7大陸の歌

3歳2ヶ月。

一週間ほど前の音声です。夕方、もう暗くなってきて、駅から家までの道のりを2人で歩いていたときのものです。

クリスマスの歌をSmileに催促されたのですが、ちょうど歌詞が思い浮かばず、「7大陸の歌」をこちらからリクエスト。

この歌は、Smileが2歳9ヶ月のときに覚えたものです。ワークが始まると、7大陸の位置をまず始めに覚えるので、プリスクールの先生に教わり、Smileと一緒に練習した歌です。

メロディも馴染み深いものなので、1日で覚えてしまい、Smileのお気に入りの一つとなりました。

こんな風に、わたしもSmileも、楽しく色々なことを身につけていくことができるスクールの存在は大きいです。

最後、音声が切れてしまいましたが、Smileは、わたしたちの前を歩く、小学生の女の子たちが、保護者と手を繋がず歩いていることが気になった様子。

1歳半すぎから、手を繋いで歩くことを練習してきたので、今のSmileにとって、「一人で歩く」ことは「お姉ちゃんへの階段」のように映るようです。

  • Smile: The girl is walking by herself. (あの女の子、一人で歩いてるね)
  • わたし: Who?(誰のこと?)
  • Smile: Why?(なんで?)
  • わたし:Because she is old enough to walk by herself. That’s why. (一人で歩ける年齢だからだよ。)
  • Smile: With friends?(お友達と?)
  • わたし:Yeah. With her friends. When you’re old enough, you can walk by yourself.(そう。お友達と。そういう年齢になったら、一人で歩けるよ)
  • Smile: Yes! I’m a little small…(うん!ちょっと小さい)

8c7e1d74d0675b1115c3fb43a6eecbf1

(画像:https://www.pinterest.com/pin/293367363196571070/)

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s