滑舌

3歳2ヶ月。

Smileが2歳半くらいのとき、プリスクール友達のママに、「なんでSmileの英語は聞き取りやすいのか。何かしているか」と聞かれたことがあります。Lちゃんは、Smileより2ヶ月年下で、両親共にアメリカ人です。

Lちゃんのお母さん曰く、Lちゃんは滑舌が悪く、未だに言っていることが分からない時が多い。そしてSmileほど発話もないとのこと。

わたしもお当番の日は、Lちゃん(当時2歳5ヶ月)とLちゃんのお兄ちゃん(当時3歳半)をみることがありましたが、言っていることが聞き取れず、何度も聞き返すことがありました。

その時、Lちゃんのお母さんに言ったのは、わたしは「英語ネイティブスピーカーではないし、話すのもゆっくり。簡単な言葉でしか話さない。だからSmileもはっきりと音を聞き取り、インプットしているのではないか」ということ。

これは、Child-directed speech(子ども向けの言葉)と共通するものでもあるのかなと思います。

【Child-directed speech(子ども向けの言葉)】

Child-directed speechは、大人が乳幼児に向かって使う言葉で、英語であれば次のような特徴があります:

  • ゆっくり話す
  • 高い調子で話す
  • イントネーションに変化をつける
  • 短く、簡単な文を使う
  • 繰り返す
  • (子どもが言ったことを)言い替えてあげる

母親が言い替えてあげるときは、文法的に正しく言い直し、フルセンテンスで答えることが多いそうです。例えば、

  • 子ども:Dump truck! Dump truck! Fall! Fall!(ダンプカー!ダンプカー!落ちる!落ちる!)
  • お母さん:Yes, the dump truck fell down.(そうね。ダンプカーが落ちたね)

(Lightbown, P.M. & Spada, N. (2000) How Languages are Learned. New York: Oxford Press)

家庭によってchild-directed speechの程度は異なるし、こういった幼児向けの言葉を使わない家庭でも子どもが言語習得する例もあるので一般化はできないようです。

ただ言語的に、より発達している相手(大人や年上の兄弟姉妹など)との会話のキャッチボールは、子どもの言語発達に欠かせないようです。つまり、乳幼児にとって、会話の内容が難しすぎても一方通行でも駄目で、理解できる範囲で会話のキャッチボールがされなければならないということです。

【聞き返す】

もう一つ、Lちゃんのお母さんに伝えたのは、「Smileの滑舌があまり良くないときは、こちらがはっきり聞き取れるまで聞き返す」ということ。

母親なので、Smileの言いたいことは大体分かるのですが、他の人が聞いても分かるくらいはっきりと発音できるようになって欲しいと思っているので、分からないフリをすることもあります。

例えば、Smileがごにょごにょと滑舌がはっきりしないときは、何のことを言っているのか分かっていても、

  • I’m sorry, what did you say?
  • What were you trying to say?
  • Could you say it clearly?

などと聞き返し、はっきり理解できるまで言ってもらっています。

プリスクールでは、わたしよりも手厳しいSmileのお友達がいるので頼もしい限り。まだ滑舌があまり良くないとき、”I don’t understand what you’re saying!(なに言ってるか分からない!)”と厳しく言われたことも何度かありました。

そのお陰かどうか分かりませんが、今はだいぶ滑舌も良くなり、相手にも分かり易く話せるようになってきた気がします。

そして、今はわたしがはっきり話してないときは、Smileに”What did you say?(何て言ったの?)”と聞き返されます。

 

 

 

 

待つ

3歳2ヶ月。

Smileのプリスクールでは、「待つ」ことはとても重要なことで、2歳に満たない子でも、待つことを練習します。

例えば、ランチタイム。皆んなそれぞれ、自分の棚からランチバッグを出して、トレーにお弁当を出します。

皆んなテンポも集中度もそれぞれなので、早く準備ができて食べる準備が出来ても、お友達を待って、一緒に「いただきます」をします。

最初は、待てなくて先に食べてしまう子、泣いて癇癪を起こしてしまう子もいますが、1、2ヶ月も練習すれば、皆んな待つことが上手になります。

一度、お弁当を忘れた子がいて、その子のお母さんがお弁当を持ってくるまで、20分以上皆んなで待っていたことがあります。

お弁当箱が空いた状態で、しかも食べたい気持ちでいっぱいなのに、2歳から4歳の子供たちが椅子にちゃんと座って、お友達のお弁当が届くまで待っている光景は、感慨深いものがありました。

