モチベーションと投資

先日のプレイデイトは、会ってからお別れの時間まで全て英語。バイリンガル育児されている方たちからのお誘いがあり、参加させてもらいましたが、長い間、英語コンプレックスと格闘してきたわたしにとっては、英語で自分を表現しなくてはいけない場に出向くのは、今でもかなりの「投資」です。

そうやって後ろ向きな自分を奮い立たせて、自分自身に投資したことで新しい出会いがあり、実り多き、そして刺激のある時間を過ごすことができました。義務教育を終えて、自分の意志で英語を勉強するようになってからは、自分を奮い立たせた先に得られる何かを求めて、英語に投資してきたように思います。

そしてわたしがそうしてきたように、Smileも5年後、10年後、自分の時間と労力を「投資」してまで英語を続けたいと思ってくれるか、ということを考えてみました。

以前、アイデンティティのことについて書いた時にも引用しましたが、社会言語学者であるBonny Norton Peirce氏によれば、第二言語習得を語る上では、モチベーション(motivation)投資(investment)は、質の違うものとして捉えなければならないとしています。モチベーションと違い、「投資」は学習者の「移り変わるアイデンティティ」と切り離せない関係にあり、学習者が第二言語に投資するか否かは、「なりたい自分」がどう変わるかで変わって来るということです。

つまり、モチベーションが高く学ぶ意欲が高いからといって、その学習者が実践の場で、自分の時間や労力を「投資」してまで見返りを得ようとするとは限らない。反対に、そういった実践の場で、進んで自分に投資できる学習者は、モチベーションが高い場合が多いというのです。

…if learners invest in a second language, they do so with the understanding that they will acquire a wider range of symbolic and material resource, which will in turn increase the value of their cultural capital.

学習者が第二言語に投資するのだとすれば、より広範囲の象徴資源(教育、友人関係など)および物的資源(資本資源、不動産、お金など)を手に入れられると認識しているからである。そしてそれが回りまわって、自分の文化的資本(学歴などの個人的資産)を増やすと考えているからである。

(Norton Peirce, B. (1995) Social identity, investment, and language learning. TESOL Quarterly, 29 (1), 26.)

「好きこそ物の上手なれ」とは言いますが、英語が好きであることはモチベーションを保つ上で大切です。Smileにとって、英語は今のところ自然にあるもので、好きの部類に入りますが、今後、家の外のコミュニティに属してしまえば、あとはSmileの意思に任せざるを得ない部分が出てきます。社会との繋がりの中で、Smileが「こうなりたい」という理想を見いだし、その中に英語があって、かつ自分の時間と労力を投資したいと思ってくれるか。

もう一つ、Norton Peirce氏の視点で興味深いのが、情意フィルター(affective filter:心理的な障壁)が高く、目標言語に対して抵抗があっても、「こうなりたい」という自分に投資することで、情意フィルターという障壁を乗り越えられるという点です。

…even when learners have a high affective filter, it is their investment in the target language that will lead them to speak.

目標言語に対して情意フィルターが高くても、学習者がその言語に投資することで発話につながる。

(Norton Peirce,B. (1995) Social identity, investment, and language learning. TESOL Quarterly, 29 (1), 17.)

例えば、英語環境で、英語しか話せない子どもとオモチャの取り合いになったとします。そこで「おもちゃを返して」という英語が分からなくて、泣いたり、あるいは口をつぐんでしまうのか、

それとも、「おもちゃを取り返した未来の自分」に投資して、自分の知っている単語を駆使してでも「返して」と自己表現するのか。自己表現できなかった子ども、あるいは行動する前に出来ないと思ってしまう子どもは、どんどんフィルターが厚くなってしまいます。

Smileがプリスクールに通い出して間もないころ(2歳前後)、お友達と快適に過ごせるよう、家で下のような表現を一緒に練習しました。この頃は、バイリンガル育児を始めたばかりだったので、「スクールが嫌=英語が嫌」となって欲しくない一心でした。

  1. 物を貸したり、借りたりするときに何て言うか
  2. 嫌なことをされたときに相手を傷つけずに何て言うか
  3. 遊びに誘うとき、断るときに何て言うか
  4. 失礼な表現をしていないかどうか
  5. その他の自己表現の仕方

基本的な表現ですが、日頃から会話に混ぜたりするだけで、わたしが居ない環境でも、自分をちゃんと表現できているのではないかと思います。

今後、親として心掛けたいことは、家の中に留まらず、家の外でSmileが英語で自分を表現できる場所を維持し、見つけていくということです。

また、数年先ですが、Smileが地元の小学校に入った時に、英語に対して「お友達と違う言葉は話したくない」とか、「英語に投資するのは無駄」と感じてしまわないよう、お友達との横の繋がりを保ちつつ、試行錯誤しながら方法を模索していきたいと思います。

4 thoughts on “モチベーションと投資

  1. 先日は楽しい時間をありがとうございました。
    Smile0922さんのプレイデイトに参加されるたびに勇気が必要とは夢にも思いませんでした。
    既に 英語力が高いにも関わらずコンプレックスを持つというのは、本当に表現したい自分の像があり、そこを目指してらっしゃるのかなと。そういう意味でモチベーションが高いのですね。

    私は、自分の英語に100%の自信があるわけでもないのですが、お恥ずかしいのですが、高めたいというモチベーションも非常に低く、投資もしていないです。ママ同士も英語ではなく日本語でも話したいなと個人的には思っています。そちらの方が楽だからではなく、別言語だとその人の印象が変わるのでそれを見てみたい。そんな好奇心です(笑)

    Liked by 1 person

    • 英語ママさん、

      先日はこちらこそありがとうございました!英語ママさんのように自在に言葉を操れたらなぁと憧れます。

      あとは、性格的なものもあるかもしれません…
      小さい頃から、姉たちの存在が大きく、いつも影に隠れて眺めているような感じでした。今でこそ姉とも英語で話すことに抵抗は感じなくなりましたが、大学生くらいまでは、姉の前になると、途端に英語が出てこなくなるほどのコンプレックスでした。

      わたしがそうだったので、余計、Smileには言葉に対する障壁を感じて欲しくないのかもしれません。

      でも、なんでだろう、英語ママさんのように「大丈夫、大丈夫!」っていう大らかな雰囲気の方だと、気楽というか肩に力が入らず話せます٩(ˊᗜˋ*)

      Like

  2. なるほど…。
    我が子が「投資」したい…英語を辞めたくないと思うには、象徴資源の部分を充実させるべく環境を整えるしかないですね…。
    物質資源は、小さい子には?なので。
    文化的資本だ!と思ってくれるまでは、やはり親の頑張りなのかなぁと思います。
    色々新たに考えるきっかけになります。
    ありがとうございます!

    Liked by 1 person

    • Jukiさん、

      この研究者が想定しているターゲットは、北米に移住した、不平等な立場に置かれている女性なので、日本のコンテクストに当てはめられるか迷ったのですが、共通する部分はあるのかなぁと思って書いてみました!

      この間みたいなプレイデイトは、子どもだけでなく、おうち英語を続けるお母さんのモチベーション維持にも欠かせないなと思いました。Jukiさんの書いてる通り、まさに環境作りですよね。ああ楽しかったなぁ。

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

w

Connecting to %s