ひらがなの音と文字

3歳1ヶ月。

ひらがなの音に興味を持ち始めて、2ヶ月くらい。「あいうえお」から「わをん」まで何となく音は覚えたようです。

音が入って来ると、今度は文字に意識がいくように。電車やバスで見かける平仮名にも気が付くようになってきました。それもあって、平日の外出時はだいたい日本語の絵本を持ち歩いています。

中でもお気に入りは、『ぐりとぐら』シリーズ。とっても有名な絵本らしいのですが、わたし自身は見たことある程度だったので、Smileが1歳のときに買った『ぐりとぐら』の絵本はしばらく本棚に眠ったままでした。

そして、この数ヶ月、ひらがなへの興味が高まったのをきっかけに毎日のように開くようになったのですが、その文章の優しい響きと、丁寧な言葉遣いがすっかり気に入ってしまいました。

『ぐりとぐらの あいうえお』は、ひらがなの音が入り始めたSmileにはぴったりの本で、わたしが「あさ、いもほり…おおきな おいも」と読んだ後、Smileが一人で赤い文字をなぞって、「あ い う え お」と読み上げます(一緒に読もうとすると、”I wanna do it by myself!”と怒られます)。

そして、『ぐりとぐらの 1・2・3』は、ものを数えるときにどう言うのか、導入にぴったりです。

  • いっぽんみち、いちご ひとつ
  • ふたり、ふうせん ふたつ
  • 3びき
  • よっつ、4とうぶん
  • ごま 5つぶ
  • むっつ、ろうそく6ぽん
  • ななつの国、本を7さつ
  • バラが 8りん、みつばち 8ぴき
  • ハンカチ 9まい
  • トマトジュースを10ぱい

こうした物の数え方は、後になってもっとちゃんと覚えていくものだと思いますが、「なんとなく聞いたことあるな」とか「お花は『〜輪』って数えるんだ」など、なんとなく意識に残ってくれるだけでもいいかなと思います。

こうした小さい取組みでも、毎日の積み重ねで、いつか点と点が繋がって、Smileの道を広げてくれればいいなぁと思います。

2 thoughts on “ひらがなの音と文字

  1. ぐりとぐらシリーズ、心がほんわかしますよね♡我が家もたくさんお世話になりました^ ^

    物の数え方ひとつにしても、英語とはまた違った日本語な奥深さを感じます。こうして、日ごろたくさん聞くことで、子どもは自然と吸収していくんですよね。

    でも、娘の場合は、「さんぼん」につられて、「よんぼん」と言ってしまったりしていたので、そんな時は鉛筆を取り出して、一緒に練習したりしました。難しい部分だけ取り出して別メニューを用意するモンテッソーリの手法に日々助けられています^^;

    それにしても、Smileちゃん可愛すぎる〜♡

    Liked by 1 person

    • Yuzyママさん

      コメントありがとうございます^_^ 確かに、「3ぼん」と「4ほん」、難しい…!わたしも思春期の頃、魚を「一尾、二尾」と言い慣れず恥ずかしかったのを覚えています。

      普段、つい椅子のことも「一つ、二つ」と言ってしまってますが、「一脚、二脚…」と言わなければなぁと書きながら反省…^_^;

      Smile、Yuzyちゃんに会えるのを楽しみにしてますー♡

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s