先日は、そんな風に待つことが上手になったSmileに諭される出来事がありました。

わたしの両親が、健康診断のために近くに来るから夕食を一緒にどうかと言ってくれたのですが、約束の時間にレストランに入り待っていたら、「遅れる」とのメッセージが。

健診で時間がかかるとのことで、待っている間、本を読んだり、カードゲームをしたりしていたのですが、1時間以上経ったところでSmileも段々飽きてきて、わたしも待ちくたびれてきました。

  • Smile: Where’s grandpa and grandma?(グランパとグランマは?)
  • わたし: They’re having a checkup. And it’s taking much time. But mommy’s getting tired of waiting. Do you want to start before they come? (健診を受けていて、時間がかかってるんだよ。でもお母さん待ちくたびれたから、先に食べ始める?)
  • Smile: 《涙目になり》Noooo! I wanna wait.(やだ!待ちたいの)
  • わたし: But it’s getting late and might take a little longer.(でももう遅いし、もう少し時間がかかるかもしれないよ)
  • Smile: 《わたしを諭すように》It’s okay, mommy. They’re gonna come. Let’s eat dinner together. (大丈夫よ。来るよ。一緒にご飯食べよう)

結局、レストランの座敷で1時間半、わたしよりうんと上手に待てたのはSmileの方でした。

3歳になってから、Smileに叱られたり諭されたりすることも増えてきて、わたしも肩をすくめることが多くなってきました。

会話術

3歳2ヶ月。

ここのところ、Smileと会話していて、言語面というよりも、やり取りの内容がより複雑になり、会話面での発達が顕著という印象を受けます。

その背景として考えられるのがお友達の存在です。2歳のときは、お友達と一緒に遊ぶというよりも一人で遊ぶ感じでしたが、3歳を過ぎたあたりから、それがうんと上手になってきて、お友達との交流でコミュニケーション力が上がっているのだと感じます。

お友達と「おうちごっこ」や「お医者さんごっこ」をしたりして、色々な感情や状態を言葉で表現しようとしたり、お友達との会話を通して新しく表現を覚えているのだと思います。お友達がSmileの言語発達に与える影響は、とても大きいと感じています。

もう一つは、Smileの”Why?”という質問に対して、質問で返すことが多くなったというのもあるかもしれません。今までは、わたしが”Because…”という風に、全部答えてしまうことがほとんどでした。あるいは、”Why do you think so?”と聞いても、”I don’t know!(分かんない)”と返ってくることが多かったのですが、少しずつ、自分で考えて返答することが増えてきた気がします。

【I’m glad to〜】

プレイデイト続きで興奮状態だったのか、2日前の夜におねしょをしてしまったSmile。その時わたしは仕事中だったので、夫がパジャマを洗濯し、部屋干ししてくれました。翌朝、それを見つけたSmileが、

  • Smile: I’m glad to see my jammies is clean.(パジャマが綺麗になって嬉しい)
  • わたし:Yeah. Your daddy washed them for you.(そうね。お父さんが洗ってくれたんだよ)
  • Smile: Why?(なんで?)
  • わたし:Why do you think he washed them?(なんでだと思う?)
  • Smile: 《笑いながら》Because I peed on the bed.(ベッドでおしっこしちゃったから)

【Can you call my name?】

わたしが料理している間は、Youtubeで”Peppa Pig”を観るのが習慣になっていますが、最近は、料理を始めると

  • Smile: Can you call my name?(わたしのこと呼んでね?)
  • わたし: Why?(どうして?)
  • Smile: Because I want to cook!(料理したいから!)
  • わたし:Okay. Then I’ll let you know when I need your help.(わかった。じゃあ、手伝って欲しいとき呼ぶね)
  • Smile: Okay! I’m gonna help you later. I’m gonna watch Peppa Pig.(うん。後で手伝うね。Peppa Pig観るからね)

