』。

まだ上手にクレヨンや鉛筆を握れなかったため、毎回、歌いながら鉛筆の握り方を練習しました。

My thumb is bent(親指を曲げて)

Pointer points to the tip(人差し指は鉛筆の先に向けて)

Middle finger uses its side(中指は鉛筆の横を持って)

I tuck my last two fingers in(残りの二本を折り曲げて)

And take it for a ride(さぁ、鉛筆で書きましょう)

下の音声は、今日、Smileと一緒にワークブックをやったときのものです。たまに持ち方が違っていたりするので、今でも歌いながらおさらいをします。

2歳11ヶ月の頃は、まだ丸も上手に描けませんでした。でも気が付いたら上手に色が塗れるようになって、ハサミを使えるようになり、何となく自分の名前も書けるようになってきました。運筆力も付いてきた気がします。

こうした、「書き」に繋がるステップをゆっくり着実に上がっているのだなぁと思うと、子どもの成長のはやさに驚かされます。