【Because】

Becauseの使い方が段々としっかりしてきました。今朝も、傘をさして2人で歩いていたら、

  • Smile: This is auntie R’s umbrella?(これ、アンティR(わたしの姉)の傘?)
  • わたし:Yes. Wow. You remember it?(そう。わぁ、覚えてるんだ?)
  • Smile: Why she forgot it at grandpa and grandma’s place?(なんでRは傘をグランパとグランマの所へ忘れたの?)
  • わたし:Why do you think she left it there?(なんでだと思う?)
  • Smile: Because…she don’t (doesn’t) want it, right?(要らないからでしょ?)
  • わたし:《笑いながら》Maybe yes.(そうかもね)

英語で話す会

3歳2ヶ月。

連休3日目は、おうち英語に取り組んでいる方たちの集まりがあり、参加させていただきました。

このブログを公開すると決めたのも、あー子mamaさんを始めとする、おうち英語に取り組む方たちが主催したイベントに参加したのがきっかけ。

それまでは、「親子英語」、「おうち英語」、「バイリンガル育児」というような表現があることも知らず、親子英語ブログがあるということも知りませんでした。そう考えると本当に不思議な出会いというか、世界が広がったと感覚を覚えます。

この日は、10組近くの親子が集まりました。そして一番の目的は、お母さんも子ども同士も英語で話すということ。

お母さん達が親子英語について情報や意見を交わしている間、子どもたちの間でも英語が飛び交っていて、なんとも不思議な光景でした。流暢な英語で朗読をするKoyuちゃんと、あー子ちゃん。ネイティブの子どもにしか聞こえないSakuraさんの息子さん。

みんなそれぞれ違う環境で、それぞれの取組みで身につけた英語力なので、成功談や悩みを聞いているだけでも本当に勉強になります。

途中、ブルガリさんによる英語の歌でのアクティビティがあったり、Kuulei kohさんが、Koyuちゃんが4歳のときに一緒に作ったという絵本スクラップブックを見せてくれたり、Marieさんによる英語サインのレッスンがあったり、子ども達が目を輝かせて参加しているのを見ていて、親子英語の奥深さとこうした集まりの有難みを改めて感じました。

Smileも、一番前を陣取ってアクティビティに参加して思い切り楽しんでいました。

大きいお姉ちゃんたちにベッタリだったSmileですが、帰り道でいきなり上着を脱ぎ出したので、「寒いから着て」と言うと、怖い顔で

  • I wanna do it just like them!(2人と一緒にしたいの!)

と言うので、3人とも写真のようなお揃いの腰巻きスタイルになりました。

Smileへのバイリンガル育児を通し、本当にたくさんの出会いがあり、わたしもSmileも共に成長する機会を与えられているなぁと感じる一日でした。

モンテッソーリな時間

 

3歳2ヶ月。

連休中は、親子英語ブログを通して知り合った方と交流する機会に恵まれ、自分のバイリンガル育児も振り返ることができました。

連休2日目は、大好きなブロガーさんで、モンテッソーリ教育をご自宅でされているYuzyママさんとYuzyちゃんが遊びにきてくれました。

Smileのプリスクールでは、メインティーチャーからモンテッソーリのカリキュラムやワークを教わり、あとは子ども達と接しながら実践するという感じなので、実際にモンテッソーリメソッドを学び、家でYuzyちゃんと取り組まれているYuzyママさんの存在を知り、いつかお会いしたいと思っていました。

Yuzyちゃんは5歳。自由気ままに遊びに誘うSmileに対して、優しく相手をしてくれ、Smileも最初から最後まで甘えていました。

初めは2人とも恥ずかしがっていましたが、気が付いたら2人だけで英語で遊んでいて、大人は見守りながら話をするという形に。まさにモンテッソーリの姿という気がしました。

そして、プリスクールで子ども達と接するうちに無意識に身に付いていた考え方を、Yuzyママさんが言葉にして表してくれたりして、「そうそう、そうなんです」というように、漠然と意識していた考えがより明確になった気がします。

たとえば、「子ども一人一人の成長に合わせてカリキュラムを組む」という考え方。プリスクールでも、同じ3歳でも一人一人取り組んでいるワークは全く違います。その子の性格や成長に合わせて、ワークが進むからです。

今後、外の世界に出ると「比較」したりされたりすることも出てくると思いますが、「他と比較するのではなく、自分の子どもの成長をよく見る」というYuzyママさんを言葉を聞き、Smileに対しても常にそうありたい、Smile自身もそう感じられるようにあってほしいと改めて感じました。

そして今日、薬局に寄った際に、Smileが「読んで 」と持ってきた『おまつり おまつり!』という絵本。偶然か必然か、最後の一節がとても心に残りました。

 

根比べ

3歳1ヶ月。

プリスクールでは、2歳からdrop off(預けること)ができますが、スクールに入ってまず練習するのが、手を繋いで歩くこと。

スクールから公園までは、大人の足で片道5分ですが、その往復は、大人と手を繋ぐか、上手に手を繋げるようになった子はロープをつかんで歩きます。

そして、最初はこの「手を繋いで歩く」ことが、皆んな上手にできません。2歳はイヤイヤ期の真っ最中というのもあり、手を振りほどこうとする、抱っこしてもらいたくて泣き叫ぶ、脱走する、道に大の字になってジタバタする、座り込む・・・本当に様々な形で抵抗します。

でも、2歳以上は、歩くべきところでは基本的に抱っこしないことになっているので、説得したり、交渉したり、歩くのをひたすら待ったり、あの手この手でその子が歩いてくれるように働きかけます。

Smileもこの一人でした。drop offに向けて、1歳11ヶ月から抱っこせずに歩かせる練習を始めたのですが、あれほどSmileと向き合った日々はないと思うほど、毎日が格闘でした。

歩き始めて30秒後、手を繋ぎたくない!と手をひねって抜こうとし、大声で泣き叫び、座り込み、コンクリートに頭を打ちそうな勢いで仰け反る。そんな状態で、わたしはSmileの手首と手を握って、ひたすら説得。

  • You have to hold mommy’s hand. It’s very dangerous to walk by yourself! If you get hit by a car, you could get hurt. And mommy would be very sad.(お母さんの手を繋がないと駄目。自分で歩くのはとても危ないの。車に引かれて怪我したら、お母さん悲しい)

でも最初の数ヶ月は、まさに根比べ。スクールでない時も、できるだけ手を繋いで歩くようにしたのですが、家を出て、ものの数分で”Nooo!”と大泣き。

そのため、最初は5メートル先に目標地点を見つけ、

  • Can you see the red mailbox over there? I can pick you up there. Let’s walk a little bit more.(赤いポストが見える?そこで抱っこしてあげる。もう少し歩こう)

そこまで歩けたら、また5メートル先まで歩く…という繰り返し。歩き疲れたら抱っこして、しばらくしたらまた下ろすという感じでした。そして数ヶ月経ったある日、いつの間にか自宅から駅までを歩けるようになっていました(大人の足で10分強で、Smileの足で30分弱)。

今では、わたしからしても「よく歩いたなぁ」と思うくらい、よく歩いてくれますが、それでも気が乗らない時はまだ「抱っこ」を要求するときもあります。

一週間前も、プリスクールの帰りに急な坂道を2人で歩いていたら、スクールで疲れたのか(数分前まで走り回って遊んでいたのに)、

  • Smile: 《急に足取りが重くなり》抱っこ・・・
  • わたし:What’s that?(何て言ったの?)
  • Smile: 《泣き声になり》抱っこして
  • わたし:What’s “抱っこ”? Is that a food?(抱っこって何?食べ物?)
  • Smile: 《泣き声がちょっと笑い声になり》Nooo!
  • わたし:What does “抱っこ” mean? Mommy doesn’t know what it means.(抱っこってどういう意味?どういう意味か分からないな)
  • Smile: Pick me up!(抱っこして)
  • わたし:《さらにトボケて》What’s that? Can I eat it?(それ何?食べられる?)
  • Smile: 《笑いながら》Nooo! It’s not a food!(違う!食べ物じゃないもん)

というやり取りをしながら、結局、大人でもきつい坂道を歩いて上りきりました。Smileの気分が乗らないときは、こんな作戦も利かないかもしれませんが、それでも一年前に比べたら本当に楽になりました。

日替わりクラス

3歳1ヶ月。

Smileのプリスクールでは、日替わりで色々なクラス(50分)があります。料理、クラフト、フラダンス、ヨガ、バレエ、フランス語。

中でもSmileのお気に入りは、料理、バレエ、フランス語のクラス。料理の日は仕事のため、なかなかスクールに行けないのですが、なるべく、この3つのクラスに参加できるように、毎月通う日程を決めています。

こうやってクラスが日替わりであるのは、子ども達が何かをできるようになるのが目的ではなく、2歳から4歳の子ども達が、集中して楽しく時間を過ごせるようにという想いがあるそうです。

わたしも、習い事とはまた違うので、「バレエができるように」とか「フランス語ができるように」とまでは考えておらず、バレエやフランス語の雰囲気だけ感じてくれたらと思っています。

日替わりクラスに参加し始めて一年半。バイリンガル育児を始めてからも、ちょうど一年半が経ちますが、家ではなかなか取り組めない、英語以外の言語や文化に触れたり、色々な体験をすることで、新しく出会うものに対しても壁を作らず、受け入れる柔軟性が育ってきたのは有難いことです。

下の音声は、料理クラスで作ったカボチャスープを、家でも一緒に作り、夕食に食べているときのものです。10歳になったら、一人で作りたいと宣言。そして話題はスープ→イギリス英語とアメリカ英語の違い→フランス語→ 造語へ。

ご飯のときは、大体こんな調子でSmileのノンストップお喋りが続きます。そしてSmileの質問に対する答えが、言語の面でも知識の面でも段々と追いつかなくなってきたため、わたしも毎日必死です。

 

ひらがなの音と文字

3歳1ヶ月。

ひらがなの音に興味を持ち始めて、2ヶ月くらい。「あいうえお」から「わをん」まで何となく音は覚えたようです。

音が入って来ると、今度は文字に意識がいくように。電車やバスで見かける平仮名にも気が付くようになってきました。それもあって、平日の外出時はだいたい日本語の絵本を持ち歩いています。

中でもお気に入りは、『ぐりとぐら』シリーズ。とっても有名な絵本らしいのですが、わたし自身は見たことある程度だったので、Smileが1歳のときに買った『ぐりとぐら』の絵本はしばらく本棚に眠ったままでした。

そして、この数ヶ月、ひらがなへの興味が高まったのをきっかけに毎日のように開くようになったのですが、その文章の優しい響きと、丁寧な言葉遣いがすっかり気に入ってしまいました。

『ぐりとぐらの あいうえお』は、ひらがなの音が入り始めたSmileにはぴったりの本で、わたしが「あさ、いもほり…おおきな おいも」と読んだ後、Smileが一人で赤い文字をなぞって、「あ い う え お」と読み上げます(一緒に読もうとすると、”I wanna do it by myself!”と怒られます)。

そして、『ぐりとぐらの 1・2・3』は、ものを数えるときにどう言うのか、導入にぴったりです。

  • いっぽんみち、いちご ひとつ
  • ふたり、ふうせん ふたつ
  • 3びき
  • よっつ、4とうぶん
  • ごま 5つぶ
  • むっつ、ろうそく6ぽん
  • ななつの国、本を7さつ
  • バラが 8りん、みつばち 8ぴき
  • ハンカチ 9まい
  • トマトジュースを10ぱい

こうした物の数え方は、後になってもっとちゃんと覚えていくものだと思いますが、「なんとなく聞いたことあるな」とか「お花は『〜輪』って数えるんだ」など、なんとなく意識に残ってくれるだけでもいいかなと思います。

こうした小さい取組みでも、毎日の積み重ねで、いつか点と点が繋がって、Smileの道を広げてくれればいいなぁと思います。